Aggressive girl


話題:えっち。


ついにと言うかやっぱりと言うか、釣りガールとおかしなことになった神田です

彼女は野菜類を持ってきてくれたのだが、その前に髪を洗いたいと言うので俺も少し自分のことができるかなと思い、風呂に入ったのですよ

風呂から出たらいつものストレッチ

途中で彼女は現れたが、ストレッチは一応全部やらないと気が済まない質なので、続けさせてもらった

とは言ってもお喋りしながらだったので、彼女を退屈はさせなかったと思うのだけど・・・

それよりくたびれまくったタンクトップを着ていたのがいけなかったのかな

彼女が俺の上半身を触ってみたいと言い出した

「意外とマッチョなんですね」なんて言いながら、俺の腕に柔らかい手を這わしてきたよ

その時はまだね、何の変化もなかった

だが、その柔らかい手が胸の近くに這ってきた時にはくすぐったくて変な声が出ちゃったのよ

それが多分、彼女のスイッチを押しちゃったのだろう

「んもう、我慢できない」と言い出す上下スウェット女

スマホを出してライトを点けた直後、部屋の電気を消したよこの女

そして、今度は俺の乳首を摘まみながら、「ナメてあげたい」と囁いた


この「ナメてあげたい」とか「ナメてあげよっか」って台詞、この職場に入ってから何度聞いたことか

仕事中は実際にナメてもらうことはなかったが、お局様なんてテコキしまくるからね

俺にだけなのかはわからないけど、性の対象と言うよりは、面白がってる感じなのよ

でもまあ釣りガールの「ナメてあげたい」は面白がっているのとは違うようだった

長らくエッチなことをしていないからなのか、性欲が爆発したような感じ

俺はくたびれタンクトップを脱がされ、彼女も着ているものを脱いだ

暗かったけど、薄紫色の下着が見えた

彼女は俺の正面に跪き、俺のスウェットをずり下ろした

でもそこでその動作を止めさせた

最初に下腹部ペロペロは好きじゃないんだよね

やっぱり最初はチューでしょ

なので彼女を立たせ、唇を奪ってやった

顔が離れた瞬間、「やりたい」というかすれた声がした

わかったからちょっと待て、今布団敷くから、と言うしかなかった神田でした



行為後、頭を気にした釣りガール

何かに頭がぶつかったようなことを言い、スマホライトでその方向を照らしてみると、そこにはつぶれたブラックサンダーチョコの箱があった

「あー、ごめんなさーい」と謝る釣りガール

そんなこと気にしなくていいと言って、そのつぶれたブラックサンダーは持って帰らせた



はあ・・・

まだ相手のことをよく知らないうちにやってしまった

昨日もやっちゃったんだよね

積極的に動いてくれることもあって、深みにハマりそうな予感がする































偶然デート


話題:食事しました。

タイトル・・・デートは間違いかな

まいっか


昨日は休みだった神田です

午前中はお天気が悪かったのだが、針灸院の予約にキャンセルが出たから来いという連絡があったので出掛けたのよね

その帰りに、ラーメンでも食おうかなと駅前を歩いておったら、雑居ビルの前で釣りガールと出くわした

何故にこのコといつも会ってしまうのか不思議だったが、その雑居ビルの2階の美容室に行ったのだろう、髪の色が少し変わっていたので、その色いいな、似合うねと言ってやっただよ

そしたら釣りガール、ちょいと喜んだ

昼飯食ったか聞いてくるから、まだだと答えたら、じゃあ一緒にってことに

そこからだといつもの小料理屋が近いので、ラーメンはやめて小料理屋へ

ガラガラと戸を開けると、そこに寅吉がおった

日替わり定食を2人分おごってくれたよ寅吉が

ラッキーチャチャチャ♪


その後は並びの八百屋さんで野菜を買い、車に乗り込んで喫茶店へ

釣りガールがまた釣りの写真を見せてくれて、釣具について色々と教えてくれたのだがチンポンカンプンだった

用語が全くわからないんだな

竿、糸、針、餌なんていう誰もがそれを想像できる用語ならいいんだけどさ、アジングやらエギングだったかな、名詞にing形がつく独特な言葉を言われても混乱するばかりでね

