ホデナスブルースバンドライブ

仙台ジャズフェスティバルでひときわ人が集まり掛け声かかるバンドがあります。東京や他県からグレード高いバンドやプロも参加してるんですがそんなに人は集まりません、彼等は民謡をジャズのリズムでノリノリのパフォーマンスー分かり易いんです。仙台の老舗ライブハウス「ケントス」雰囲気がいいんです、ライトアップされたステージに親父バンドを立たせたい、観客も仲間を集め懇親会もやっちゃえば楽しいに違い無い!と昨年に続き二回目の「真夏の恋騒ぎー歌います倒れるまで」…チークタイムもあり熟年のご夫婦の素晴らしいダンスもあり…祭帰りの雀踊り組も金銀の扇で踊りだす。飲み放題の酒のサービスもスムーズで、料理も多く大満足の夏の夜でした。もちろんカラオケの二次会へ…独身組を放り込みましたよ。

名取の野菜最高です

芹が終わって名取の集荷場いかないのは寂しいと芹農家さんが芹の後に作る茗荷竹と油坊主しゃぶしゃぶを考えたのが6月ー美味しかったとまた来るお客様出てきました!茗荷竹仕入れに集荷場へ通っています。家の茄子どう?枝豆どう?小松菜は?と農家さんの薦め上手に次々と取れたて野菜を買ってます。特に茄子!仙台長茄子漬けは有名ですが味濃くしててお土産で売られてるが…。しかし茄子の浅漬けは絶品ですからし付けて皆さんどんどんおかわりするほどです。枝豆も枝付きで茹でると風味が違います。さやでもいでしまうとどんどん古くなるとか、なんでも採りたては美味しいです。ホヤだって朝採りだしてますよ!生産者の見える食材は素晴らしい!

侘び助は花盛り!

花屋さんで売ってる花本当に似合わない店なんです。近所の方が時々届けてくれます、手洗い場はドクダミ、水引き草、秋海棠、河原ナデシコ、あざみなどいろいろ飾られ特別トイレはカサブランカなの(一点豪華主義)お客様は驚くみたいです、店内は素朴な花なのでねー。これからはススキが店には良く似合うんです。広瀬川原に少し頂きに行くんですが、本当は窃盗罪になるらしい…。どうしたもんじゃろでございます。店の前の侘び助の木がある瓶にムカゴ埋めてたら芽がでてもう屋根まで届いてます!秋にはまたムカゴが鈴なりに、油で揚げて塩で、ご飯にしてもいいですよ。私だけの楽しみです。

看板娘の独立!

震災やせり鍋ブレイクと侘び助のピンチや大忙しさを青森女特有の粘りと爆発するパワー(はんぱないよ、ブルトーザーより働く)刺身、焼き物、天ぷら(この頃メキメキうで上げた)…なめろうは指名で来る人多数「友ちゃんのなめろう」と呼ばれているもう女板前としてやっていけます。場所も侘び助の近くや路地裏などいろいろ見たが、時間により閉店まで1人もあるので、国分町のホテルの地下に決めた。せり鍋シーズンは県外の人多くなり他の店紹介したり、侘び助が解りづらい場所だったりして、解り安い所と安心出来る繁華街にした。俳句始めた頃歳時記に「侘び助のそのひとひらの解文かな」がありずーっと温めてた名「仙台せり鍋ひとひら」決して侘び助の二号店に非ず、立ち上げは全て用意しますが順調になったら全て友ちゃんの店です。早くそうしますよ9月オープン予定よろしくお願いいたします。

TSUTAYAのにいちゃん久し振り!

広瀬通り店になり近くなったのでと同僚と来てくれた。以前から酒を良く知ってて若手を連れてきては格好良くうんちくを決めご馳走すると言う親分肌だ。映画好きな私がもう一度見たい作品やどうしても見れなかった作品をどんどんかりる事にした。英会話を習いたい!と思った「マダムインニューヨーク」夜中に家人と見る、ここよ!とニューヨークのスタバみたいな所でモタモタして罵倒される場面、夫や子供にお菓子だけ作ってればと馬鹿にされる場面など(日本の家庭そっくり)…英語がしゃべれる彼女の堂々とした態度素晴らしい!兎に角美人!コラ!いびきかくなと起こしながらの鑑賞会でした。見逃したヴィヴィアンマイヤーを探しては今夜の楽しみ!一作105円!背負い投げ〜じゃない安すぎ〜でございます〜。
前の記事へ 次の記事へ