火災報知機点検です

マンションは全戸でいろんな点検ある。3月からのコルセット生活は収納ということが…伸びたりかがんだりしてしまうと痛く物全て出し放題、洗濯物はソファーに山積み、台所は調味料が出しっぱなし、いくらなんでもね〜3日前から下にしまうものは座り込んで入れて、椅子に座りながらかたずけなんとか見られるようになった。不明だったお薬手帳でてきたし、新しい保険証危なく捨てる所でした(・・;)一時間もやると長椅子に伸びてテレビ見て、コーヒー飲んでと、チンタラ3日もかかった。前買って忘れてたシールや絵葉書や本など出てきてわーっ!と初めての出会いのことく歓声あげてるからせわないね…と言うことで迫ってた大仕事終了ですヨカッタヨカッタ。店は住んで無いので火災報知機付けなくて良いんですよー友ちゃんピカピカに掃除してるのでどこでも点検ウェルカムなんですけどね…。

バンドネオンライブ!魅惑のタンゴ!渡辺公章素晴らしい!

バンドネオンは木製でドイツで作られた、アコーデオンに比べると地味で音楽の世界ではいまいち振るわず牧師がオルガンの無い教会に持参して演奏したらしい、それがアルゼンチンタンゴで熱狂的に愛されたとか…ベースの千葉一樹さんとタンゴはモチロン「G線上のアリヤ」や、なんと「独眼竜政宗」あのNHKのドラマの主題歌までベースの広がりで再現以上の仕上がり!割れんばかりの拍手喝采となりました…癖毛の髪を振り乱し黒いシャツから胸がチラリと…音楽はモチロン彼の雰囲気に全員酔いしれた夜でした。木の床下は空洞で天井も木で響きがいい、迎え入れてくれるお客様の目が真っ直ぐで演奏する側がこんなに楽しいことは無いと喜んでくれた。素晴らしい時間持てました、弟子もできましたよ、フランス語も教えるそうですよ、日本人ばなれしたレディファーストが身についてる人なので側にいるだけでマダムになった気分にさせてくれる人ですよ(^^ゞいかが?

無名塾円地晶子ちゃんから芝居の案内

「駆け込み女…」映画見てねの第二段東京の芝居案内が二作来ました!三島由紀夫作近代能楽集より「葵上」「」班女」「熊野」これが無名塾仲代劇堂で上演されます、役所広司、若村麻由美、益岡徹が汗を流した稽古場ですよ、今から楽しみ12月20日です、東京の友達誘ったらみんな大歓迎です。夜は花日会東京支部会で大宴会です…こんな楽しい誘いで上京でき早めのクリスマスプレゼントですね…ホテル付き新幹線チケット探さなければとウキウキのシルバーウィークです。店は営業いたしますよ、23日はバンドネオンライブで満席になりましたありがとうございます!

藤壺酒蒸し美味しいよ!

酒飲みの私の趣味は食べた事が無い珍味と会うことでした。ただゲテモノは駄目ですよ!最初の夫はクルザーを持っていて魚釣りが趣味で料理も趣味で図鑑を見ながら煮ると溶ける草魚やボラのソロバンの串焼き、シイラは船上で刺身など20代の体験です、次の人は料理の撮影プロデュースしたりしてて魯山人の器や骨董品に目が無く高級料理を食べ歩いた、藤壺も25年前は誰も食べなくて安かったんですよ、お気に入りの寿司屋ではホヤを取り出した殻の芯を薄くスライスすると鮑の食感!タコの卵やノレソレ…日本酒が合う事で阿部八(仙台宮町)のお父さんに酒のいろは教えていただき日本酒を飲む会を立ち上げた。居酒屋やるなんて何にも考えてない30代です…時は流れ50才素人で店はじめた…私の才能は人を見つける事!いろんな体験からその味を再現出来技術とセンス抜群の親方は内館牧子さんの舌をうならせその後いろんな方が通い続けてくれてます。藤壺は高級珍味になり居酒屋価格では出せなくなりましたがお得意様価格で頑張って出してます。ギンポの天ぷら銀座で食べたら一尾で高級品値段、でもタップリ出せますよ…。みんなの努力の上にチャッカリ乗っかっている私なんです!再認識した!大事にしようっと…。

金木犀の香り失せジャズフェステバル終わりました

仙台ジャズフェステバルは全国からミュージシャンが厳正な審査を通って参加できます。駅おりてアーケード街では銀行の前や神社脇、各公園はモチロン46会場で500にも及ぶ出演者(グループも)一体演奏者、観客とスタッフ、屋台、警備員と何人が関わっているんだろうね、歩きにくいほどの人、人ですよ。贔屓にしてる「ほでなすブルースバンド」みんなで応援に行きそのまま飲み会へ…「なんでも酒飲みの口実だ!」…なんか夏終わったって感じ…今朝のプール脇の金木犀もすっかり香り失せ触るとハラハラと散った。
前の記事へ 次の記事へ