ここだけの話、通販で買ったかにで大失敗したこ

ここだけの話、通販で買ったかにで大失敗したことがあります。


アレルギーでなくても、かにの食べ過ぎには用心してください。


毛蟹を通販で大量注文し、彼女と二人で、喋る間もなく食べているとあれ?なんだか寒くなってきたのです。


それでもやめられません。


最後まで食べようとしていたら、寒気が止まらなくなり、がたがた震えだしました。


あのときのかには本当においしかったのですが、かにの食べ過ぎ、特にビールを飲みながら食べるのは危険です。


おいしく食べられる量を調理しましょう。


最近、利用者が増えている蟹通販。


これならいつでも産地直送の新鮮な蟹を自宅にお取り寄せできます。


ですが、通販で蟹を売っている業者のサイトは増えてきましたから、どれを選んだらいいか分からない人も多いかもしれません。


そんな方にお勧めなのが人気ランキングです。


これを見れば、業者を選ぶのがかなり簡単になります。


こうした人気ランキングは信用できるので、上位の業者の売れ筋の商品を選んで購入すれば、美味しく新鮮な蟹を、より安価に楽しむことができます。


ここ2、3年、ネットやテレビのかに通販のお世話になって、かにを買うのがおすすめと自然に思っています。


それはどうしてかというと、最近のネット通販の普及はものすごく、全国の水産業者から直に購入できるためです。


通販でも冷凍だけでなく、生のかにをおいしい状態で買えるようになったので、家族からかにのリクエストがあったときは少々時間はかかりますが、店舗に行くよりもかに通販で買うことがほとんどになりました。


かにの食べ放題というと、味がどうかという点で店によってかなり差があります。


チェーンによる違い、地域による違いは当然あるでしょうが、多くの話を総合すると、専門店で食べ放題を行っている場合、おいしいかにを食べさせてくれるようです。


かに「も」食べ放題できるというお店では専門店の味を越えることはないというのが常識です。


専門店で食べ放題があるところは多くありませんが、本当においしいので、お近くにあれば、一度足を運んでください。


皆さんは、どこに注意してズワイガニを選んでいますか。


誰でもズワイガニを選ぶときまあ、大きければいいという感じで選んでいるかと思われます。


それは当然のこととして、同じくらい欠かせない点をここで知っておいてください。


持ったときの重量感を意識してください。


食べようとしたら、中身スカスカのかにだったという話は実に良く聞きます。


ずっしりと重いかになら、中身スカスカではないでしょう。

セコガニは大変珍しいかにで、松葉ガニのメスのことです

セコガニは大変珍しいかにで、松葉ガニのメスのことです。


どちらかといえば、松葉ガニより小さめサイズが多いのですが卵が甲羅の中に詰まっており全体に濃厚な味なので、松葉ガニにはない味を求める方も後を絶ちません。


このかには、11月から1月までしか漁の解禁期間が限られるので珍重されるのは当然です。


よく蟹の旬ということを言いますが、蟹は実は水揚げできる時期が限られています。


省令で定められる解禁日に従って漁をしなければなりません。


全ての蟹が獲り尽くされることを防ぐために、各地域ごとの漁の解禁日が、大体11月頃に決まっており、その日になるまでは蟹漁をしないという規制がなされています。


蟹のシーズンに出遅れないようにするため、自分の好きな品種について、解禁日を把握しておくことが重要になってきます。


通販で買ったかにのおかげで、かなり危ない目に遭いました。


安く大量に買うと、危険なことがあるのです。


通販のセールで安い毛蟹が買えたので彼女と二人、全部を一気に食べていると、あれ?なんだか寒くなってきたのです。


それでもやめられません。


最後まで食べようとしていたら、寒気が止まらなくなり、がたがた震えだしました。


どんなにおいしいかにでも食べ過ぎは身体に悪いのです。


私のような目には遭わないようにしてください。


通販の購入品と偽り、蟹を突然自宅に送りつけてくる。


それが最近有名になってきた「蟹通販詐欺」、またの名をカニカニ詐欺です。


よくあるケースでは、代引きで送られてきて、家族が買ったものと誤信し、なしくずし的にお金を払ってしまうケースが多いようです。


真っ当な商取引ではありませんが、他の詐欺の手口と比べれば金額も圧倒的に少ないですし、ひとまず蟹は手に入ったのだからいいかと思ってそのまま泣き寝入りしてしまう人も少なくないようです。


