「蟹を食べたい、でも高い!」

「蟹を食べたい、でも高い!」そんな時お得なのは、日帰りで行ける、蟹食べ放題ツアーというものがあり、これを推したいと思います。


何故か?それは、もしこうして蟹を食べたとしたら、蟹を従来通り買って家で食べるというごく普通の方法の時よりもお得に蟹を食べられることが確実だと言えるからです。


それに加えて、蟹の美味しい土地で行われることが多いツアーなので、価格や量のみならず質がいいことも感じられると思います。


蟹通販の利用時、皆さんが利用を躊躇する理由があるとしたら、通販では鮮度が信用できないというところですよね。


皆さんがこれまで蟹通販で蟹を買ったことがないのなら、あまり新鮮ではなさそうな印象を抱いているかもしれません。


しかし、その印象はズレています。


実際のところは、通販の鮮度は決して一般販売に劣るものではありません。


考えてみてください。


蟹通販は漁港から直送で蟹を送ってくるので、流通ルートを経てスーパーなどの店先に並ぶ蟹よりも、より鮮度が高いといえるのです。


かにの脚肉を食べる方が圧倒的に多いのですが通の味は、何といっても味噌でしょう。


かに味噌を味わうなら、もっぱら毛蟹に尽きるようです。


こってりした濃い味の味噌こそ寒いときにはたまりません。


もう少し手頃なお値段でかに味噌を味わいたいなら、ワタリガニを勧める方もいます。


毛蟹ほどのボリュームはありませんが、味わいは勝るとも劣りません。


皆さん、おいしいかにを買いたいと思ったことはありませんか。


それなら、ブランドがにの中から探してみるなど検討してください。


ブランドがにの目印として、産地や名称のタグがついているでしょう。


それは、特定地域の漁港で水揚げされたかにの明確な表示です。


当然ながら、それは味の証明にもなっているので、他のかにとは違うことを示すためにブランド化に至ったわけです。


ズワイガニがあれば紅ズワイガニはいらないと、かにに詳しい方が言うのですがそれは言い過ぎでしょう。


今まで紅ズワイガニを食べた記憶をたどって味がよかったとは言えなければ紅ズワイガニの本当のおいしさを知らないだけでしょう。


新鮮なら、紅ズワイガニは他と比べても誰もがおいしいと言います。


なかなか新鮮なものを食べられないため素直においしいと言われにくいのでしょう。

皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが

皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、まずは「焼きがに」が絶品です。


かにの醍醐味を十分楽しめますよ。


冷凍のかになら、解凍時に注意してください。


水分が逃げないよう、新聞紙などで殻ごとくるみ、冷蔵庫で自然解凍しましょう。


半日くらいかけるのが理想です。


半解凍の頃を見計らい、殻付きのまま焼けば、うま味が殻に残り、水分も含んだ状態で食べられます。


焼くときは、水分が残るようにしてくださいね。


多くのブランド蟹が知られていますが、最も有名で人気があるのはズワイガニでしょう。


蟹の中でも随一の旨味や甘み、そして繊細な風味を持っています。


ズワイガニの美味しさを知れば、他の種類の蟹はもう食べる気をなくしてしまうかもしれませんね。


越前ガニや松葉ガニなど、ズワイガニは産地によって種類が複数ありますが、どこのズワイガニかを見分けるには脚のタグを見ればよいのです。


タグのある蟹は、ブランド蟹として品質を保証された蟹ということになります。


ズワイガニに限らず、ブランド蟹の購入時には念のため、タグを確認することをお勧めします。


蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。


お知り合いや家族に、お歳暮として新鮮な蟹を贈るというケースが多くなってきました。


でも、気をつけてください。


生鮮食品ですから、鮮度が落ちると美味しさも損なわれてしまいますし、新鮮でない蟹を食べるとお腹を下すことだってありえます。


そうしたリスクを回避するには、鮮度や品質を大事にしている店かどうか、入念に確かめましょう。


そして、二度手間にならないよう、留守中でない時間をちゃんと指定して発送するようにするべきですね。


高嶺の花だったかにを身近な存在にしてくれるのは、リーズナブルな値段で高品質のかにを提供してくれるお店です。


いつでもどこでも注文して食べられるようになりたい。


そんな夢をかなえるには通信販売でかにを購入するのが一番です。


通販で買えばいつでも満足できるかにが買えることを確信しているのは、ス−パーなどで買ったかにを持ち帰るだけで品質が変わることもあるからと言うのもありますが、通販の新鮮で安心な高品質のかにが買えるのは、かに好きにはたまらないサービスで、毎月でも食べたいくらいです。


