家族のお祝いや年末年始、ちょ

家族のお祝いや年末年始、ちょっとしたパーティーなど通信販売でのかに購入には色々なきっかけがあると思います。


お取り寄せには適した品物ってあると思うんですよね。


ただ遠いからというだけでない理由で、かにはお取り寄せ最適品なんです。


かにって大きいものは何キロにもなりますよね。


家族の人数分だと何十キロまでいくかわかりません。


メリットの1番目はたくさん買えることです。


何キロになったとしても制限はありませんし、日本の宅配便は正確さ安全性にかけては世界一だと思います。


どんな荷物でも自宅の玄関まで日時まで指定したとおりに持ってきてくれるのです。


クール便で届くので、なるべく早く冷蔵庫に運び入れる。


大変なのはそこだけです。


何よりうれしいのは直接送ってもらって、鮮度の良いかにをすぐに手にできることです。


自室でくつろぎながら最高の状態で頂くという究極の贅沢が通販ならではのメリットでしょう。


急速に広まった蟹通販。


蟹通販で蟹を購入するメリットとして最も特筆すべきポイントは何でしょうか。


それは、産地直送の新鮮で美味しい蟹を手軽な手段で購入できるという部分ではないでしょうか。


一方、普通のスーパーで蟹を買う場合、産地直送のアドバンテージと比較すると常に新鮮というわけではありません。


意外かもしれませんが、新鮮な蟹を買いたいなら、通販を利用して、漁場から直接蟹を取り寄せるのが最もよいでしょう。


タラバガニを選ぶコツのお話です。


脚を味わうなら、まずオスにしてください。


メスは卵を抱えているため、栄養分はそちらに行ってしまいます。


タラバガニを食べる目的とも言える脚肉を味わいたいと思えば雄を選ぶべきですよね。


それから、甲羅中央部にある突起の数を数えましょう。


6個並んでいれば、タラバガニに間違いなく、4つしかないのは、実はアブラガニなので、よく似ていますが異種のかにです。


蟹にも国産と輸入があります。


購入する際に、お得で美味しいのは国産と輸入品のどちらか、迷うことがよくありませんか? しかし、正直な話、同種の蟹を買うのなら、どちらであっても大した違いはないので安心してください。


国内・国外の差よりも、気にしなければならないのは、信用できる業者から買わなければならないということです。


利用者に評判の高いお店で売っている蟹ならば、国産、海外産、どちらでも大丈夫です。


かにの通販は本当にたくさんありますよね。


どこまで加工したものを買うかということで、ボイル前と後はどちらがよいのか途方に暮れることもいらっしゃると耳にします。


今後、通販のかにで条件を選択するときは選べるなら、何といっても活かにです。


ほとんどの通販では、活かになら新鮮なおいしいかにを手に入れられるでしょう。

多数の業者から選べるのがネッ

多数の業者から選べるのがネット通販の利点ですよね。


蟹通販の利用時にも、どの業者を選べばよいのか戸惑う人もいるかもしれませんが、選び方の基準はどんなものでしょうか。


お客様のことを第一に考えている業者には、目利きの専門家と呼べる存在がおり、他でもない専門家が産地まで買い付けに赴き、厳しい査定をクリアした、優良グレードの商品だけを買い付けてきます。


つまり、プロのお墨付きというわけです。


品質後回しで価格を下げているような業者はダメです。


品質重視のところを選ぶのが、重要だといえます。


良い業者を選び、美味しく蟹を味わいましょう。


自分の周りでも、かに通販でかにを買うのが当たり前だという流れになっています。


なんと言っても、ネットでどこの情報でも手に入れられますし、宅配業者の冷蔵冷凍技術も確かなので、全国の水産業者から直に購入できるためです。


通販でも冷凍だけでなく、生のかにをおいしい状態で買えるようになったので、かにがおいしいシーズンになったらちょっと待ってもらって、お店で買うのではなくなじみのかに通販をいつも利用しています。


活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょう。


最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。


割と簡単に剥がれます。


次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。


すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。


胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。


甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。


ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、蟹スプーンなどで身をすくいやすくするため、表面に切れ目を入れる。


