モズクガニは意外とメジャーなかにで

モズクガニは意外とメジャーなかにです。


何と、かの有名な上海ガニとよく見ると似ている、同じ族のかになのです。


上海ガニと似ていないのは背中の黒く細かい模様で、成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。


重さとしては、170グラムから180グラムが普通サイズとして出回っています。


なぜか、雄の方が雌より小さいことが多いのです。


昔から日本で多くみられ、食用としてよく使われています。


蟹通販は便利なものですよね。


ですが、せっかく取り寄せた蟹を美味しく頂くには、調理の部分で手を抜くわけにはいきません。


多くの場合、茹でて食べるのが基本ですので、蟹をうまく茹でるための方法を把握しておくことに全てがかかってくるといえます。


さて、そのコツとは、小さい鍋ではダメで、出来る限り大きめの鍋を用いることです。


たっぷりのお湯に蟹がまるまる浸かるようにするのです。


そのやり方なら全体がきれいに茹で上がります。


皆さん、おいしいかにを買いたいと思ったことはありませんか。


それなら、産地の名前がついた、ブランド品のかににするというのはいかがでしょうか。


直接見て買う場合、ブランドがにを探すのは簡単で産地や名称のタグがついているでしょう。


その名は、特定地域で獲れたかにであることのみんなにわかる証明です。


それは味や身の詰まり方の証明ともなっているわけで、だから産地を指定して購入してもらいたいためにブランド名に仕立てたのです。


格安で蟹を食べられたら嬉しいですよね。


そのためには、どういう手段で入手したらいいのかわかりますか?皆さんは総じて「そりゃスーパーに売ってある蟹が一番安いに決まってる」とおっしゃるかもしれません。


しかし、より安く蟹が売られているところがあります。


一体全体どうしたらいいのか?それは、訳ありの蟹が販売されている、通販を利用することです。


これが一番安く蟹を食べられる方法です。


これならば、たとえ見た目は劣っていても、安く蟹を買うことができます。


一口に食用のかにといっても、たくさんの種類があります。


みんなに知られているのはタラバガニかと思います。


そして毛蟹を思い浮かべる方も多く、あの硬い毛だらけの姿を思い浮かべるでしょうが、新鮮であるほど硬い毛が密集していて、これぞかに、という方はたくさんいます。


身や味噌の味といえば、ズワイガニも有名なところです。


とれる場所によっても味が違いますし、それぞれに好きな方がいます。

蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いた

蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?ガザミという和名でも知られる、横に大きい形をした蟹で、主に内湾を抱える地域、例えば瀬戸内海や有明海、大阪湾、伊勢湾といった浅海に生息します。


近年、国産品は貴重になってきています。


最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。


そのまま塩で茹でたり、蒸したりして食するのが古くから最も一般的とされましたが、味噌汁からパスタの具材、韓国料理に至るまで、使い道は多岐にわたります。


皆さんはどのかにを食べたいですか。


一番に挙げるのはタラバガニではないでしょうか。


それから、毛蟹を挙げる方も多いでしょう。


あの硬い毛だらけの姿を思い浮かべるでしょうが、風味豊かな身や味噌がぎっしり詰まっていてこれぞかに、という方はたくさんいます。


ズワイガニも多く出回っており、その味も固定ファンがいます。


どのかにも独特のおいしさをもち、この料理ならこのかに、という方もたくさんいます。


たくさんの方とお話ししていて、味が最高なのはとしょっちゅう聞かれますが、ズワイガニをおすすめして、はずしたことはありません。


ズワイガニのすごいところは、産地の名がそのままブランドになっていることです。


地域ブランドのかになので、皆さんご存じの松葉ガニや越前ガニなど、有名な産地のズワイガニを探せば、ブランドに恥じないおいしさです。


ブランドの分だけ高価なのは事実ですが、ブランドズワイガニは味噌まで味の保証付きです。


かにはどこでとれても味は同じ、と言われることがあります。


多くの方の話では、タラバガニだとどこでとれてもまあ同じ味という説が有力です。


一方、ズワイガニは国産と外国産の味の差が大きいという声を実に良く聞きます。


そもそも、ズワイガニは産地がブランド名になるくらい、そのブランドが味を表しているのです。


産地による味の違いはあると考えられ、外国産はもっと味が異なると言えるでしょう。


贅沢品といえば何といっても蟹。


私も蟹は大好きで、蟹通販をよく利用しています。


ですが、通販は相手が見えないですから、注意すべき点もあります。


お店のように現物を見て買うわけにはいかないので、事前に蟹の量を確認しておくのは大事なことです。


量のごまかしもまた、「カニカニ詐欺」のひとつの手口なのです。


それ以上に大事なのが、冷凍された蟹の解凍です。


生鮮食品の解凍は難しいものです。


解凍の際には急がず、自然に解けるのを待つことが大切です。


解凍を急ぐと、蟹の旨みが抜けてしまうことに繋がります。

かにを通販で買うときの注意点

かにを通販で買うときの注意点は、思わぬところにあります。


一度にたくさん食べると、大変なことになるかもしれませんよ。


通販で買った毛蟹はとてもおいしく、彼女と二人、全部を一気に食べていると、だんだん寒気を感じました。


それでもやめられません。


最後まで食べようとしていたら、しまいには歯の根が合わないくらい震えてしまいました。


皆さん、おいしいかにがたくさん手に入っても、かにの食べ過ぎ、特にビールを飲みながら食べるのは危険です。


少しずつ、味わいながら食べてください。


買い物をする時には、先ず楽天市場を見てから出かけるというのは、買い物の重さを軽減するのにも役立ちますね。


かにの通販も楽天を通すのが賢いやり方だと思います。


国内最大級のインターネットショッピングモールなので品揃えも豊富です。


かに通販会社のサイトにもピンからキリまであり、運よく良い方に当たればいいですが、悪い方に当たると代金を損するばかりでなく、芋づる式に次々と魔の手が伸びてくる危険があることは割と知られていて、注意するに越したことはありませんね。


ただ、楽天市場のお店は、一定の条件を満たしているので、後ろ暗い業者が入る隙がないので、安心して品定めできます。


たくさんの店がある中、頭ひとつ抜け出すのは、口コミを集めているお店です。


また、支払いの方法がクレジットカード以外にも代引きなどを選べるようになっているお店は、安心して商品の到着を待てますね。


でもボタン操作は慎重にして、買い間違いのないようにしましょう。


今時のかに通販は、かにの種類、産地、量など年々進歩しています。


かにを通販で買うのは初めての方にとっては多くの品の中から、どんなかにを選べばいいのかと実際に店舗で買う以上の困難に突き当たるでしょう。


今は通販の人気ランキングも充実していますので、いくつかのぞいてみてください。


色々な点から見て、お値打ちと言えるかにはランキング上位には欠かさずがんばっているのです。


皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、一度焼きがにを召し上がってください。


今まで食べたことがなくても、挑戦してみる価値はあります。


冷凍品の場合、解凍にはコツがあります。


水分が逃げないよう、新聞紙などで殻ごとくるみ、自然解凍できれば最高です。


半日くらいかけるのが理想です。


半解凍状態で、殻をつけたまま焼いてください。


うま味を逃すことなく、しっとりした状態で味わえます。


うま味を含んだ水分が残るよう、焼きすぎないでください。


かにならどれも同じですが、ズワイガニを通販で買う場合、カタログやサイトをよく見て、訳あり商品をチェックしてください。


ほとんどの通販では、訳ありの理由を示していますが、多くは市場に出す基準に合わない大きさや、傷があっても、十分食用になる品ですし、味は市場に出回っているものと同じです。


これでセール価格なら、買わなければ損です。


大きさや見た目を気にしないなら、訳あり商品を候補にしていくのが通の買い物ですよ。

何はともあれ、味がおすすめのかには

何はともあれ、味がおすすめのかにはどのかにかという話題になりますが、答えはいつも決まっています。


ズワイガニです。


ズワイガニというと、水揚げされた地の名がブランドになっている他のかににはない特長で、鳥取に松葉ガニあり、福井に越前ガニありで、有名な産地のズワイガニを探せば、文句のないおいしさです。


ブランドの分だけ高価なのは事実ですが、ブランド品なら、かに味噌好きの方にも十分応えられます。


急にかにを食べたくなって仕方ないときは、「かに 通販」でネット検索し、産地からの直接販売をぜひお試しください。


冷凍のかになら、一年中どこでも販売されていますが、サイトを丹念に探せば、産地直送で、さらに訳あり品など、送料を払ってもまだお得なかにがひんぱんに売られており、交通費を払って産地に買いに行くより、ぜひ一度、ネット検索してみるのがお財布もお腹も満足できます。


