煮物


話題:料理、グルメ全般


野菜が高くて困るね

これからの季節は煮物を多く作りたいのに材料に迷う

台風や地震で北海道がやられたのが痛い

ジャガイモや人参が品薄なんだよね

よく使う野菜が高いと悲しくなる(T_T)

それでも頑張って作った

牛蒡と鶏肉の煮物

今回は肉を鶏モモから鶏胸肉にしてみた

少しでも安く上げようと思ってさ

肉を下処理してから使ったからかパサパサ感が減った

味も過去最高かも知れないと思うほど美味しくできた

まだ居るオカマが作った量の半分くらいを消費した

「神田ちゃんにはお嫁さん要らないね」と言っていた

誉め言葉なのだろうが、あまり嬉しくなかった

このままだと本当に嫁さんが来ないのじゃないかと不安になりつつあるから

あはは



ステータス


話題:車全般


高級車レクサスが欲しいという知り合いを店に連れて行った神田です

bBに乗って出たのだが、その前に寄ったトヨタでナビの中の地図の更新に時間が掛かると言われ、それでまたCHRを貸してくれ、その車で出掛けた

ボロ車で行くよりはよかったかも知れない

高価な物を売る店の店員は、そいつ自身は極めて庶民的な生活をしていても、店に来る客を車や服装で判断しがちだと思うのだよね

テーシャツにジーンズ、サンダル履きなんかで行っても一応はマニュアル通りの親切な対応はしてくれると思うけど、買う側の姿勢を見せるためには車も含めてやっぱりそれなりの格好をして行く方がいいと思うのだ

素敵な彼女と初めてデートする時と同じで第一印象ってのが大事だし、雰囲気で負ける訳にはいかない

ただこっちは客だから勝ち負けなんて無いし、どんな車に乗って行こうが本当は関係ないんだけど、何となくね

何たってレクサス店は建物からして高級な造りになってるからね

床には大理石、調度品からも高級感が漂っていた

あとはね、店員さんはイケメンが多い

わざとそういうのを揃えてるんだけどね

女の店員さんもスタイルのいい美人ばかりなので、全体に華やかな雰囲気


ただここで面白いのは、必ずと言ってよい程ローンでの購入を勧めてくる

それは系列のローン会社を儲けさせる目的と、残価設定プランでローンを組めば、後に良質な中古車が手に入るという一石二鳥を狙ってのこと

知り合いは1千万近くするようなセダンが欲しいと言った

すると半分の五百万をローンで組み、3年後に乗り換えるか、そこからまたローンを組み直すかというような説明があった

その乗り換える時の走行距離にも制約があったような

車が昔みたいにバンバン売れる時代じゃないからさ、新車を1台売ったらその先のことも考えるんだね

セコい商売と言えばその通りだけど、こういう時代だから仕方ない



ただ俺はローンという言葉を聞いただけで虫酸が走るからね、知り合いを商談席に残し外へ出た

試乗車が何台かあったね

女の店員さんに乗ってみますかと言われたが断った

レクサスなんぞに興味はないから

だがその女店員さんと暫し談笑した

乗ってる車を聞くとアクアと答えた女

レクサス店に勤めていてもレクサスには乗っていないのだな

そんなもんだよね

高くて買えないとも言っていた



店内や車の写真を沢山撮ろうと思っていたのだが、ピンクのガラケーを出す気にはならなかった

それは恥ずかしかったからではなくて、「この人まだガラケー使ってるんだ。スマホを勧めてみようかな」と思われるようなことはしない方がいいと思ったから

レクサス店だろうが何だろうがトヨタ系の店はケータイ販売ノルマがある場合がからね

余計な会話に発展しないように努めた結果、車の写真は諦めざるを得なかった




【まとめ】

レクサス店の店員さんは普通の新車販売店の店員さんより買ってくれという気持ちを前面に出さない

客をもてなして、その結果買ってくれたらいいというスタンス

そういうところは大いに好感がもてる

ハイゼットカーゴのレクサス版が出たら、俺も買ってもいいかな

まあ出ないと思うけど




ギトギト系


話題:ラーメン


暑い季節が終わって若干涼しくなってきたからね、熱いラーメンが食べたくなった

「ここ、かの有名な大勝軒の流れを汲む店らしいですよ」と一緒に行った♂が嬉しそうに言っていた

大勝軒て美味いかな(?)

