価値観外交又は地球儀外交

安倍首相が欧州に行ってるな。アメリカや特亜に比べれば、まだ欧州の方が我が国と価値観が近いだろう。そういう意味では、安倍外交は云われる程悪くないと思うが、以前のように変な事を宣言しなければ尚いい。

バイ・マイ・アベノミクス!

国籍や国境に拘る時代は過ぎ去りました!!

岩盤規制を壊す!!!

国を開く。日本の市場をオープンにする!!!!

みたいな内容の事さえ云わなければ…今の安倍首相にそんなに期待はしてないので…まあ御の字である(^^;
我ながらしつこいが、早急に第3の矢の構造改革をやりたがるよな。元々は第3の矢はアベノミクスにはなかったらしいから、完全に後だしなんだよね。支持率が下がる前に何とか通したいんだろうな。しかも第4の矢が財政健全化でしょ。もう訳が判りません。
雇用創出が本来の目的の筈が、安倍政権は明らかに“雇用喪失”の方向に舵を切った。誰の意向かはいわずもがなだが、その人をチョイスしたのは安倍首相本人なので、アベノミクスが失敗したら責任取って欲しいね。
因みに、竹中平蔵を経済財政諮問会議に入れようとしたのは安倍首相で、某大臣が猛反発して何とかくい止めたそうだ。これは判る人はすぐ判る人物だな(苦笑)
逆に云えば、安倍首相が構造改革路線さえ止めてくれたら、俺も超消極的支持にまわるかも。安倍の次がろくな人いねぇから。端的にいやあ、自虐史観がなくて、新自由主義者じゃなければその人を推すわ。

ところで、所謂倉山一派から見たら、俺みたいなのは“保守分断偽装転向工作員”に認定されるんだろうね。
光栄です(キリッ)
続きを読む

カフェイン中毒だったら厭だな(^_^;)

今朝、空き缶捨てる序でに近所で一番近い自販機に行ったんだが、ろくなの置いてねぇかなり久々に行ったので気付かなんだが、殆ど入れ替わってやがんの。買わないのも怪しいので、仕方なく一番まともなミルクティーを買ったわ。しかし、缶のミルクティーって砂糖の量が半端ねぇらしいから、何か飲む気になれんな。缶コーヒーは損した気分になるしね(笑)
因みに、コーヒーよりも紅茶の方がカフェインの含有量が多いと聞いたが、トレーニング前に紅茶を飲むという話は聞いた事がねぇな。コーヒーが苦手な場合でも、緑茶が定番みたいだしよどうしても駄目な場合はカフェインのサプリメントもあるしね。

そういやあ、いつだったかな…試しにコーラZero飲んだ後にトレーニングしたら、すげー息が切れた記憶があるよ。やはり炭酸は駄目なのかもな。でもこういう実験は結構好きだわ(*^m^*)


ところで、モーニング娘。道重卒業だってね。遂にモー娘。に知ってる人が居なくなるな。俺は6期迄は辛うじて知っていたが、それ以降は知らないんだよ。だから何?と云われたら、特に何もないんスがね(^。^;)何で早い内に解散しなかったのかなという疑問だけはある(・ω・;)(;・ω・)
続きを読む

詐欺のリフレ派

所謂リフレ派って、金融緩和のみでデフレ脱却出来るって、新自由主義者と同じじゃねぇの?それでも新自由主義者ではないと云い張るんだろうな。云い張れば誰がなんと云おうと認めない事になるし。

田中秀臣氏はしょっちゅうツイッターで所謂積極財政派叩きをしてるが、恐らく田中先生も判ってて批判してるんじゃねぇかな?その裏に何があるのかは判らんが。
例えば『公共事業万能論』なんてレッテルを貼る連中がいるが、その人達は特定の人達を叩きたいのが見え見えなんだよね。俺程度でも判るんだから、藤井聡教授や中野剛志氏が見破れない筈がない。

公共事業万能論と馬鹿にしてる連中には、三橋貴明氏の以下の言葉を贈りたい。

『無制限に公共事業を増やせ』とはひと言もいっていない。『デフレを解消するために、今は増やさなければならない』といっているだけだ。社会のインフラが安定し、震災対策も終われば、インフレ率も次第に上がってくるだろう。そうなれば、そのときは公共事業を絞ればいい。

これは三橋さんが散々云ってる事なんだが、連中は日本語が理解できねぇのかな?

まあ、田中先生はTPP討論に出るだけマシかもな。やはり他の二人は質が悪いよ。JKリフレとは良く考えたもんだ(爆)
続きを読む

コンサバティズム

昨日書くの忘れたが、古谷君が云うところの『新保守』だったかな?本来の新保守と同義語なのかね?何か好きになれない言葉だな。“新”が付くだけで胡散臭さが漂うと思わんかね
新左翼
新右翼
新自由主義
新古典派経済学
新人類(これはちょっと違うか)

他になんかあったかな?全部あまりいい感じはしないよな。ネオナチなんかもそうだわな。
そのうち新似非ケンジアンとか、新ネット右翼、新偽装保守、新偽装転向コミンテルン、新自由放任主義なんてのも出てくるかもね(⌒艸⌒)
正直、言葉の定義は最早難しくなってきてるよね。以前書いたが、歴史認識は保守でも、他は新自由主義者という政治家結構いるよな。こういう人は何処に当て嵌めればいいのか判らん。

という訳で続きはまたいずれ( ̄Д ̄)ノシ
続きを読む

主催回復の日とは何だったのか

古谷経衡君が古市なんとか君と佐波優子氏(以下、さなみん)と鼎談したんだってね。でも何故さなみん?中和役かね?何かの雑誌に載るようなので、一応チェックはしとこうかな。正直、古谷君と古市君って立場や歴史認識が違うだけで、同根な気がするんだがね。保守本流というほど古谷君が保守だとは思えんのよ。
そして、今時(?)の若者ふたりをさなみんはどう見たのだろうか。さなみんからみたら間違いなく『だらしない男子』か『ヤワな若造』な筈だが、そういう事は微塵も感じさせない振る舞いをするだろうね(笑)

左側には古市君みたいな若手がいるのだが、保守側は若手がいないのが痛いね。Kazuya君は保守ではないしな〜。柴山桂太氏も慧眼の持ち主だが、俺と同い年だしな。
女性だとそれこそさなみんしかいねぇ。さなみんを若手の枠に入れて良いのかは判らんが( ̄▽ ̄;)
山本みずきという学生のホープがいるが…期待は出来るがこれからの人だろうし…若手となると難しいよね。


ところで、今年は政府主催の主権回復の日はやらなかったんだね。昨年やったのに今年やらないんなら“振り出しに戻った感”があるな。もしアメリカ辺りに配慮してるなら、戦後体制そのものですね(..)
俺が戦後レジームという言葉を頑なに遣わない理由は、何でわざわざフランス語のレジームを遣わないといかんのか判らんからだ。日本人なら日本語を大事にしようぜってこった。
続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2014年04月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリー