蟹には色々な種類がありますが、最近人気の蟹の一つに数え

蟹には色々な種類がありますが、最近人気の蟹の一つに数えられるのが、北海道の名産、花咲蟹です。


根室の地名「花咲」を冠した名前の通り、分布が狭く、北海道の東部でしか水揚げできないのですが、味の系統としては高級感があり、通に愛される蟹だといえます。


花咲蟹の肉は太いですが、意外なほどの柔らかさもあり、身肉のぎっしり詰まった、大型サイズの蟹としても知られています。


夏に入る7月頃から、秋に入る9月頃までが旬であると評判です。


限られた時期にしか手に入らないので、頑張って購入してみましょう。


ご馳走の代表格である蟹。


蟹といえば、とにかく種類が多いですよね。


触感や味、調理法などがそれぞれ違い、人によって好みもバラバラだといえますから、通販で蟹を購入しようという人は、商品を選ぶ前に、蟹の種類ごとの特徴を知ることも肝要であると言えるでしょう。


ポピュラーな蟹の種類というと、タラバガニ、ズワイガニなどです。


この二つは私もお勧めです。


いずれの種類でも、大きく新鮮な蟹を選ぶようにすることが何より大事です。


ズワイガニ選びで大事なのは何でしょうか。


ズワイガニというと、おそらくまあ、大きければいいという感じで購入していると思います。


大きさはもちろん気になりますが、もっと別のポイントを覚えておいてください。


持ってみて重みは感じられますか?見た目が立派でも、中身のないかにだったという痛い話を聞いたことがあるでしょう。


ずっしりと重いかになら、中身スカスカではないでしょう。


たまたま冷凍庫が空いたので、かにを買うことにしました。


食べ物を通販で買うと言うのはつまり、お取り寄せということですね。


そのメリットにはどんなものがあるでしょうか。


かにの重さって相当なもので、自分で買ってくるには限界があります。


大量買いができるのはお取り寄せならでは。


重さを気にせず買えるのも通販のお取り寄せならではの特権です。


日本の宅配便は正確さ安全性にかけては世界一だと思います。


どんな荷物でも自宅の玄関まで丁寧に持ってきてくれます。


冷蔵庫も冷凍庫もいっぱいになってしまうので、できるだけ食べる日に近い日に届けてもらうようにしたいですね。


クール便で届くので、なるべく早く冷蔵庫に運び入れる。


大変なのはそこだけです。


鮮度と最高の味わい、直送されることでいつでも手軽に手に入れることができるようになったかにを自室でくつろぎながら最高の状態で頂くという究極の贅沢がかに通販の利点です。


かに食べ放題について、その味を聞いてみるとどうも、ひとくくりにはできないようです。


地域差は大きいでしょうし、同じ地域でも店による差はあるでしょうが、本当にざっくりした評価ですが、専門店の食べ放題ではおいしいかにを食べさせてくれるようです。


かにを専門にしていないお店だと味では所詮専門店に勝てないという意見が圧倒的です。


食べ放題でも気を抜いていない専門店がたくさんあるので一度経験すれば、その味がわかるでしょう。

セコガニも幻のかにです。その実態は松葉ガニのメス

セコガニも幻のかにです。


その実態は松葉ガニのメスです。


全てメスのかになので、サイズが小さいと思われていますが卵が甲羅の中に詰まっており味も濃厚と言われており、セコガニの熱心な愛好者が根強くいます。


期間限定のかにで、11月から1月までしか水揚げされることはなくめったに食べられないのです。


テレビの通販番組でも蟹はよく出ています。


それを見て一度は通販で蟹を買ってみたいとお考えの方もいるかもしれません。


ですが、今は通販のメインもネットにシフトしている時代。


まずはネットでどのくらいの価格で蟹を売っているのか、お手元のスマホやパソコンで一度検索してみましょう。


WEB上の方がテレビ通販よりずっと多くの業者が競合しており、お得に蟹を買えることが多いから。


この一点に尽きるといえます。


ただし、WEB通販には詐欺やトラブルのリスクが付いて回るので、気になる方は信頼と実績のあるテレビの通販番組を通じて購入する方が無駄な心配を防げるという点ではいいでしょう。


毛蟹は濃厚な蟹味噌を持ち、とても人気のある蟹の一つですが、実は他の蟹と比べると小さいです。


そのため、どうやって選ぶかが重要で、一歩間違うと身が詰まっていなくて、美味しくないものもあるので吟味することが大事です。


品質のいい毛蟹を選ぶ時のポイントはなんなのでしょうか。


購入場所が店頭である場合はより重いものを身の詰まった美味しいものとして選べばいいのですが、手で触れることのできない通販で選ぶときには、売り手の実績や品質基準が信頼に値するものなのかどうかを考えたうえで買うことが、失敗を避けるには重要です。


メリットの多い蟹通販ですが、気を付けなければならない部分もあります。


それは、まず大事なのは蟹の値段や量、何より新鮮さを確認すること。


そして最も重要ともいえるのが送料です。


送料は入念に確認しておくべきです。


蟹通販を利用する場合、購入する内容によっては、普通の宅配便より大幅に高い送料が設定されている場合もあります。


見落とさないように気を付けてくださいね。


送料無料の業者もあるので、なるべくそういう業者を選びましょう。


ちなみに、送料無料を謳っている業者でも、一部の地域にお住まいの場合のみ送料がかかるなど、色々なパターンがあるのです。


北海道に行った時、購入したことがあるお土産物屋さんから、広告のファックスが届き、通信販売ならすぐ送ってくれるし、食べない手はないと、早速注文してみたのです。


届いたかにをすぐに食べてみたところ、思いのほか美味しいのに驚きました。


インターネットどころかパソコンも普及していない結構な昔から、産地から自宅へとかにを配送するところはたくさんあったといいます。


一昔前、冷凍してあっても生鮮食品扱いのかにの発送に関して一般的ではなかったこともあり、そのような方法で購入したかになんて品物があまりよくないと聞いたりして、信用できませんでした。


ただ、現代は淘汰の激しい時代であり、そんな中生き残っているかに通販のかにが美味しいのは、当然です。


味は私が保証します。

美味い蟹を食したい、そんな時ど

美味い蟹を食したい、そんな時どうしたらいいかというと、「店で買うか、通販で買うかどっちかしかないだろ」と思う方、他にも方法があるのです。


それは、温泉に行き、現地で食べるという奥の手があります。


蟹を美味しく食べられる、そんな温泉地に行けばいいのです。


近辺に蟹の産地がある温泉地の場合、季節を選べば温泉だけでなく、蟹も楽しめることでしょう。


ただし、どんな時期に行っても温泉は堪能できるのですが、蟹には時期があるので行く時期を選んでください。


蟹を食べるのにお得ないい方法は、日帰りで行ける、蟹食べ放題ツアーというものがあり、これを推したいと思います。


何故かというと、この方法を使って蟹を食べた場合、店頭で蟹を購入して自宅で食べるよりもお得に蟹を食べられることが確実だと言えるからです。


しかも、こういったツアー企画は、通常蟹の名産地で行われていますので、価格や量のみならず満足のいく質であることと思います。


毛蟹はカニ味噌が濃厚で好まれている蟹ですが大きさに着目してみると、他の蟹と比べて小さいために、目利きが難しく、誤ると身が隙間だらけの物のあり、おいしく食べられません。


それでは、美味しい毛蟹の選び方を説明します。


購入場所が店頭である場合は重さをポイントにしてより詰まっているものをチョイスすればよいですが、通信販売で買う場合は、売り手の実績や品質基準が信頼に値するものなのかどうかを考えたうえで買うことが、失敗を避けるには重要です。


蟹を楽しむなら色んな種類を知っておきたいもの。


人気の蟹の一つとして挙げられるのが、花咲蟹という種類の蟹です。


根室の地名「花咲」を冠した名前の通り、分布が狭く、北海道の東部でしか水揚げできないのですが、そのコクのある味わいは上品で食通好みです。


花咲蟹の肉は太いですが、柔らかさもあって味は絶品と言われ、身肉のぎっしり詰まった、大型サイズの蟹としても知られています。


花咲蟹が最も美味しい時期は、夏から秋にかけてとされますが、漁獲期間が短いのでなかなか手に入りません。


メスのズワイガニは別名セコガニです。


場所によっては、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。


美味しいカニ味噌は雄でも味わえますが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。


反対に、セコガニはコンパクトなため、脚の身はあまりありません。


しかし、味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、一般的には、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。

上海ガニは小型ですが、丸のまま蒸す、点心の

上海ガニは小型ですが、丸のまま蒸す、点心の具などで独特の味があるので、世界中に知られた高級食材です。


チュウゴクモズクガニともいわれ、中国を中心にかなり広く分布しています。


高級食材の割には、何でも食べるので外来種として持ち込まれると在来種の生態系が狂ってしまいます。


上海ガニの拡散を防ぎ、生態系を維持するために生体の輸入だけでなく、取引全体を固く禁じている国もあるくらいです。


かにを通販で買うときの注意点は、思わぬところにあります。


一度にたくさん食べると、大変なことになるかもしれませんよ。


毛蟹を通販で大量注文し、彼女と二人で、喋る間もなく食べていると身体が冷えてくるのがわかりました。


おかしいと思いながらも食べ続けたところ、寒気は収まらず、震えだしてしまいました。


おいしいかにには思わぬワナがあります。


かにの食べ過ぎ、特にビールを飲みながら食べるのは危険です。


私のような目には遭わないようにしてください。


グルメの王道である蟹。


蟹を最も美味しく味わえるのは、まず蟹鍋、そして茹で蟹でしょう。


これまでに色々な調理法で蟹を食べてきましたが、間違いなくそう思います。


中には、蟹しゃぶや蟹刺しを推す人もいるかもしれませんが、水揚げ直後の新鮮な状態でなければあまり美味しくないのです。


蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。


それなら多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。


塩ゆではシンプルな調理なので、そのままでは口に合わないかもしれませんが、土佐酢などのタレを少し工夫するだけで、ご自宅でも蟹専門のお店のような味わいが堪能できます。


