連日、ニュースで様々な事件が報じられ

連日、ニュースで様々な事件が報じられていますが、気になったのがなかなか食べる機会のないかにを食べたい気持ちを煽り、通販を騙ってお金を出させる詐欺です。


最初はかに通販の事なんかおくびにも出さずに、電話による世論調査のふりをして簡単な質問をし、電話でのやりとりの欠点として証拠が残せないものの、断ったつもりで安心していると忘れた頃になって、かにの入った大きな荷物が届いた時には後の祭り、返品を申し出てもクーリングオフはきかないと脅かされ、結局は泣き寝入りする他ないのです。


買いたくない人に売りつけるのとは違いますが、買いたい人がかにを選ぶときに実物よりランクの高い写真を見せておいてその実、平気で何ランクも下の品物を送ってきて知らん顔をしていたりします。


これも立派な詐欺です。


美味しいかにを食べるつもりだった期待を裏切られ余分なお金まで取られるなんて、ひどい話です。


人を見たら泥棒と思えなんて寒々しい考え方は好きではありませんが、被害にあわないためにはそれくらいの覚悟で生きて丁度いいのかもしれません。


テレビのバラエティでかにの話をしていて、通販のかにもありました。


これが、量もたくさん、大きくておいしそうだったのです。


年内に送料無料で届くこともあり、購入に踏み切りました。


今まで生鮮食品を通販で購入したことはなく、商品が届くまでは、正直不安でしたが、実際届いたかにはテレビの通り、ぎっしり身が詰まっていました。


食べてみると濃い味で、新年早々みんなにこにこでした。


もちろん、今年も購入したいと思います。


蟹はどう食べても美味しいものですが、中でもお勧めできるのは蟹の旨みを閉じ込めた茹で蟹、そして蟹鍋です。


蟹好きの食通たちの間では常識です。


その利点はどんな蟹でも美味しく食べられることです。


蟹しゃぶや刺身は漁港の専門店で食べるような例外を除き、鮮度が落ちるので味は微妙です。


蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。


それなら多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。


もし風味が足りないと感じたときには、醤油や土佐酢といった付けダレに手を加えれば、色々な味わいを楽しめるので飽きがありません。


皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、何といっても焼きがには最高ですよ。


殻付きのかになら、一番の調理法です。


おいしく焼くには、解凍に気をつけてください。


乾燥を避けるため、新聞紙やキッチンペーパーで丸ごとくるみ、冷蔵庫内の自然解凍をおすすめします。


半日程度のゆっくりした解凍を目指しましょう。


半解凍の頃を見計らい、殻付きのまま焼けば、うま味を逃すことなく、しっとりした状態で味わえます。


完全に火を通す必要もないので、焼きすぎないようにしてください。


通販のかにを買う時、自宅で食べる分には大変お買い得な訳あり品の詰め合わせですが、いかにも怪しい感じがして買う気にならないのですが、どうして定価で販売できない商品になってしまったのか、購入者にとっては大問題ですよね。


基準は統一されていないので、販売店によって差が出ることもありますが、でも、大きさに関してが最もよく見られる例で、基準と考えられるサイズを大きく超えていたり、他と比べて、特別に小さいものも訳になってしまうそうです。


商品として並べてから、バランスが合わなくて外されることもあるようです。


店頭に並べた時ちょっと見栄えの悪い甲羅の傷はどんなに小さくても「訳あり品」転落ポイントです。


正規品にむやみにこだわる意味などないこともわかり、訳あり品だからって気にもしないでしょうし、安心して購入し、思う存分かにを堪能してください。

通販でかにを買う方にはタラバガニは不動の

通販でかにを買う方にはタラバガニは不動の地位を占めていますが、買う前に十分業者のことを調べてください。


一見間違えてしまうくらい、タラバガニに似たアブラガニという安価なかにがあり、ちょっと見ただけでは、間違えてしまいます。


タラバガニを食べようと思って注文したら、よく見たらアブラガニだったという信じられない話もありますので、まずは口コミなどをよく調べ、評価の高い業者を選びましょう。


数ある中華料理の中で特に高級な料理として有名な上海蟹ですが、元来、上海蟹という名称で呼ばれるのは、中国で獲られる淡水域に生息する蟹のうち、特に揚子江下流地域で水揚げされる蟹のことを上海蟹と呼んでいるのです。


四季に関係なく流通しているので、どの時期に行ったとしても食すことはできますが、10月ごろ、メスはお腹の中に多くの卵を抱え込みます。


この時期と、上海蟹のオスの白子のねっとり感が最高においしくいただける時期が11月辺りで、貴重な逸品として名高い、大変美味しい品です。


年末、テレビ番組でかにの産地直販を取り上げていて、通販でも売っているということで、量も味もとても魅力的だし、送料がかからないならいいかと、お正月用を頼んでみました。


初めて生鮮食品をお取り寄せで買ったため、本当にテレビで見た商品が届くのか心配していましたが、届いたかにを料理してみると、ちゃんと身が詰まったかにばかりでした。


味も文句なし、ウマウマで、新年早々みんなにこにこでした。


もちろん、今年も購入したいと思います。


ほとんどの方は、花咲がにの名前を聞いたことはあっても食べたことはないかもしれません。


北海道の東端、花咲あたりで獲れるかにの一種で、分類するとヤドカリが正しいのです。


といっても、見た目も味もほとんどかになのでかにと全く同じ立場で全国に出回っています。


身は引き締まって濃い味わい、産地が限られて漁獲量も少ないのでブランドがにとして有名なかにの一種です。


かにを買ってきただけで、テーブルの上が豪華な気分を味わえた記憶は誰にでもあるものです。


丸ごとのかになどあった日には、みんなのにっこりがあふれたことでしょう。


近所のスーパーでかにを買おうとしても、いつも丸ごとのかにを扱っているとは言えません。


その問題を解決できるのは通販で、新鮮さは市場と変わらず、お店を通さない分安く買えることが多いので、きっと家族みんなの笑顔を見られるでしょう。

お取り寄せ市場はますます拡大

お取り寄せ市場はますます拡大の一途を辿り、かに通販も例外ではありませんが、買わなければ良かったと思うような品物をつかまされたりする人からの苦情が相次ぐようになったのです。


その多くは、かにの大きさや傷、割れなどの見た目や身のつまり具合、味などの質に関するもの、次いで通販会社に関する問題ですが、よからぬ業者にひっかかり、損な取引を未然に防ぐためにも、かにに限らず何事にも言えることですが、そのお店に関する口コミなどを見た上で探せばきっといいお店に出会えるはずです。


SNSに登録している人なら、そちらの方から攻めてみるのも手です。


また違った角度の見方ができ、世界が広がるかもしれませんね。


直販でかにを買おうとすれば、どこから買うかとなりますが、国内では北海道になるでしょうか。


まあ、当然といえば当然でしょう。


毛蟹の産地に限っていえば北海道以外にありません。


それ以外のかにの産地はどこでしょうか。


北海道の他にも、おいしいかにがとれる場所があることでしょう。


有名なところでは、ズワイガニには松葉ガニというブランドがあるくらい鳥取でたくさんとれますよ。


かに通販の特徴ですが、ポーションの販売が多いと思いませんか。


ポーションとは、かにの身だけということですね。


多くは箱詰めの、むき身のかにです。


すぐに調理に使えるのは嬉しい話ですし、大きさではじかれた品や、殻が割れたものなどを使っているので加工してあるのに比較的安いといった隠れた利点もあるのです。


蟹通販が一般的なものになった現在では、ズワイガニやタラバガニなど、好きな種類の蟹を取り寄せられます。


まさに通販さまさまですね。


でも、便利な反面、悩みの種もあります。


なにせ、蟹通販の業者は年々増えており、中には詐欺まがいの悪質なことをしている業者もあるので、どこの業者を利用するかは気をつけて選ばなければなりません。


せっかく蟹を味わうなら新鮮なものがいいですよね。


そのためには、なんといっても「産地直送」は大事です。


それを掲げている業者を選びましょう。


選んだ業者の質によって、蟹通販の全てが決まるといっても過言ではありません。


松葉ガニのメスをセコガニといいます。


一般的な松葉ガニと比較して小さめサイズが多いのですが卵を抱えたかにで全体に濃厚な味なので、松葉ガニよりも、通好みでファンが一部で知られています。


かにのシーズンの始め、11月から1月の間しか水揚げされないので、珍重されるのは当然です。

セコガニは大変珍しいかにで、松葉ガニのメス

セコガニは大変珍しいかにで、松葉ガニのメスのことです。


どちらかといえば、松葉ガニより大きさは小さいことが多いですが、この時期にしかない卵がぎっしり入っていて味わいも豊かで、松葉ガニよりおいしいと買い求める方が根強くいます。


