蟹にも色々ありますが、渡り蟹とい

蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海、三河湾などで水揚げされますが、最近では日本産は減り、高級品となっています。


六角形の横長の甲羅を持つ、比較的大きなサイズの蟹であり、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。


調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにするのが最も普通の食べ方のようですが、味噌汁からパスタの具材、韓国料理に至るまで、使い道は多岐にわたります。


「蟹を食べたい、でも高い!」そんな時お得なのは、日帰りで、蟹の食べ放題が堪能できるツアーというものがあり、こちらのご利用をお勧めします。


なぜならば、蟹を楽しむのにこのやり方だと、店頭で蟹を購入して自宅で食べるよりも蟹を確かにお得に食べることができるのです。


しかも、こういったツアー企画は、通常蟹の名産地で行われていますので、値段の安さや、量の多さだけでなく、上質であるということにも納得できると思います。


一番多く売られているのはかにの脚肉ですが、奥の深い味と言えば、かに味噌でしょう。


味噌好きの方が選ぶかにとしては、もっぱら毛蟹に尽きるようです。


特有のこってりした味噌こそが寒いときにはたまりません。


もう少し手頃なお値段でかに味噌を味わいたいなら、ワタリガニを勧める方もいます。


脚はだいぶ細くなりますが、味噌の味なら負けません。


十分な濃さの味噌です。


全国各地で美味しい蟹が獲れますが、中でも多くの方が真っ先に連想するのは北海道であることに異論はないでしょう。


北海道の漁場では、実に多くの種類の蟹が水揚げされます。


他の地域で獲れる蟹にも美味しいものは多くありますが、色々な蟹が獲れるという点では、やはり北海道に軍配が上がるでしょう。


ところが、現実には、日本国外で獲れた蟹が北海道で売られているケースがままあり、少しがっかりさせられます。


ブランド蟹にもたくさんの種類がありますが、最も有名で人気があるのはズワイガニでしょう。


蟹の中でも随一の旨味や甘み、そして繊細な風味を持っています。


このズワイガニの魅力を知った人は、他の種類の蟹はもう食べる気をなくしてしまうかもしれませんね。


ズワイガニは、さらに産地によって越前ガニや松葉ガニなどのブランドに分かれますが、脚に付いているタグによってそれを確認することができます。


ブランド蟹のタグが付いていれば、味や品質にはまず間違いはありません。


ズワイガニに限らず、ブランド蟹の購入時にはタグを確認するのをクセにしてください。

ウチの旦那は昔から蟹が大好きで、シーズンのた

ウチの旦那は昔から蟹が大好きで、シーズンのたびに通販で蟹を注文しては、私達が手をつける間もないまま、一人で片付けてしまうほどです。


私も子供も蟹は嫌いではないですし、できれば家族揃って食べられるように今後はしたいなと思っています。


こういうニーズに合った商品が、冷凍のポーションタイプです。


ポーションなら、あらかじめ殻が剥いてあり、特に蟹鍋などをする場合には、さばいたり殻を剥いたりの手間がかからないので便利です。


特に子供は蟹の殻剥きを面倒がりますが、これなら気軽に家族での食事を堪能することができますよ。


安価で蟹を楽しみたいのならば、日帰りで行ける、蟹食べ放題ツアーというものがあり、これを推したいと思います。


その根拠は、この方法を使って蟹を食べた場合、一般的な方法で蟹を入手し家で食べるのと比べて確かにお得に蟹を楽しむことができるからです。


それだけではなく、この種の企画は蟹が名物の場所で開催されることが多いので価格または量といった点だけでなく、質の良さも申し分ないはずです。


蟹通販にも色々な商品があります。


中でもお勧めなのが、ポーションと呼ばれる、むき身の脚がたくさん入っているタイプの商品です。


ポーションは新鮮さでは活蟹に劣りますが、でも活蟹は、身をさばいたり、殻を剥いたりしなければならず、手軽さはありません。


そうした煩わしさ抜きで、簡単に蟹を味わうには、ポーションタイプの蟹を通販で取り寄せ、蟹鍋と洒落込むのがプロも勧める最もお手軽な味わい方です。


一方、蟹ミソや甲羅酒の魅力も捨てがたいという方は、通常よりも安価な「ワケアリ」の蟹を買えば、ちょっとお得に美味しい蟹を味わうことができます。


皆さんも蟹通販でお得に蟹を楽しみましょう!蟹のブランドにも色々ありますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。


