蟹の名産地は国内にいくつかありますが、現在では

蟹の名産地は国内にいくつかありますが、現在では、蟹通販の助けを借りれば、旬の蟹を取り寄せることができます。


蟹にはタラバ蟹や毛蟹など複数の種類がありますが、私が最もオススメするのはズワイ蟹です。


皆さんも聞いたことがあるでしょうが、ズワイ蟹には蟹本来の旨みがあり、甘みをふんだんに含んだ、最も蟹らしい蟹といえます。


ちなみに、蟹は水揚げされた漁場や旬によって品質に当たり外れがあるので、松葉ガニ、越前ガニなどのブランド蟹を選ぶのがお勧めです。


通販といっても様々な種類の蟹があります。


そんな中で、選んでおいてまずマチガイがないのは、水揚げ後すぐに茹で、新鮮なまま冷凍した蟹です。


冷凍を勧められると、多くの方は意外に思うでしょう。


しかし、生の蟹はいかに新鮮とはいえ、素人が簡単に捌けないという難点があります。


蟹を茹でるの自体、なかなか難しく、無用な失敗のもとですので、その手間がかからない、ボイル済の冷凍蟹を買ったほうがいいと私は思います。


とれたてのかにが出回る頃にはかに好きならずとも、食べたくなるでしょう。


真冬にかに鍋にして食べれば、みんな納得のおいしさです。


そこで、もし時間とチャンスがあれば、近所のスーパーからかにを買うのではなく、早起きして、市場へ買いに行くとより新鮮なかにに出会えるでしょう。


産地直送の通販で、おいしいかにを探すのも近頃では常識です。


激安が売りのかに通販も多々ありますが、検品や試食ができるわけではないので、見本の通りの、身がぎっしり詰まった鮮度のよいものばかりといえないのが現状です。


そんな中で、まずは信頼できる業者から買うことがかに通販のキーポイントです。


かに通販に初挑戦という方は、良心的なお店を見つけるのも一苦労ですが、ネットの比較サイトを上手く活用して買う前にしっかり調べましょう。


料理に蟹を使うとき、蟹がどんな状態にあるかにより気を付けるべき点がそれぞれあります。


中でも最もポイントとなることは、凍らせてある蟹の解凍の仕方です。


大多数の方が早く解凍したいがために、水の中で蟹を溶かそうとして浸します。


そんなことをしてしまったら、蟹にとっての大事な旨味が逃げてしまいますので、冷蔵庫に入れて、時間をかけて解凍してください。

セコガニも幻のかにです。その実

セコガニも幻のかにです。


その実態は松葉ガニのメスです。


メスしかいないので、松葉ガニより大きさは小さいことが多いですが、産卵期前で、卵を抱えていて味わいも豊かで、松葉ガニよりおいしいと買い求める方がたくさんいるのです。


このかには、11月から1月までしか水揚げされることはなくその貴重さは際立っています。


直販でかにを買おうとすれば、どこから買うかとなりますが、北海道が一番よく知られているでしょう。


それにも理由があって、日本で水揚げされる毛蟹の産地は必然的に北海道になるからです。


その他の産地を挙げる方もいるでしょう。


毛蟹を除けば北海道の他にも、おいしいかにがとれる場所があることでしょう。


まずは、ズワイガニは松葉ガニというブランドで語られるほど、鳥取が有名な産地となっています。


かに通販の中に、お得価格のポーションが多いのに気づいた方もいるでしょう。


殻から出した中身の、細かくほぐす前と考えてください。


多くは箱詰めの、むき身のかにです。


むき身の方が手軽に調理できるおいしさもありますし、殻が割れたものなど、丸ごと売れない品を加工用に回すため量の割には明らかにお安いと、お財布にもやさしいのです。


活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょう。


腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。


蟹のふんどしを外します。


これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。


次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。


その後、甲羅から足を取り外します。


腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。


胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。


蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。


ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、蟹スプーンなどで身をすくいやすくするため、表面に切れ目を入れる。


以上が蟹の捌き方の基本になります。


蟹の品種も様々ですが、通好みの蟹の一つとして花咲蟹が挙げられます。


初めて聞いた方もいるでしょうか?根室の地名「花咲」を冠した名前の通り、根室、釧路といった北海道の東の方でしか獲れない蟹ですが、味の系統としては高級感があり、通に愛される蟹だといえます。


