厳寒の季節に、暖房のきいた部屋で楽しむといった

厳寒の季節に、暖房のきいた部屋で楽しむといったら、誰が何と言ったってかにの右に出るものはないでしょう。


かにの出荷量1位を誇る地域から、取り寄せられればうれしいですね。


かにの通販では、多種多様なかにの取り扱いがあって、どれを選んだらいいか迷いますが、考えなければいけないポイントは3つです。


初めに考慮に入れるべきは、当然のことながら産地です。


日本全国には、かにで有名なところが色々ありますが、地元で獲れたかにが買えるのが一番ですよね。


そんなかにを産地から直接送ってもらうというのが2点目ですね。


そして3点目がお店を選ぶのに口コミやレビューを参考にすることです。


これらを基に購入すれば、失敗する確率は低くなると思います。


今や蟹通販では「訳あり」の蟹を狙って購入するのがセオリーになってきました。


あえて皆様にお勧めしているのにはワケアリだけに「ワケ」があります。


蟹通販と対比されるものといえば実店舗での購入ですが、これはいわゆる「ワケアリ」商品は出てこず、普通の値段で普通の蟹を買うだけであり、代金についてトクをするのは難しいですよね。


対して、蟹通販には通販ならではの利点があります。


つまり、形さえ気にしなえれば、傷物の蟹が味は落ちないからと割り切って安価で売っている場合があり、形を気にしない人にとってはこの上なくお得な買い物なのです。


松葉ガニのメスの呼び名がセコガニです。


どちらかといえば、松葉ガニより大きさは小さいことが多いですが、この時期にしかない卵がぎっしり入っていて味も濃厚と言われており、松葉ガニよりも、通好みでファンが根強くいます。


とても出回る期間が短く、一年の内で11月から1月の間でしか漁の期間は決まっているのでめったに食べられないのです。


ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。


ほとんどの方は、ズワイガニなら全体の大きさだけを見て選んでいるかと思われます。


大きさはもちろん気になりますが、もっと別の観点を知っておきましょう。


持ったときの重量感を意識してください。


食べようとしたら、中身スカスカのかにだったという話は他人事ではありません。


重みは中身の充実度を示しているのです。


一口に蟹と言っても、様々な種類がありますよね。


それぞれへの好き嫌いは、個人ごとにバラバラだといえますから、蟹通販を利用して蟹を購入するときには、種類の違い、それぞれの特徴を押さえておくことも肝要であると言えるでしょう。


色々な蟹がある中で、よく人気の品種と言われるものとしては、タラバガニ、ズワイガニなどです。


この二つは私もお勧めです。


どんな種類の蟹を買うとしても、選ぶ際にはサイズや新鮮さを基準にすることを基本として覚えておきましょう。

紅ズワイガニは、安いが味は今ひとつ、と、かにに

紅ズワイガニは、安いが味は今ひとつ、と、かにに詳しい方が言うのですがそれは思い込みかもしれません。


紅ズワイガニを食べたとき、他のかによりはずればかりだとしたら本当においしい紅ズワイガニをぜひ食べてください。


新鮮なら、紅ズワイガニは他と比べてもおいしいの一言に尽きます。


ただ、非常に鮮度が落ちやすいので素直においしいと言われにくいのでしょう。


蟹を買うときには選択方法が大事になってきます。


蟹と言っても種類により、どのような選び方をしたらいいかが変わってきます。


蟹の中でも、ズワイ蟹を買う際には腹側に重要な手掛かりがあります。


ポイントは腹側の色で、白いものはやめて、アメ色のものを見極めることが大事です。


その他にも、甲羅の硬いものもいいでしょう。


今までにかに通販を利用した方、購入のチェックポイントとして、ボイルしてあるものか、それとも活かににするかどうしようと頭を抱えた方も少なくないでしょう。


複数の意見ですが、通販でかにの購入について選択するときは活かにが一押しです。


よほど調理法を間違わない限り、活かにの方が今は確実に新鮮でおいしいのです。


年末、テレビ番組でかにの産地直販を取り上げていて、そこで通販を紹介していました。


たくさん入ったかにを探していましたし、おいしそうだったので送料無料も気に入って、初めてのかに通販に挑んでみました。


とはいえ、生鮮食品の通販は初挑戦だったため、テレビで見た品と違っていたらどうしようと思っていましたが、届いてみれば身が詰まったかにばかりで、安心しました。


しかもゆでて良し、鍋で良しのおいしさで、嬉しいお正月になりました。


もちろん、今年も購入したいと思います。


蟹には色々な食べ方がありますが、中でも美味しいのは蟹本来の旨みを凝縮した、塩茹でか蟹鍋です。


他の調理法も捨てがたいですが、やはりこの二つが群を抜いています。


その利点はどんな蟹でも美味しく食べられることです。


蟹しゃぶや刺身は少しでも鮮度が落ちると、途端に味も悪くなってしまいます。


蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。


それなら鮮度の劣る蟹であっても旨みが損なわれません。


もし風味が足りないと感じたときには、土佐酢などのタレを少し工夫するだけで、見違えるほど美味しくなるので試してみてください。

インターネットでもかに通販サイトは私たちを誘

インターネットでもかに通販サイトは私たちを誘っています。


通販で生鮮食品を買うのをためらう人もいます。


どこが良いか心配な人がいて当然です。


かに通販のビギナーです、という人には、テレビでかに通販のチェックを勧めます。


皆さんもご存じの通り、テレビ番組で買える食品は多くの人から高い評価を得ているものがほとんどで、信頼できる品だと思って良いでしょう。


ただ、かに特集の放映をチェックして、電話やネットで購入する手間はかけてください。


実際に蟹通販を利用する場合、茹で蟹と活蟹のどちらを買うのがいいのかとお悩みの方もあると思います。


どのタイプの商品がいいかは、調理法によっても変わってきます。


家族で蟹鍋を囲みたいといった場合、殻が既に剥いてあって扱いが簡単な、ポーションの蟹がいいと思います。


また、最近人気になってきた蟹しゃぶの場合は、活蟹が一番いいでしょうし、鮮度が気になるなら生冷凍がいいでしょう。


どのタイプがどんな調理法に最適か把握しておけば、自分のニーズに合った蟹を、通販でお得に買うことができるのです。


かにの脚肉を食べる方が圧倒的に多いのですが味噌でかにを決める方もたくさんいます。


かに味噌を味わうなら、毛蟹が他を圧倒しています。


濃厚な味わいの味噌をすすれば、たまらないおいしさですよね。


そんなにひんぱんに毛蟹を食べられないという方には、ワタリガニはいかかでしょうか。


脚はだいぶ細くなりますが、味噌の味なら負けません。


独特の味わいを楽しめます。


かには美味しいけれどそう頻繁に食べられるものじゃありませんよね。


ましてお手ごろ価格だったらもっと言うことないと思いませんか。


かにが思う存分食べたい。


そんな人には通販のかにがぴったりだと思います。


かにを通販で買うのは、達人のお墨付きです。


ス−パーなどで買ったかにを持ち帰るだけで品質が変わることもあるからと言うのもありますが、産地の料理店で食べるような鮮度抜群のかにが買えるのは、かに好きにはたまらないサービスで、毎月でも食べたいくらいです。


それから、びっくりするほど安く買えるのも大きな魅力で、スーパーのものより安い価格が多く、申し訳ないほどのお得価格が実現したのです。


それにかにの種類も豊富で珍しいかにも買えたりと、産地ならではの楽しみ方もあります。


かにを茹でるのは、保存も利くし、食べる人が好きな味をつけられる調理法ですね。


おいしく茹でるにはゆで汁に塩を入れるのが第一のコツです。


海水より濃くないくらいで、ちょっと塩気を感じるくらいの塩分で十分です。


かには丸ごと茹でる必要はなく、見た目より味で、甲羅と脚は別々にし、鍋からはみ出さないように茹でた方が良いです。


そして、茹でる前に全体の汚れを落とすと食べるときに楽ですよ。

通販といっても様々な種類の蟹があ

通販といっても様々な種類の蟹があります。


そんな中で、確実に失敗しない種類といえば、意外かもしれませんが、活きた蟹ではなく冷凍の蟹です。


ただし獲ってすぐに茹でたもの。


「えっ、活きた蟹のほうが新鮮で美味しいんじゃないの?」と思う方は多いでしょうが、活蟹は新鮮さでは右に出るものはありませんが、一方で素人には捌きづらいというデメリットも抱えています。


