一番多く売られているのはかにの脚肉です

一番多く売られているのはかにの脚肉ですが、味噌でかにを決める方もたくさんいます。


味噌でかにを選ぶとすれば、毛蟹と言う方がほとんどです。


味噌は独特の香ばしさで、寒いときにはたまりません。


そんなにひんぱんに毛蟹を食べられないという方には、ワタリガニを勧める方もいます。


毛蟹よりは小ぶりですが、独特の味わいを楽しめます。


皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、何といっても焼きがには最高ですよ。


今まで食べたことがなくても、挑戦してみる価値はあります。


おいしく焼くには、解凍に気をつけてください。


水分が逃げないよう、新聞紙などで殻ごとくるみ、じっくり自然解凍してください。


理想は、半日くらいかけてゆっくり解凍することです。


半解凍になれば包みを解き、殻付きで焼くと、仕上がりはみずみずしく、うま味も残っています。


うま味を含んだ水分が残るよう、焼きすぎないでください。


グルメの王道である蟹。


蟹を最も美味しく味わえるのは、蟹の旨みを閉じ込めた茹で蟹、そして蟹鍋です。


他の調理法も捨てがたいですが、やはりこの二つが群を抜いています。


蟹刺しなど、生で味わうのも本当に新鮮な蟹ならいいのですが、漁獲地のお店で出される場合など、きわめて新鮮でないと美味しくありません。


私が茹で蟹や鍋をお勧めする理由はそこにあります。


これなら、そこまで新鮮ではない蟹でも美味しく頂くことができます。


そのままの味が好みに合わなくても、定番の土佐酢はもちろん、醤油やポン酢など付けるものを工夫すれば色々な味わいを楽しめるので飽きがありません。


色々な方から、一番おいしいかにはという質問が多いのですが、ズワイガニをおすすめして、はずしたことはありません。


ズワイガニは、産地が直接かにの名前になるというそれぞれの地域を代表するかになので、皆さんご存じの松葉ガニや越前ガニなど、地域の名前入りのタグをつけたズワイガニは味の保証ができます。


