蟹の美味しい季節になりました。まず思いつくのは

蟹の美味しい季節になりました。


まず思いつくのは脚の身ですが、同じくらい美味しいのが蟹ミソです。


「蟹ミソ党」の人にお勧めしたい蟹にはズワイガニなどもありますが、ダントツでいいのは毛ガニだと断言できます。


新鮮であればあるほど、蟹ミソも甘くねっとりしていて、あらゆる蟹の中でも絶品と言われる味を楽しめます。


私のオススメの食べ方は、脚肉をほぐしてミソとあえるというもの。


お酒好きの人には一度試していただきたいです。


蟹通販を利用する上で気を付けるべきことを説明します。


それは何かというと、まずは蟹の価格、新鮮かどうか、どのくらいの量が届くのか、最後に、送料を気にすることです。


「送料を笑う者は送料に泣く」ともいえるでしょう。


蟹を新鮮なまま送るのは大変だというのもあって、普通の宅配便より大幅に高い送料が設定されている場合もあります。


十分気を付けて見なければなりません。


送料無料の業者もあるので、なるべくそういう業者を選びましょう。


しかし、一般的には送料無料であっても、北海道や離島など、一部の地域のお客様のみ送料が掛かる場合もあります。


私も家族も無類の蟹好きですので、ネットの蟹通販は大変ありがたい存在なのですが、初心者は気をつけるべき部分もあります。


通販では色々と確認が大事ですが、中でも事前に蟹の量を確認しておくのは大事なことです。


普通の業者なら大丈夫ですが、中には悪い業者もいますから。


それ以外にも、蟹の解凍は難しいポイントです。


解凍にはコツがあります。


何より、時間をかけて十分慎重に行うことが大事です。


蟹のうまみは急いで解答すると損なわれてしまうので気をつけましょう。


テレビでかにの水揚げ風景が中継されるところといえば、北海道で決まりでしょう。


そうなるのも当たり前なのです。


現在、日本で毛蟹を買おうと思えば北海道に限られるのが現状だからです。


まだまだ他にかにの種類はあります。


それなら日本各地にそれぞれの種類が有名なところも覚えて欲しいものです。


ズワイガニなら、松葉ガニを誰もが思い浮かべるくらい鳥取産がおいしいことで知られています。


セコガニとはズワイガニの雌のことです。


ある場所では、セイコガニと呼ばれたり、香箱ガニと呼ばれたりすることもあるでしょう。


雄のカニ味噌は確かにおいしいですが、一般によく食べられているのは、脚の身をゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋などにして頂く食べ方です。


逆に、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、味噌と内子と外子がバランスよく含まれており、むしろ、そういった部分を湯がき、珍味として食べます。

多くの方がかにの本場として挙げるのは

多くの方がかにの本場として挙げるのは、北陸地方が目立ちます。


冬はかにと温泉と思えば石川県の粟津温泉はその代表です。


良質の温泉とおいしいかにを求めてかにのシーズンには、全国から多くの客がこの温泉を訪れます。


このあたりのかには加能がにと言われ、ズワイガニのブランドとなっています。


旬のかにと温泉を堪能したい方は間違いなく嬉しい体験ができるでしょう。


「紅ズワイガニ?おいしくない」とさんざん聞きますが、そうは思いません。


記憶をたどって、紅ズワイガニは全部大したことはなかったとすればそれは気の毒です。


おいしい紅ズワイガニを食べたことがないのですから。


本当のところ、新鮮な紅ズワイガニなら誰もがおいしいと言います。


新鮮な紅ズワイガニは手に入りにくいのでおいしいものを食べるのは難しいのです。


グルメブームで、美味しいものを食べるためならお金を惜しまない人が増えているためか、かに通販の利用者は右肩上がりだといいます。


そんな中、期待したほど美味しくなかったり、契約自体に不満を持つことも珍しくありませんでした。


その多くは、かにの大きさや傷、割れなどの見た目や身のつまり具合、味などの質に関するもの、次いで通販会社に関する問題ですが、せっかくのかにとの時間をリスクなしで精一杯楽しむためにも、失敗を軽減するには口コミやレビューの意見を見てみるのもいいと思いますが、お店のサイト以外も見るなど出来るだけ情報収集した上で、探せばきっといいお店に出会えるはずです。