加えてスーパーよりもお得な産地価格で、良心的価格実現が常識になっているのには、もう感謝するしかありません。


たまには変わったかにを販売してくれることもあるとか。


お知らせメールを受信設定にするのもいいでしょう。


ガザミ、イシガニは、食用になるとワタリガニと呼ばれます。


食用がにとしてみた場合、脚を味わいたい方には向いていないのですが、味噌はどのかににも勝るとも劣らず味噌好きをうならせています。


あちこちでとれるかにで、お値段も手頃なのでかに味噌を堪能するのが目的なら一番おすすめのかにです。


細い脚と甲羅の大きさを生かせば、調理法も味付けもバリエーション豊かです。

テレビでかにの水揚げを中継するころにはかにの味

テレビでかにの水揚げを中継するころにはかにの味を思い出すことでしょう。


具だくさんのかに鍋にすれば、外は寒くても一度食べれば、忘れられないおいしさですね。


もし、鍋を作るときに一手間かけられるなら、近所のスーパーからかにを買うのではなく、市場から直接手に入れるとよりとれたてに近いかにを入手できるでしょう。


市場が近くにない方は、産地直送の通販を探すのもおいしい鍋への近道です。


かにの通販と聞いて楽天を連想する人は少ないかもしれませんが、実はかにだって楽天が手っ取り早く、かつ安心な方法ですね。


これまでもいろいろな買い物をしていますが、失敗したこともありません。


かにの販売サイトは有名な会社のものならいいですが、聞いたこともないようなサイトを開いてしまうと、それだけで代金を損するばかりでなく、芋づる式に次々と魔の手が伸びてくる危険が意外に高く、少しでも怪しいと感じたら、そのサイトには近づかないのが賢明です。