それに蟹を茹でるのは大きい鍋が必要だったりして、ご自宅ではやりづらいですから、あらかじめ茹でた状態で冷凍した蟹を買ったほうがいいと私は思います。


皆さん、おいしいかにを買いたいと思ったことはありませんか。


それなら、かににもブランドがあるので、ブランドで選ぶというのはいかがでしょうか。


ブランドがにの見分け方として産地や名称のタグがついているでしょう。


特定地域の漁港で獲れたかにであるという明確な表示です。


当然ながら、それは味の証明にもなっているので、他のかにとは違うことを示すために一つのブランドを打ち立てたのです。


皆さん、日帰りのかに食べ放題ツアーはどんなツアーか、ご存じですか。


おいしいかにを食べたい方、この手のツアーに参加していない方は、次のシーズンに向け、かにの産地で食事ができるかに食べ放題ツアーへの参加を考えてはいかかでしょうか。


上手くツアーを利用できれば、とれたてのかにを近くのかに料理店に行くよりお安く、おみやげつきで食べられるからです。


蟹を楽しむなら色んな種類を知っておきたいもの。


人気の蟹の一つとして数えられるのが、北海道の名産、花咲蟹です。


タラバガニの仲間に分類される花咲蟹は、分布が狭く、北海道の東部でしか水揚げできないのですが、味わいは上質で、煮たり鉄砲汁の具にするなどの食べ方が好まれます。


特徴と言えば硬い殻やトゲの多さ。


しかし、身肉には他の蟹に優るとも劣らない柔らかさがあり、タラバガニよりやや小さいとはいえ、大型で身のたっぷり詰まった蟹です。


夏に入る7月頃から、秋に入る9月頃までが旬であると評判です。


限られた時期にしか手に入らないので、頑張って購入してみましょう。


今の世の中、何とかして人を騙してお金を手に入れようと思う人があふれていて、そのアイデアは尽きることなく、今の新手はかにをえさに通販と称してお金を騙し取る、かに通販詐欺です。


最初はかに通販の事なんかおくびにも出さずに、電話による世論調査のふりをして簡単な質問をし、日本人の悪い癖が出て、相手に気を遣い、断りの言葉を言えないでいると、幾日後かに、宅配便でたくさんのかにがどーんと届けられ、初めて詐欺にあったことに気付くというわけです。


それとは別に、どう見ても最高のかにだと思える写真を使って契約させ、産地偽装どころかとんでもない安物傷物のかにを送ってくるというのもあり、詐欺といってもその手口は多岐にわたり、油断もすきもない世の中です。


こうなったら、あらゆることに注意をし、知らない人の誘いに乗らない、アンケートには絶対に答えないなど、不用意な接触を断つことがいいのかもしれません。

タラバガニ、ズワイガニなど蟹にも色々ありますが

タラバガニ、ズワイガニなど蟹にも色々ありますが、オススメの種類の一つに挙げられるのが、花咲蟹という種類の蟹です。


根室の地名「花咲」を冠した名前の通り、分布が狭く、北海道の東部でしか水揚げできないのですが、コクのある上品な味わいは海老に似ているとも言われます。


花咲蟹の身肉は引き締まっていますが、意外なほどの柔らかさもあり、身入りが多いことでも知られる、わりと大きな蟹です。


夏には早くも旬を迎え、秋頃まで美味しいと評判です。


限られた時期にしか手に入らないので、頑張って購入してみましょう。


かにを茹でるときも、ちょっとしたコツがあります。


白湯より、少し塩を入れて茹でた方がいいですよ。


入れすぎると身が硬くなるので、塩味がついたな、という感じを保ってください。


かには丸ごと茹でる必要はなく、鍋に入る大きさに分けて鍋に全て収めてください。


そして、茹でる前に全体の汚れを落とすと食べるときに楽ですよ。


冬を代表する食べ物にも色々あると思いますが、私の1番はなんと言ってもかにです。


名産地の出所確かなかにを取り寄せられればうれしいですね。


いざ買う段になると、かにを選ぶ自信がなくなるもので、実物を手に取れない通販の場合、特に難しいですよね。


通販でかにを買うときの選び方の、これだけは気をつけたいポイントは以下のもので、それほど難しいものではありません。


何といっても最初に考えなくてはいけないのは当然かにの獲れた場所、つまり産地ですね。


有名なかにの産地は、旅行先としても大人気ですが、旅行しなくても有名産地のかにを食べたい人のために販売もしてくれるところもあり、ありがたいですね。


2つ目のポイントが、なるべく複数の業者を介さずに直接送ってもらうことです。


鮮度が断然違ってきます。


更に、ネットの業者比較サイトや口コミサイトなどの要素をプラスしてかに販売店を選べば、美味しいかにを手に入れたも同然ですね。


蟹は家族の食卓にも最適ですね。


蟹の醍醐味といえば、なんといっても丸ごとで買うことでしょう。


甲羅を含まない脚だけのセットや、傷物のワケアリ品などがよく安いと思われているようですが、蟹のサイズや種類によっては、丸ごと買いでも十分安く買えることが多いです。


それに、蟹を美味しく食べようと思えば丸ごとのまま茹でるのが最良なのです。


この調理法なら、蟹の旨みを身に閉じ込めることができて身肉も蟹ミソも蟹本来の旨みがぎゅっと詰まって美味しいのです。


お知り合いや、お世話になった方に、産地直送の新鮮な蟹をお歳暮で贈りたい人が多いでしょう。


しかし、考えなしに送るのは危険です。


蟹は新鮮さ命です。


鮮度が損なわれれば、そのぶん味も悪くなるのに加えて、場合によっては、お腹を壊してしまうケースも考えられるのです。


そうしたリスクを回避するには、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。


相手が留守にしそうな時間がわかっている場合、そこを避けて発送するようにするべきですね。
前の記事へ 次の記事へ