蟹本来の旨味や、繊細な味わいに優れています。


一度その味わいを知ってしまうと、その他の蟹は今後、選択肢に上らなくなることでしょう。


ズワイガニは、どこの漁場で水揚げされたかによって呼び方が変わってきますが、脚に付いているタグによってそれを確認することができます。


タグのある蟹は、ブランド蟹として品質を保証された蟹ということになります。


ブランド蟹を注文して届いたら、まずはタグの有無をチェックするという習慣をつけましょう。


何はともあれ、味がおすすめのかにはどのかにかとよく言われます。


いつでも、ズワイガニと答えています。


ズワイガニは、産地が直接かにの名前になるという他のかににはない特長で、松葉ガニだの、越前ガニだの有名な産地のズワイガニを探せば、高水準のおいしさを味わえます。


お値段高めはご容赦いただいて、ブランド品なら、かに味噌好きの方にも十分応えられます。

この時期、ご家族や親戚、お世話になった知人の

この時期、ご家族や親戚、お世話になった知人の方などに、産地直送の新鮮な蟹をお歳暮で贈りたい人が多いでしょう。


ですが、油断は禁物です。


蟹は鮮度が第一です。


鮮度が悪いと美味しさも損なわれてしまいますし、新鮮でない蟹を食べるとお腹を下すことだってありえます。


最悪の事態を招かないためにも、鮮度や品質を大事にしている店かどうか、入念に確かめましょう。


また、相手のご家族が在宅している時間に届くように発送するようにするべきですね。


少し前までは通販の宣伝といえばテレビでした。


テレビを見て蟹通販に魅力を感じた方もいるでしょう。


とはいえ、テレビよりもある意味アテになるのがネット。


ネット上ではテレビと同じような値段で蟹通販が利用できるのか、調べてからでも遅くはないですよね。


ネットの方が価格競争が進んでおり、テレビ通販よりも安い値段で買える、または同じ値段ならより良い蟹を買えるからです。


ただ、ネット独特の詐欺や商品トラブルなどを避けたい方は、ネットよりもテレビの通販番組で蟹を購入したほうがご自身に合っているかもしれません。


皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、一度焼きがにを召し上がってください。


かにの醍醐味を十分楽しめますよ。


まずは、解凍ですよ。


乾燥を避けるため、新聞紙やキッチンペーパーで丸ごとくるみ、冷蔵庫内の自然解凍をおすすめします。


理想は、半日くらいかけてゆっくり解凍することです。


半解凍の頃を見計らい、殻付きのまま焼けば、うま味が殻に残った状態で、おいしく食べられます。


焼きすぎるとぱさぱさになってしまいますよ。


紅ズワイガニは、ズワイガニの代用ともっともらしく言われますが違う、と断言できます。


紅ズワイガニを食べたとき、他のかにより味がよかったとは言えなければそれは気の毒です。


おいしい紅ズワイガニを食べたことがないのですから。


紅ズワイガニは鮮度が命で、新鮮ならおいしいということを知っておいてください。


ただ、非常に鮮度が落ちやすいのでおいしくないと思われているのかもしれません。


今の世の中、何とかして人を騙してお金を手に入れようと思う人があふれていて、そのアイデアは尽きることなく、今の新手はなかなか食べる機会のないかにを食べたい気持ちを煽り、通販を騙ってお金を出させる詐欺です。


オレオレ詐欺のように自分は大丈夫と思っていても、アンケートと言われるとつい警戒心を解き相手の術中にはまってしまいます。


電話でのやりとりの欠点として証拠が残せないものの、断ったつもりで安心していると幾日後かに、宅配便でたくさんのかにがどーんと届けられ、初めて詐欺にあったことに気付くというわけです。


