ブランド蟹にもたくさんの種類があり

ブランド蟹にもたくさんの種類がありますが、私のお勧めは有名なズワイガニです。


蟹らしい旨味が詰まっており、繊細な風味も特筆ものです。


このズワイガニの魅力を知った人は、他の種類の蟹はもう食べる気をなくしてしまうかもしれませんね。


一口にズワイガニといっても、産地ごとに様々な呼び名がありますが、識別のため、脚にタグが付けられています。


脚のタグは、ブランド蟹の品質や味の良さを証明するためのものです。


ズワイガニに限らず、ブランド蟹の購入時にはタグを確認すればいいのだということを知っておきましょう。


かにはどこでとれても味は同じ、と言われることがあります。


タラバガニを食べ比べすると、おおむね産地による味の違いは認められないという方が多いのです。


ただ、ズワイガニでは、味で産地がわかるという説が主流です。


国内でもズワイガニは産地の名がブランドになるわけで、そのブランドが味を表しているのです。


このかには産地によって味が違うとすれば、外国産は全く別の味だと思うべきでしょう。


高級とされるブランド蟹にもいくつもの種類があって味が違うので、まだ蟹に詳しくないという人は、特定の蟹にこだわらず、色々食べ比べてみましょう。


特に美味と言われ、人気のある蟹といえば、ズワイ蟹、これに尽きるでしょう。


ズワイ蟹は強い甘み、それに繊細な風味を備えており、蟹味噌も濃厚でおいしいです。


最も蟹らしい蟹といえるでしょう。


甲羅の表面がツルツルしており、またタラバ蟹などと比べると小さめなのが印象的であり、慣れればすぐに見分けられます。


ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。


地方により様々で、セイコガニあるいは香箱ガニといった名を使われる場合もあるのです。


美味しいカニ味噌は雄でも味わえますが、大体は、脚の身をゆでガニや焼きガニ、あるいは鍋などにして食べることが多いです。


それとは対照的に、雄より小さいセコガニは脚の身も当然少ないのですが、内子や味噌、そして外子がうまく配合されており、一般的には、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。


