ラーメン紹介


話題:ラーメン


温かいものが美味しい季節がやってきたね!


寒くなってきたらやっぱラーメンでしょ!


食べに行くのもいいけど、手軽にお家で美味しく食べられるラーメンを発見したのでちょいと御紹介


セブンイレブンの冷凍食品棚にあった『醤油ラーメン』


神田は冷凍食品てものをよく知らないし前からあったのかもわからないのだが、一人暮らし山梨が「これ意外と美味いよ」と教えてくれたんで買ってみただよ


詳しくない冷凍食品だが買ってみるのに躊躇しない値段だったのだ


1個100円!


そのくらいの値段だったら仮に不味くても偽情報提供者を処刑するほどのことではないかなと‥




作り方は、
電子レンジで4分間麺を温めてる間に凍った液体スープを流水で溶かして丼にあける


その丼に熱湯を少し入れてスープをよく溶かし、そこにできた麺を入れて、またお湯を注いだら出来上がり!


カップ麺よりは若干手間はかかるけど、手間ってほど手間ではない


神田は茹でたほうれん草と刻んだネギをトッピングして食べてみた!


生麺タイプのラーメンより麺にコシがある


うどんでも茹で麺より冷凍の方がコシがあって美味しいと誰かに聞いてたのでなるほどなと思った


値段の割に凄く美味い!


ただ量に関しては、まあこんなもんだろうという量


これにお茶碗1杯のゴハンと佃煮でもあればおやつとしては満足するかな



後日、ラーメンは脂と塩分が多いからあまり食べないN女史にも作ってやったら「おいしい♪」って言ってた


食べ物に関する新発見は少ないから、ちょっと嬉しくなって書いてみた神田でござんした!




フットルース


話題:最近観た映画


久々に映画紹介

『フットルース、夢に向かって』

1984年のフットルースのリメイク版なのだ


リメイクっていうとあまり面白い作品がないと思っていたのだが、これは強烈に面白かった



ダンスも派手な音楽も禁止された田舎町に転校してきた主人公が、んー‥色々あって、最後はダンスパーティーを開催するってお話なんだけど、若者達のダンスが躍動感たっぷりぷりぷりで見ていて飽きなかった


普段はお茶をすすりながら見るスタイルを貫く神田も最初から最後まで画面に釘付けで、目の前のお茶が飲まれたことに気づかなかったほど(笑)



主役の男はいいとしてヒロインが可愛いの!

ジュリアン・ハフとかいう女で、バーレスクにも出てたな

ダンスがめちゃくちゃ上手い

スタイルもバッチリ

こういう女が学校にいたら、高校時代はもっと楽しめたのになあと思ったが、神田は男子校だった(笑)



それはそうと、
1984年版のフットルースとストーリーはほぼ同じ

違いは、ダンスそのものと音楽を鳴らす機器が現代的なものになっているところくらいかな

それと度胸試しのシーンで使う乗り物が違うな

配役も当然違うから、1984年版を知らない人でも十分楽しめる作品になっているような

だが1984年版を知っていた方がより楽しめるんじゃないかと思う



その1984年版は、主役がケビンベーコンだよ

ケビンベーコンの出世作

ケニーロギンスの主題歌も大ヒットしたそうな

このリメイク版でも主題歌は同じなんだけどね、歌ってる人が違う

でもこの歌を聞けば自然と体が動いてしまう人が多いんじゃないかと思う、特に4,50代の大人達




かつて見た1984年版のフットルースも見たくなった

見たくなるようにし向けてる感がある

主人公が友人にダンスを教えるところで、その友人が1984年版でも同じような奴だったような‥

わざと似てる俳優を持ってきたのかな

そこを確かめたくなった!




今年見た神田の映画ランキングではトップに来る映画だな

楽しい作品に出会えてよかったよ(^^)/




フットルース 夢に向かって [DVD]

ケニー・ウォーマルド 他..
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン





世界五大珍獣


話題:野生動物


新婚旅行回顧録もこれで最後(の予定)


・神田の家族がオーストラリアはケアンズにいる

・滞在費はほとんどかからない

・入籍の報告と結婚式、それにパパさん退職記念の海外旅行にはちょうどいい


以上のことから新婚旅行先はオーストラリアになった(N女史が決めた)のだ


行き先において神田は逆らわなかった

逆らっても無駄だったとは思うが(笑)、オーストラリアに行くなら是非とも見たい動物がいたのだよ


オーストラリアと言えば珍獣の宝庫だよね!

コアラやワラビーやら可愛らしい動物が沢山いるよね

タスマニア島にはタスマニアンデビルなんていう珍しい動物も(^^)


動物好きの神田としてはどれもみんな見てみたかったんだけどね、滞在期間が神田だけ長くとれなかったこともあり、日本では絶対見られない動物に焦点を絞ったのだよ


日本の動物園や水族館では見られない動物‥

それは
『カモノハシ』


世界五大珍獣の五番目に数えられる世にも珍しい単孔目の動物


シドニーの水族館にはいることがわかっていたので、もし時間が取れれば1人でも行こうかなと思ってたんだな


だが、お客さんが来て疲れたのかオカンが風邪をひいてしまったためにシドニー行きは断念した


そうなると、その辺の川で野生のカモノハシを見るしかねーな!と考えたのだ



パパさん百合子さんは久々の海外旅行ということで神田達とは別行動で、お次はエアーズロックを見に行った

N女史は、ダイビングスクールの受講チケットがまだ少し残っていたので再び潜りに

神田は昼間はオカンと一緒に静かに過ごして、暗くなったら夜行性であるカモノハッチャンを見に行こうと画策してたのだ


だけど川って辺りが暗くなると全く見えないんだよね;

