蟹をさばくのは難しいものです

蟹をさばくのは難しいものです。


活蟹のさばき方を簡単にご説明します。


はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上に向けます。


そして、腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。


次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。


腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。


胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。


蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。


これで解体は終了です。


さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておく。


これにて蟹の捌き方はおしまいです。


どうですか、意外と簡単でしょう。


かにならどれも同じですが、ズワイガニを通販で買う場合、訳あり商品はないか、良く探してくださいね。


訳あり商品でも、ズワイガニに変わりはありません。


市場に出すものより大きいか小さいか、ちょっと傷があっても、食べられるような品ですから風味に問題があるわけではありません。


それで激安価格なら、買わない手はないでしょう。


自宅用で食べる分には訳あり商品を候補にしていくのがかに通販の達人と呼んでいいでしょう。


厳寒の季節に、暖房のきいた部屋で楽しむといったら、誰が何と言ったってかにの右に出るものはないでしょう。


怪しい輸入品などでなく、名産地水揚げの確かなかにを取り寄せられればうれしいですね。


かにの通販では、多種多様なかにの取り扱いがあって、どれを選んだらいいか迷いますが、考えなければいけないポイントは3つです。


何といっても最初に考えなくてはいけないのは当然かにの獲れた場所、つまり産地ですね。


誰でも知っているような、かにで有名な地域で水揚げされたものなら、安心ですね。


そんなかにを産地から直接送ってもらうというのが2点目ですね。


3つ目のポイントがズバリ、「口コミ」です。


100パーセント正しいことを言っているという保証はありませんが、参考にするには便利なものと言えます。


注文した覚えのない蟹が勝手に自宅に届くのが蟹通販詐欺と呼ばれる手法です。


よくあるケースでは、代引きで送られてきて、家族が買ったものと誤信し、支払ってしまうので詐欺師の思う壺です。


本来なら支払いを拒むべきなのですが、ベラボウな金額を請求されているわけでもなく、一度商品が届いてしまったものは仕方ないかと思って被害を訴えないケースが多くなっています。


少しでも変だなと思う荷物が来たときには、まずは詐欺ではないかと疑ってみるのがいいでしょう。


「さあ蟹を調理しよう」という時には蟹が今、どういった状態であるかにより注意点が異なってきます。


その注意点のうち特に大切なことと言えば、蟹が冷凍保存してあった時に、どうやって解凍するかということです。


大多数の方が解凍を早めたいと、水の中に蟹を入れてしまうことがあります。


そうしてしまうと、蟹の旨みが楽しめなくなってしまうので、多少時間はかかりますが、ゆっくり冷蔵庫の中で解凍しましょう。

とれたてのかにが出回る頃には皆さ

とれたてのかにが出回る頃には皆さん、かにを食べたくなりますよね。


具だくさんのかに鍋にすれば、外は寒くても最高に幸せな味です。


そこで、もし時間とチャンスがあれば、かにを近所のお店で買って済ませるのでなく、早起きして、市場へ買いに行くともっと鍋をおいしくできるでしょう。


市場が近くにない方は、産地直送の通販を探すのもかなりおいしいかにに出会えます。


上海ガニは小型ですが、丸のまま蒸す、点心の具などで実にいい味を出すので、その名にふさわしい有名なブランドです。


チュウゴクモズクガニという名の通り、中国原産で生息地域は案外広いのです。


雑食で、何でも食するので、在来生物の脅威となることもしばしばです。


このかにがこれ以上拡散しないように生体の輸入だけでなく、取引全体を厳重に制限している国もあるのです。


私が思うに、かにを買おうと思い立った時、最終的には楽天市場をチェックするのが賢いやり方だと思います。


国内最大級のインターネットショッピングモールなので品揃えも豊富です。


かに通販会社のサイトにもピンからキリまであり、運よく良い方に当たればいいですが、悪い方に当たると写真ひとつ取っても実物と程遠いものを使うなど、きちんとした買い物などできないばかりか、詐欺にあう可能性も高くなります。


低価格につられたり、キャンペーンに騙されたりするかもしれません。


楽天の中ならどのお店も大丈夫と思えるので、詐欺を警戒してびくびくすることなどなく、ゆったり品物を選べていいですね。


これだけの会社の中で選んでもらうには高評価の口コミをいかに多く集めるかにかかってきます。


会社の姿勢も窺えますね。


それと、着払い対応を嫌がる業者も居ますが、それを取り入れてくれるお店は更に良心的で、品物にも信用がおけると思います。


人気の蟹通販といってもどんな商品を買えばいいのでしょうか。


一番のオススメは、あらかじめ殻が剥いてある「ポーションタイプ」という商品です。


ポーションは新鮮さでは活蟹に劣りますが、でも活蟹は、素人には身をさばくだけでも大変です。


なんといっても手軽に蟹を味わおうと思えば、殻が剥かれたポーションの蟹を買い、それで蟹鍋をするのがプロも勧める最もお手軽な味わい方です。


ポーションタイプではなく、丸ごと揃った蟹を味わいたい方は、通常よりも安価な「ワケアリ」の蟹を買えば、ちょっとお得に美味しい蟹に舌鼓を打つことができますよ。


有名なかにの産地を考えてみると、北海道と答える方が多いでしょう。


その理由ははっきりしていて、毛蟹の産地に限っていえば北海道以外にありません。


日本では、その他にも多くの種類のかにがとれます。


そこで他の種類が獲れることで知られた場所があることでしょう。


ズワイガニなら、松葉ガニを誰もが思い浮かべるくらい鳥取県の水揚げ高は多いのです。

花咲がにを食べたことはありますか。根室の花咲漁港が主

花咲がにを食べたことはありますか。


根室の花咲漁港が主な産地のかにの一種で、分類するとヤドカリだったのです。


実際は、見た目ではかにと区別がつかず、味もかにに近いので市場ではかにと一緒にして誰も問題にしていません。


身は引き締まり、豊かな味わいがあって、産地が限られて漁獲量も少ないので一度は食べたい珍しいかにとして全国に知られています。


ガザミ、イシガニは、食用になるとワタリガニと呼ばれます。


一般に出回っているかにの中では脚を味わいたい方には向いていないのですが、代わりに、味噌はとてもおいしく味噌ならワタリガニ、というファンが多いのです。


贈答用とは言えませんが、自家用にふさわしい値段でかに味噌をたっぷり味わいたいなら一番おすすめのかにです。


丸ごと調理するのも簡単なサイズで和洋中、様々な料理に使われているのです。


蟹通販は大変お得で便利です。


蟹通販を利用すれば、各地の漁場から自宅まで直接蟹を届けてもらうことができます。


しかし、最近では蟹通販を取り扱う業者も以前と比べてずっと多くなってきたので、どの業者がいいか、なかなか初めての人には判りづらいですよね。


ネット上ではいくつか人気ランキングが載っていますから、これを見ると人気の業者がわかります。


迷った時は、ランキングで上の方に挙がってくる業者の、多くの人が買っている商品を選べば、ほぼ間違いはないと言ってよいでしょう。


せっかく蟹を買うのなら、激安通販を利用したいと思っている人も多いようです。


その名の通り激安なので、一見、大変便利でいいものでしょう。


しかし、すぐに飛びつくのは禁物です。


リーズナブルだという度合いを超えて安価すぎるなら、安売りを騙った詐欺業者である可能性も考えられます。


トラブルや詐欺に巻き込まれないためにも、事前によく調べた上で利用を判断しましょう。


その方が安全です。


とれたてのかにが出回る頃にはかにを食べたくなるのは必然です。


真冬にかに鍋にして食べれば、最高に幸せな味です。


そこで、もし時間とチャンスがあれば、かにを買うのに一足伸ばして、一番近い市場に行ってみるとよりとれたてに近いかにを入手できるでしょう。


産地直送の通販で、おいしいかにを探すのもおいしい鍋への近道です。

皆さんは中華料理と言えば何を思い浮か

皆さんは中華料理と言えば何を思い浮かべますか。


いろいろな中華がある中で高級料理の一つとして多くの人に知られているのが上海蟹ですが、そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと中国で獲れる淡水蟹の中でも、揚子江の下流の方で獲られたものの名称です。


また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、通年売られていますので、どの時期に行ったとしても食すことはできますが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、上海蟹のオスの白子のねっとり感が最高においしくいただける時期が11月辺りで、最高においしい一品として重宝されています。