また、通販会社の中には、大きさも品質も最上級の品揃えと保証しながら、その実、平気で何ランクも下の品物を送ってきて知らん顔をしていたりします。


これはよくある話だといいます。


許せませんよね。


通販は、相手も商品も見えないものだけに、信用できる会社を見つけることこそが、いいものに出会えるかどうかの境目なんですね。

蟹通販の利用を検討するにあたり、ネックがあるとすれば、

蟹通販の利用を検討するにあたり、ネックがあるとすれば、通販では鮮度が信用できないというところですよね。


通販に良い印象を持っていない人なら、なんだか鮮度が悪いように思うのでしょうか。


ところが、それは思い込みで、実際には通販の鮮度は決して一般販売に劣るものではありません。


蟹通販は漁港から直送である分、流通ルートを経てスーパーなどの店先に並ぶ蟹よりも、より鮮度が高いといえるのです。


お歳暮にかにを贈る方もいらっしゃるでしょうが、お店には内緒の注意点があります。


何が大事かというと、品数が豊富であればあるほど、自分でかにを選ぶ手間を惜しまないことです。


かにの選び方に自信がないためですが、向こうがプロだからと安易に任せてしまうと、見た目は変わらなくても、どこかに問題のあるかにを買うことになるかもしれません。


大事なお歳暮用のかにですから、お店が信頼できるところか、もう一度考えてください。


ちょっとした臨時収入があり、美味しいものを食べようと思い、通信販売のかになんてそれほど美味しいはずはない、と思いながらも申し込むことにしました。


こんなに美味しいなんて、うれしい誤算でした。


元だけでも取れればいいやと思っていたのが、お釣りまで来たぐらいです。


考えると嘘みたいですが、インターネットなんてちょっと前にはありませんでしたよね。


でもそんな頃でも産地から自宅へとかにを配送するところはたくさんあったといいます。


一昔前、冷凍してあっても生鮮食品扱いのかにの発送に関して信用できる根拠もあまりなかったので、物好きな人が通販でかにを買ったのはいいのですが、産地に行って食べるものとの違いが大きく、その辺のスーパーで売っているものよりひどいと聞いて絶対に買うのはよそうと思ったものです。


でも、よほどひどいお店を選ばない限り通販のかには軒並み美味しくなっているので、安心できます。


通販のカタログやサイトで、かにのポーションを扱っていることも案外目立ちます。


ほぐしていないかにの身、という半加工品です。


むき身のかにだといえます。


殻を取り除く面倒がないおいしさもありますし、殻が少々割れたものなど、訳あり品を加工しているので実質的な身の量を考えると安いといった隠れた利点もあるのです。


詐欺の手段が多様化した現代。


蟹通販を名乗り、頼んでいない蟹を送りつけてくる、それが蟹通販詐欺と呼ばれる手法です。


自分は覚えがないが、家族が頼んだのかと思い、代引きでも支払いに応じてしまう人が少なくないようです。


詐欺なのだから突き返してもいいのですが、その場で払ってしまえるような金額ということもありますし、一度商品が届いてしまったものは仕方ないかと思って諦めてしまうケースがまま見られます。


少しでも変だなと思う荷物が来たときには、うかつに支払いに応じないようにしたいものですね。

思わず買いたくなってしまうくらい、か

思わず買いたくなってしまうくらい、かに通販は質量ともに年々進歩しています。


かに通販に初めて挑戦する方は多くの品の中から、どんなかにを選べばいいのかと実際に店舗で買う以上の困難に突き当たるでしょう。


そんな方におすすめなのが、人気ランキングのサイトで時間と手間の節約になります。


初心者でも後悔しない、値段と味のバランスが獲れた品はどこのランキングでも、必ず上位に選ばれているでしょう。


高嶺の花だったかにを身近な存在にしてくれるのは、リーズナブルな値段で高品質のかにを提供してくれるお店です。


家族にも食べさせたい。


そんな希望を叶えるのには通販のかにがぴったりだと思います。


通販で買えばいつでも満足できるかにが買えることを確信しているのは、ス−パーなどで買ったかにを持ち帰るだけで品質が変わることもあるからと言うのもありますが、通販の新鮮で安心な高品質のかにが食べられるのは大きな魅力ですね。


通販のかには品物が悪いといった昔の常識は優良業者に限ってはもう当てはまりません。


そしてギリギリの価格設定でスーパーなどより安く購入可能がどこのお店でも徹底しているので、うれしい限りです。


かに専門店ならではの変り種のかにを安く出してくれることもあり、お得意様になってもいいかもしれません。


かさばるかにも、通販ならお店から持ち帰る大変さはないので交通費の負担もなく買いたいだけ買えます。


まとめ買いのサービスを利用すれば、激安価格も夢ではありません。


ですから、底値でかにを買いたい方は、がんばって同じ思惑の人を誘い、通販の注文をまとめて一括購入するという大技を狙ってください。


当然ですが、その結果として、配送されたときにはご自宅でかにを保管しなければならないので、そのための冷蔵庫か冷凍庫の用意をしておいてください。


皆さんは、どこに注意してズワイガニを選んでいますか。


ズワイガニに限らず、当然のように全体の大きさだけを見て選んでいるかと思われます。


それだけでは不十分です。


それよりも大事な点をここで知っておいてください。


大きさが同じなら、重たいかにを選んでください。


食べようとしたら、中身スカスカのかにだったという情けない事態になりかねません。


ずっしりと重いかになら、中身スカスカではないでしょう。


テレビでかにの水揚げ風景が中継されるところといえば、北海道で決まりでしょう。


その理由ははっきりしていて、国内で毛蟹が水揚げされているのは、北海道以外にありません。


とはいえ、毛蟹を除いた種類で考えると北海道の他にも、おいしいかにがとれる場所があることでしょう。


一つの例として、ズワイガニなら松葉ガニといわれるくらい鳥取でたくさんとれますよ。
前の記事へ 次の記事へ