ズワイガニ選びで大事なのは何でしょうか。


実際ズワイガニを買っている方の多くは、大きくて、脚が長ければという判断で購入していると思います。


それだけでは不十分です。


それよりも大事な観点を知っておきましょう。


持ってずっしり、手応えがあるかどうかチェックしてください。


見た目が立派でも、中身のないかにだったという痛い話を聞いたことがあるでしょう。


重みがあれば、ある程度中身は詰まっていると考えられます。


蟹にも色々な種類があります。


それぞれへの好き嫌いは、個人ごとに分かれますから、通販で蟹を購入しようという人は、どの蟹はどんな特徴を持っているのか、よく知っておくことが必須かもしれません。


中でも売れ筋の蟹といえば、タラバガニ、ズワイガニなどです。


この二つは私もお勧めです。


いずれの種類でも、大きく新鮮な蟹を選ぶようにするのが蟹通販を利用する上での基本だといえるでしょう。


蟹通販が便利になった今では、以前にもまして、知り合いや家族にお歳暮として新鮮な蟹を贈るというケースが多くなってきました。


でも、気をつけてください。


何より新鮮さが落ちてしまうと、美味しさも損なわれてしまいますし、場合によっては、お腹を壊してしまうケースも考えられるのです。


そうしたリスクを回避するには、蟹を贈る際には、必ず信用できる業者から購入しましょう。


そして、二度手間にならないよう、留守中でない時間をちゃんと指定して送ることも忘れてはなりません。

扱う店によっては絶対に手を出したくないものもあ

扱う店によっては絶対に手を出したくないものもあるかもしれない「訳あり商品」ですが、通信販売で、かにの訳ありなんて美味しければ訳なんてどうでもいい人もいるかもしれませんが、大抵は訳ありは不良品とも言えるかも知れず、気にしなければいいというわけでもないですね。


何を訳と考えるかについては、お店、担当者によってまちまちではありますが、意外に似通っていることが多く、基準より大きすぎるとか、他と比べて、特別に小さいものも訳になってしまうそうです。


人間と同じで、「みんな違ってみんないい」はずなのにそうではなく、他とのつりあいで外れるかにもあります。


甲羅の傷や脚の外れなどもありますが、味には変わりないですよね。


正規品ってこうも厳格に選び抜かれていたんだと感動すると共に、贈り物にするんでもない限り気にする方がおかしいくらいです。


友達にも教えてあげようと思います。


蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。


お知り合いや家族に、お歳暮として新鮮な蟹を贈るというケースが多くなってきました。


ですが、通販で蟹を送る場合、気をつけるべきことがあります。


何より新鮮さが落ちてしまうと、風味や味わいも落ちていく上、場合によっては、お腹を壊してしまうケースも考えられるのです。


そうしたリスクを回避するには、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。


留守だと届くのがさらに遅くなるので、相手が家を空けている時間を避けて工夫して発送するのがよいでしょう。


多数の業者から選べるのがネット通販の利点ですよね。


蟹通販の利用時にも、数えきれないほどの選択肢から業者を絞り込むことになりますが、選び方の基準はどんなものでしょうか。


業者の信用に関わってくるのは「人」です。


良い業者には、お客様に良い蟹を届けるために、目利きの専門家がおり、人任せにすることなく、専門家自らが現地まで買い付けに行き、プロの目利きでもって、一定品質以上と認められた蟹だけを確実に買い付けくる体制になっています。


いい買い物をしようと思えば、品質重視の業者を探すことが蟹通販を上手く利用するコツなのです。


ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。


地方により様々で、セイコガニと呼ばれたり、香箱ガニと呼ばれたりすることもあるでしょう。


オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。


それとは対照的に、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、味噌と内子と外子がバランスよく含まれており、多くは、このような部位を茹で珍味として愛されています。


花咲がには高価なおいしいかにですね。


根室に近い、花咲近辺が主な漁場のかにの一種で、分類するとヤドカリだと覚えておきましょう。


見た目はかにと変わらず、味もかにとそっくりなので食べる方としては、かにと同じ扱いで全国に出回っています。


身は引き締まって濃い味わい、水揚げが少ないのでめったにお目にかからず、非常に珍重されています。
前の記事へ 次の記事へ