美味しい蟹を通販で取り寄せたいと

美味しい蟹を通販で取り寄せたいというとき、茹で蟹と活蟹のどちらを買うのがいいのかとあれこれ迷ってしまう人もいると思いますが、考えている食べ方によって変わります。


代表的な食べ方の一つである蟹鍋の場合、殻剥きの手間などがない、ボイル済のポーションタイプが最適といえます。


一方、蟹しゃぶで召し上がりたい場合、鮮度第一の活き蟹か、生のまま冷凍したものを買うといいと思います。


蟹の味わい方によって適した商品も変わってくるので、それを意識すれば、商品選びにも困らず、もっと手軽に蟹通販を利用できます。


かに通販の盲点を知っていますか。


たとえば、安いからといって買いすぎてしまい、始末に困ったというのです。


産地に行ったり、鮮魚店に行ったりして買ったなら、自分が持ちきれないほどの量を買おうとしたことに気づき、自宅で保管できない量を買うことはまずないでしょう。


通販だと、量やかさ、箱の大きさを実感できないまま、店舗より安いこともあって大量購入してしまい、全部食べきるまで大変だったという話を噂で時々聞きますので、食べきれる量の検討と保管場所の確保を、忘れないようにしましょう。


蟹の食べ放題コースは多くありますが、多くの方は、そんなところの蟹は美味しくないという固定観念を抱いているのではないでしょうか。


でも、中には例外もあります。


食べ放題でも新鮮で美味しい蟹を食べられるコースが最近は増えてきています。


普通のお店ではなく、蟹専門店や、北海道や山陰など名産地での食べ放題コースでは、プロも認めた高品質の蟹を心行くまで味わい尽くせるはずです。


でも、そうは言っても、やはり本当に極上の蟹をお求めの方はいわば安心が担保されているブランド蟹を選ぶのが結局は無難な選択でしょうね。


ズワイガニ選びで大事なのは何でしょうか。


ズワイガニに限らず、当然のように全体の大きさだけを見て選んでいるかと思われます。


大きさもさることながら、もっと重要なポイントを覚えておいてください。


かにの重みを調べていますか。


食べようとしたら、中身スカスカのかにだったという悲劇は後を絶ちません。


持って確かめられるなら、重みをチェックするのは当然です。


蟹を食べるのにお得ないい方法は、日帰りカニ食べ放題ツアーが最もいいと思います。


何故か?それは、もしこうして蟹を食べたとしたら、蟹を従来通り買って家で食べるというごく普通の方法の時よりも蟹を食べるのに確実にお得な方法だからです。


さらに、蟹が美味しく食べられるところで行われることが多いツアーであるので価格または量といった点だけでなく、上質であるということにも納得できると思います。

一口に蟹といっても、多くの種類があり、それぞれ味わいが

一口に蟹といっても、多くの種類があり、それぞれ味わいが異なるので、蟹を食べなれていない方は、特定の蟹にこだわらず、色々食べ比べてみましょう。


中でも最も美味しいと言われているのは、松葉ガニ、越前ガニなどの銘柄で知られるズワイ蟹です。


この蟹は、繊細な風味や、強い甘みを持った味わいで知られ、また蟹ミソも濃厚な味で絶品です。


甲羅の表面がツルツルしており、またタラバ蟹などと比べると小さめなのが外見上の特徴として挙げられます。


毛蟹の選び方、チェックポイントをお話しします。


毛蟹がもっとも出回るのは冬です。


大きめで、身がよく詰まった状態で獲れる冬は、おいしい毛蟹を入手できるのです。


次のポイントは、見た目の色や大きさ、持ってみてズシッとくるかです。


通販では難しいですが、できるだけ新鮮そうな、重たいものを選びましょう。


身が詰まっているかには、やはり手応えが違います。


実店舗でも通販でも、評価の高いお店を探すことで大はずれのない買い物ができるでしょう。


蟹は嫌いじゃないけど、殻を剥くのがちょっと面倒。


そんなあなたへのお勧めは、ポーションと呼ばれる、むき身の脚がたくさん入っているタイプの商品です。


「えっ、一番おいしいのは活蟹でしょ?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、あの殻を剥くのが面倒で蟹を敬遠する人も多いですよね。


どうすれば蟹を手軽に味わえるのかは永遠のテーマでしたが、その点では活蟹よりもあえてポーションの蟹を選び、蟹鍋をするのがプロも勧める最もお手軽な味わい方です。


また、蟹はやはり丸ごとでないと!という方は、せっかくですから訳あり蟹を買ってみましょう。


普通よりずっと安く蟹を堪能することができます。


今後はこれで決まりですね!よく蟹の旬ということを言いますが、蟹は実は水揚げできる時期が限られています。


一定の時期にならないと漁が解禁されません。


無秩序な乱獲を防ぐためにも、各地域ごとの漁の解禁日が、大体11月頃に決まっており、蟹をとってもよいのは解禁日以降のみとするというルールが厳格に定められています。


毎年、解禁されたばかりの蟹にありつくためには、毎年の解禁日がいつか認識しておくことが大事だと覚えておきましょう。


蟹の魅力を十分に引き出すためには、調理の手順などにも気を遣う必要があります。


多くの場合、茹でて食べるのが基本ですので、どうすれば蟹を上手に茹でられるのかの知識があるか否かが重要だといえます。


さて、そのコツとは、小さい鍋ではダメで、出来る限り大きめの鍋を用いることです。


蟹全体がしっかりお湯をかぶるようにして茹でれば、ご家庭でも失敗はないでしょう。

紅ズワイガニは、安いが味は今ひとつ、ともっ

紅ズワイガニは、安いが味は今ひとつ、ともっぱらの評判ですが違う、と断言できます。


これまで食べた紅ズワイガニはどれもはずればかりだとしたら今までおいしい紅ズワイガニにあたったことがないためでしょう。


新鮮な紅ズワイガニは、それはもう実においしいかにです。


ただ、非常に鮮度が落ちやすいので素直においしいと言われにくいのでしょう。


お買い得品の代名詞となることの多い「訳あり品」は、賢い主婦に大人気のものが数多くネットなどで出品されています。


中でもかに通販の訳あり品とは、美味しければ訳なんてどうでもいい人もいるかもしれませんが、大抵は訳ありは不良品とも言えるかも知れず、分かった上で理由に納得がいけば心おきなく楽しみたいと思います。


何を訳と考えるかについては、お店、担当者によってまちまちではありますが、ただ、原因と考えられることは、それほど多くはなく、箱に入りきらないほど大きいだとか、そうかと思えば、小さすぎるのもダメなようです。


ほぼ大きさが揃っている中に混じった半端な大きさのかにだとか、脚や甲羅に傷や藤壺がついていたって美味しさは同じだと思います。


こんな些細なことが訳あり品の原因だったなんて、王侯貴族ならともかく一介の庶民はあまり気にする必要なんてないですね。


訳ありかには、我が家の定番になるかもしれません。


数年前では考えられなかったくらい、かに通販の量と質は他の通販食品同様の充実ぶりです。


かにを通販で買うのは初めての方にとってはどれを選んでいいのかわからず実際に店舗で買う以上の困難に突き当たるでしょう。


そんなときの強い味方が、ネットなどの人気ランキングで、どんな方にもきっと頼りになるでしょう。


初心者でも後悔しない、値段と味のバランスが獲れた品は多くの人気ランキングで、確実に上位に選出されています。


当然です。


かに好きの私にとって四季を通じてかにが最高のご馳走ですが、特に冬場のご馳走のてっぺんに君臨するのがかにということに反対する人はいないに違いありません。


名産地の出所確かなかにを送ってもらえるならそれに越したことはないでしょう。


通販のかには種類が多く何をポイントに選べばいいのかわかりませんが、考えなければいけないこれだけは気をつけたいポイントは以下のもので、それほど難しいものではありません。


教えるまでもないかもしれませんが、産地は当然こだわるべきです。


誰でも知っているような、かにで有名な地域で水揚げされたものなら、安心ですね。


そんなかにを産地から直接送ってもらうというのが2点目ですね。


そして3点目がお店を選ぶのに口コミやレビューを参考にすることです。


これらを基に購入すれば、失敗する確率は低くなると思います。


かにのシーズンはじめに、テレビでかにを特集していました。


そこで通販を紹介していました。


たくさん入ったかにを探していましたし、おいしそうだったので送料無料も気に入って、初めてのかに通販に挑んでみました。


初めて生鮮食品をお取り寄せで買ったため、本当にテレビで見た商品が届くのか心配していましたが、かにはテレビで見たとおりの品で、味もテレビの紹介の通り、嬉しいお正月になりました。


あの味は忘れられません。


今年も買います。

昔からかにに目がなく、旅行は美味しいかにがあるか

昔からかにに目がなく、旅行は美味しいかにがあるかを基準に決めるほどですが、先日、通信販売のかになんてそれほど美味しいはずはない、と思いながらも申し込むことにしました。


意外にも、産地で食べるのと変わらないといっても言い過ぎでないほどの味でした。


インターネットどころかパソコンも普及していない結構な昔から、かにを食べたいと思う人がいて、かにを送ってくれるところもあったというわけです。


当時は、生ものの発送という画期的な試みが利用されているという話を聞くこともほとんどなかったので、かにを買うのに通販を利用することの利点などなく、あまり味に満足できないことが多いと聞いていたので不安の方が大きかったのです。


しかし、冷凍技術や配達のスピード化など様々な進歩により、通販でも十分満足できる品質のものが味わえるようになりました。


一度利用してみては如何でしょう。


ネット全盛の時代とはいえ、テレビでも通販番組をやっているので、それで一度は通販で蟹を買ってみたいとお考えの方もいるかもしれません。


でも、テレビ通販を利用する前に、WEB上でさらにお得に蟹が買えるところがないかどうか、一度調べてみたほうがいいでしょう。


テレビの通販がいくらお得だといっても、WEB通販の方がさらに良いものを、お得な値段で買える場合が多いからです。


とはいえ、ネットには詐欺などのリスクもありますので、信頼と実績のあるテレビの通販番組を通じて購入する方がご自身に合っているかもしれません。


先日どうしても食べたくなってかにを通販で頼みました。


かにをお取り寄せなんて贅沢な話ですが、わざわざお取り寄せをするからにはメリットがあるということです。


小さいものはともかく、大きなかにはスーパーやデパートで買っても大きいし重いし少ししか買えませんよね。


お取り寄せならいくつでも気にせず買えますね。


何キロになったとしても制限はありませんし、宅配便の軽快なフットワークでどんな山奥でも玄関まで重さも大きさも厭わずにしっかりと届けてくれます。


重いものを自分で運ばなくていいので助かります。


でも、真のメリットはその品質だと思います。


その品質を少しも落とすことなく送られた最高のかにを自宅に居ながらにして贅沢に味わえることがお取り寄せの最もいいところかもしれません。


ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。


蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。


蟹のふんどしを外します。


これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。


包丁の根元の方を使い、甲羅が傷つかないように腹を正中から真っ二つにします。


腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。


ここは結構力が要ります。


この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。


胴の蟹ミソは落ちやすいので、フォークやスプーンでかき出して甲羅に入れておきましょう。


これで解体は終了です。


さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておく。


以上が蟹の捌き方の基本になります。


かにの通販は本当にたくさんありますよね。


購入のチェックポイントとして、ボイル前と後はどちらがよいのかどうしようと頭を抱えた方も少なくないでしょう。


通販のかにの加工法を決める場面では活かにを選びましょう。


どんな調理をするとしても、その方が新鮮なおいしいかにを手に入れられるでしょう。

多くの方に好評のかにの食べ方として

多くの方に好評のかにの食べ方として、「焼きがに」いかがですか。


自宅で十分、かにのおいしさを堪能できます。


まずは、解凍ですよ。


ラップよりも、水分を吸収する新聞紙やキッチンペーパーで包み、冷蔵庫で自然解凍しましょう。


半日くらいかけるのが理想です。


半分解凍できたところで、殻のまま網で焼くと、うま味を逃すことなく、しっとりした状態で味わえます。


うま味を含んだ水分が残るよう、焼きすぎないでください。


ゆでがには一番メジャーな調理法ですが、おいしく茹でるために、白湯より、少し塩を入れて茹でた方がいいですよ。


入れすぎると身が硬くなるので、ちょっと塩気を感じるとわかれば大丈夫です。


かには丸ごと茹でる必要はなく、もう、甲羅と脚は切り離してしまいましょう。


鍋に全て収めてください。


お湯や鍋が汚れない程度に、全体をきれいにしておくと衛生的ですね。


蟹のブランドにも色々ありますが、私のお勧めは有名なズワイガニです。


蟹らしい旨味が詰まっており、繊細な風味も特筆ものです。


ズワイガニを一度味わってしまえば、他の種類の蟹はもう食べる気をなくしてしまうかもしれませんね。


ズワイガニは、どこの漁場で水揚げされたかによって呼び方が変わってきますが、それを見分けるのが、脚に付けられたタグという目印です。


タグがしっかりしていれば、味や品質はお墨付きということです。


蟹の購入で失敗しないためにも、商品を選ぶ際にはタグが付いているかどうか、まずはチェックしてくださいね。


蟹通販といえば、お得で手軽に蟹を購入できるものです。


しかし、それを利用する上では、慎重になるべき点もあります。


多くの方に人気なのはタラバ蟹ですが、タラバ蟹を購入する時には、蟹を買う際に最も大事なポイントである、新鮮さやサイズを入念にチェックしましょう。


写真からでは判断がつかないことも多いので、説明文も併せてチェックすることが必須です。


また、利用者の口コミやレビューといった情報源も客観的評価の基準になるので参考にしてください。


蟹を入手しようとする際、気を付けるべきこと、それは選び方です。


蟹がどんな種類なのかにより、選ぶ方法に違いがあります。


買いたい蟹がズワイ蟹だった場合には、大切なのは、腹側を見ること、これが重要です。


この時大事なのは腹側が白いズワイガニを避けることで、重要なのはアメ色をしたものをチョイスすることです。


その他にも、理想的なものは甲羅部分が硬いです。
前の記事へ 次の記事へ