かに通販だと、新鮮なものが届くかどうか気になりますよね。


つい最近まで、通販でかにを買うと、新鮮な品はないというイメージが先行していました。


現在、その問題はほとんど克服されました。


加工保存や流通システムの発展はものすごく、通販のかにも市場で買うのと遜色ないくらい新鮮でおいしい品がそろっています。


通販の業者は玉石混交です。


どこでも期待通りのおいしいかにを買えるとは言えませんから、お店を選ぶのはとても大事なことです。

今年も蟹のシーズンがやってきました。

今年も蟹のシーズンがやってきました。


蟹通販を利用すれば、いつでもズワイガニやタラバガニなど、好きな種類の蟹を注文できます。


あとは自宅に届くのを待つだけで、お手軽に蟹を味わえます。


しかし、現在では蟹通販を扱う業者も大変多く、サービスの質もピンからキリまでですから、業者を選ぶのにも一苦労です。


何より大事な「新鮮さ」を外さないためには、産地直送の業者を選びましょう。


そうすればハズレはありません。


良い業者を選ぶことができるかどうか。


それにより、蟹の質も大きく変わります。


業者選びは妥協しないようにしましょう。


師走の声を聞くと食べたくなるもの、人それぞれあるでしょうが、私の場合、かにがそうです。


年の瀬の歌番組を見ながら食べるのが例年の楽しみで、少し早めに注文しておき、様々な産地や種類のかにの食べ比べをしています。


ただいつも困ってしまうのが扱う店の多さです。


毎年もしかしたら当たりはずれもあるかもしれないしと、悩みの種になります。


かにといえば、鮮度が命の生鮮食品ですし、食品としてはかなり贅沢なお買い物になりますから、払っただけのことがあったと満足できるものであって欲しいです。


そんな時に大いに役立つのが、インターネットの口コミではないでしょうか。


たくさんの人がその会社や商品についての正直な感想を述べているのですから、ハズレを引く確率をぐっと抑えられます。


美味しい蟹が食べたいですよね。


私も蟹が好きなので、何度か蟹通販で蟹を買っているのですが、通販は相手が見えないですから、注意すべき点もあります。


お店のように現物を見て買うわけにはいかないので、どのくらいの量が届くのかはしっかり確認しておきましょう。


量のごまかしもまた、「カニカニ詐欺」のひとつの手口なのです。


それ以上に大事なのが、冷凍された蟹の解凍です。


解凍は急がず、十分慎重に行うことが大事です。


蟹のうまみは急いで解答すると損なわれてしまうので気をつけましょう。


よく蟹の旬ということを言いますが、蟹は季節を問わずいつでも収獲できるわけではありません。


一定の時期にならないと漁が解禁されません。


無秩序な乱獲を防ぐためにも、越前ガニは毎年11月6日、紅ズワイガニは毎年9月1日など、解禁日が定められ、蟹をとってもよいのは解禁日以降のみとするという取り決めになっているのです。