花咲蟹の身肉は引き締まっていますが、意外なほどの柔らかさもあり、タラバガニよりやや小さいとはいえ、大型で身のたっぷり詰まった蟹です。


夏に入る7月頃から、秋に入る9月頃までが旬であるとされますが、漁獲期間が短いのでなかなか手に入りません。

近海でかにが獲れる時期になればかにを食べ

近海でかにが獲れる時期になればかにを食べたくなるのは必然です。


真冬にかに鍋にして食べれば、冬の楽しみを味わえます。


そこで、もし時間とチャンスがあれば、近所のスーパーからかにを買うのではなく、一番近い市場に行ってみると新鮮なかにを食べられます。


通販をまめにチェックして、かにを買うのもおいしい鍋への近道です。


蟹が大好きなのですが、店頭で買うのは大変なので通販で購入するケースが多いです。


しかし、初心者は気をつけるべき部分もあります。


蟹通販を利用する場合には、量の確認は大事です。


ちゃんと確認しておかないと、普通の業者なら大丈夫ですが、中には悪い業者もいますから。


それ以外にも、蟹の解凍は難しいポイントです。


解凍は急がず、ゆっくり行うのが鉄則ですね。


よくある失敗は、解凍を急ぎすぎて肝心の旨みが抜けてしまうことです。


蟹を楽しむなら色んな種類を知っておきたいもの。


人気の蟹の一つとしてよく名前が聞かれるのが、花咲蟹です。


根室の地名「花咲」を冠した名前の通り、道東は根室や釧路でのみ漁獲される蟹であり、味の系統としては高級感があり、通に愛される蟹だといえます。


花咲蟹の肉は太いですが、ジューシーで柔らかいという特徴もあり、身入りが多いことでも知られる、わりと大きな蟹です。


夏には早くも旬を迎え、秋頃まで美味しいと評判です。


限られた時期にしか手に入らないので、頑張って購入してみましょう。


ネットで「かに通販」を検索すると、比較サイトや特集サイトがおいしそうなかにの写真をたくさん載せています。


どんな商品でもそうですが、いい通販ショップの選び方がわからない人もあるでしょう。


かに通販のビギナーです、という方には、テレビ通販がぴったりです。


皆さんもご存じの通り、テレビ番組で買える食品は産地でも有名な業者の品が多く、信頼できる品だと思って良いでしょう。


どんな人にも無難な通販です。


家での食事にかにが出てくるだけでパーティー気分になれた経験は誰にでもあるものです。


丸ごとのかになどあった日には、みんなのにっこりがあふれたことでしょう。


そんなかにを、近所のスーパーで手に入れようとしても常時丸ごとのかにを売ることはないでしょう。


かにを丸ごと買うなら、通販という手があります。


新鮮さは市場と変わらず、お店を通さない分安く買えることが多いので、どうぞお試しください。

カタログ、テレビ、ネットを合わせ、かに通販

カタログ、テレビ、ネットを合わせ、かに通販は年々進歩しています。


通販初心者が調べようとすると、どれを選んでいいのかわからず実際に店舗で買う以上の困難に突き当たるでしょう。


そんな方におすすめなのが、人気ランキングのサイトで定評のあるサイトがたくさんあります。


誰が見ても味、価格が優るかにはさすがというべきか、どこでもランク上位にあると断言できます。


蟹通販が一般的なものになった現在では、お店で売っているのと変わらない蟹を取り寄せることが可能です。


蟹通販は大変便利なので私もよく利用しています。


でも、便利な反面、悩みの種もあります。


なにせ、蟹通販の業者は昔と比べて大幅に数が増えていますから、業者を選ぶのにも一苦労です。


新鮮で美味しい蟹を味わいたいなら、「産地直送」を明記している業者に絞って探しましょう。


とにかく慎重に選ぶことです。


業者の質により、蟹を楽しめるかどうかが決まると言ってよいでしょう。


家での食事にかにが出てくるだけでうきうきしてきたという思い出は誰にでもあるものです。


とりわけ丸ごとのかにを見れば、確実にみんなが笑顔だったでしょう。


大概の地域のスーパーでは丸ごとのかにを買うのは難しいのではないでしょうか。


かにを丸ごと買うなら、通販という手があります。


安い、新鮮、規格を選べるという利点があるので、きっと家族みんなの笑顔を見られるでしょう。