ツイッターやアメーバのようなソーシャルネットワークを駆使して探してみることで、また違った角度の見方ができ、世界が広がるかもしれませんね。


どうせ買うなら、より安いかにをと考えたことがあるという方はあちこちで見受けられます。


はずれがない方法としては、ご近所と一緒にある程度の量をまとめ、市場で直接買えばかなりお得です。


お店経由で買うよりは安さと新鮮さを追求するならおすすめできます。


ぜひ、かに通販も調べてください。


直送になる分、安く買えるのでおすすめです。


一口に食用のかにといっても、たくさんの種類があります。


タラバガニは、どこの国でもよく食べられています。


それから、毛蟹を挙げる方も多いでしょう。


タラバガニと異なり、全身毛に覆われていて、新鮮であるほど硬い毛が密集していて、これぞかに、という方はたくさんいます。


味ならばズワイガニを挙げる方も多く有名なところです。


とれる場所によっても味が違いますし、人それぞれ、好きなかにがあるのです。

どうせ買うなら、より安いかにをと考えてわから

どうせ買うなら、より安いかにをと考えてわからなかった方も多いでしょう。


はずれがない方法としては、市場で交渉し、ある程度の量を買うとかなりお得です。


かにを扱う市場に行ける方に限られますが、ずっと安く買えるのでおすすめです。


それから、通販の利用も増えています。


産地から直接手に入れられ、安く買えるのでおすすめです。


時々聞く失敗談ですが、通販でかにを買って、安いからといって買いすぎてしまい、始末に困ったというのです。


直接お店に行って買う場合は、実際の数がはっきりわかるので、買いすぎは未然に防げることでしょう。


しかし、通販の写真ではかにの大きさをリアルに捉えられず、あり得ないほどの量を買ってしまって、届いてその量に青ざめたという人は皆さんも聞いたことがあるでしょう。


せっかくのおいしいかにです。


おいしく食べきれるよう考えましょう。


蟹通販にも色々な商品があります。


中でもお勧めなのが、ポーションタイプ(小分けに冷凍された食品という意味です)の商品です。


ポーションは新鮮さでは活蟹に劣りますが、でも活蟹は、あの殻を剥くのが面倒で蟹を敬遠する人も多いですよね。


なんといっても手軽に蟹を味わおうと思えば、あらかじめ解体され殻も剥かれているポーションタイプの蟹を鍋にするのが最良の方法だと思います。


一方、蟹ミソや甲羅酒の魅力も捨てがたいという方は、せっかくですから訳あり蟹を買ってみましょう。


普通よりずっと安く美味しい蟹に舌鼓を打つことができますよ。


かにの産地の特集を、年末にテレビで観て、かに通販の話もしていて、たくさん入ったかにを探していましたし、おいしそうだったので送料がかからないならいいかと、お正月用を頼んでみました。