メモ書きしながら聞きたいから、寮に戻ったらまた詳しく教えてくれと言ってその場は逃げた

そして喫茶店のあとはパン屋さんに行き、適当にパンを買って寮に戻りましたとさ

これが大体の流れなんだけど、釣りガールは体にピッタリのニットを着ておったのですよ

下はスキニージーンズ

その姿がカッコよかったのよね

釣りしてる時の服装は、ダボッとしてる程ではないが、濡れたり汚れてもいいような素材でできているレインウェアの延長のような格好に見えたのさ

そういうのが当たり前というのか流行りなのかはわからないけど、もう少し格好良くできないのかな、なんて思ってしまった

きっと服装のことまで考えると、もっとお金が掛かることに繋がってしまうのかも知れないのだけど

胸は特に大きくはないが、形が良さそうなんだよね

それに足も細くて、B子とパンスト対決をさせてもイイ線行くんじゃないかと思ったのよ

そんなことを考えながらぼーっとしてたんだろうね

もしかすると太ももを凝視していたかも

「神田さん?」と声がしたと思ったら、肩を揺すられていた

「信号青ですよ!」と大声で言われてしまった


ごめんごめんとだけ言っておけばよかったんだろうに、またしても余計な事を言ってしまった

その足の形が格好良く見えちゃってさ、と

ホントはパンスト姿を想像していたのだが、それは口には出さなかった

でもそこから2人の間の空気が変わった

別に険悪な変わり方ではなかったが、それまでとは違って、彼女の口数が減った

あっちゃー、やってもうた(^o^;)



写真は小料理屋の女将が持たせてくれたジャガイモの揚げ煮

彼女が間違えて俺の野菜を持って行ってしまったので、あとで届けてくれたのだけど・・・

このジャガイモは半分こしたんだよね

そしたら事件が起きた


















































誰のために生きるか


話題:家族

冬のボーナスまで節約マンを続けなければならなくなった神田です

まずはオカンにお金を送ったので、貯金が減ったのよ

これまで何年にも渡り、二月か三月に一回、生活に困らない程度のお金は送ってやっておったのね

急に「カネオクレ」と連絡が来るのが嫌だったから

心配になるじゃない

日本に居るなら別にどうってことないが、外国はどうなっているのかよくわからないしね

特に豪州は、コロナ関係なく物価が高いのさ

それで今はコロナ禍だ

どういう暮らしぶりになっているのかあまり詳しい事は言わないからさ、ドバッと送ってやったよ、しょうがないから

そしてお次はオヤジと妹

来月は陶芸教室の生徒さんが途切れる期間があるので、その間にゴートゥを利用して旅行に行かせることにした

本当はゴートゥはどうでもいいのだが、温泉にでも浸かって心身共にリフレッシュさせようと考えた

B子にまたおかしくなられても困るし

なのでオヤジ妹B子の三人で相談して、どこかに行けと指示した

よそ行きの洋服類が必要なら、デパートに行っていいからとも付け加えて

どこに行くことになるのかわからないけど、これであの三人の事は暫く考えなくて済むかな、と



頭の中を軽くしたいのさ

色々考えてしまうと、仕事に差し支えるような気がしてね

まあ家族の事はどうしたって頭から離れないけど、少しでも考える時間を減らしたいと考えた訳だ



糞爺の一周忌の法要はやらなかった

やれやれうるさく言われたんだよお寺に

そのお寺はそういう行事で稼ぐのだから仕方ないけど、どのようにすればいいのか考えたくなかったので、そのお寺と喧嘩してもいいやと思いながら、いかなる要請も全力で拒否した