楽天の中ならどのお店も大丈夫と思えるので、騙されたり変なところへ迷い込んだりしなくて済むので、安心できます。


口コミ、レビューで高評価を集めていたりすると、そこの会社がいいことがすぐにわかりますね。


加えて、代引き決済が使えないと不便な場合も多いものです。


その対応をしてくれるお店だと更に良心的で、品物にも信用がおけると思います。


美味しい蟹を通販で取り寄せたいというとき、活きた蟹とボイル済みの蟹、どちらを買ったものかと悩んでしまう人もいるでしょう。


どちらがいいかは、調理法によっても変わってきます。


代表的な食べ方の一つである蟹鍋の場合、殻剥きの手間などがない、ボイル済のポーションタイプが最適といえます。


一方、蟹しゃぶで召し上がりたい場合、新鮮な活き蟹、または生のまま鮮度を閉じ込めた冷凍品がおすすめです。


以上のように、味わいたい方法に合わせた商品を買うことで、商品数が多く安価だという蟹通販の利点を100%活かせます。


便利で知られる蟹通販ですが、皆さんが気にしている点と言えば、新鮮さが心配だという部分ではないでしょうか。


通販に良い印象を持っていない人なら、そんなに新鮮な印象はないのかもしれないですね。


しかし、その印象はズレています。


実際のところは、蟹通販の蟹は十分に新鮮だといえます。


蟹通販の蟹は大抵の場合、漁場からの直送ですから、一般的なお店で売られている蟹よりも鮮度が落ちないまま自宅まで届けられるのです。


高級とされるブランド蟹にもいくつもの種類があって味が違うので、蟹通販の初心者の方は、特定の蟹にこだわらず、色々食べ比べてみましょう。


中でも最も美味しいと言われているのは、ズワイ蟹、これに尽きるでしょう。


この蟹の特徴としては、身には強い甘みがあり、蟹ミソも、いかにも蟹らしい濃厚さがあります。


甲羅は全体的に小ぶりで、表面がツルっとしているのが印象的であり、慣れればすぐに見分けられます。

蟹が大好きなのですが、店頭で買うのは大変なので通

蟹が大好きなのですが、店頭で買うのは大変なので通販で簡単に美味しい蟹が買えるのはありがたいです。


しかし、初心者は気をつけるべき部分もあります。


お店のように現物を見て買うわけにはいかないので、どのくらいの量が届くのかはしっかり確認しておきましょう。


普通の業者なら大丈夫ですが、中には悪い業者もいますから。


また、蟹は冷凍で届くので、解凍にも気をつけましょう。


生鮮食品の解凍は難しいものです。


解凍の際には急がず、ゆっくり行うのが鉄則ですね。


急いで解凍すると、せっかくの蟹も旨みが抜けて台無しです。


日本人の多くは、食べ放題で出てくる蟹はあまり美味しくないものだと思っているでしょう。


実は私もかつてはそうでした。


中にはその通りの食べ放題もありますが、もちろん例外もあります。


食べ放題でも、本当に美味しい蟹をお得に味わえることもあるのです。


蟹専門の料理店や、北海道など蟹の名産地での食べ放題でなら、プロも認めた高品質の蟹を存分に味わうことができるでしょう。


しかし、個人の考えによりますが、極上の蟹を求める人は食べ放題のお得さよりも、高くてもブランド蟹を取り寄せるほうがいいでしょうね。


かに通販の特徴ですが、ポーションの販売が目立つのに気づいていますか?ほぐしていないかにの身、という品です。


むき身にしたかにをイメージしてください。


殻を取り除く面倒がないというのも強みですし、殻が少々割れたものなど、訳あり品を加工しているので量の割には明らかにお安いと、お財布にもやさしいのです。


ここでご紹介したいのが、モズクガニの話です。


何と、かの有名な上海ガニとかなり近い親戚に当たります。


ヒョウ柄のような背中の模様がトレードマークで、大きくても甲幅8センチメートルくらいですから、食用がにとしては小さめです。


重さとしては、170グラムから180グラムが普通サイズという種類です。


それから、小さい個体は雄のことが多いです。


昔から日本で多くみられ、食用として地味に利用されてきました。


通販で買えるかにの中でもタラバガニを買いたい方は多いようです。


大事な点を一つお教えします。


もっとお安い、アブラガニというかにがいて、ちょっと見ただけでは、間違えてしまいます。


タラバガニを食べようと思って注文したら、アブラガニを掴まされたことも実際にありましたので他の食品と同じくよく知られたお店から買うのが無難です。

ズワイガニのメスはセコガニという名称で

ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。


場所によっては、セイコガニあるいは香箱ガニといった名を使われる場合もあるのです。


雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。


反対に、小ぶりなセコガニは脚の身も少ないですが、味噌と内子、外子のバランスがとれているため、むしろ、そういった部分を湯がき、珍味として食べます。


かにを茹でるときも、ちょっとしたコツがあります。


これからは、塩を入れたお湯で茹でてください。


海水より濃くないくらいで、塩が入っているくらいの塩分で十分です。


丸ごと茹でられないくらい立派なかにだったらもう、甲羅と脚は切り離してしまいましょう。


全部お湯に浸る大きさで茹でましょう。


結構汚れもついているので、全体を洗っておくときれいな状態で食卓に乗せられます。


通販の購入品と偽り、蟹を突然自宅に送りつけてくる。


それが世に言う「カニカニ詐欺」の蟹通販詐欺です。


この手口では、家族が注文したと思い込ませるように代引きで発送してきて、まんまと支払わされてしまうのですね。


本来なら支払いを拒むべきなのですが、そこまで高い金額でもないし、一度商品が届いてしまったものは仕方ないかと思って警察にも言わずに済ませてしまうことが多いのです。


皆さんも、いきなり蟹が届いたりしたら、すぐにお金を支払わず、念入りに確認することをお勧めします。


通販の生鮮食品はどれもそうですが、どこまで加工したものを買うかということで、ボイルしてあるものか、それとも活かににするか途方に暮れることもいらっしゃると耳にします。


通販のかにの加工法を条件設定するとき活かにを選びましょう。


まず間違いなく、活かにの方が新鮮さやおいしさで勝っています。


花咲がにを食べたことはありますか。


根室に近い、花咲近辺が主な漁場のかにに見えますが、かにの仲間が真実で、ヤドカリというべきです。


しかし、かににそっくりであることと、味がほとんど同じなので実に貴重なかにとして誰も問題にしていません。


身は引き締まり、豊かな味わいがあって、希少価値もあることから、誰もが認める有名なブランドがにです。
前の記事へ 次の記事へ