実は、生鮮食品を通販で買うのは初めてでした。


どんな商品かなと半分心配、半分わくわくしていました。


届いてみれば身が詰まったかにばかりで、安心しました。


しっかりした味のかにで家族もお客様も大絶賛でした。


今でも家族でかにの話をします。


今年も買いたいです。


蟹に解禁日があるって知っていましたか? 蟹というのは実は水揚げできる時期が限られています。


省令によって解禁日が決められています。


無秩序な乱獲を防ぐためにも、各地域ごとの漁の解禁日が、大体11月頃に決まっており、それから翌年春頃までの期間しか蟹漁はできない仕組みが整備されています。


蟹のシーズンに出遅れないようにするため、解禁日がいつ頃になるのか、ちゃんと調べておくことこそが肝要と言えるでしょう。

激安が売りのかに通販も多々あり

激安が売りのかに通販も多々ありますが、実際に見て選ぶのとは違い、見本の通りの、身がぎっしり詰まった鮮度のよいものばかりとは言い切れません。


この業者から買って大丈夫かどうかがかに通販のキーポイントです。


かに通販に初挑戦という方は、本当に一からお店を探すことになるので、口コミや評価があればそれも参考にしてよかったと思える買い物にしていきましょう。


贅沢品といえば何といっても蟹。


私も蟹は大好きで、何度か蟹通販で蟹を買っているのですが、いくつか注意するべきポイントもあります。


通販では色々と確認が大事ですが、中でも事前に蟹の量を確認しておくのは大事なことです。


業者に量をゴマカされてからでは遅いです。


また、蟹は冷凍で届くので、解凍にも気をつけましょう。


生鮮食品の解凍は難しいものです。


解凍の際には急がず、ゆっくり行うのが鉄則ですね。


よくある失敗は、解凍を急ぎすぎて肝心の旨みが抜けてしまうことです。


おもてなしなど、かにをご馳走したいとき、そんなときはネットで、北海道など産地から直接お取り寄せできるサイトを利用してはいかがでしょうか。


シーズン中なら、スーパーでもかには手に入りますが、インターネット通販は、各産地から直接送れることで、産地ならではのお買い得のかにが見つかるかもしれません。


味にうるさい方、お得なかにを買いたい方も、産地からインターネットで購入するのが一番のおすすめです。


師走の声を聞くと食べたくなるもの、人それぞれあるでしょうが、私の場合、かにがそうです。


1年も押し詰まった頃の恒例となっているのが産地からの通販で購入して、たっぷり実の詰まったかにを食べ、今年1年の幸せを噛みしめます。


何店かは買ったことのあるお店もあり、そこでもいいのですが、常に少しでも良いお店で買いたいと思うので、どうやって選んだらいいか、ものすごく悩みますよね。


生鮮食品であるかにはきちんとした方法で扱わなければ美味しさが格段に落ちてしまいますし、食品としてはかなり贅沢なお買い物になりますから、良心的なところでよい商品を購入できればいいですね。


その不安を解消するのにぴったりなのが口コミです。


できればそのお店自体のサイトだけではなく他のところのもチェックすれば、そのお店が安心して頼める良いお店だと判断できるわけです。


色々なかにの通販がありますが、どこまで加工したものを買うかということで、ボイル?活かに?で決め手がないと思った方も多いのは仕方ないことです。


複数の意見ですが、通販でかにの購入について条件設定するとき活かにを選びましょう。


ほとんどの通販では、活かになら今は確実に新鮮でおいしいのです。

中華料理は数あれど、中でも高級

中華料理は数あれど、中でも高級料理の一つとして多くの人に知られているのが上海蟹ですが、元来、上海蟹という名称で呼ばれるのは、中国で水揚げされる淡水蟹のうちでも、揚子江下流域で見られ、これを指して上海蟹というのです。


四季に関係なく流通しているので、オフシーズンなく味わえはするのですが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、上海蟹のオスの白子のねっとり感が最高においしくいただける時期が11月辺りで、極上の味として貴重な一品です。


美味しい蟹が獲れる地域は限られています。


でも、今では、便利な蟹通販があるので、誰でも旬の蟹を取り寄せることができます。


蟹通販ではどんな種類の蟹でもほぼお取り寄せできますが、私が最もオススメするのはズワイ蟹です。


ズワイ蟹は、蟹本来の美味しさを最も凝縮した品種といえます。


甘みをふんだんに含んだ、最も蟹らしい蟹といえます。


その他の海の幸と同じく、ズワイ蟹も漁場や獲れた時期によって新鮮さ、身の詰まり方などが大きく変わるため、失敗が怖い方は、無難にブランド蟹にしましょう。


ここのところ毎年、かに通販を使ってかにを買うのが当たり前だと思うようになりました。


どの食品でも同じですが、パソコンだけでなく、スマートフォンから気軽に注文して全国の産地からかにを直送できるのです。


最近は通販でも、生のかにを扱うことが増えているので、かにを食べようという話になったときはわざわざお店に行くこともなくなりまずはかに通販、が当たり前になっています。


多くの方に好評のかにの食べ方として、一度焼きがにを召し上がってください。


殻付きのかにが手に入ったら、ぜひお試しください。


焼きがにでは解凍が重要です。


殻付きのかにをそのまま紙で包んで、冷蔵庫に入れるのがベストです。


半日程度のゆっくりした解凍を目指しましょう。


半分くらい解凍できたら、そのまま焼いていくと、仕上がりはみずみずしく、うま味も残っています。


うま味を含んだ水分が残るよう、焼きすぎないでください。


多くの方が便利に利用されている蟹通販ですが、その欠点といえば、手元に届くまで商品を見ることができないことです。


蟹を買う際には身入りなどが気になりますが、実店舗ならそれを確認できますし、店頭で味見ができる場合もよくあります。


茹でるときの塩加減なども個人の好みがあるので、自分や家族にとって一番美味しいお店を「行き付け」にすることもできます。


通販にはない利点です。


蟹通販なら簡単に利用できて安いというのはありますが、そうしたデメリットもあり、一長一短といえます。
前の記事へ 次の記事へ