セコガニも幻のかにです。その実態は松葉ガニのメスです。

セコガニも幻のかにです。


その実態は松葉ガニのメスです。


メスしかいないので、松葉ガニより小さいカニがほとんどですが貴重な卵が味わえ味も濃厚と言われており、松葉ガニよりも、通好みでファンがたくさんいるのです。


かにのシーズンの始め、11月から1月の間しか水揚げされないので、その意味でも非常に貴重なかにです。


ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。


最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。


次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。


すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。


この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。


蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。


ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておくというのが捌き方の基本手順です。


買い物をする時には、先ず楽天市場を見てから出かけるというのは、買い物の重さを軽減するのにも役立ちますね。


かにの通販も楽天を通すのが賢いやり方だと思います。


国内最大級のインターネットショッピングモールなので品揃えも豊富です。


かに通販にはたくさんのサイトがあり、もちろん、きちんとした業者のきちんとしたサイトもたくさんあります。


でもそれより多くの危険なサイトもあり、至るところに罠が隠れていて、騙されて損害を被る可能性が上がります。


掘り出し物を見つけたつもりが、まんまと罠に飛び込むようなことになりかねません。


楽天の中ならどのお店も大丈夫と思えるので、詐欺を警戒してびくびくすることなどなく、ゆったり品物を選べていいですね。


たくさんの店がある中、頭ひとつ抜け出すのは、口コミを集めているお店です。


また、支払いの方法がクレジットカード以外にも代引きなどを選べるようになっているお店は、何を買うにしても、安心できると思います。


ただ、衝動買いには気をつけるようにしましょう。


安さが特色のかに通販もありますが、利用には注意が必要です。


実際に見て選ぶのとは違い、見本の通りの、身がぎっしり詰まった鮮度のよいものばかりと考えない方がいいですね。


まずは、業者の信頼性を調べることがおいしいかにを手に入れるための条件です。


かに通販に初挑戦という方は、全く暗中模索になってしまいますが、ショッピングモール内の評判を参考にするなど自分にとってのよい業者に出会ってください。


蟹にも国産と輸入があります。


購入する際に、お得で美味しいのは国産と輸入品のどちらか、気にする人もいるでしょうね。


しかし、正直な話、同じ種類の蟹であれば、どこで獲れたものであってもさほど差異はないと言ってよいでしょう。


ただし、気をつけなければならないことがあり、それは業者の信頼性をよく見極めることです。


蟹の品質はお店の姿勢によって変わります。


良いお店の商品なら、海外の蟹でも日本の蟹でも、品質は保証されています。

蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。お知り合いや

蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。


お知り合いや家族に、お歳暮として新鮮な蟹を贈るというケースが多くなってきました。


ですが、油断は禁物です。


生鮮食品ですから、鮮度が落ちると当然味も落ちることにつながりますし、モノによっては、食べるとお腹を壊してしまうことも。


そんな事態を避けるためにも、ちゃんとしたお店かどうか、購入前によく調べてください。


相手が留守にしそうな時間がわかっている場合、そこを避けて発送するようにするべきですね。


今では蟹を買うのも通販が主流。


蟹通販なら、北海道や山陰などの名産地から新鮮な蟹を取り寄せることが可能です。


勿論、注意すべき点もあります。


蟹通販の業者は数が多く、中には価格や送料が他より大幅に高いところもあるため、どの業者から蟹を買うかという点は、慎重に考える必要があります。


即断せず、丹念に通販サイトを見比べていけば、一番安いのはどこか、見当をつけられると思います。


高価すぎる店は嫌ですが、安すぎるのも考え物です。


レビューを参考にするなどして、蟹の新鮮さや業者の信頼性を十分確かめてから利用しましょう。


冬を代表する食べ物にも色々あると思いますが、私の1番はなんと言ってもかにです。


かにの出荷量1位を誇る地域から、送ってもらうのがいいに決まってます。


様々なかにを扱う通信販売では、かにの良し悪しを見分けるのに自分の目が正しいのか分からず不安ですが、考えなければいけないこれだけは気をつけたいポイントは以下のもので、それほど難しいものではありません。


