渡り蟹という種類を聞いたことが

渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。


これは正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、瀬戸内海を代表する蟹として知られ、他にも有明海や大阪湾の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。


15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、日本各地で食用として重んじられてきました。


調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにする方が多いようですが、味噌汁からパスタの具材、韓国料理に至るまで、使い道は多岐にわたります。


かにのおいしい食べ方はいろいろありますが、「焼きがに」いかがですか。


今まで食べたことがなくても、挑戦してみる価値はあります。


冷凍のかになら、解凍時に注意してください。


殻付きのかにをそのまま紙で包んで、じっくり自然解凍してください。


ゆっくりと、半日くらいかけて解凍できるといいですね。


半分くらい解凍できたら、そのまま焼いていくと、うま味を逃すことなく、しっとりした状態で味わえます。


うま味を含んだ水分が残るよう、焼きすぎないでください。


意外と知られていないことですが、蟹は季節を問わずいつでも収獲できるわけではありません。


それはなぜかというと、解禁日というものがあるからです。


海の生態系のバランスなどを守るため、蟹の解禁日がおおむね秋頃に設定されており、漁をその期間のみに抑えるという規制がなされています。


蟹の旬を逃さないためには、解禁日の情報に目を光らせておくことこそが肝要と言えるでしょう。


つい最近利用したばかりだったので、聞いた時に驚いてしまったのが、ここ最近被害の訴えが多く出始めたという、かにかに詐欺などと一部では呼ばれていたりするそうですが、つまりは、かにの注文をだしにお金を騙し取られる詐欺です。


どんなものかというと、まずは電話でアンケートを口実にこちらの好みを探り、通販の話を持ち出してくるのです。


対応を誤ると、言葉尻を取られ、かにを契約したことにされてしまい、忘れた頃になって、かにの入った大きな荷物が届き、中に入っている請求書にあ然とします。


返品しようにもクーリングオフの対象外と断られ、泣く泣くお金を払うことになってしまいます。


その他にも、経済的に余裕のある人を対象に、高価格、高品質のかにを装って、まるでどこかの国で発覚した杜撰な食品管理の話のような、衛生的とは言えない品質のものを送ることまであるそうです。


これも立派な詐欺です。


美味しいかにを食べるつもりだった期待を裏切られ余分なお金まで取られるなんて、ひどい話です。


通販は、相手も商品も見えないものだけに、信用できる会社を見つけることこそが、いいものに出会えるかどうかの境目なんですね。


お取り寄せ市場はますます拡大の一途を辿り、かに通販も例外ではありませんが、期待したほど美味しくなかったり、契約自体に不満を持つ人からの苦情が相次ぐようになったのです。


ほとんどの不満は品質に関するものですが、中には業者の姿勢を疑いたくなることもあります。


業者の選定を誤り、安物買いの銭失いを避けることができる最善の方法はかにに限らず何事にも言えることですが、そのお店に関する口コミなどを見た上で今回のお店を決めます。


気に入ればそこをお気に入りにしてもいいし、幾つかのお店を試すことで自分のベストのお店が見つかるかもしれません。


最近やたらと増えているSNSなどで検索すればまた違った角度の見方ができ、世界が広がるかもしれませんね。

蟹通販にも色々な商品があります。中でもお勧め

蟹通販にも色々な商品があります。


中でもお勧めなのが、ポーションと呼ばれる、むき身の脚がたくさん入っているタイプの商品です。


ポーションよりも活蟹のほうが新鮮で美味しいですが、身をさばいたり、殻を剥いたりしなければならず、手軽さはありません。


そうした煩わしさ抜きで、簡単に蟹を味わうには、蟹通販で買ったポーションの蟹を解凍し、蟹鍋にするのが最も幸福感を得られる味わい方でしょう。


ポーションタイプではなく、丸ごと揃った蟹を味わいたい方は、蟹通販ならキズモノなどの訳ありで安くなっている蟹が買えるので、リーズナブルに蟹を堪能することができます。