ここのところ毎年、かに通販を使ってかにを買うのが当たり前だと当たり前のように考えています。


それはどうしてかというと、最近のネット通販の普及はものすごく、全国の水産業者から直に購入できるためです。


最近は通販でも、生のかにを扱うことが増えているので、家族からかにのリクエストがあったときはスーパーやデパートに行く気はなく、なじみのかに通販をいつも利用しています。


便利でお得な蟹通販ですが、蟹通販を利用することの利点として突出しているのは各地の漁場で水揚げされた新鮮な蟹をクリック一つで買えてしまう部分だといえます。


その点、何人もの人の手を渡って店頭に並ぶ蟹の場合、なかなか「産地直送」とはいかず、店頭に出る頃には鮮度はだいぶ落ちてしまっていたりします。


なので、新鮮さを重視して蟹を選ぶ場合、店頭で購入するよりも、蟹通販を利用するのがベストの選択だということになります。

蟹好きの私には嬉しい季節になりました。

蟹好きの私には嬉しい季節になりました。


至高の蟹に舌鼓を打つべく、北海道の蟹の産地を訪れることが、ここ数年の習慣になっているのです。


私が毎年必ず足を運ぶのは、私の知人が包丁を振るっている、函館にある蟹専門店です。


蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹しゃぶなど、美味しい蟹料理が、これでもかとばかりに出てきます。


もうすぐ今年もその店を訪れることができると思うと胸が躍ります。


活かにの下ごしらえはご存じですか。


きれいに汚れを落としたら、水に30分ほどつけてください。


軍手を両手にはめたら、最初に腹の三角形部分を外し、関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。


甲羅から半身を外していきます。


双方をしっかり押さえ、片方ずつ半身を外します。


胴には黒っぽい部分が残っているので、それをきれいにしてかに味噌だけにしておきます。


脚を外して食べやすくし、関節部分で切ります。


殻に切れこみを入れたり、殻の一部を削ぎ取っておくなど、一手間をかけてください。


コツを飲み込めば、それほど力を入れずにさばけますよ。


蟹通販に興味をお持ちの皆様へ。


多くの商品がある中で、初めての方でも安心して注文できるのはどういう蟹かというと、冷凍の蟹、それも獲れたばかりの蟹をすぐに茹でて冷凍したものです。


「えっ、活きた蟹のほうが新鮮で美味しいんじゃないの?」と思う方は多いでしょうが、活蟹は上手く調理すれば冷凍蟹に優るとはいえ、素人が簡単に捌けないという難点があります。


蟹を茹でるの自体、なかなか難しく、ご自宅ではやりづらいですから、あらかじめ茹でてある蟹を買うのが賢い蟹通販の使い方なのです。


あらゆる蟹の産地の中でも、第一にその名が挙がる漁場といえばなんといっても北海道です。


北海道の漁場では、実に多くの種類の蟹が水揚げされます。


蟹の品種によっては北海道を上回る名産地もありますが、トータルで言うならやはり北海道に軍配が上がるでしょう。


とはいえ、実際のところ、輸入品の蟹が道内で販売されていることがままあり、少しがっかりさせられます。


多くのブランド蟹が知られていますが、多くの人が一番に思い浮かべるのはズワイガニではないでしょうか。


繊細な風味もいいですし、何より蟹本来の旨味、甘みが詰まっています。


ズワイガニを一度味わってしまえば、他の種類の蟹はもう食べる気をなくしてしまうかもしれませんね。


ズワイガニは、さらに産地によって越前ガニや松葉ガニなどのブランドに分かれますが、脚に付いているタグによってそれを確認することができます。


このタグというのは、ブランド蟹の品質保証のために付けられています。


皆さんも、ブランド蟹の購入を検討する際には、タグが付いているかどうか、まずはチェックしてくださいね。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2020年04月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー