かにの通販は本当にたくさんありますよ

かにの通販は本当にたくさんありますよね。


かにの種類や産地を決めた後、ボイル?活かに?でフリーズした方もありがちです。


いくつかのかに通販を見る限り、かにの購入で条件設定するとき活かにを選びましょう。


ほとんどの通販では、活かになら新鮮さやおいしさで勝っています。


どうせ買うなら、より安いかにをと思っている方、いるのではないですか。


方法はいろいろありますが、確実なのは一定以上の量を市場で直接買い、交渉すれば文句なく安く買えます。


お店経由で買うよりはよいものを安く買える可能性が大です。


今はかに通販も充実しているので、よく調べれば買いに行く手間を省いて安く入手できます。


蟹の激安通販という言葉に釣られる人は意外とたくさんいるようです。


その名の通り激安なので、一見、利用してみたいと感じるかもしれません。


でも、考えなしに利用するのはよくありません。


他の店と比べてあまりに安すぎるところは、安売りを騙った詐欺業者であるリスクを孕んでいることがあります。


口コミやレビューなどで、その業者の評判を見てから購入を検討するべきです。


さもないと詐欺の被害に遭ってしまうかもしれません。


ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。


腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。


腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。


甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。


腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。


胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。


甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。


これで解体は終了です。


さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておく。


以上が蟹の捌き方の基本になります。


少し前までは通販の宣伝といえばテレビでした。


テレビを見て蟹通販に魅力を感じた方もいるでしょう。


しかし、情報源がテレビだけではもったいないです。


ネット上でも、さらにお得に蟹が買えるところがないかどうか、一度調べてみたほうがいいでしょう。


その理由は、テレビ番組を通じて買うよりも、ネットで注文した方が安い値段で買える、または同じ値段ならより良い蟹を買えるからです。


ただし、WEB通販には詐欺やトラブルのリスクが付いて回るので、気になる方は信頼と実績のあるテレビの通販番組を通じて購入する方がご自身に合っているかもしれません。

蟹はどう食べても美味しいものです

蟹はどう食べても美味しいものですが、中でもお勧めできるのは蟹の旨みを閉じ込めた茹で蟹、そして蟹鍋です。


他の調理法も捨てがたいですが、やはりこの二つが群を抜いています。


蟹刺しなど、生で味わうのも本当に新鮮な蟹ならいいのですが、漁獲地のお店で出される場合など、きわめて新鮮でないと美味しくありません。


蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。


それならそこまで新鮮ではない蟹でも美味しく頂くことができます。


風味に繊細さが感じられなかったり、なんとなく物足りないときは、醤油や土佐酢といった付けダレに手を加えれば、たちまち美味しくなります。


かにの産地はどこか、挙げてみてください。


北海道が一番よく知られているでしょう。


まあ、当然といえば当然でしょう。


今のところ、毛蟹がとれるのは北海道限定だからです。


とはいえ、毛蟹を除いた種類で考えると日本海沿岸でもよく知られたところも覚えて欲しいものです。


有名なところでは、ズワイガニには松葉ガニというブランドがあるくらい鳥取で獲れたかにがおいしいのです。


皆さん、どんなことに気をつけてかにを茹でていますか。


ゆで汁に塩を入れると、身が締まり、下味がつきます。


塩分は濃くしないことを心がけて、塩気をつけています、という程度のゆで汁で結構です。


大きいかにが手に入って、鍋からはみ出すようなら、見た目より味で、甲羅と脚は別々にし、鍋からはみ出さないように茹でた方が良いです。


そして、茹でる前に全体の汚れを落とすと衛生的ですね。


蟹を食べるのにお得ないい方法は、日帰りで、蟹の食べ放題が堪能できるツアーというものがあり、こちらのご利用をお勧めします。


何故かというと、実際にこの方法で蟹を食べたとします。


すると、一般的な方法で蟹を入手し家で食べるのと比べて確かにお得に蟹を楽しむことができるからです。


しかも、蟹の美味しい土地で行われることが多いツアーなので、価格または量といった点だけでなく、上質であるということにも納得できると思います。


夕食のテーブルにかにがあるだけでパーティー気分になれた経験は強烈なものがあるでしょう。


そのかにが丸ごと一匹だったとすればみんなのにっこりがあふれたことでしょう。


大概の地域のスーパーでは一匹丸ごとのかにはそうそう売っていません。


通販なら一匹丸ごとのかにも上手く利用すれば本当においしくて安いかにが手に入り、みんなが納得、満足できるはずです。

蟹通販は便利ですが、欠点はないのでしょうか

蟹通販は便利ですが、欠点はないのでしょうか。


通販のデメリットは、蟹をじかに見て選ぶことができない点であるといえます。


実際に店に行く場合は、じかに蟹の品質を確かめることができますし、買いたい蟹の身を味見させてくれる場合もあります。


蟹の茹で方、塩加減などでも味が変わってくるため、好みに合う味付けの店を探すことも出来ます。


しかし、通販ではそれはできません。


蟹通販が便利でお得だといっても、万能ではなく、このような欠点もあるので、一概に実店舗より良いとは言えません。


グルメの王道である蟹。


蟹を最も美味しく味わえるのは、蟹本来の旨みを凝縮した、塩茹でか蟹鍋です。


これまでに色々な調理法で蟹を食べてきましたが、間違いなくそう思います。


蟹刺しなど、生で味わうのも本当に新鮮な蟹ならいいのですが、水揚げ直後の新鮮な状態でなければあまり美味しくないのです。


一方、じっくり火を通す蟹鍋や茹で蟹であれば、 多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。


塩ゆではシンプルな調理なので、そのままでは口に合わないかもしれませんが、今時は蟹専門店と同じ土佐酢が通販で売っており、それを使えばご自宅でも蟹専門のお店のような味わいが堪能できます。


名前からして美味しそうな花咲がにはどのようなかにかというと、根室の花咲漁港が主な産地のかにに見えますが、かにの仲間が真実で、ヤドカリだったのです。


といっても、見た目も味もほとんどかになのでかにの一種と言うことで全く問題はありません。


身は引き締まり、豊かな味わいがあって、希少価値もあることから、幻のかにの名にふさわしい、かにの一種です。


モクズガニはズガニという名前でも呼ばれます。


モクズガニというと聞いたことがある人は少なくないでしょう。


モクズガニは河川でみられるカニで、鋏が特徴的で、毛が生えているのが観察されます。


そして、甲羅が手のひらの大きさより一回り小さいほど小ぶりなのですが、そうである割には脚の方に着目すると、長いことが特色です。


多くは味噌汁にしたり、炊き込みご飯にしたりして食べられています。


セコガニは大変珍しいかにで、松葉ガニのメスのことです。


一般的な松葉ガニと比較して小ぶりなかにですが、卵が甲羅の中に詰まっており身も濃厚な味とされていて、松葉ガニよりおいしいと買い求める方が熱く語っています。


このかには、11月から1月までしか獲れる許可がおりないため、その意味でも非常に貴重なかにです。

そろそろ旬だし、蟹を買おうかなと思った時には選ぶ方法

そろそろ旬だし、蟹を買おうかなと思った時には選ぶ方法に注意すべきです。


蟹がどんな種類なのかにより、選択方法は様々です。


例えば、ズワイ蟹を買う場合を考えてみましょう。


この時には、どこを見ればいいと思いますか?それは、腹側です。


白い腹をしているズワイ蟹は選ばないようにして、重要なのはアメ色をしたものをチョイスすることです。


さらに、甲羅の硬いものもいいでしょう。


日帰りで、かにの食べ放題を体験するツアーは参加した方はどのくらいいらっしゃいますか。


こうしたツアーに興味があって、これまで参加する機会がなかったならいつかきっと、有名なかにの産地に行ける食べ放題ツアーを探すことを提案したいのです。


なぜなら、とれたてのおいしいかにを個人向けのパック旅行よりずっと安く食べられるのです。


便利で知られる蟹通販ですが、皆さんが気にしている点と言えば、新鮮さが心配だという部分ではないでしょうか。


蟹通販を初めて利用するという人の場合は、なんだか鮮度が悪いように思うのでしょうか。


でも、それは誤解です。


現実には蟹通販の蟹は十分に新鮮だといえます。


考えてみてください。


蟹通販は漁港から直送で蟹を送ってくるので、流通ルートを経てスーパーなどの店先に並ぶ蟹よりも、鮮度が落ちないまま自宅まで届けられるのです。


私の見た限り、蟹通販の「激安通販」に興味津々の方は少なくないかもしれません。


安さでは群を抜いているので、一目見ただけなら、大きな魅力があると感じます。


とはいえ、注意するべき点もあります。


一般的な市場価格と比べて、あまりに安い場合、商品に重大な欠陥があるということがありえるので注意しましょう。


トラブルや詐欺に巻き込まれないためにも、事前によく調べた上で購入を検討するべきです。


さもないと詐欺の被害に遭ってしまうかもしれません。


かにを通販で買うときの注意点は、思わぬところにあります。


アレルギーでなくても、かにの食べ過ぎには用心してください。


通販で毛蟹を大量に購入したことがあり、彼女と二人、全部を一気に食べていると、寒気のような、ぞくぞくが起こりました。