これにて蟹の捌き方はおしまいです。


どうですか、意外と簡単でしょう。


毎年楽しみにしている蟹の季節がやってきました。


旬の蟹を食べ尽くすため、北海道の蟹の産地を訪れることが、毎年この時期の習慣です。


私が毎年必ず足を運ぶのは、古くからの知り合いの方が切り盛りしている、道南・函館市の蟹料理専門店です。


ここは本当にお勧めです。


そこでは、水揚げされたばかりの新鮮な蟹を用いた料理を、店主が腕によりをかけて作っています。


今年も既に予約を入れており、今から心待ちにしています。


かにならどれも同じですが、ズワイガニを通販で買う場合、訳あり商品を買って損はありません。


なぜなら、訳ありと言っても味に変わりはないからです。


多くは市場に出す基準に合わない大きさや、中身に害のない傷がある品ばかりですから、自宅で食べる分には問題ないおいしさです。


時には、通販限定の激安価格になっています。


自分が訳ありの事情に納得できれば訳あり商品を候補にしていくのがかに通販の達人と呼んでいいでしょう。

蟹といえば殻をむくのが面倒ですよね。そん

蟹といえば殻をむくのが面倒ですよね。


そんな方にオススメなのが、殻が向いてあって食べやすく、量も多いポーションタイプの商品です。


活蟹には活蟹にしかない美味しさがありますが、身をさばいたり、殻を剥いたりしなければならず、手軽さはありません。


お子様から年配の方まで、家族揃って蟹を楽しむためには、あらかじめ解体され殻も剥かれているポーションタイプの蟹を鍋にするのが最もお勧めです。


これなら家族揃って楽しめますね。


それと、蟹を一杯丸ごと味わいたいという場合は、ネット通販なら訳ありの蟹を安く売っているので、普通に買うよりお得に蟹の魅力を味わい尽くすことができます!安価で蟹を楽しみたいのならば、日帰りで、蟹の食べ放題が堪能できるツアーというものがあり、こちらのご利用をお勧めします。