産地というのはもちろん、いの一番に考えなくてはいけないものです。


日本全国には、かにで有名なところが色々ありますが、地元で獲れたかにが買えるのが一番ですよね。


そんなかにを産地から直接送ってもらうというのが2点目ですね。


3つ目のポイントがズバリ、「口コミ」です。


100パーセント正しいことを言っているという保証はありませんが、参考にするには便利なものと言えます。


蟹を買うときには気を付けるべき事柄は、どうやって選ぶか、です。


蟹の種類によりけりで、様々な選び方があるのです。


買いたい蟹がズワイ蟹だった場合には、腹側に重要な手掛かりがあります。


白い腹をしているズワイ蟹は選ばないようにして、選ぶのに重要なのはアメ色のものを選択することです。


他に挙げられものとしては、甲羅の硬いものもいいでしょう。


活かにの下ごしらえはご存じですか。


きれいに汚れを落としたら、水に30分ほどつけてください。


軍手を両手にはめたら、最初に腹の三角形部分を外し、甲羅と半身の間の関節に切れ目を入れます。


次に甲羅と半身を離します。


両手で持って、半身、また半身と外していきます。


残った胴は黒い部分と全体の汚れを除き、かに味噌を出しておきます。


脚の方は一本ずつにして、食べるときの長さにしていきます。


このとき切れ目を入れる、殻の一部を削ぎ取っておくなど、一手間をかけてください。


文字にすると難しそうですが、とにかく挑戦してください。

かに通販を検索してみると、ズラッとかにの販売会社が

かに通販を検索してみると、ズラッとかにの販売会社が並んでいます。


同じようなお店ばかりでこんなにも多くのお店があり、取り扱うかにの豊富な種類には驚かされます。


かに好きなだけの素人にお店もかにも選び出せなんて到底無理な相談です。


終いには人を見てもかにに見えてくるなんてことになるかもしれません。


そもそも間違いのない選び出し方はと言うと何のことはない、キーワードは人気です。


お店も、種類も、共に人気を集めるものがさし当たってのいいものと信じることです。


そんなことぐらいなら考えれば誰だってわかると思うかもしれませんが、その点を押さえるだけで結果が変わってくるのです。


人気店や人気のかにを知るのに売れ筋ランキングなどをあたってみましょう。


もちろん、口コミも忘れずに。


何回かの購入で人気と自分の好みとのギャップがはっきりしてきたら、かにの本当の美味しさや、楽しみ方、季節に合わせたかにの変化がわかってくるはずなので、きっと、世界一美味しくて自分に合ったかにと販売店に出会えるはずなのです。


蟹の旬がいよいよですね。


私が毎年心待ちにしている季節です。


何より蟹が大好きな私。


新鮮で美味しい蟹を味わうために、長期の休みを使って北海道へ飛ぶのが、今の季節で一番楽しみにしていることなのです。


私が毎年必ず足を運ぶのは、昔からの知り合いのお店でもある、函館市内の店舗です。


ここは隠れた穴場ですよ。


北海道の漁場で獲れたばかりの新鮮な蟹を使った料理が、これでもかとばかりに出てきます。


もうすぐ今年もその店を訪れることができると思うと胸が躍ります。


蟹が大好きな人は多いですね。


でも、蟹には産地や品種など様々なブランドがあるので、まだ蟹に詳しくないという人は、食べ比べて、それぞれの蟹の特徴を知ってみるといいでしょう。


私の一番のお勧めとしては、山陰や福井県が名産地として知られる、ズワイ蟹です。


ズワイ蟹の魅力といえば、身に詰まった強い甘み。


そして蟹のもう一つの醍醐味であるミソも、濃厚で美味しいのです。


また、小ぶりな見た目で、甲羅の表面がつるつるしている点が印象的であり、慣れればすぐに見分けられます。


蟹通販を利用すれば、自宅にいながらにして実店舗のグレードに劣らない蟹を取り寄せられます。


まさに通販さまさまですね。


でも、便利な反面、悩みの種もあります。


なにせ、蟹通販の業者は年々増えており、中には詐欺まがいの悪質なことをしている業者もあるので、慎重に選ばないと、美味しい蟹が味わえないということにもなりかねません。