少しでも変だなと思う荷物が来たときには、まずは詐欺ではないかと疑ってみるのがいいでしょう。


蟹通販を利用すれば、自宅にいながらにして実店舗のグレードに劣らない蟹を購入できます。


でも、便利な反面、悩みの種もあります。


なにせ、蟹通販の業者は年々増えており、中には詐欺まがいの悪質なことをしている業者もあるので、良い業者と巡り合うのにもそれなりのコツが必要です。


せっかく蟹を味わうなら新鮮なものがいいですよね。


そのためには、WEB通販に限った話ではありませんが、「産地直送」の業者を選ぶことが大事です。


選んだ業者の質によって、味わいは大きく違うものになるのですから。

モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、実は、

モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、実は、あの上海ガニと同じ仲間なのです。


上海ガニと似ていないのは背中の黒く細かい模様で、大きくても甲幅8センチメートルくらいですから、食用がにとしては小さめです。


重量は全体で170〜180グラムが一般的と考えてください。


なぜか、雄の方が雌より小さいことが多いのです。


日本全国でよく見られるかにで、どこでも食用としていろいろな料理にされています。


蟹には色々な種類がありますが、最近人気の蟹の一つに挙げられるのが、花咲蟹という種類の蟹です。


茹でたときの赤色が花が咲いたように見えるからという由来もある花咲蟹は、分布が狭く、北海道の東部でしか水揚げできないのですが、そのコクのある味わいは上品で食通好みです。