水面ですらよく見えないのだよ(;_;)




仕方ないので早朝を狙ったのだが、暗いうちに川までたどり着けなくて大失敗(>_<)


結局見られなかったんだよね




その日の午後、神田1人帰国の途へ


空港まで送ってくれたオヤジとN女史に「カモノハシ見といて!」と叫んだのだが聞こえないふりされた(-o-;)


まあしょーがない


カモノハシは可愛くないからね(^^;)


世界五大珍獣も可愛いのはジャイアントパンダとコビトカバまでで、オカピとボンゴとカモノハシは珍しいってだけだから‥


あとから知ったのだが、野生のカモノハシを見るツアーというのもあるみたいで(絶対見られるとは限らないらしいが‥)、次にケアンズに行った時には参加したいと思ってる




あいるびーばっく!





↑ぬいぐるみ




原付二種


話題:原付


オーストラリア記事中断して、昨日届いたバイクについて書いちゃお!


話題は原付なんだけど、これは原付二種と言って125ccなのだよウシシ


その名もシグナス!


台湾ヤマハのスクーターでござる


国産がよかったのだが、日本国内ではもう作ってないからしょーがないのだ



車で世話になってる○○商会のオッサンに「これこれこういうバイクが欲しいんだけど、いいのがあったらお願いします」と頼んだのが今年の桜の季節

ずっと探し続けてくれてたのかはわからないけど、忘れずに連絡くれたのが嬉しかった



希望の車種や色は伝えてなかったんだよね

どうしても欲しいと言えるタイプのバイクじゃないから

通学やちょっとした買い物に使いたいだけだからね

状態のいいのが見つかればそれでいいやと思ってて‥


だけどいい意味で予想を裏切る良質そうなのが来た!


中古なんだけど、新品にかなり近いような^^


総走行距離約100キロ

写真ではわかりにくいけどナックルガード付き

このナックルガードは、寒い日にお手手を冷たい風から守ってくれるんだよね

いくら手袋してても真冬は手がかじかんじゃってつらいから(;_;)



このシグナスを見た時のN女史の最初の言葉は「何コレ、なんかカッコ悪いね」だった(^^;)

加えて「あなたって、車もバイクもカッコ悪いのが好きだよね」だと


別に好きじゃねーやな‥と反論してもよかったのだが、これで自転車移動とおさらばできたらケツ付近の悩みも吹っ飛ぶよな、と急に嬉しくなって何も言わなかった


でも神田carほどカッコ悪くないような‥?笑





カッコ悪いと言ってたくせに、このシグナスを最初に走らせたのは神田じゃなくてN女史だったんだよね


実家に帰って百合子さんに「あら、バイク買ったの?いいじゃない」って言われたら「うん、彼に買ってもらったの」と嬉しそうに答えたらしい(パパさん談)



何だかよくわかんねー女だろ?笑


だがこれが神田の嫁さんです!



バイク紹介じゃなくて嫁紹介記事になっちまったな‥


まあしょーがない

ではでは^^




新婚旅行A


話題:新婚旅行


無事に結婚式を終えた神田N女史変態夫婦及びパパさん百合子さん夫婦が翌日向かった先は‥


グレートバリアリーフ!


これを『上空から見渡してみようじゃないかツアー』に参加した

まツアーとは言っても30分ほどの遊覧飛行なんだけどね


このグレートバリアリーフは写真やらで見たことある人多いと思うので詳しくは語らない
(本当は撮った写真をオンボロ携帯サイズに合わせる作業が面倒くさい)

だけど凄く綺麗でしたわよ(*^-^)b




午後からはケアンズ市内観光

ケアンズって町は日本人が観光目的で訪れることが多いからか、レストランに入ると日本語のメニューが出てくる

従業員も日本人が多いような気がしたね

英語圏ならば本領発揮して通訳したろと思ってたのだが、ほとんど出番がなかった

そういった意味では行きやすい場所ではあるが、外国にいる感じがしないというのはどうなのかな、とも思ったり‥




今回の旅は一応新婚旅行なんだけどさ、里帰りとは言わないのだろうけど、神田は家族に会いに行ったわけだ

それはN女史も同じで、結婚の挨拶もしたかったし、長男の嫁として家事全般の手伝いもしておきたかったのかな

1人先に現地入りしたのも遊びたいだけじゃなくて、そういう配慮というようなものがあったんじゃないかと思ってる

この人は本音がどこにあるのかよくわからないんだよ(^^;)

だからね、とにかく好きにさせることが得策で、コレは駄目アレは駄目なんて思っても言わないようにしてるんだな

女はストレス溜めるとどこか具合が悪くなるらしいし‥



日本から持ち込んだ乾燥野菜や海藻類などを使って夕飯は2人で作ったけど、多人数分だとくたびれちゃったよね

だから寝る前はいつものマッサージね(^^;)

オカンの腰揉んでN女史の腰揉んで‥

ついでにオヤジの腰も揉んで‥



部屋に戻るとN女史寝てた

ここまでボディートーク一切無し!

まあ実家みたいなところだから、隣の部屋で寝てる人に声が聞こえるんじゃないかと気になるしね(>_<)


まだ記事は続く予定なのだが、先に言っちゃうけど、最終日まで一度もラブラブしなかった(^^;)

最後の日の夜、ちょっと危なかったんだけどうまく逃げた(笑)

何やってんだろなと思うよ

これでハネムーンベイビー計画はなくなった

まあ仕方ないよね(^^;)



前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2012年10月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アーカイブ
カテゴリー