厳寒の季節に、暖房のきいた部屋で楽しむといったら、誰が何と言ったってかにの右に出るものはないでしょう。


名産地の出所確かなかにをクール便で届けば安心ですね。


かにの通販では、多種多様なかにの取り扱いがあって、どれを選んだらいいか迷いますが、頭においておきたい次の3つの要素が満たされれば、美味しいかにに一歩近づくことでしょう。


何といっても最初に考えなくてはいけないのは当然かにの獲れた場所、つまり産地ですね。


産地によっては同じ種類のかにでも呼び名が違ったりしますが、名産地であれば、獲れたてのおいしいものが手に入ることは確かです。


次いで、かにが獲れた産地にあるお店で発送を行ってくれるところを探すことで、更に、ネットの業者比較サイトや口コミサイトなどの要素をプラスしてかに販売店を選べば、美味しいかにを手に入れたも同然ですね。


蟹にも、獲れる地域や品種によって、様々なブランドがあります。


それぞれへの好き嫌いは、個人ごとにまちまちなので、蟹通販を利用して蟹を購入するときには、蟹の種類や呼び名、その特性を知っておくことも肝要であると言えるでしょう。


蟹の中でも特に多くの人から人気があるものとしては、皆さんご存知の、タラバガニやズワイガニなどです。


いずれの種類でも、大きく新鮮な蟹を選ぶようにするのが蟹通販を利用する上での基本だといえるでしょう。

贅沢品といえば何といっても蟹。私も蟹は大好きで、通販で

贅沢品といえば何といっても蟹。


私も蟹は大好きで、通販で簡単に美味しい蟹が買えるのはありがたいです。


しかし、初心者は気をつけるべき部分もあります。


通販は届いてみるまで品物が見えないですから、何キログラム、何杯など、量の確認は入念にしましょう。


業者に量をゴマカされてからでは遅いです。


そして、ある意味それ以上に気をつけなければならないのが解凍です。


解凍はプロでも気を遣います。


急がず焦らず、自然に任せるつもりで慎重に行いましょう。


解凍を急ぐと、蟹の旨みが抜けてしまうことに繋がります。


蟹通販の利用時、ネックがあるとすれば、果たして蟹の新鮮さは大丈夫なのかという部分でしょう。


「通販」を誤解している人の場合、宅配便で送られる蟹など鮮度は信用できないと思っているかもしれません。


しかし、実際の場合、通販の鮮度は決して一般販売に劣るものではありません。


「産地直送」を謳う蟹通販は、水揚げされた漁場から直接発送しているので、流通ルートを経てスーパーなどの店先に並ぶ蟹よりも、鮮度が落ちないまま自宅まで届けられるのです。


冷凍かにをまとめて購入するとかさばることもあり、外に出しておけば解凍できると思う方もいるらしいですが、おいしく冷凍かにを食べたいと思うなら解凍に手間ひまをかけるのが正解です。


かにを上手に解凍するコツとしてまず行ってほしいのは冷凍庫からすぐに室内に出さずに冷蔵庫に入れて解凍することです。


これで水分を流出させずに解凍できるので、だまされたと思ってやってみてください。


夕食のテーブルにかにがあるだけでなんだか華やぐという経験はなぜか強く残っているのではありませんか。


とりわけ丸ごとのかにを見れば、みんなが笑顔になったはずです。


かにの産地でない限り、地元のスーパーではいつも丸ごとのかにを扱っているとは言えません。


通販なら一匹丸ごとのかにも市場で買うのと同じくらい新鮮で、それより安いことが多く、どうぞお試しください。


毛蟹の選び方、チェックポイントをお話しします。


毛蟹がもっとも出回るのは冬です。


大きく成長し、身が詰まっているのは冬で活がにならベストのシーズンです。


その次に重視したいのは色艶はどうか、持ったときに手応えがあるか確かめてください。


見た目にも新鮮そうで、持ったときに重みを感じられるものを選ぶとよいです。


手応えのあるかには身がしっかり詰まっています。


そして、定評のある販売店を選べば、大はずれのない買い物ができるでしょう。
前の記事へ 次の記事へ