6月終わる暑い!

ジリジリと日差しが容赦無い!朝ベランダ菜園にたっぷりと水をやり隠元と紫蘇は味噌汁に胡瓜とトマトはサラダに楽しんでます。土曜日は俳句の日いまからでかけます。7月に鮎の解禁で広瀬川に釣り人が並ぶ。昔渓流釣りの好きな仲間と鮎釣りしたことがある。囮鮎の選び方など興味深かった。自然に遊ぶ長生きのひけつらしい。「凄まじき面えらばれて囮鮎」…。知らない事が次々と明解になり快感の時間ですよ、俳句は素晴らしい!

南三陸朝取り殻付き牡蠣届きます

牡蠣を養殖している息子世代が立ち上がった!自分達が朝取った牡蠣を直接飲食店へ届けその日の内に食べてもらいたいーと間に入った若者が一生懸命話をするので取り寄せてみた、食べてビックリ!新鮮味!味濃くて爽やか、変な磯臭さがないのです。お客様に次々勧めると皆様絶賛してくださる、万石浦や女川、漁港を変えて一番美味しい時の牡蠣を直送してくれる。小ぶりなのが美味しいと思う私は大きめになるシーズンは少しお休みしますが是非食べにきてみてください!若者が胸張っていい牡蠣育ててますよ!

白鼻心と遭遇!

午後3時ローソンの裏の道路から個人の家に行く小道に狸の痩せたような動物がこちらに歩いてくる。じーっと見てたら私を見上げた顔が白い鼻筋がすーっとと通り立ち止まる。写真取りたいと少しずつ近づくとくるりと車の下に入り込んだ。携帯を近づけて覗いたら金網よじ登り塀の奥へ…。十年程前の夕方にマンションの脇の塀の上から私を見下ろしていた、その時は通りかかって大学生に声かけて2人でみた。どこに住んでるのかしらね…しばらくした夜中西公園から犬が拷問されてるような奇声がしばらく続いた、ベランダに出たのは我が家ばかりに非ず、…もしかして白鼻心の縄張り争いではなかったのか…初めて聞いた叫び声…謎の夜でした。

「とっておきのコンサート」

みんな違ってみんないい!オハイオ〜の歌と共に仙台の街の中はいろんな人の音楽の発表の場になる!綺麗なお姉さん方のコーラス〜耳が聞こえ無いとは思えない〜。車椅子で不自由な手で見事にギターをひきこなす〜いろんな人が明るい日差しの中緑の風に包まれて笑いながら闊歩しています。みんな違ってみんないい!すれ違うたびにオハーイエイ!と挨拶しながら優しい自分になって行く…。県外から視察の方も来て全国へこのコンサートは広がっていってます…。気持ちのいい仙台ですよ
前の記事へ 次の記事へ