市場に出回るのは、ごく短い期間です。


わずかに11月から1月の間と漁の解禁期間が限られるのでその意味でも非常に貴重なかにです。


贈答用など、絶対外せない品質のかにを選びたいとすればかににもブランドがあるので、ブランドで選ぶというのがおすすめです。


ブランドがにの見分け方としてブランド名がシールやタグで示されており、特定地域の漁港で獲れたかにであるというみんなにわかる証明です。


言うまでもなく、それが味の保証となっているので、産地を指定して購入してもらいたいために一つのブランドを打ち立てたのです。


ブランド蟹にもたくさんの種類がありますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。


旨味や甘みの詰まったその味わいは多くの食通が絶賛します。


ズワイガニを一度味わってしまえば、その他の蟹は今後、選択肢に上らなくなることでしょう。


一口にズワイガニといっても、産地ごとに様々な呼び名がありますが、どこのズワイガニかを見分けるには脚のタグを見ればよいのです。


タグのある蟹は、ブランド蟹として品質を保証された蟹ということになります。


皆さんも、ブランド蟹の購入を検討する際には、タグが付いているかどうか、まずはチェックしてくださいね。


今はもっぱら、かに通販でかにを買って良かったということが続いています。


どの食品でも同じですが、今はインターネット通販やテレビショッピングが充実していて、全国どこからでも、おいしいかにを直送してもらえるからです。


産地直送の生のかにを通販で簡単に買えるようになったので、かにを食べようという話になったときはわざわざお店に行くこともなくなりかに通販で決まり、と思っています。


種類にもよりますが、かなり大きい冷凍かにもあるので暖かい室内で解凍する方もいるようですが、おいしく冷凍かにを食べたいと思うなら解凍は十分時間をかけましょう。


冷凍かにを最高の風味で味わうために心得ておくべきなのは、いきなり暖かい室内に出すのではなくまずは冷蔵庫内で解凍するということです。


これを守るだけでもかなり差が出てきます。


解凍は冷蔵庫、これがおすすめです。

かにの産地といえば?と聞くと、北海道と答える方が多い

かにの産地といえば?と聞くと、北海道と答える方が多いでしょう。


実は、それには訳があって、現在、日本で毛蟹を買おうと思えば全て北海道なのです。


日本では、その他にも多くの種類のかにがとれます。


そこで日本各地にそれぞれの種類が有名な産地を思いつくのではないでしょうか。


まずは、ズワイガニは松葉ガニというブランドで語られるほど、鳥取産がおいしいことで知られています。


激安が売りのかに通販も多々ありますが、検品や試食ができるわけではないので、品質が保証されたものばかりというあてはありません。


第一に、業者の評判を確かめることが通販上手になるためのはじめの一歩です。


通販でかにを買うのは初めて、と言う方は全く暗中模索になってしまいますが、口コミや評価があればそれも参考にして安くておいしいかにを食べてくださいね。


便利な蟹通販ですが、難点もあります。


それは、蟹をじかに見て選ぶことができないことです。


実際に店に行く場合は、じかに蟹の品質を確かめることができますし、店頭で味見ができる場合もよくあります。


茹でるときの塩加減なども個人の好みがあるので、色々なお店の中から、特に好みの味付けのところを探せばより美味しい蟹を楽しめます。


蟹通販なら簡単に利用できて安いというのはありますが、このような欠点もあるので、一概に実店舗より良いとは言えません。


昔からかにに目がなく、旅行は美味しいかにがあるかを基準に決めるほどですが、先日、通信販売ならすぐ送ってくれるし、食べない手はないと、早速注文してみたのです。


意外にも、産地で食べるのと変わらないといっても言い過ぎでないほどの味でした。


インターネットどころかパソコンも普及していない結構な昔から、現在と同じように通販でかにを買えたとは驚きですが、その時点では、生鮮食品のお取り寄せというのが今ほど浸透しておらず、一般的ではなかったこともあり、物好きな人が通販でかにを買ったのはいいのですが、評判が悪かったり、味に満足できないなんていう噂があったりしました。


しかし、冷凍技術や配達のスピード化など様々な進歩により、通販でも十分満足できる品質のものが味わえるようになりました。


一度利用してみては如何でしょう。


かに通販を検索してみると、ズラッとかにの販売会社が並んでいます。


同じようなお店ばかりでこんなにも多くのお店があり、取り扱うかにの豊富な種類には驚かされます。


あまたのお店の中で1番いいお店がどこで、選ぶべきかにの種類は今の季節ならどれかなどサイトの中を行ったりきたり悩みは尽きないと思いますが、どう選ぶかは、人任せ、つまりみんなが行くお店が信用でき、みんながおいしいと食べるかにが一番美味しいと言うわけです。


そんなことぐらいなら考えれば誰だってわかると思うかもしれませんが、その点を押さえるだけで結果が変わってくるのです。


人気店や人気のかにを知るのに売れ筋ランキングなどをあたってみましょう。


もちろん、口コミも忘れずに。


最初はそんな方法で探しても、、色々なお店を利用してみれば、ランキングに表れない良さやかにの本当の美味しさや、楽しみ方、季節に合わせたかにの変化が見つかることもあるかもしれません。


家族で好みが分かれてしまった場合は仕方ないので1回ずつ交互に買うなど工夫していきましょう。
前の記事へ 次の記事へ