8/31購入の本。

話題:今日買った本
・失なはれる物語/乙一
・陸奥爆沈/吉村昭
・美しい星/三島由紀夫
・いつまでも愛用したいステーショナリーBOOK/ジョルニ編集部 編
・戦艦大和へのレクイエム 大鑑巨砲の技術を顧みる/内藤初穂



上3つは文庫。

戦艦大和の本を購入したんだけど、これは戦艦の建造実態に迫ったもの。
当時の技術は謎な部分が多いのでこういう技術的に見た本読んでみたかった。
著者は元海軍技術士官なので詳細に綴られてる。
貴重な写真や図版が豊富なのも買う動機に。

ついに本格的な本に手を出しちゃったなぁ…
興味あるから今後も増えるだろうな。マニアックな本増えそうだ…
ノンフィクション小説もちょいちょい読み始めたし。


文庫はなんとなく気になった3冊に。

陸奥爆沈はノンフィクション小説。
吉村昭と柳広司は作者買いしそうだな…
…て、もうしてるか。

購入品。

話題:購入品
ミュージアムショップにて購入した本と雑貨。
企画展限定品に釣られた。


・松本零士監修 宇宙戦艦ヤマト 大クロニクル
・松本零士作品のクリアファイル
・双葉の栞
・鳥形の耳掻き



画像見にくいですが黄色いのが栞(←こんなの)、青いのが耳掻き。
可愛いから買っちゃいました。

宇宙戦艦ヤマトクロニクルはヤマトシリーズの解説書兼資料集みたいな本。本は厚め。
宇宙戦艦ヤマト好きなので買っちゃったよ。
初期資料やアニメ製作者のインタビューも載ってるので充実してる。

クリアファイルは色々あったんだけど(メーテル多かった)、集合柄に。

8/31購入の漫画。


話題:今日買った漫画
・視えるんです。 3巻
・文庫版 SAMURAI DEEPER KYO 1・2巻
・文庫版 ジパング 1・2巻



今回は全て衝動買い。

待ちに待ったKYOが文庫化!
懐かしいやら嬉しいやらで…

ジパングも読みたいと思ってたので一緒に買いました。
こっちも長らく文庫化待たされてたみたいですね。

そんで視えるんです。新刊。
やっと出たかー。

無題

帰りに駅で海自の自衛官見ました。10人くらい。
ホームで乗り換えしてたから帰る所だったんだろうなと思いつつ、さりげなく見てた。


制服が眩しすぎてヤバかったよ…


中学の時も海自の音楽隊観て制服萌えしてたが、なんだかその時以上に萌えてる自分がいるわ…

てかこの町からそこそこ離れた所に空自、地元は海自があるし、自衛隊関連はなんだかんだ見てるんだよね。
しょっちゅう航空機飛んでるから空自好きになりつつある…
でも興味あるのは海軍(海自も)。





眼福でした。
明日からしばらく頑張れそうだよ。



追記。

現在進行形でハマってます。装備の方。
航空機は新旧問わずときめきまくりなんだが、艦艇は旧軍の戦艦に浪漫感じてる。
戦艦大和がミリタリーにハマったきっかけなだけに戦艦好きになってます。大戦時の軍艦ってなんであんなに魅力あるんだ。やっぱ主砲なんだろうか。デザインに惹かれている部分もあるけど。
航空機は戦闘機とヘリ(陸自のヘリに一目惚れ)が好き。飛行挺も。

Art and Air〜空と飛行機をめぐる、芸術と科学の物語

話題:美術館・博物館
青森県立美術館に行ってきました。
飛行機にまつわる科学と文化、芸術作品をごった煮にした展覧会。


とにかく模型の展示がすごかった。メインかと思うほど。

戦前・戦後の日本の航空史や海外の飛行機の歴史も充実してて見応えあった。
十式戦闘機の設計図や零戦のブレードはなんだか複雑な気持ちになった。
貴重な史料なので目に焼き付けておきました。
大戦時の広告とか昭和の航空機ブームの新聞記事や雑誌は当時の世相がわかるのでちょっと勉強になったような。

迫力あったのは松本零士コーナーと模型のボックスアート。
実物のプロペラも圧巻。
小松崎茂の原画と松本零士作品の展示が観れるなんて思わなかった。
マクロスのボックスアートもありましたよ。



飛行機の展示とあって男性客が多かった。

久しぶりに行った美術館カフェのパスタ美味しかったー。





充実した展覧会でした。
メカ好きにはたまらんだろうな。

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2012年08月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