今後はこれで決まりですね!ズワイガニ選びで大事なのは何でしょうか。


ほとんどの方は、ズワイガニならまあ、大きければいいという感じで購入していると思います。


それは当然のこととして、同じくらい欠かせないポイントを覚えておいてください。


持ったときの重量感を意識してください。


どんなに大きくても、さっぱり身がないという情けない事態になりかねません。


重みがあれば、ある程度中身は詰まっていると考えられます。


グルメの王道である蟹。


蟹を最も美味しく味わえるのは、素材の旨みが味わえる「塩ゆで」、そして冬に嬉しい「蟹鍋」の二つです。


他の調理法も捨てがたいですが、やはりこの二つが群を抜いています。


新鮮な蟹なら蟹しゃぶや刺身もいいですが、少しでも鮮度が落ちると、途端に味も悪くなってしまいます。


蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。


それなら新鮮さが落ちた蟹でも、味の劣化は最小限に抑えられます。


塩ゆではシンプルな調理なので、そのままでは口に合わないかもしれませんが、土佐酢などのタレを少し工夫するだけで、見違えるほど美味しくなるので試してみてください。


ネットで見かけた蟹の激安通販が気になって仕方がないとう方は多いのが実情ではないかと思われます。


他の蟹通販業者と比べても大幅に安いので、そこだけ見れば利用してみたいと感じるかもしれません。


しかし、もちろんリスクもあります。


お得といっても度が過ぎる場合、安売りを騙った詐欺業者であることも可能性として考慮しておかなければなりません。


こういう場合は、その業者の評判を検索などで十分調べてから判断することをおすすめします。


たくさんの方とお話ししていて、味が最高なのはとしょっちゅう聞かれますが、勧めるのはズワイガニで、決して変わりません。


ズワイガニのすごいところは、産地の名がそのままブランドになっていることです。


地域ブランドのかになので、松葉ガニだの、越前ガニだのご当地ブランドのズワイガニならばまず太鼓判を押せます。


値段の点ではどうしても高めですが、ブランドズワイガニは味噌まで味の保証付きです。

蟹には色々な食べ方がありますが、中でも美味しいの

蟹には色々な食べ方がありますが、中でも美味しいのは蟹の旨みを閉じ込めた茹で蟹、そして蟹鍋です。


蟹好きの食通たちの間では常識です。


蟹を味わうには生の方がいいという方もいますが、刺身や蟹しゃぶは生のままという特性上、鮮度が落ちると味も良くありません。


しかし、蟹鍋や茹で蟹の場合はそうした制限はなく、多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。


そのままの味が好みに合わなくても、定番の土佐酢はもちろん、醤油やポン酢など付けるものを工夫すればたちまち美味しくなります。


蟹を楽しむなら色んな種類を知っておきたいもの。


人気の蟹の一つとして挙げられるのが、花咲蟹という種類の蟹です。


ハート形に似た甲羅を持つこの花咲蟹は、分布が狭く、北海道の東部でしか水揚げできないのですが、そのコクのある味わいは上品で食通好みです。


特徴と言えば硬い殻やトゲの多さ。


しかし、身肉にはジューシーで柔らかいという特徴もあり、身入りが多いことでも知られる、わりと大きな蟹です。


花咲蟹が最も美味しい時期は、夏から秋にかけてとされているので、一度試してみてはいかがでしょうか。


ウチの旦那は昔から蟹が大好きで、シーズンのたびに通販で蟹を注文しては、私達が手をつける間もないまま、一人で片付けてしまうほどです。


でも、主人一人が楽しむより、家族団らんで美味しい蟹を楽しみたいものだと思います。


そうなると、活蟹よりもポーションタイプの蟹がいいということになります。


ポーションなら、あらかじめ殻が剥いてあり、鍋物系の料理、たとえば蟹鍋や蟹しゃぶなどにも、面倒な手間がかからないので大変便利です。


特に子供は蟹の殻剥きを面倒がりますが、これなら気軽に蟹を味わいつくすことができます。


お歳暮など、贈り物のかにを選ぶならば気をつけてくださいね。


実にありがちなことですが、贈るかにを決める際、お店の人に選んでもらうのを避けることです。


どれを選んで良いかわからないからでしょうが、お店の人に全面的に選択を任せてしまうと、店側が早く売りたい見切り品を掴まされるかもしれません。


生鮮食品を贈るわけですから、お店の人との関係を大事にしてください。


多くの方が便利に利用されている蟹通販ですが、その欠点といえば、手元に届くまで商品を見ることができないことです。


実際に店に行く場合は、じかに蟹の品質を確かめることができますし、進んで試食をさせてくれるお店もけっこうありますよね。


それに、蟹を茹でる際の塩加減などは人によって好みが分かれますから、自分にとって「アタリ」のお店を「行き付け」にすることもできます。


通販にはない利点です。


蟹通販が便利でお得だといっても、万能ではなく、そうしたデメリットもあり、一長一短といえます。

様々な中華料理のうちでも上海蟹をご存知で

様々な中華料理のうちでも上海蟹をご存知でしょうか。


この蟹は、高級料理として認識されていますが、元々上海蟹というのは、淡水蟹のうち、中国でも揚子江の下流の方で獲られたものの名称です。


四季に関係なく流通しているので、オフシーズンなく味わえはするのですが、メスでは、産卵前の10月付近、お腹に卵がたくさんある時期と11月の時期の上海蟹のオスの白子はねっとりとして舌触りが最高の時期で、貴重な逸品として名高い、大変美味しい品です。


通販のかにを買う時、自宅で食べる分には大変お買い得な訳あり品の詰め合わせですが、いちいち説明がついているわけではないので、いったい如何なる理由でそうなっているのか、購入者にとっては大問題ですよね。