これまで何度か食べたけど、100%自分の好みではない

結構繁盛してるみたいだが、俺は並んででも食べたいという程ではないんだな

隣にうどん屋があったら、そっちに行きたいと思うくらい(^^;)

もしかしたらラーメンの好みが変化したのかも

学生時代みたいに腹が減って減って困る&1食に十分なお金を掛けていられない、という事情だったら脂ギトギトが有効なんだけど、最近は運動量が少ないからかな、ラーメンに限らず脂が多いものは欲しくないんだよね

すると大勝軒系は大して好きでもない味のギトギトだから、なるべくなら回避したいと思ってしまうのだ

でもこの日は助手席だったため運転手の行動を阻止できなかった

その運転手に食券を買わせたのも失敗だった

フーフーしながら食べるラーメンじゃなくて『つけ麺』になったのだ

しかもサイコロチャーシューが乗ったミニ丼付き

昼飯なのに量が多いと思ったけども、チャーシューの形や質が好みから大幅にずれた

運転手は美味そうに食べていた

だが俺は早く食って早くこの店から出ようと思った

店内はさほど混んではなかったが、その日に限ってだと思うけど、床に皿か何か固い物を落とす大きな音が何度か聞こえてきて、食べることに集中できなかったから




なんと、俺としたことが、残してしまった

ミニ丼のチャーシューが固くて途中で嫌になったから

運転手はスープをかければ食べやすくなると言ったが、麺を食べた後の味が薄まったスープをかける気にはならなかった

失敗の回




次からはもっとあっさりした味のラーメンを食べようと思う

鶏ガラベースの澄んだスープのラーメンが食べたい

チャーシューは歯ごたえなんて要らない

少しのメンマとほうれん草、そしてナルトが乗ったような昔ながらのラーメンがいい

そういうラーメンを追求したくなっている神田でした



オカマネットワーク


話題:エロ・18禁


ここに来てようやく皮ごと食べられるブドウが安くなってきた

妹はその代表格のシャインマスカットを1日1パックは食べたい派だから、俺は箱で買わなきゃなのよ

他に梨やらも買うから玄関に箱が積まれちゃうんだよね

すると玄関にフルーティな香りが充満するってほどではないんだけどさ、いつもよりいい匂いがするような気がするんだな

その匂いに釣られてなのか、フルーツが多い日に限ってやって来る奴がいる

オカマ!!

まあこいつはフルーツに興味がある訳ではなく、単に金欠なんだけどね

自分の兄貴が病気で入院してるらしく、家族が生活に困ってるんじゃないかと思って給料の半分近くを送金してるらしいのだ

それはそれで優しいところがあっていいんだけど、自分の生活が行き詰まるのはどうかと思うのだよね

食べ物を買う金が乏しくなったらウチに来るってのが常態化してる

そんな理由だったら助けてやらないってことはないんだけど、基本的に飯をたかる奴は好きくないのだ

かつて山梨という友人が飯を食わせてくれと言ってきたことがあり、ある程度の期間食わせてやったけど、彼は求めるだけで償おうとはしなかった

だから関係を切ったのだけど、オカマは簡単には切れない

今も俺が借りてるアパートに住まわせてるし、職も紹介して身元保証人にもなってるからさ、山梨と同じようにどこかにポイとはできないのだよ

それでもたかられるのは好きじゃないんでね、ある仕事を与えた

その報告も兼ねてやって来るから、まあまあまあ

このオカマに与えた仕事というのは御曹司の動向調査

ヤツが今どこにいて何をしているかを調査させてる

オカマバーの経営者宅に居候状態なのは把握しているが、昼間はいったい何をしているか、夜はいつも店に出ているかなどできるだけ詳細に調べさせているのだ

オカマは便利なオカマネットワークってものがあるからね、必要であれば資金を投入してでも何かしらの成果を出してくれると有難いのだな



でも今はまだ調査中という段階で、御曹司がハッキリこんな事をやってるという報告はないんだよね

だからオカマの推測がメインになっちゃってるのだ

男を好きになる男の生態やらをだな、オカマの経験談をもとに推測した話を聞くだけなんだけどさ、見るに耐えないじゃなくて聞くに耐えない話ばかりで、俺はもう悲しくなってる