コロナで面会に行けないのだけど、まだ糞爺の奥さんのこともあるから、この世から消えた奴のことなんてどうだっていい

かれらが自分の祖父母だったらちゃんとやるけど、赤の他人だからね

しかも別れた女房の身内だから、いつまでたっても元女房のことを忘れられないし

普段は全く考えてないが、老人ホームや役場からの郵便物を見るだけで、否応なしに思い出してしまうのだよ



これからどんな事が起きようが、負けることは考えにない

常に勝つ

そのためには自分に余裕を持たせたいんだよね

それが今の俺の生きる道だと思いたい




さっきね、サッポロ一番塩ラーメンが入った片手鍋を持って、夜勤の後輩クラゲに差し入れしてやった

寝てたけどね

この時間、寝てていいのかよ!と、わざと強い口調で言うと飛び起きた

コイツに食わせるとまた寝ちゃうなと思ったので、俺が食ってしまった

夜中のインスタントラーメンほど美味いものはないやね


(^o^)v








































バネ指


話題:整体・マッサージ

先日、肉じゃがをごちそうになりに紫陽花おばちゃんの家に行った時のこと

これから食べようって時に、「あっ!」て声がしたのでおばちゃんの方を見たら、手に持っていた箸が床に落ちた

どうしたんだろうと近寄ってみると、おばちゃんは右手の親指の付け根を押さえておった

「う〜」と唸るおばちゃん

苦しそうに「たまにこういう風になるの」と言って、痛い部分を俺に見せてくれた

親指が見事に手のひらにくっついていた

指折り数える時の最初のポーズと同じような形

その親指は元の位置にはなかなか戻らないんだな

こういうのね『バネ指』っていうのよ

腱鞘炎の一種

大丈夫だよ、すぐ治してあげるから!と言って、俺はおばちゃんを流しに連れて行き、痛い右手にまずは温水を掛けた

そしてタオルで水気を取ってから秘密兵器を出した

その秘密兵器とは『パワーテープ』

肩こりや筋肉痛に効くんだよ

ピップみたいな貼るタイプなんだけど、貼ったらすぐ痛みが消えるのよ

学生時代に運動部だった奴等はみんな知ってると思うのだが、不思議なくらいに効くんだよ

だから今でも持ち歩いてるんだな

腱鞘炎にも効果抜群で、仕事中に指に痛みが出た時にはすぐ貼るのさ

すると取りあえずは痛みは消えるし、指も動くようになるのよ

きっとおばちゃんの指も治せるだろうと思って、親指の付け根の手のひら側に1枚貼ってやった

どこに貼れば一番効果があるかは、オヤジの指で調査済みなんだな

リウマチじゃなくても、ある程度年を重ねた人はこういう症状が出ちゃうんだよね

貼った部分を軽く揉んでるうちに「あれ?」とおばちゃんは不思議そうな声を出したと同時に、固まっていた指を動かし始めた

いつもなら治るまでもっと時間がかかるらしい

それがものの1分で治ったもんだから感激しておった


このパワーテープはチタンテープともいうのかな、俺はシールって呼んでるけど

その辺のドラッグストアーで買えると思うが、俺は職場に来る業者から買っている

大量に買うから少しは安くしてくれてるのかわからないけど、1枚10円くらいかな

寝てる時に足がつって困ってる人にも、寝る前にふくらはぎに貼ってやると、その日はつらない

効果が何日続くかは不明

風呂に入ると剥がれちゃうんだよね


おばちゃんに新品をあげた

いつもなら、他の物品の場合は「いいわよ、いいわよ」と断る素振りを見せるのに、このシールだけは拝むポーズで受け取った

めでたしめでたし♪






















埼玉県産の里芋


話題:旬な食材

里芋の煮物、結局自分で作った神田です

釣りガールからは今夜は里芋は使わないと連絡があったので、眠かったけど煮てみた

運悪く先輩が現れたんだよね

「お前の部屋、電気がついてたから」と

今、里芋を煮始めたところなんですよって言ったら、当然のように出来上がるまで立ち去らなかった

喋らなきゃならないから疲れちゃったけど、まあしょうがない

でも先輩は俺の里芋の話を聞いてくれるので、嬉しい部分もあるんだよね

里芋は、まあ里芋に限らずだけど、産地を気にするのね俺は

その話を嫌がらずに聞いてくれるのだな

普通は、食べるだけの人は産地など全く気にしないのよ

勿論、作る人だってほとんどの人は産地なんて気にしないんじゃないかと

この話ができるのは、八百屋さんか小料理屋の女将かウチの妹くらいなのよ

そこに先輩も加わってきた、という感じになってきてる

この人は芋料理が大好きだから


で今回の里芋は、埼玉県の西部でとれたものなのね

西武ライオンズで有名な所沢、航空祭が行われる狭山、それに埼玉西部では一番の都の川越

この3市を結ぶ道があるのだが、その道沿いに里芋畑が広がってるんだな

そこを俺は勝手に『里芋ベルト』と呼んでるんだけどさ、そこら辺でとれた里芋が一番美味いんじゃないかと思ってるのよ

ちなみに川越は昔からサツマイモの産地として有名でね、東京から川越に行く道にはサツマイモの直売所が数多くあるんだよね

だからイモは埼玉県西部に狙いをつけてみたのよ

埼玉県の東部は人口が多いので畑が少ないんだよ

だから埼玉県産の里芋はほとんどが西部産じゃないかと思ったり


今回の里芋の煮物、10段階評価では7くらいかな


味つけはよかったと思うのだが、里芋の質がいまいちだった

今年の里芋は駄目だと前に書いたけど、その時の里芋よりは美味しくなってた

ただ0.5ポイントほど上がったくらい

今年のは里芋の味がしないに近いくらいの味なのよ

それと里芋の特長であるねっとり具合が納得できるレベルには達していない

先輩は「そうかな、俺にはそこまではわからん」と言いながらも美味そうに食ってくれたからよかったけども

来月はまた質が良いのが出てくるかも知れないので、その頃また作ってみようと思う神田でした























前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2020年10月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
カテゴリー