おかしいと思いながらも食べ続けたところ、身体が震えるようになり、それ以上食べられなくなりました。


おいしいかにには思わぬワナがあります。


かには身体を冷やすことがあります。


少しずつ、味わいながら食べてください。

かさばるかにも、通販ならお店か

かさばるかにも、通販ならお店から持ち帰る大変さはないので交通費の負担もなく買いたいだけ買えます。


しかも、大口注文すれば、多くの通販で大変な値引をしてくれます。


ですから、底値でかにを買いたい方は、がんばって同じ思惑の人を誘い、通販の注文をまとめてとことん安くなる数を注文するのもありですよ。


注意点として、注文の品が届いた後、しばらくは全てのかにはお宅にあるわけで、そのスペースは確保しておいてくださいね。


名前からして美味しそうな花咲がにはどのようなかにかというと、根室に近い、花咲近辺が主な漁場のかにのようでかにではなく、実はヤドカリだと覚えておきましょう。


しかし、かににそっくりであることと、味がほとんど同じなのでかにの一種と言うことで全国に出回っています。


身の芳醇さと食べ応えで知られ、市場に出る量は少ないため、非常に珍重されています。


活蟹をさばくのにはコツがいります。


以下の点に気をつけてください。


甲羅側が下、お腹側が上になるように蟹を置きます。


そしてまず、蟹のふんどしを外します。


これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。


次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。


すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。


この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。


蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。


最後は、食べるときのことを考え、包丁やハサミを使って脚を関節部分で切り離しておき、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておく。


以上が蟹の捌き方の基本になります。


お歳暮にかにを贈る方もいらっしゃるでしょうが、ここだけの話、注意してほしいことがあります。


実にありがちなことですが、おいしそうなかにが揃っているなら特に、お店の人に選んでもらうのを避けることです。


自分で選んで決めるのは確かに大変ですが、お店の人の見る目を安易に信じてしまうと、店が早く処分したい品を選ぶかもしれません。


大事なお歳暮用のかにですから、お店の人との関係を大事にしてください。


店頭と違い、いくつもの通販業者から選ぶことができる蟹通販。


利用の際には、どの業者を選べばよいのか戸惑う人もいるかもしれませんが、そこで注意すべきポイントを紹介しましょう。


業者の信用に関わってくるのは「人」です。


良い業者には、お客様に良い蟹を届けるために、目利きの専門家がおり、この人が直接蟹の産地まで買い付けに赴いて、間違いなくお客様にお喜び頂けるグレードの蟹を確実に仕入れてくるので、品質は保証されています。


品質後回しで価格を下げているような業者はダメです。


品質重視のところを選ぶのが、ポイントです。


通販業者もピンキリなので、慎重に選びましょうね。
前の記事へ 次の記事へ