何故か?それは、蟹を食べるのにこの方法を使うと、蟹を従来通り買って家で食べるというごく普通の方法の時よりもお得に蟹を食べられることが確実だと言えるからです。


それだけではなく、蟹の美味しい土地で行われることが多いツアーなので、安価であることだったり、量の多さであったりだけではなく、質の良さも堪能できるでしょう。


蟹通販を利用する上で気になる点はなんでしょうか。


それは、何よりまず鮮度を確認することです。


また、値段や量もしっかり押さえておきましょう。


そして最も重要ともいえるのが送料です。


送料は入念に確認しておくべきです。


蟹通販を利用する場合、購入する内容によっては、送料を高めに設定している業者もあるので、送料の有無やその額を必ず購入前に見ておくようにしてください。


もちろん、送料無料のところを選べるならそれに越したことはありません。


しかし、一般的には送料無料であっても、一部の地域にお住まいの場合のみ送料がかかるなど、色々なパターンがあるのです。


松葉ガニのメスの呼び名がセコガニです。


どちらかといえば、松葉ガニより小さいカニがほとんどですが産卵期前で、卵を抱えていて味わいも豊かで、松葉ガニよりも、通好みでファンが熱く語っています。


かにのシーズンの始め、11月から1月の間しか漁の期間は決まっているのでその意味でも非常に貴重なかにです。


かに食べ放題について、その味を聞いてみるとどうも、ひとくくりにはできないようです。


もちろん、同じチェーンでも地域によって違うといった問題もあるでしょうが、専門店で食べ放題を行っているところはおおむねかにがおいしいという評判です。


一方、焼き肉屋など、かにが専門でないところでは味では所詮専門店に勝てないとよくいわれます。


専門店で食べ放題があるところは多くありませんが、本当においしいので、おいしいかにをたくさん食べたい方は一度行ってみてください。

皆さん大好きな蟹。蟹といえば、脚の身が絶品と

皆さん大好きな蟹。


蟹といえば、脚の身が絶品という方も多いですが、蟹ミソも美味しく味わいたいものです。


濃厚な蟹みそが詰まった蟹にはズワイガニなどもありますが、ダントツでいいのは毛ガニだと断言できます。


ねっとりととろけるような旨味で知られる毛ガニのミソなら、蟹ミソ嫌いの人でも気に入ってしまうほどです。


蟹ミソにほぐした身肉をからめて食べるのもまた美味しいです。


ついつい普段よりもお酒が進みますね。


活かにをさばいてみましょう。


洗って汚れを落とし、30分水に浸します。


軍手を忘れないでください。


胴のかなめである腹の三角形部分を外して甲羅と半身が分かれやすくなるよう、関節に切れ目を入れましょう。


甲羅と半身を分けるために、それぞれを押さえて半身、また半身と外していきます。


胴に残った黒い部分を取り除いて、待望のかに味噌を出します。


脚を外していき、長さも食べやすくします。


食べるときのために、切れ目も入れましょう。


殻を薄くそぎ取っておくと、食べるときに楽です。


まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。


蟹は人気のグルメですが、味はピンキリですよね。


美味しい蟹が食べたいなら、お店で直接買うのもいいですが、一度蟹通販を試してみてはいかがでしょうか。


私も蟹通販はよく利用しています。


蟹通販では、蟹の名産地から直接、自宅に取り寄せることが可能です。


産地直送の美味しい蟹を簡単に買って楽しむことができるのが、蟹通販の良いところです。


お分かり頂けるでしょうか。


さらに、身崩れなどの蟹が「訳あり」として出ているので、かなりお得に蟹を味わえます。


上手に利用したいですね。


詐欺の手段が多様化した現代。


蟹通販を名乗り、頼んでいない蟹を送りつけてくる、それがいわゆる蟹通販詐欺と言われる詐欺の手口です。


代引きで送られてくるのが基本ですが、家の誰かが注文したのかと思い、まんまと支払わされてしまうのですね。


きっぱり断ってもいいのですが、ベラボウな金額を請求されているわけでもなく、蟹は実際目の前にあるので、まあいいやと諦めて警察にも言わずに済ませてしまうことが多いのです。


通販を名乗る荷物が突然届いた場合は、本当に家族が注文したのか、よく確かめてから支払いましょう。


店頭と違い、いくつもの通販業者から選ぶことができる蟹通販。


利用の際には、複数の業者を見比べて決めることになるでしょうが、せっかくの蟹通販で損しないように、以下の点に注意してください。


お客様のことを第一に考えている業者には、お客様に良い蟹を届けるために、目利きの専門家がおり、この人が直接蟹の産地まで買い付けに赴いて、厳しい査定をクリアした、優良グレードの商品だけを仕入れてくるので、消費者としては安心です。


本当にお客さんのことを考え、品質第一をポリシーにしている業者を選ぶのが重要だといえます。


良い業者を選び、美味しく蟹を味わいましょう。

秋も終わりに近づくとかにを食べたくなるのは必然です。真

秋も終わりに近づくとかにを食べたくなるのは必然です。


真冬にかに鍋にして食べれば、最高に幸せな味です。


かに鍋をよりおいしくしたいと思うなら、かにを近所のお店で買って済ませるのでなく、市場まで足を運んで買ってくると新鮮なかにを食べられます。


市場が近くにない方は、産地直送の通販を探すのもおすすめの方法です。


蟹通販は便利なものですよね。


ですが、せっかく取り寄せた蟹を美味しく頂くには、正しい手順を押さえ、ちゃんとした調理をすることが大切です。


蟹の代表的な食べ方といえば茹で蟹ですから、茹で蟹の基本的なやり方に精通するのに全てがかかってくるといえます。


茹で蟹において大事なこととは、鍋のサイズを妥協しないことです。


大きめの鍋を使い、脚の端や胴体がお湯から出ないように気を付けましょう。


そうしたら、蟹を茹でるのが初めてでも上手くいくでしょう。


ネット通販が全盛の現代では、蟹通販を利用すれば一歩も外に出ることなく、美味しい蟹を味わうことができます。


しかし、ネット上で蟹通販のサイトを開設している業者は増えてきましたから、慎重に業者を選ばなければなりません。


ネット上ではいくつか人気ランキングが載っていますから、これを見るとよく利用されている蟹通販業者が見て取れます。


上位にランクインしている業者の売れ筋の商品を選んで購入すれば、まずハズレを引くことはありません。


お知り合いや、お世話になった方に、お歳暮として新鮮な蟹を贈るというケースが多くなってきました。


ですが、油断は禁物です。


生鮮食品ですから、鮮度が落ちると風味や味わいも落ちていく上、場合によっては、お腹を壊してしまうケースも考えられるのです。


最悪の事態を招かないためにも、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。


また、相手のご家族が在宅している時間に届くように発送するべきなのは言うまでもありません。


蟹の種類の一つである渡り蟹。


横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、瀬戸内海で蟹といえばこれを指します。


他にも大阪湾や伊勢湾、有明海の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。


15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、日本各地で食用として重んじられてきました。


様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。


中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるのが最も普通の食べ方のようですが、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。
前の記事へ 次の記事へ