毎年、解禁されたばかりの蟹にありつくためには、漁解禁の情報をニュースやネットで知っておくことこそが肝要と言えるでしょう。


蟹は高価なため、なかなか食べられないと思います。


そんな蟹を安く入手するには、どうしたらいいと思いますか?一般的には蟹を最安値で買えるのはスーパーだと予想しているでしょう。


意外かもしれませんが、蟹を買うとき、さらに低価格で購入できる手段があるんです。


「どうすればいいの?」皆さん気になるでしょう。


それは何かと言いますと、訳ありの蟹が販売されている、通販を利用することです。


これが一番安く蟹を食べられる方法です。


この方法を使うことによって、見栄えはやや劣っていたとしても、蟹が安く食べられるベストな方法です。

通販のカタログやサイトで、かにのポーションを

通販のカタログやサイトで、かにのポーションを扱っていることも案外目立ちます。


殻から出した中身の、細かくほぐす前ということですね。


むき身にしたかにをイメージしてください。


色々な料理に使いやすいというのもありがたいですし、殻が少々割れたものなど、訳あり品を加工しているので新鮮なのに安く売られているといううま味もあるのです。


蟹を買おうとするときの注意点。


それは、重要なのは選び方です。


蟹の種類によりけりで、選択方法は様々です。


蟹の中でも、ズワイ蟹を買う際には見るポイント、それは腹側です。


この時大事なのは腹側が白いズワイガニを避けることで、アメ色のものを見極めることが大事です。


他に挙げられものとしては、いいものは甲羅が硬いです。


かにをお歳暮にしよう、と考えた方、お店には内緒の注意点があります。


どういうことかといいますと、おいしそうなかにが揃っているなら特に、自分で選んだかにを贈ることです。


かにの選び方に自信がないためですが、お店の人に全面的に選択を任せてしまうと、鮮度の落ちるかにや、身の詰まっていないかにを贈ってしまうおそれがあります。


生鮮食品を贈るわけですから、十分信頼できるお店を選んでください。


美味しい蟹が食べたいですよね。


私も蟹が好きなので、通販で購入するケースが多いです。


しかし、気をつけなければならないこともあります。


お店のように現物を見て買うわけにはいかないので、何キログラム、何杯など、量の確認は入念にしましょう。


詐欺まがいの量ごまかしをやってくる業者もいます。


それ以外にも、蟹の解凍は難しいポイントです。


生鮮食品の解凍は難しいものです。


解凍の際には急がず、自然に解けるのを待つことが大切です。


解凍を急ぐと、蟹の旨みが抜けてしまうことに繋がります。


通販のかには、安ければいいというわけではありません。


返品もできない生鮮品ですから全て写真の通り、身が詰まった新鮮なものと考えない方がいいですね。


まずは、業者の信頼性を調べることが通販上手になるためのはじめの一歩です。


通販ビギナーにとって全く暗中模索になってしまいますが、ショッピングモール内の評判を参考にするなど自分にとってのよい業者に出会ってください。

どうせ買うなら、より安いかにをと考えてわからなか

どうせ買うなら、より安いかにをと考えてわからなかった方もあちこちで見受けられます。


方法はいろいろありますが、確実なのは市場に出向き、まとまった量を買うことでかなりお得です。


交通費と手間はかかりますが、ずっと安く買えるのでおすすめです。


ぜひ、かに通販も調べてください。


直送になる分、買いに行く手間を省いて安く入手できます。


紅ズワイガニは、ズワイガニの代用ともっぱらの評判ですがそれは言い過ぎでしょう。


今まで紅ズワイガニを食べた記憶をたどって味がよかったとは言えなければそれは気の毒です。


おいしい紅ズワイガニを食べたことがないのですから。


新鮮な紅ズワイガニの味と言えば、誰もがおいしいと言います。


すぐに鮮度が落ちてしまうのでおいしいものを食べるのは難しいのです。


毛蟹は濃厚な蟹味噌を持ち、とても人気のある蟹の一つですが、実は他の蟹と比べると小さいです。


そのため、目利きが難しく、誤ると殆ど身の入っておらず味が悪い場合もあり、注意が必要です。


品質のいい毛蟹を選ぶ時のポイントはなんなのでしょうか。


店で選ぶ際は、その場で手に取れるので、重みを確認して身のつまっていそうなものを選択すればいいですが店頭ではなく通販で実際に商品に接することができないときには、販売会社の定めた品質の基準であったり、業績であったりをきちんと調べたうえで購入に至ることがうまく手に入れるために必要なことです。


かつて、新鮮な蟹を食べられる地域は限られていました。


しかし現在では、蟹通販がメジャーになったので、誰でも手軽に産地直送の新鮮な蟹を味わうことが可能です。


蟹にはタラバ蟹や毛蟹など複数の種類がありますが、私が最もオススメするのはズワイ蟹です。


他の種類の蟹と比べても、ズワイ蟹は特に蟹本来の旨味にすぐれており、その身は甘みが強く、絶品です。


どこでいつ水揚げされたかによってまた味わいが変わってきますので、無銘の蟹よりもブランド蟹を選ぶことをお勧めします。


活かには下ごしらえしてから茹でましょう。


きれいに洗ったら、30分程度水につけます。


殻で手を切らないよう、軍手をはめてください。


腹の三角形部分に指を入れて外し、関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。


甲羅と半身を分けます。


それぞれをしっかり持って、片方ずつ半身を外します。


胴に残った黒い部分を取り除いて、待望のかに味噌を出します。


脚を外して食べやすくし、関節部分で切ります。


殻に切れこみを入れたり、殻を薄くそぎ取っておくと、食べるときに楽です。


一度やってみれば、きっとコツがわかってくるでしょう。

セコガニも幻のかにです。その実態は松

セコガニも幻のかにです。


その実態は松葉ガニのメスです。


どちらかといえば、松葉ガニより小さめサイズが多いのですが卵が甲羅の中に詰まっており味も濃厚と言われており、このかににしかない味を愛する方が一部で知られています。


期間限定のかにで、11月から1月までしか漁の期間は決まっているのでその意味でも非常に貴重なかにです。


蟹を食材として使う場合、蟹が今、どういった状態であるかにより注意点が異なってきます。


その注意点のうち特に大切なことと言えば、冷凍蟹を解凍するときどうやるかということです。


多数の人々が急いで解凍するために水の中に蟹を入れてしまうことがあります。


もしそのようにしてしまうと、蟹の良さである旨味が消えてしまうため冷蔵庫に入れたままゆっくりと解凍しましょう。


ズワイガニのうち、特にメスのことをセコガニと呼びます。


地方により様々で、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。


雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。


反対に、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、味噌と内子と外子がバランスよく含まれており、むしろ、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。


かにの通販は本当にたくさんありますよね。


同じブランドのかにであっても、あらかじめ茹でたものと、生との選択で決め手がないと思った方も少なくないでしょう。


複数の意見ですが、通販でかにの購入について決める場面では選べるなら、何といっても活かにです。


ほとんどの通販では、活かになら新鮮でおいしい、と考えるのが妥当です。


蟹を食べるのにお得ないい方法は、日帰りで行ける、蟹食べ放題ツアーというものがあり、これを推したいと思います。


なぜならば、蟹を楽しむのにこのやり方だと、店頭で蟹を購入して自宅で食べるよりも明らかに安く蟹が食べられるからです。


さらに、こういったツアー企画は、通常蟹の名産地で行われていますので、価格または量といった点だけでなく、質の良さも申し分ないはずです。
前の記事へ 次の記事へ