なんて言ったらいいのかな、言葉を慎重に選ばないとココには記せないことばかりなのですよ

それでも簡単に言うと、御曹司のお尻の穴が広がってるんじゃないかとか、新しい体位を開発してるんじゃないかとか、そういう俺が知らない世界の話を延々としやがるんだなオカマが

話しながら途中で吹き出す時もあるもんで、口の中にあるシャインマスカットの汁が外に飛ぶ時がある

話を聞いていたB子が、実際、俺の顔に吹き付けたもんな

貴重な果物を食べながら話す内容じゃないと言いたいが、そこまでうるさく言うのもナンだから我慢してるけど…









































つづく



孫4人衆


話題:お見舞い


先週末、東京は暑かった

真夏のどうしようもない灼熱地獄よりは楽だったけど、それでも外にいると気分が悪くなってもおかしくないくらいの陽気だった

その日、初めて糞爺の孫達に会ったのですよ

糞爺もそんなには長くないと数ヵ月前に伝えてあったため彼らから見舞いに訪れたいと連絡があり、日程を調整した

そして爺が入院している病院で顔を合わせる訳だが…

彼らから挨拶はなかった

この場合の挨拶というのは、私達の祖父の面倒を見てくれてありがとうだとか、忙しいのに今日という日を設けてくれて助かっただとかの感謝か労いの言葉が聞けると思っていたのだ

ところが彼らの口から出た言葉は「こんにちわ」だけだった

孫達は30代の所帯持ちと20代独身の4人で構成されており、30代半ばの兄弟の中で唯一の男が連絡をくれたのだけど、その電話の会話でもアレレ?と思ったのだよね

彼はお世話になってます的な言葉を一切発しなかった

大人の対応ができない奴なのかなと思っておったのだが、実際会ってみてもその印象は変わらないばかりか、俺とは人種が違うのではないかとまで思っちゃったよね

彼らの居住地から病院までの距離がかなり遠いと聞いていたので、約束事項として出発する前に連絡をくれと言ってあったのよ

まずそれがなかった

待ち合わせ時刻を面会開始時刻の数分前に設定してあったのだが、その時間よりも1時間程前に「今着きました」と電話してきやがった

普通は、出る前の連絡は必須

待ち合わせ時刻より前に着いた場合は、その時刻までどこかで時間を潰すか、あるいは早く着いたとしてもその時間まで待てばいいのだよ

そういうことができない、つまり『自分勝手』な奴だと認識せざるを得なかった

ただまあ糞爺もその息子も自分勝手だからね、その血を受け継いでいると思えば何も不思議はないのだが…




彼ら孫達がこれまでどのような環境でどんな風に育ってきたのかよくは知らないが、年齢は重ねても中身が伴っていないのは彼らにとっては不幸だと思ったよね

こんなんでよく生きてこれたなとまで思っちゃった

他にもね、病院内は冷房が凄く効いてて涼しいというわけではなかったのね

座って待っている時に「暑いな」と声がしたので思わずそっちを見たら、その30代の糞孫がイラついた顔をしてやがったり

それを見て、こいつバカなんだろうなと思うしかなかった

爺の病室まで案内して俺は帰ったのだが、久しぶりにバカを見たショックで、その日はぐっすり眠れなかった

翌日B子にこの日の顛末を話したら「塾にもいたじゃないですかそういう親。終始上から目線で話す人達」と言われ、あーなるほど、そういう奴らと一緒かと思った

商売してると色んな人と話すことになるんだけど、中には適切な言葉を発しない人がいるんだよね

塾の先生にペコペコはしなくてもいいけど、自分の子供の能力を引き出して、それを高めてくれる相手にはそれなりの話し方ってのがあると思うのだよね

こっちも丁寧に話してるのだから合わせてくれると助かるって言うかさ

変な物言いの親は、その子供がどんなに良い子そうに見えてもお帰りいただいた

だからこの孫達も排除すればいい

葬儀は勝手にやってしまおうと思ってるので事後報告

その後の遺言状の開示ではまた顔を合わせることになるが、その1回でコイツラとはおさらばできる

そこまで考えて、ようやく気分が晴れた神田でした


前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年09月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アーカイブ
カテゴリー