グルメの王道といえば蟹。主人も大の蟹好き

グルメの王道といえば蟹。


主人も大の蟹好きでして、通販で蟹を取り寄せても、一人で全部食べてしまうのだから呆れたものです。


だけど、子供も大きくなってきましたし、できれば家族皆で楽しめる方がずっといいに決まっていますよね。


こういうニーズに合った商品が、冷凍のポーションタイプです。


これは、殻を取り除いた蟹の足をたくさん詰め込んだもので、蟹しゃぶや蟹鍋など、家族で囲む料理には特に、面倒な手間がかからないので大変便利です。


これなら、子供のために殻を剥いてあげる必要もなく、存分に蟹を楽しむことができるので、子持ちの家庭には特にお勧めです。


かにのお歳暮、もらった方は喜ぶでしょう。


かにを買うときには、ここだけの話、注意してほしいことがあります。


実にありがちなことですが、品数が豊富であればあるほど、自分で選んだかにを贈ることです。


とてもよくある話ですが、プロの見る目は確かだろうと思い込んでしまうと、店側が早く売りたい見切り品を掴まされるかもしれません。


お歳暮のかにには特に念を入れて、実績のあるところから買うことを勧めます。


大手ショッピングサイトでも、かに通販は特集になるくらいびっくりするほどたくさんあります。


通販で食品を買うのは難しく、どこから買えばいいのか迷う人がたくさんいるのは仕方ないでしょう。


かにに限らず、良質な商品を手に入れたいそういう方のためにテレビ通販があるのです。


一年中あるわけではありませんが、テレビ通販のかには産地でも有名な業者の品が多く、届いてがっかり、ということはまずありません。


どんな人にも無難な通販です。


便利に利用できる蟹通販。


しかし気になるのは、何よりまず鮮度を確認することです。


また、値段や量もしっかり押さえておきましょう。


加えて、忘れてはならないのが送料です。


意外と見落として損をすることが多いのです。


蟹通販は生鮮食品を送ってくる都合上、梱包費などを含めて高額な送料を取られる場合も多いので、送料の有無やその額を必ず購入前に見ておくようにしてください。


なるべく送料無料の業者を選ぶべきなのは言うまでもありません。


また、送料無料のところでも、北海道や離島など、一部の地域のお客様のみ送料が掛かる場合もあります。


今日では、楽天市場をはじめとする多くの通販サイトで蟹通販を利用でき、好みに合わせて色々な蟹を取り寄せられるようになっています。


しかし、通販の利用が初めての方は、実物を見て買えない点が怖いかもしれません。


どう選べばいいか分からない方もいるでしょう。


そんなときには、必ずその業者に寄せられているレビューを確認するようにしましょう。


レビューを参考にする上でも注意点があります。


それは、サクラやヤラセに引っかからないようにすることです。


レビューの数がそれほど多くないにもかかわらず、よく似た文章・表現ばかりが並んでいる場合は、おそらく業者が人を雇って書かせたヤラセ評価です。

メスのズワイガニは別名セコガニです。地域によって

メスのズワイガニは別名セコガニです。


地域によっては、セイコガニまたは香箱ガニと呼ばれることもあります。


雄のカニ味噌は確かにおいしいですが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。


逆に、セコガニはコンパクトなため、脚の身はあまりありません。


しかし、味噌と内子と外子がバランスよく含まれており、大方は、そういった部分を湯がき、珍味として食べます。


蟹通販をお得に利用したいとお考えの皆様へ。


蟹通販で気にすべき点は、何よりまず鮮度を確認することです。


また、値段や量もしっかり押さえておきましょう。


そして最も重要ともいえるのが送料です。


意外と見落として損をすることが多いのです。


蟹通販は生鮮食品を送ってくる都合上、梱包費などを含めて高額な送料を取られる場合も多いので、送料は掛かるのか、掛かるならいくらなのか、必ず確認しましょう。


送料無料のところもあるので、蟹の質が良ければ断然そこを選びたいですね。


ちなみに、送料無料を謳っている業者でも、一部の地域にお住まいの場合のみ送料がかかるなど、色々なパターンがあるのです。


私も家族も無類の蟹好きですので、蟹通販をよく利用しています。


ですが、初心者は気をつけるべき部分もあります。


通販では色々と確認が大事ですが、中でも量の確認は大事です。


ちゃんと確認しておかないと、量のごまかしもまた、「カニカニ詐欺」のひとつの手口なのです。


また、初めての人は蟹の解凍でも失敗しやすいです。


解凍にはコツがあります。


何より、時間をかけて自然に任せるつもりで慎重に行いましょう。


解凍を急ぐと、蟹の旨みが抜けてしまうことに繋がります。


色々な方から、一番おいしいかには何でしょうかと聞かれますが、勧めるのはズワイガニで、決して変わりません。


実は、その産地の名がついているかには、ほとんどズワイガニです。


それぞれの地域を代表するかになので、松葉ガニだの、越前ガニだのご当地ブランドのズワイガニならば味の保証ができます。


他の産地より高いのには目をつぶっていただき、ブランド品なら、かに味噌好きの方にも十分応えられます。


その昔、ごく一部の裕福な人々のものだったかにも、今やちょっと奮発すれば手の届く時代です。


お手軽な通販でかにを注文することが出来るのは、うれしい限りですが、買わなければ良かったと思うような品物をつかまされたりするようなことも目立つようになりました。


多少の違いは許容範囲のうちですが、あまり質が落ちると業者への不満も大きくなります。


せっかくのかにとの時間をリスクなしで精一杯楽しむためにも、失敗を避けて、安心してかにを楽しむには、口コミやレビューの意見を見てみるのもいいと思いますが、お店のサイト以外も見るなど出来るだけ情報収集した上で、いいと思ったお店を幾つか選びます。


お財布が許せば、2つの会社から購入して食べ比べるのもいいでしょう。


今まであまり活用していませんでしたが、SNSを利用して検索したら如何でしょう。


また違った角度の見方ができ、世界が広がるかもしれませんね。

昔からある詐欺の手口で、自宅に突然蟹が送られてくるとい

昔からある詐欺の手口で、自宅に突然蟹が送られてくるというのがあります。


最近有名になってきた「蟹通販詐欺」、またの名をカニカニ詐欺です。


旦那さんや奥さんが注文したのかと思い、代引きで支払いに応じてしまう人が少なくないようです。


きっぱり断ってもいいのですが、他の詐欺の手口と比べれば金額も圧倒的に少ないですし、蟹は実際目の前にあるので、まあいいやと諦めて諦めてしまうケースがまま見られます。


少しでも変だなと思う荷物が来たときには、まずは詐欺ではないかと疑ってみるのがいいでしょう。


かに通販の中に、お得価格のポーションが多いと思いませんか。


これは、殻をむいて中身を集めたという半加工品です。


多くは箱詰めの、むき身のかにです。


むき身の方が手軽に調理できるというのも強みですし、多くは殻の割れなどの訳あり品なので、実質的な身の量を考えると安いという点にも注目ですね。


今はもっぱら、かに通販でかにを買うのがおすすめという流れになっています。


それはどうしてかというと、今はインターネット通販やテレビショッピングが充実していて、全国どこからでも、おいしいかにを直送してもらえるからです。


通販でも冷凍だけでなく、生のかにをおいしい状態で買えるようになったので、生でも冷凍でも、かにを食べたいときにはちょっと待ってもらって、お店で買うのではなくかに通販で買うことがほとんどになりました。