夕食のテーブルにかにがあるだけでパーティー気分になれた経験はたいていの方がお持ちでしょう。


まるまる一匹のかににお目にかかったなら、家族全員の笑顔が見られたでしょうね。


大概の地域のスーパーでは一匹丸ごとのかにはそうそう売っていません。


少し時間をかけて、産地直送の通販でかにを買うと安い、新鮮、規格を選べるという利点があるので、きっと家族みんなの笑顔を見られるでしょう。


活蟹をさばくのにはコツがいります。


以下の点に気をつけてください。


甲羅側が下、お腹側が上になるように蟹を置きます。


そしてまず、蟹のふんどしを外します。


これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。


次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。


腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。


ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。


これらは食べられません。


蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。


ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておくという手順です。


慣れれば早くさばけるようになりますよ。


かに食べ放題について、その味を聞いてみると色々な方が色々な意見をお持ちのようです。


かにの産地ならどこのお店でもおいしいのかもしれませんが、数は多くありませんが、専門店の食べ放題は安っぽいかにではないようです。


かに「も」食べ放題できるというお店ではかにの味は専門店に及ばないという意見が圧倒的です。


専門店では食べ放題でもいいかにを出しているところが多いので、お近くにあれば、一度足を運んでください。


蟹の魅力を最も味わい尽くせる食べ方は、素材の旨みが味わえる「塩ゆで」、そして冬に嬉しい「蟹鍋」の二つです。


他の調理法も捨てがたいですが、やはりこの二つが群を抜いています。


蟹を味わうには生の方がいいという方もいますが、刺身や蟹しゃぶは漁獲地のお店で出される場合など、きわめて新鮮でないと美味しくありません。


蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。


それならそこまで新鮮ではない蟹でも美味しく頂くことができます。


この食べ方なら、もし味に物足りなさを感じたとしても土佐酢や柚子胡椒など、付けダレを変えれば専門店さながらの味を楽しめるのでお勧めです。

かに通販の特徴ですが、ポーションの販売

かに通販の特徴ですが、ポーションの販売が多いのが不思議ですね。


ほぐしていないかにの身、ということですね。


多くは箱詰めの、むき身のかにです。


色々な料理に使いやすいおいしさもありますし、殻が割れたものなど、丸ごと売れない品を加工用に回すため量の割には明らかにお安いという点にも注目ですね。


我が家では蟹通販をよく利用するのですが、主人が特に蟹好きで、私や子供がほとんど食べない内に、一人で全部片付けてしまうのです。


私も子供も蟹は嫌いではないですし、できれば家族揃って蟹を味わうことができたらもっといいですよね。


そこで有り難いのがポーションタイプの商品です。


ポーションタイプとは、殻を取り除いた蟹の足の詰め合わせであり、家族で蟹鍋や蟹しゃぶをしたいときにも面倒な手間がかからないので大変便利です。


これなら、子供のために殻を剥いてあげる必要もなく、存分に蟹を味わいつくすことができます。


あなたはズワイガニを買うとき、何を基準に選んでいますか?ズワイガニに限らず、当然のようにまあ、大きければいいという感じで買っているのではないでしょうか。


それだけでは不十分です。


それよりも大事なポイントを覚えておいてください。


大きさが同じなら、重たいかにを選んでください。


どんなに大きくても、さっぱり身がないという話は他人事ではありません。


持って確かめられるなら、重みをチェックするのは当然です。


蟹の旬がいよいよですね。


私が毎年心待ちにしている季節です。


何より蟹が大好きな私。


新鮮で美味しい蟹を味わうために、休暇をとってはるばる北海道を訪れるのが、毎年この時期の習慣です。


北海道は蟹のメッカ。


中でもお気に入りのお店は、昔からの知り合いのお店でもある、道南・函館市の蟹料理専門店です。


ここは本当にお勧めです。


その店では、旬の蟹を活かした様々な料理に存分に舌鼓を打つことができます。


私が北海道に行く主な目的がそのお店だといっても過言ではありません。


カタログや、ネットの通販で購入のチェックポイントとして、ボイル?活かに?で決め手がないと思った方も多いのは仕方ないことです。


いくつかのかに通販を見る限り、かにの購入で決める場面ではまずは活かにを探してください。


どんな調理をするとしても、その方がよりおいしく新鮮なかにが届くからです。
前の記事へ 次の記事へ