愛は、ヒメゴト

話題:本日の恋心模様

進んでみることにしました。まだ見ぬ扉を開けてみようとおもう。きっと、こういうやり方は間違っているとおもうけど、彼が、このやり方しか望まないのなら仕方ない。こうしないと向き合わないなんて、よわいんだなとおもう。ただ、ちゃんとけじめをつけないと、気持ちがずっと、立ち止まって、息苦しい。あたしが、見ていた彼はニセモノだったのか、それとも、ホンモノなのか。なんでもいいから、きみに会いたい。そして、この想いに終止符を打ちたい。


あしたは、元彼くんとあそぶ。ごはんを作って、彼の家でまったりする予定。たのしみ。




愛は、ヒメゴト
恋は、まぼろし

あなたとあたしのひみつがほしいよ。
だきしめてあげたくなるくらいにたいせつなひとを、しあわせにしてあげたい。

時は、風のように
きみにユメを見させてもらった

かたちのないよわさを
かたちある体温で溶かしてあげたい。

あたしは、あたしになる

話題:ひとりごと

以前、元彼にあさのは、Janne Da Arcの曲に出てくる女みたいと言われてから、わりと聴くようになった。歌詞を見ながら、あたしって、こんな感じなのかなと、元彼から見たあたしを知る。

最近、懐かしさを感じることが多い。20歳くらいの時は、背中に羽でも生えているのかというくらいに、ふわふわとしていて、どこへでも飛んで行っていた。フットワーク軽いどころではなかったと当時を知る友人ちゃんは言っていた。今は、あれほどまでには動けないな。めんどくささやワンクッションおいて、考える間ができた。それでも、好きなひとに関してだけは、わりとまだできている。会いに行ってもいいなら行くよ、と片道3時間以上でも当日の朝に決まれば、飛んで行けるから愛はすごい。
友人ちゃんが大学の間だけシェアしていた家に、よく遊びに行ったり、その道中に通る都会の人混み、忙しなさ、キラキラ、さみしさ、が好きだったな。今もそうだけど、なかなか、行く機会は減った。あたしは、東京という都市が好きなのだとおもう。なのに、好きになるひとは地方なので、そのアンバランスさが、また、おもしろい。

24歳から25歳へ歳を重ねる過程は、おそろしくなにかが変わる気がする。もう、しっかりしないといけないって言われているような気がする。自分の自生を生きなさいと。気持ちが若いのはいいけども、いつまでもそれに基づいての浮遊感は安定させなくちゃいけないような気がした。羽化したい。今年は、特におおきく変化したい、中身も容姿も。あたしの人生は、あたししか生きれないから、覚悟決めて進むしかないんだから。やりたいことをやる。後悔なんてもう、したくないから、行動していくしかないんだ。転職もがんばりたいし、自立もしたいし、恋人もつくりたい。

やりたいことを考えたら、時間なんて足りないね。今日は、お休み。今から活動しなきゃ、今日のタスクは消化できない。予定は未定だけど、想像を現実に落としこむ。あたしは、あたしになる。

ラブミーテンダー

話題:デート

おなじ部屋でごろごろと
ねこのようにすりすりと
からまる手足をいとおしむ

恋は、下に心があるけれど
愛は、真ん中に心がある
恋することは簡単だけど
愛することはむづかしい

おなじ部屋でごろごろと
からまりながらテレビ観る
テレビ東京のゆるりとした番組とか
マツコの番組とか深夜番組とか
お酒を飲んで、ほどよく酔って
やっぱり、デレデレとくっついた

おなじ布団でごろごろと
胸の辺りに頭をあずける
大きな胸板につつまれて
いつまでも続けばいいのにと願った
起きてもとなりにいてほしい
いなくならないように手をつなぐ

真夜中、目が覚める
キョロキョロとさがしてしまう
どうしたの?と寝ぼけたきみに
なんでもない、とくっついた
いなくなってなくてよかった
なみだがこぼれた
震える肩に気がついて
頭をなでるやさしいきみに
なみだは止めどなくあふれた

どこへ行くのも一緒がいい
あまえたなぼく
きみは呆れもせず、だきしめてくれる

一緒にお風呂に入る
浴槽でもくっついて
離れないようにと手をつなぐ

すき、を飲み込み
なまえを呼ぶ

ぼく以外のことを想わないでと願った


夢は、人が関わると儚くなるけど
恋が終わると、愛になる

きみのこと、すきになってもいいのかな
一緒にいたいよ、いつまでも。

2017年

話題:明けましておめでとうございます

2017年ですね。あっという間に1年が終わってしまいました。相変わらずなあたしを今年もよろしくお願いいたします。

年末、元彼とお泊まりをした。久しぶりに男の人に会って、デートして、セックスして、彼のやさしさにあまえて、泣いた。復縁とかそういう話はないけど、傍にいたいなとおもった。

好きなひとはね、会う約束を先月、何回かしていたんだけどドタキャンされた挙げ句、お金をくれないかと言われて、その直接的な物言いに萎えちゃったりして、好きかどうかなんてわからなくなった。

たとえば、デートして折半とか奢るとか、そういうのはわかるし、好きだからプレゼントしたり、されたりとかもわかるの。それは、好きだから自然とできることで、男女問わず、していいことだとおもう。ただね、直接的にくれないかとか援助してくれとかは、付き合ってたり、結婚してるとか家族ならまだしも、ただの片思い程度のひとにはできない。育った環境のせいなのか知らないけど、それが間違っているということをおしえてあげたいとはおもった。だけど、彼はそれを拒むでしょう。そういう、うるさく、自分のことを否定するものを彼は受け入れられない。きっと、あたしがなにか言えば、ふつうにブロックされる。周りがあまいんだよ、と友人は言っていた。その通りだとおもう。どういう生き方もわるくないよ、許される環境下にあるのなら仕方ないことだし、だけど、すべてに許されることではないってことだけはわかっていてほしいし、あまり、あたしをなめないでほしい。いつか、痛い目見るんだろうなと思うものの、手助けできないのは、すこしもどかしい。まあ、すがられたら、助けなくはないけど。お金だけでつながることはできないかな。それは、彼だってわかってるんじゃないかなとおもう。

何はともあれ、たのしく生きたい。すきなひととたちと一緒に、わらって過ごせたらいいな。今年もみなさまにとって、すてきな1年でありますように。

2016年

話題:仕事納め

仕事納めでした。うれしいですね。色々とゴタゴタがありすぎて、転職できなかったので、来年こそは始めようかとおもう。今の職場が嫌とかではないけど、経済面でもう少し上げたいなと。

ついでに、すこし今年を振り返ってみる。年明けからGWまで、ひたすらに元彼に別れたいと言われたり、家庭崩壊と精神が不安定になりがちだった9月くらいまで。年内までかかったけど、なんとか、問題も終らせられたので一安心。
6月に知り合った好きなひとのこと今も好きだけど、それはそれで、今年に納めようかなとおもったり。来年は、たくさんわらって、たのしくを心がけて生きたいなと淡くおもう。

人生いろいろとあるけど、生きてれば、まあなんかあるよねって、能天気くらいに力抜いて。来年は、恋して、仕事変えて、好きなことを好きなようにしたい。目標くらいは大きく、キラキラしたものをね。
前の記事へ 次の記事へ