判断はお店次第ですから、必ずしも同じ様なものにはなりませんが、ほとんどは大きさが揃わず、極端に大きいものや、反対に小さすぎたりというもので、サイズなんてグラムで売れば関係ないんじゃないかとも思うのですが、そうとばかりも言えないようで。


ほぼ大きさが揃っている中に混じった半端な大きさのかにだとか、店頭に並べた時ちょっと見栄えの悪い甲羅の傷はどんなに小さくても「訳あり品」転落ポイントです。


正規品にむやみにこだわる意味などないこともわかり、訳あり品だからってあまり気にする必要なんてないですね。


訳ありかには、我が家の定番になるかもしれません。


急にかにを食べたくなって仕方ないときは、インターネットでかにの通信販売を調べ、産地から直接購入できるサイトを利用したことはありますか。


おいしいかにを探すのはなかなか大変ですが、多くのサイトに、産地直送でなおかつびっくりするほどお安い価格のかにが見つかるかもしれません。


交通費を払って産地に買いに行くより、通信販売に挑戦してみればお得なことは間違いありません。


ズワイガニがあれば紅ズワイガニはいらないともっぱらの評判ですがそれは言い過ぎでしょう。


記憶をたどって、紅ズワイガニは全部おいしいと思ったことがないならそれは気の毒です。


おいしい紅ズワイガニを食べたことがないのですから。


新鮮なら、紅ズワイガニは他と比べてもおいしいの一言に尽きます。


すぐに鮮度が落ちてしまうのでおいしいものを食べるのは難しいのです。


蟹の魅力を最も味わい尽くせる食べ方は、蟹本来の旨みを凝縮した、塩茹でか蟹鍋です。


他の調理法も捨てがたいですが、やはりこの二つが群を抜いています。


蟹を味わうには生の方がいいという方もいますが、刺身や蟹しゃぶは少しでも鮮度が落ちると、途端に味も悪くなってしまいます。


一方、じっくり火を通す蟹鍋や茹で蟹であれば、 鮮度の劣る蟹であっても旨みが損なわれません。


そのままの味が好みに合わなくても、醤油や土佐酢といった付けダレに手を加えれば、色々な味わいを楽しめるので飽きがありません。

通販によって蟹はますますポピュラーになってき

通販によって蟹はますますポピュラーになってきました。


最近人気の種類として数えられるのが、北海道の名産、花咲蟹です。


茹でたときの赤色が花が咲いたように見えるからという由来もある花咲蟹は、全国の中でも北海道の東部、根室や釧路でのみ獲れる珍しい蟹であり、味わいは上質で、煮たり鉄砲汁の具にするなどの食べ方が好まれます。


特徴と言えば硬い殻やトゲの多さ。


しかし、身肉にはジューシーで柔らかいという特徴もあり、身入りが多いことでも知られる、わりと大きな蟹です。


花咲蟹が最も美味しい時期は、夏から秋にかけてと言われます。


幻の蟹と言われるほど希少度の高い蟹です。


お歳暮など、贈り物のかにを選ぶならばここだけの話、注意してほしいことがあります。


何が大事かというと、おいしそうなかにが揃っているなら特に、自分で選んだかにを贈ることです。


かにの選び方に自信がないためですが、自分が選ぶよりましだろうと決め込んでいると、見た目は変わらなくても、どこかに問題のあるかにを買うことになるかもしれません。


お歳暮のかにには特に念を入れて、実績のあるところから買うことを勧めます。


ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。


ズワイガニに限らず、当然のように全体の大きさだけを見て選んでいるかと思われます。


大きさはもちろん気になりますが、もっと別のことを強調したいのです。


持ったときの重量感を意識してください。


殻をはずしてみたら、全く身が入っていなかったという悲劇は後を絶ちません。


ずっしりと重いかになら、中身スカスカではないでしょう。


蟹通販が便利になった今では、以前にもまして、知り合いや家族に蟹をお歳暮で贈るケースも多いでしょう。


ですが、油断は禁物です。


蟹は新鮮さ命です。


鮮度が損なわれれば、それだけ美味しくなくなりますし、場合によっては、お腹を壊してしまうケースも考えられるのです。


危険回避の観点からも、蟹を贈る際には、必ず信用できる業者から購入しましょう。


そして、二度手間にならないよう、留守中でない時間をちゃんと指定して発送するようにするべきですね。


時々聞く失敗談ですが、通販でかにを買って、自宅で保管できない量を買ってしまうということです。


産地に行ったり、鮮魚店に行ったりして買ったなら、自分が持ちきれないほどの量を買おうとしたことに気づき、量を減らそうと思うのが当たり前です。


しかし、通販の写真ではかにの大きさをリアルに捉えられず、ついつい気前よく注文してしまい、届いてから一週間は毎日かにを食べていたという話は通販の中でも、かにではありがちです。


食べきれる量の検討と保管場所の確保を、忘れないようにしましょう。
前の記事へ 次の記事へ