少し前までは通販の宣伝といえばテレビでした。


テレビを見て蟹通販に魅力を感じた方もいるでしょう。


ですが、今は通販のメインもネットにシフトしている時代。


まずはネットでさらにお得に蟹が買えるところがないかどうか、お手元のスマホやパソコンで一度検索してみましょう。


なぜお勧めするかというと、一般にテレビ通販よりネットの方が安い値段で買える、または同じ値段ならより良い蟹を買えるからです。


とはいえ、ネットには詐欺などのリスクもありますので、業者のネームバリューにおいて優るテレビ通販を利用した方が、お勧めだとも言えます。


蟹通販を利用する上で気になる点はなんでしょうか。


それは、何よりまず鮮度を確認することです。


また、値段や量もしっかり押さえておきましょう。


さらに、多くの方が軽視しがちですが、送料も重要です。


少しでも得をしようと思えば、送料は必ず気にするべきです。


蟹通販を利用する場合、購入する内容によっては、うっかり見落とすと凄い額の送料を請求されて驚くこともあります。


送料の有無やその額を必ず購入前に見ておくようにしてください。


私の場合、送料無料の業者をいつも使っています。


なお、基本的には送料の掛からないところでも、離島など一部地域にお住まいの方は、どうしても送料が掛かってしまいます。

ネットで少し検索すれば、10件や20件ではきかな

ネットで少し検索すれば、10件や20件ではきかないくらい、あまりに多くの口コミがネットに溢れ返っているのが実情です。


楽天市場やアマゾンなど、多くの人が集まるサイトに書き込まれている口コミ・レビューの他、検索すれば実に多くのサイトで蟹通販の口コミが掲載されています。


こうなると、どの情報を参考にしていいかわかりません。


そんな中で、何を参考にすればいいのでしょう?ネット上の口コミはしょせん、主観に過ぎません。


それより、取引実績のちゃんとしている業者を選ぶことです。


そうすれば個人の主観に左右されない判断ができるでしょう。


選び方が違った場合には、蟹の元々の良さを味わうことができません。


蟹の味を楽しむには正しい選び方を知っておく必要があります。


美味しいタラバ蟹を見極める方法は、留意する点は重さをみることで、まずは第一のチェック項目です。


そして、甲羅の汚れ具合も大事で、きれいなものではなく、汚れているもの、そして硬いものを買うことをお勧めします。


かにをお歳暮にしよう、と考えた方、詰めを甘くしてはいけません。


何が大事かというと、たくさん並んだかにの中から、店側に勧められたかにを安易に選ばないことです。


多くの人はそうだったかもしれませんが、自分が選ぶよりましだろうと決め込んでいると、店が早く処分したい品を選ぶかもしれません。


大事なお歳暮用のかにですから、実績のあるところから買うことを勧めます。


おいしいタラバガニを選んでいますか?まず、雌より雄にしましょう。


メスは卵を抱えているため、栄養分はそちらに行ってしまいます。


これぞタラバガニと言うべき脚の身に栄養が回っている雄を選ぶべきですよね。


さらに、甲羅中央部に縦2列で並ぶ突起が、いくつあるか数えてください。


6個並んでいれば、タラバガニに間違いなく、もし4つしかなければ、それはアブラガニで、違う種類を買わないよう用心してください。


ウチの旦那は昔から蟹が大好きで、シーズンのたびに通販で蟹を注文しては、一人で全部食べてしまうのだから呆れたものです。


私もよく唇を尖らせるのですが、たまには家族で食べられるように今後はしたいなと思っています。


そんな我が家では、ポーションタイプの蟹が最近のブームです。


ポーションタイプとは、殻を取り除いた蟹の足の詰め合わせであり、蟹しゃぶや蟹鍋など、家族で囲む料理には特に、そのまま鍋に入れるだけなので楽チンです。


殻があると子供に食べさせるのは大変ですが、ポーションタイプなら簡単に蟹の魅力を楽しめます。


お子様のいる家庭にお勧めの商品といえます。

蟹通販を扱うWEB上の業者は年々その数を増しており、好

蟹通販を扱うWEB上の業者は年々その数を増しており、好みに合わせて色々な蟹を取り寄せられるようになっています。


便利な蟹通販ですが、難点もあります。


それは届くまで実物を見られないこと。


購入の前に、ネット上で見られる口コミやレビューを参考にするのです。


レビューを参考にする上でも注意点があります。


それは、真っ当なレビューと、業者のサクラを見分けるように気を付けることです。


サクラを見抜くのは簡単です。


レビュー件数自体が少なく、その全てが似たような文章の高評価だという場合、おそらく業者が人を雇って書かせたヤラセ評価です。


モクズガニはズガニという名前でも呼ばれます。


モクズガニという名前の方が思い当たる人も多いかもしれません。


モクズガニ漁は河川で行われ、特色は鋏に生えた毛です。


そして、甲羅が手のひらの大きさより一回り小さいほど小ぶりなのですが、それにしては脚が長いことが特徴です。


主として蟹のお味噌汁、あるいは炊き込みご飯として好まれています。


急にかにを食べたくなって仕方ないときは、かにの産地からお取り寄せできるインターネットのサイトを一手間かけて調べてください。


かにはどこで買っても同じだと思う方もいらっしゃるでしょうが、インターネット通販は、各産地から直接送れることで、色々な事情で安くなっているお買い得のかにが見つかるかもしれません。


味にうるさい方、お得なかにを買いたい方も、通信販売に挑戦してみればお得なことは間違いありません。


ズワイガニがあれば紅ズワイガニはいらないと、かにに詳しい方が言うのですが果たしてどうでしょうか。


記憶をたどって、紅ズワイガニは全部おいしいと思ったことがないなら紅ズワイガニの本当のおいしさを知らないだけでしょう。


新鮮な紅ズワイガニは、それはもうみんながおいしさを認めます。


新鮮でないとおいしくないのも事実で素直においしいと言われにくいのでしょう。


ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。


土地土地で違いがあり、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。


ズワイガニの雄では、カニ味噌も美味しくいただけますが、一般によく食べられているのは、脚の身をゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋などにして頂く食べ方です。


それに比べて、雄より小さいセコガニは脚の身も当然少ないのですが、味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、わりと、そういった部分を湯がき、珍味として食べます。
前の記事へ 次の記事へ