値段の点ではどうしても高めですが、ブランド品のかには味噌もおいしいとすすめています。


どんな毛蟹を選んだらよいか、いくつか挙げてみましょう。


一番のポイントは水揚げされた時期です。


寒い時期に最も身の詰まった、大きな活がにならベストのシーズンです。


実際に見て買えるなら、見た目もそうですし、触ってみた感じや手にしたときの重みも大事です。


実際に触れるなら、表面の手応えと重みがあるものを選んでください。


身が詰まっているかには、やはり手応えが違います。


そして、定評のある販売店を選べば、大はずれのない買い物ができるでしょう。

蟹通販をお得に利用したいとお考えの皆様へ。蟹通

蟹通販をお得に利用したいとお考えの皆様へ。


蟹通販で気にすべき点は、まず大事なのは蟹の値段や量、何より新鮮さを確認すること。


それと送料ですね。


お得に通販を利用できるか否かのカギを握るのが送料なのです。


蟹通販は生鮮食品を送ってくる都合上、梱包費などを含めて高額な送料を取られる場合も多いので、見落とさないように気を付けてくださいね。


送料無料の業者もあるので、なるべくそういう業者を選びましょう。


ちなみに、送料無料を謳っている業者でも、沖縄県などの離島にお住まいの場合、別途送料が掛かることがあるのです。


蟹通販を扱うWEB上の業者は年々その数を増しており、タラバガニや越前ガニ、松葉ガニなど色々な蟹を手軽に購入できます。


でも、実物を見ないで買うのはちょっと不安という方もいますよね。


業者を選ぶのにお困りかもしれませんね。


蟹通販を利用する際には、既に購入した人の声である「レビュー」を確認して選ぶのをお勧めします。


とはいえ、全てのレビューがアテになるわけではありません。


注意点としては、真っ当なレビューと、業者のサクラを見分けるように気を付けることです。


サクラを見抜くのは簡単です。


レビュー件数自体が少なく、「よかったです!」などの単純な評価が多く付いていたら、とりあえずサクラだと思っておけばいいでしょう。


かにのおいしい食べ方はいろいろありますが、「焼きがに」いかがですか。


殻付きのかにが手に入ったら、ぜひお試しください。


焼きがにでは解凍が重要です。


ラップよりも、水分を吸収する新聞紙やキッチンペーパーで包み、冷蔵庫内の自然解凍をおすすめします。


4時間以上冷蔵庫に入れておいてください。


半分くらい解凍できたら、そのまま焼いていくと、うま味が殻に残った状態で、おいしく食べられます。


水分が残っているからおいしいので、焼きすぎは禁物です。


蟹の旬がいよいよですね。


私が毎年心待ちにしている季節です。


至高の蟹に舌鼓を打つべく、北海道の蟹の産地を訪れることが、この時期欠かせないお約束になっています。


北海道に行く際の目的地といえば、私の知人が包丁を振るっている、道南・函館市の蟹料理専門店です。


ここは本当にお勧めです。


蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹しゃぶなど、美味しい蟹料理を振舞っています。


今年も既に予約を入れており、今から心待ちにしています。


かには食用だけでも数え切れない種類があり、みんなに知られているのはタラバガニかと思います。


それから、毛蟹を挙げる方も多いでしょう。


新鮮であるほど硬い毛が密集していて、身にしても、味噌にしても独特の香ばしさで、たまらないという方は多いようです。


ズワイガニも多く出回っており、その味もよく知られた種類です。


どのかにも独特のおいしさをもち、それぞれに好きな方がいます。

食べ放題においしさを要求するのもどうかといわれますが

食べ放題においしさを要求するのもどうかといわれますが、かにの場合、口コミなど見ても、評価は分かれています。


かにの産地ならどこのお店でもおいしいのかもしれませんが、本当にざっくりした評価ですが、専門店の食べ放題ではおおむねかにがおいしいという評判です。


また、専門店でないお店で、かにの食べ放題を行うところもありますがかにの味は専門店に及ばないという方が多数派を占めます。


専門店では食べ放題でもいいかにを出しているところが多いので、行ってみて損はありません。


かさばるかにも、通販ならお店から持ち帰る大変さはないので交通費の負担もなく買いたいだけ買えます。


さらに一軒で大量購入すれば、多くの通販で大変な値引をしてくれます。


他の通販でも良くある話ですが、かにをできるだけ安く買いたいと思うならばがんばって同じ思惑の人を誘い、通販の注文をまとめて一括購入するのがいいでしょう。


当然ですが、その結果として、配送されたときには全てのかにはお宅にあるわけで、十分なスペースはあるか、確かめてください。


蟹通販が一般的なものになった現在では、色々なタイプの蟹を注文できます。


あとは自宅に届くのを待つだけで、お手軽に蟹を味わえます。


しかし、注文は簡単ですが、その前段階が大変です。


蟹通販の業者は昔と比べて大幅に数が増えていますから、慎重に選ばないと、美味しい蟹が味わえないということにもなりかねません。


本当に新鮮な蟹を売っている業者は限られています。


キーワードは「産地直送」。


産地直送の業者を選んで利用しましょう。


とにかく慎重に選ぶことです。


業者の質により、蟹を楽しめるかどうかが決まると言ってよいでしょう。


詐欺の手段が多様化した現代。


蟹通販を名乗り、頼んでいない蟹を送りつけてくる、それがいわゆる蟹通販詐欺と言われる詐欺の手口です。


よくあるケースでは、代引きで送られてきて、家族が買ったものと誤信し、多くの人はその場でお金を払ってしまうと聞きます。


詐欺なのだから突き返してもいいのですが、ベラボウな金額を請求されているわけでもなく、蟹は実際目の前にあるので、まあいいやと諦めてそのまま泣き寝入りしてしまう人も少なくないようです。


皆さんも、いきなり蟹が届いたりしたら、うかつに支払いに応じないようにしたいものですね。


かに通販だと、新鮮なものが届くかどうか気になりますよね。


少し前まで、通販のかにというと市場で買うより鮮度が劣るというのが当たり前でした。


今どき、そんなことをいう人はほとんどいません。


冷蔵や冷凍の宅配便網は全国に行き渡っていますから、通販のかにも市場で買うのと遜色ないくらい味も鮮度もすばらしいかにを買えるのが当たり前になっています。


とはいえ、どの通販も全て鮮度や味に問題がないとは言いがたいので、お店を選ぶのはとても大事なことです。

近頃の蟹通販では様々な種類の蟹を取

近頃の蟹通販では様々な種類の蟹を取り寄せられますが、海外で獲れた蟹か、日本国内で獲れた蟹か、どちらを選ぶか迷ってしまう人も多くいると聞きます。


しかし、正直な話、国産でも海外産でも、同じ種類の蟹ならそんなに味が違うことはありません。


国産、輸入のどちらであれ、注意するべきは、業者の信頼性をよく見極めることです。


利用者に評判の高いお店で売っている蟹ならば、国産か輸入品かといったことはそれほど問題ではありません。


蟹通販で狙い目なのが、ワケアリの蟹。


その購入をわざわざ皆様にご推奨するのは、本当にお得な理由があるからです。


以下ご説明します。


それは通販ならではの利点と言えます。


実店舗で購入する場合、品質や状態が保証されている分、値段もそこそこ(というか普通に)するので、代金についてトクをするのは難しいですよね。


ところが蟹通販では、実店舗とは違って、形さえ気にしなえれば、傷物の蟹が味は落ちないからと割り切って安価で売っている場合があり、これを利用すればお得に蟹を買うことができるのです。


お取り寄せ市場はますます拡大の一途を辿り、かに通販も例外ではありませんが、結構な頻度で、後悔する破目に陥るようなことも目立つようになりました。


カタログなどでイメージしていた商品と実物とのギャップが原因となることがほとんどです。


あとは業者の対応に関することですね。


よからぬ業者にひっかかり、損な取引を軽減するには口コミやレビューの意見を見てみるのもいいと思いますが、お店のサイト以外も見るなど出来るだけ情報収集した上で、いいと思ったお店を幾つか選びます。


お財布が許せば、2つの会社から購入して食べ比べるのもいいでしょう。


ちょっと怖い気がして敬遠していたSNSも使いようによっては役立つ可能性があります。


意外な人から意外な情報を手に入れることもあるでしょうし、そうでなくても、他のことで何かの役に立つかもしれません。


花咲がにを食べたことはありますか。


根室に近い、花咲近辺が主な漁場のかにに見えますが、かにの仲間が真実で、ヤドカリが正しいのです。


実際は、見た目ではかにと区別がつかず、味もかにに近いのでかにと全く同じ立場で誰も問題にしていません。


濃厚な身の味わいと食感の良さ、産地が限られて漁獲量も少ないので誰もが認める有名なブランドがにです。


これからの季節が美味しい蟹。


さて、蟹にも種類や呼び方が色々あります。


種類ごとに味や風味は大きく違っており、好みも人によってバラバラだといえますから、ネットの蟹通販を利用するにあたっては、種類ごとの違いを意識して商品を選ぶことが必須かもしれません。


蟹の中でも特に多くの人から人気があるものとしては、皆さんご存知の、タラバガニやズワイガニなどです。


鉄則としては、サイズが大きく、そして新鮮な蟹を選ぶことを基本として覚えておきましょう。

皆さん、おすすめのかにの食べ方

皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、一度焼きがにを召し上がってください。


今まで食べたことがなくても、挑戦してみる価値はあります。


冷凍のかになら、解凍時に注意してください。


殻付きのかにをそのまま紙で包んで、冷蔵庫内の自然解凍をおすすめします。


半日くらいかけるのが理想です。


半解凍状態で、殻をつけたまま焼いてください。


仕上がりはみずみずしく、うま味も残っています。


完全に火を通す必要もないので、焼きすぎないようにしてください。


近年では、かに通販のカタログやサイトをよく見ると、丸ごとのかにに加えてポーションが多いのに気づいた方もいるでしょう。


これは、殻をむいて中身を集めたと考えてください。


多くは箱詰めの、むき身のかにです。


みんながすぐに食べられるのは大きいですし、多くは殻の割れなどの訳あり品なので、加工してあるのに比較的安いといううま味もあるのです。


最近何人もの人が、かに通販を利用してかにを買って良かったということが続いています。


それも当然でしょう。


パソコンだけでなく、スマートフォンから気軽に注文して全国の水産業者から直に購入できるためです。


通販でも冷凍だけでなく、生のかにをおいしい状態で買えるようになったので、もう、かにが食べたくなったら、スーパーやデパートに行く気はなく、かに通販で決まり、と思っています。


お歳暮でかにを贈るのも良いですよね。


そのかにを買う際には最後まで気を抜かないでください。


何のことかと思うでしょうが、たくさん並んだかにの中から、手間を惜しんで店側に選ばせてしまうのはいけません。


どれを選んで良いかわからないからでしょうが、自分が選ぶよりましだろうと決め込んでいると、店側が早く売りたい見切り品を掴まされるかもしれません。


お歳暮のかにには特に念を入れて、信頼関係のあるお店で買いましょう。


意外と知られていないことですが、蟹は実は好きな時期に漁をすることはできず、省令によって解禁日が決められています。


無秩序な乱獲を防ぐためにも、品種によりますが9月や11月など秋頃に解禁日が設定されており、その期間以外は漁をしてはならないという取り決めになっているのです。


蟹のシーズンに出遅れないようにするため、毎年の解禁日がいつか認識しておくことが大事だと覚えておきましょう。
前の記事へ 次の記事へ