花咲蟹には独特の甘い香味があるほか、その身には他の蟹に優るとも劣らない柔らかさがあり、タラバガニよりやや小さいとはいえ、大型で身のたっぷり詰まった蟹です。


夏には早くも旬を迎え、秋頃まで美味しいと言われます。


幻の蟹と言われるほど希少度の高い蟹です。


モクズガニはズガニという名前でも呼ばれます。


どちらかというとモクズガニの方がご存知の方も多数いらっしゃるでしょう。


モクズガニは河川でみられるカニで、鋏が特徴的で、毛が生えているのが観察されます。


また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、にもかかわらず、長い脚を持っています。


多くは蟹のお味噌汁であったり、炊き込みご飯であったりといった形で口にされます。


「カニカニ詐欺」と呼ばれる詐欺も横行しているのが蟹通販の難しいところです。


安心して購入したいなら、国内最大級の通販サイトである「楽天市場」を利用してみましょう。


楽天市場はその規模と信用性が最大の強みです。


ここなら、トラブルやリスクなどの危険を感じる機会はほぼ無くなると断言できます。


それだけ、楽天は安心感があるのです。


その他のサイトとは比べ物になりません。


なんといってもネット通販最大手の楽天ですから、詐欺やトラブルで商品が届かないということは考慮に入れなくてよいでしょう。


ネットで見かけた蟹の激安通販が気になって仕方がないとう方は多いのが実情ではないかと思われます。


他の蟹通販業者と比べても大幅に安いので、そこだけ見れば利用してみたいと感じるかもしれません。


とはいえ、注意するべき点もあります。


常識的な範囲を超えるほど安い価格を掲げている場合、売り物にならないだけの重大な理由があるということも可能性として考慮しておかなければなりません。


口コミやレビューなどで、その業者の評判を見てから利用を判断しましょう。


その方が安全です。

毛蟹の選び方、チェックポイントをお話

毛蟹の選び方、チェックポイントをお話しします。


まずは、寒い時期に獲れた毛蟹を選んでください。


寒い時期は、大きく身がぎっしり詰まった毛蟹を生で買うのに最適です。


その次に重視したいのは新鮮そうな色、大きさ、そして手にして重みがあるかです。


見た目にも新鮮そうで、持ったときに重みを感じられるものを選ぶとよいです。


色艶のいいかにはやはり新鮮ですし、重たいかには身がぎっしり詰まっています。


最後に、口コミなど評価の高いお店で買えば、お値打ちの個体が手に入りやすいでしょう。


とれたてのかにが出回る頃にはお店でも、かにに目が行ってしまうものです。


まして、寒い時期に食べるかに鍋は一度食べれば、忘れられないおいしさですね。


もし、鍋を作るときに一手間かけられるなら、かには近くのお店で買うのではなく、市場まで足を運んで買ってくると新鮮なかにを食べられます。


通販をまめにチェックして、かにを買うのも試してみる価値ありです。


ズガニと呼ばれている蟹がいます。


この蟹の正式名称はモクズガニです。


モクズガニという名前の方が多数の人が耳にしたことがあるのではないでしょうか。


これは河川で漁獲されるカニの一つで、鋏が特徴的で、毛が生えているのが観察されます。


そして、甲羅が手のひらの大きさより一回り小さいほど小ぶりなのですが、実は長い脚を持っています。


多くはお味噌汁や炊き込みご飯として、たくさんの人に愛されています。


色々な蟹を扱っている蟹通販だからこそ、日本国内と海外産、どちらを買うべきか迷ってしまう人も多くいると聞きます。


ですが、端的に言えば、同じ種類の蟹であれば、どこで獲れたものであってもさほど差異はないと言ってよいでしょう。


ただし、気をつけなければならないことがあり、それは扱っている店舗自体の信頼性です。


蟹のグレードを左右するのは業者の質です。


信用できるところの蟹なら、国産か輸入品かといったことはそれほど問題ではありません。


「蟹を食べたい、でも高い!」そんな時お得なのは、ツアー企画で、日帰りで蟹食べ放題が楽しめるというものが存在しています。


ぜひこちらの利用を勧めます。


どういう理由でそう言えるかというと、蟹を食べるのにこの方法を使うと、普段通り蟹を買い、そして自宅で食べる、というような方法をとった時よりも確かにお得に蟹を楽しむことができるからです。


なおかつ、蟹が美味しく食べられるところで行われることが多いツアーであるので価格または量といった点だけでなく、上質であるということにも納得できると思います。

ご馳走の代名詞といえば蟹。しかし

ご馳走の代名詞といえば蟹。


しかし、蟹にはタラバ蟹や毛蟹など色々な種類があるため、蟹通販の初心者の方は、ぜひ色々な蟹を食べ比べてみることをお勧めします。


私の一番のお勧めとしては、ズワイ蟹、これに尽きるでしょう。


ズワイ蟹には蟹本来の旨味がふんだんに詰まっており、蟹ミソも、いかにも蟹らしい濃厚さがあります。


他の蟹と比べると甲羅のサイズは小さく、表面がツルツルしているのが有名な特徴で、一目見てズワイ蟹とわかります。


意外と知られていないことですが、蟹は実は水揚げできる時期が限られています。


一定の時期にならないと漁が解禁されません。


海の生態系のバランスなどを守るため、品種によりますが9月や11月など秋頃に解禁日が設定されており、蟹をとってもよいのは解禁日以降のみとするという規制がなされています。


旬の蟹をタイムリーに味わおうと思えば、漁解禁の情報をニュースやネットで知っておくことが大事だと覚えておきましょう。


かにの食べ放題は、結構よく見かけます。


その味はどうかというと本当にたくさんの噂を聞きます。


産地からの距離や、市場の充実度によって差が出てくるでしょうが、多くの話を総合すると、専門店で食べ放題を行っている場合、おいしいといわれるところが多いようです。


これに対し、焼肉などかに以外が専門のお店は専門店より残念な味だといわれても仕方ないでしょう。


さすが専門店、という店はいくつもあり、一度経験すれば、その味がわかるでしょう。


タラバガニ、ズワイガニなど蟹にも色々ありますが、オススメの種類の一つによく名前が聞かれるのが、花咲蟹です。


根室の地名「花咲」を冠した名前の通り、全国の中でも北海道の東部、根室や釧路でのみ獲れる珍しい蟹であり、味に粗野なところがなく、上品で繊細な味わいが楽しめます。


花咲蟹の身肉は引き締まっていますが、柔らかさもあって味は絶品と言われ、タラバガニほどではないですが大きく、身入りも上々です。


夏から秋の時期にかけて美味しくなると言われます。


幻の蟹と言われるほど希少度の高い蟹です。


近海でかにが獲れる時期になればかにを食べたくなるのは必然です。


具だくさんのかに鍋にすれば、外は寒くてもみんな納得のおいしさです。


そこで、もし時間とチャンスがあれば、かにを買うのに一足伸ばして、一番近い市場に行ってみるともっと鍋をおいしくできるでしょう。


市場が近くにない方は、産地直送の通販を探すのも近頃では常識です。
前の記事へ 次の記事へ