せっかく蟹を味わうなら新鮮なものがいいですよね。


そのためには、キーワードは「産地直送」。


産地直送の業者を選んで利用しましょう。


蟹通販のカナメは業者の選定に尽きます。


業者によって、品質や味のほうにも大きく違いが出るのです。


活かにの下ごしらえはご存じですか。


きれいに汚れを落としたら、水に30分ほどつけてください。


軍手が必要です。


着用したら腹の三角形部分に指を入れて取り除き、関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。


甲羅から半身を外していきます。


双方をしっかり押さえ、半身、また半身と外していきます。


胴には黒っぽい部分が残っているので、それをきれいにしてかに味噌を出しておきます。


脚を外して食べやすくし、関節部分で切ります。


殻に切れこみを入れたり、殻を薄くそぎ取っておくと、食べるときに楽です。


一度やってみれば、きっとコツがわかってくるでしょう。

ズワイガニ選びで大事なのは何でしょうか。ほとんどの

ズワイガニ選びで大事なのは何でしょうか。


ほとんどの方は、ズワイガニなら脚が長くて、全体も大きければよしとして買っているのではないでしょうか。


しかし、大きさよりももっと調べてほしいことを強調したいのです。


大きさが同じなら、重たいかにを選んでください。


見た目が立派でも、中身のないかにだったという話は実に良く聞きます。


重みは中身の充実度を示しているのです。


今年も蟹のシーズンがやってきました。


蟹通販を利用すれば、いつでもお店で売っているのと変わらない蟹を取り寄せられます。


まさに通販さまさまですね。


しかし落とし穴もあります。


今や、蟹通販の業者は多数におよび、そのすべてが信用できる商売をしているとは限りませんから、気を付けて選ばないと「ハズレ」を引いてしまいます。


どこで買ってもいいというものではありません。


新鮮な蟹を買うには、産地直送の業者を選びましょう。


そうすればハズレはありません。


とにかく慎重に選ぶことです。


業者の質により、蟹を楽しめるかどうかが決まると言ってよいでしょう。


安く蟹を食べたければ、ツアー企画で、日帰りで蟹食べ放題が楽しめるというものが存在しています。


ぜひこちらの利用を勧めます。


その根拠は、蟹を食べるのにこの方法を使うと、一般的な方法で蟹を入手し家で食べるのと比べて明らかに安く蟹が食べられるからです。


さらに、このようなツアーは美味しいカニが楽しめる場所で企画されていることが殆どなので、値段の安さや、量の多さだけでなく、質の良さも堪能できるでしょう。


種類にもよりますが、かなり大きい冷凍かにもあるので暖かい室内で解凍する方もいるようですが、かにをおいしく調理するためには解凍は十分時間をかけましょう。


かにのおいしさを損なわないためにまず行ってほしいのは室内に出して解凍するのではなく冷蔵庫で解凍することです。


これで水分を流出させずに解凍できるので、ぜひ心がけてください。


日本人の多くは、食べ放題で出てくる蟹はあまり美味しくないものだという印象をお持ちかもしれません。


中にはその通りの食べ放題もありますが、もちろん例外もあります。


最近は「安かろう悪かろう」ではない食べ放題も増えてきているのです。


普通のお店ではなく、蟹専門店や、北海道や山陰など名産地での食べ放題コースでは、品質、新鮮さともに申し分ない蟹を心行くまで味わい尽くせるはずです。


とはいえ、本当に極上の蟹を味わいたい方は食べ放題で冒険するより、信頼性抜群のブランド蟹を購入するのが結局は無難な選択でしょうね。

蟹通販の利用時、皆さんが利用を躊躇する理由があるとした

蟹通販の利用時、皆さんが利用を躊躇する理由があるとしたら、通販では鮮度が信用できないというところですよね。


「通販」を誤解している人の場合、宅配便で送られる蟹など鮮度は信用できないと思っているかもしれません。


しかし、実際の場合、通販の鮮度は決して一般販売に劣るものではありません。


蟹通販の蟹は大抵の場合、漁場からの直送ですから、一般的なお店で売られている蟹よりもむしろずっと鮮度の高い蟹が届くわけです。


活かにの下ごしらえはご存じですか。


きれいに汚れを落としたら、水に30分ほどつけてください。


軍手が必要です。


着用したら腹の三角形部分に指を入れて取り除き、甲羅と半身が分かれやすくなるよう、関節に切れ目を入れましょう。


次に甲羅と半身を離します。


両手で持って、交互に半身を外すのです。


胴に残った黒い部分を取り除いて、かに味噌だけにしておきます。


脚を外して食べやすくし、関節部分で切ります。


殻に切れこみを入れたり、殻を一部削いでおいたりすると、後で楽です。


まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。


セコガニも幻のかにです。


その実態は松葉ガニのメスです。


全てメスのかになので、大きさは小さいことが多いですが、貴重な卵が味わえ全体に濃厚な味なので、松葉ガニよりも、通好みでファンが根強くいます。


とても出回る期間が短く、一年の内で11月から1月の間でしか水揚げされないので、珍重されるのは当然です。


今流行りの蟹通販は、誰もが気軽に利用できるサービスであることは間違いありません。


しかし、それだけではなく、いくつか気をつけるべき点もあります。


蟹の王道といえばタラバ蟹ですが、その購入にあたっては、蟹の大きさや新鮮さといった重要ポイントを入念にチェックしましょう。


画面に出ている写真からでは判断できないポイントもあるので、説明文も併せてチェックすることが必須です。


通販サイトでは利用者のレビューを見られることも多く、これも意外と参考になるので見ておきましょう。


モズクガニをご存じですか。


世界でその名を知られた上海ガニのかなり近い親戚に当たります。


上海ガニと異なり、背中に細かいまだら模様があり、甲幅8センチ程度と、食用がにの中でも小さい方です。


全体の重さが170グラムから180グラムになるのが標準と考えてください。


雄より雌の方が大きいのも特長です。


食用がにとしては、昔から日本各地で地味に利用されてきました。
前の記事へ 次の記事へ