弥生3月今日で終わり

観葉植物だけ室内に残してもろもろはベランダに移動しました。寒さが一段落したので掃除もかねてね、スッキリしました。モデルルームが理想なんですが整理整頓が不得意でたまに収容するとどこに仕舞ったか忘れてしまう…故に出しっぱなしだとわかるんです。大変なのは火災感知器の検査の日。出しっぱなしに大きなクロスかけてごまかす、洗面所と台所だけは綺麗にしてるのでギリギリセーフです。皆様ご安心あれ、店の私はトイレ隙間の埃までうるさい女将なんです、だって掃除してくれるのは相方なのでね。4月には新しいお客様もお迎えするように磨き込みます!

女将の自慢話聞いてね〜。

私、何にも下地なく俳句始めて6年目です。経験者の優秀な諸先輩に手とり足とり褒め殺しに会いいい気分で続けてきました。だって隣の人に「紙ください」と言ったら「選句用紙とお言い」とピシャリと…「三越に銀杏踏んだ靴だけど」などと自信満々投句してました、もちろん大笑いしていただきましたがね。今まで会った事の無いような真摯で教養高く人を許せる寛容な民族が俳句をつくる人達とつくづく思います、そういう諸先輩き囲まれて人間失格気味の私は本当に勉強になります。さて何を言いたいかと言うと第十回佐藤鬼房全国俳句大会に入選したのである、東京から宇多喜代子先生が塩釜までいらっしゃり、金子兜太先生の祝辞いただくという晴れがましい大会です。そしてもうひとつ全国紙「俳句四季」東北の特選に選ばれ写真とコメント載せて貰いました。びっくりぽん!いつもどこ良いかわからないで五、七、五の数合わせてパズル完成!の乗りなんですもの…。自覚が無いので怖いだけ…多分張り切らないし、いままで通りでのんきなままだと思います。嬉しいんだか、困ってるんだか、自分の気持ちがわからない春は朧の今日この頃なの…。

サバイバル家族にワッキー出てます!

全然観るきなかった映画でしたが息子のワッキー貝山より「台詞あるから見ろ!」と…なかなかいい、何でもある今の生活、我が儘な子供達の生き方がとんでもない境遇になるとおたおたする大黒柱の父より子供達の方がサバイバルに対応していく。現状を捉えるのがポジティブかメガテブかで生き方がずいぶんと変わると言うこと。田舎育ちの私は十分に生きていけそうです。広瀬川原畑にして、所有する小舟で釣りをする。テングスは栗虫の腹の中にあるし、針だって釘から作れるよ、浮きはオガラだし、山菜や野草の見分けできるからブイヤベース作ってみんなに振る舞ってるわ!いらっしゃいね(^^ゞ

「草鍋」!?

芹集荷場のホワイトボートに11日PM11時半東京の店でやってる芹鍋紹介されます!と大きな字が、芹組合長さんも東京で芹鍋紹介されます、嬉しい事ですよ…と私も少しの嫉妬心と共に見ました、短時間の鍋アップ、根っ子はそれなりに白く良し!しかし試食した方は滋養がありそう…と引き気味なんと「草鍋」と紹介された。二年程前旅番組で東京の草鍋と野草に芹の根っ子付き入れて紹介されたのはみてたが…。同じあつかいでした。芹農家さん「手かけて大切に育ててる芹ー野草扱いは酷い!」とー泣きそうでした。でも都会の人はそんな感覚なんだろね、わかるわ…。と納得する良い人たちです。女将は芹の根っ子の美味さ感動させますいらっしゃい!と息巻いていますよ!

ひな祭り

吊し雛飾りました!ギリギリセーフですね、山形の谷地は旧暦なので4月から5月連休まで飾ります。侘び助もね、だらだらとやってるだけですけど…。先週日曜日は仲代劇堂(東京用賀)まで「かもめ」見に行きましたギリシャ彫刻みたいな長森雅人様の演技観て16人で飲み会です、目の前に彫刻が!最高の気分!イヒヒの時間過ごしました。TYO30日前予約は安い!新幹線代より安くホテルと朝食付きになり駅までホテルのバス送迎も…商売成り立つのかしらね…。月曜日戻り店準備、楽しい仲間との飲み会はリフレッシュになる。お土産までたくさんいただき幸せ過ぎる…サアお客様に幸せバンバンお分けいたしますよ(^^ゞ
前の記事へ 次の記事へ