冷たい雪の日に「What.a.Wonderful.world」を観劇す

青葉茂れるでお馴染みの仙台一高(男子高)の校風は質実剛健!切磋琢磨の青春の思い出と今の成功、震災絡めての望郷と再起!高下駄に手拭い下げまさにバンカラが歩いている!現役の学生や音楽部シニアの若い歌声!オペラ歌手やら演歌歌手となんと素晴らしい学園ミュージカル仕立てである。卒業生である大日琳太郎氏が作、演出している。副題の生きるってことは何て素敵なんだろうは楽楽楽ホールにいる全員が感じた事である!演劇は面白い、楽しいものと暫くぶりに感じた。知り合いが出てたので半分義理でしたがナント!素晴らしいひとときありがとう!

広瀬川原散歩…暖かい日です

店から5分も歩くと広瀬川原に着きます、すっかり猫柳の芽おおきくなりました、イヌフグリ、ふきのとう、春が確実にうまれています。気仙沼からあざらが届きました…古漬けの白菜とメヌケのアラに酒糟入れて作る春の味です。薄濁りの酒にあいますよ、バッケ味噌も、ほろ苦い食べ物は冬眠から覚めた熊も苦いふきのとう食べて胃腸を整え物を食べ始めるとか、山菜などはまさにそれです。苦い物たべて元気出しましょう!なにもなかった昭和の生活はその時の物を大切に食べて決して背伸びして贅沢はしなかった。少しずつ我慢しましょうそうすれば原発もいらなくなります。「味噌汁にバッケ浮かべて足るを知り」ハハーナンチャッテ!

三寒四温の雨の中のんきな女将いて

はーい大根おろしですか?親方多めにねーあの違います!代行呼んで欲しいんです。こんな間違いはしょっちゅうである、お客様が自分を守らなければならない店だ!前から追い焚き出来なかった我が家のお風呂、遂に追い焚きボタンが消えるのを押し続けて入っていたが指定温度まで頑張り続けるかけながし風呂となった!温泉みたいとちょっと嬉しい。テレビも時々音声のみとなる、煎餅食べてコーヒーのんでダラーと出来なくなりかたずけ始める、これも良し。両方とも時々直るので取り替える気にならないのであるまして金のかかる事は店にかけたいのです。座布団大きい綺麗なのにかえましたよ、色褪せた暖簾もです!私はそのままですが鮮度抜群!誰にも負けません!

あの日が来ました3年目なんにもすすんでません!

仙台のど真ん中の高層マンションの隣に仮設住宅があります、バラックのようなみすぼらしい建物、全てを失った人が毎日明るい立派なマンションを見ながら暮らしています。海辺の自然に囲まれた広い家、庭があり畑があり自給自足にちかいノンビリした暮らしがありました。3年も仮設住宅に押し込められてそれでもありがたいと感謝を口にする忍耐強い東北の人々、騒がないと国はそれを良いことにして復興はオリンピックの後回しにされるんではと強い憤りを感じる。建築資材の高騰、人手不足が大手をふってまかり通り、あー待たねばなんねえだとあきらめさせていくのでしょうか?!東北人の心に寄り沿い強いリーダーシップ発揮して助けてくれる人はいないんでしょうか?我慢我慢の東北です。全国の皆様どうぞわすれないでくださいね、声をあげなくても終わったわけではないんです。街の中は募金活動中の高校生や署名を頼んでる年配者、みんななにかをしなければ!と思う1日でした。この思いは永遠です。

真冬に逆もどりさむーい仙台です

ソチでパラリンピック始まりましたね、ボイコットした国もある微妙な情勢ですがみんなで応援しましょう!いやー地面が凍りソロリソロリと歩いています、寒さ暑さも彼岸までと言うのでもう少しですかね早く暖かくなって欲しいが暖かくなると芹の根っ子が黒ずんで固くなり芹鍋も終わりになります4月いっぱいやります来てくださいね。ありがたい事に満席が続いております予約いただいたほうがありがたいです。バッケ味噌やバッケ大根おろし、行者ニンニク天ぷらと香りを楽しむつまみいかがですか、薄濁りの酒あいますね。芹の天ぷら最高ですよ!春とうからじ!
前の記事へ 次の記事へ