蟹通販は便利なものですよね。ですが、

蟹通販は便利なものですよね。


ですが、せっかく取り寄せた蟹を美味しく頂くには、調理の仕方もおろそかにはできません。


皆さんも経験があるでしょうが、蟹は基本的にゆでて食します。


そのため、茹で蟹の基本的なやり方に精通するのが重要だといえます。


茹で蟹において大事なこととは、とにかく大きな鍋を使って茹でることです。


たっぷりのお湯に蟹がまるまる浸かるようにするのです。


そのやり方なら蟹を茹でるのが初めてでも上手くいくでしょう。


今や蟹通販では「訳あり」の蟹を狙って購入するのがセオリーになってきました。


それがお得だと敢えて主張するのにはそれなりの理由があるので、ご説明します。


それはひとえに実店舗とネット通販の違いです。


普通のお店では、いわゆる「ワケアリ」商品は出てこず、普通の値段で普通の蟹を買うだけであり、なかなか普通よりもお得に蟹を買うのは難しいです。


ところが蟹通販では、実店舗とは違って、足が取れているとか形が崩れているといった商品でも、訳ありの品として普通より安く売っていることがあるので、見た目を気にする人でさえなければ、間違いなくお得な買い物といえるでしょう。


便利に利用できる蟹通販。


しかし気になるのは、まずは蟹の価格、新鮮かどうか、どのくらいの量が届くのか、それと送料ですね。


送料は入念に確認しておくべきです。


蟹の場合は特に、送料を高めに設定している業者もあるので、送料の有無やその額を必ず購入前に見ておくようにしてください。


なるべく送料無料の業者を選ぶべきなのは言うまでもありません。


ちなみに、送料無料を謳っている業者でも、北海道や離島など、一部の地域のお客様のみ送料が掛かる場合もあります。


テレビショッピングなどの影響もあり、かにの通信販売の認知度が高まり、利用者も大幅に増加しているようですが、さすがに警察がからんでくるほどではありませんが、ちょっとした不満を寄せる人からの苦情が相次ぐようになったのです。


大抵は、カタログなどと比べて劣っていることを挙げることが多いようです。


あとはそれほど多くないものの会社に対するものもあります。


不味い、身が痩せているなどの不良品のかにを送られるリスクを避けて、安心してかにを楽しむには、かにに限らず何事にも言えることですが、そのお店に関する口コミなどを見た上で探せばきっといいお店に出会えるはずです。


今まであまり活用していませんでしたが、SNSを利用して検索したら如何でしょう。


また違った角度の見方ができ、世界が広がるかもしれませんね。


よくお得で便利だと言われる蟹通販。


その利用時に、皆さんが気にしている点と言えば、通販では鮮度が信用できないというところですよね。


「通販」を誤解している人の場合、そんなに新鮮な印象はないのかもしれないですね。


でも、実を言うと、蟹通販の蟹は十分に新鮮だといえます。


何しろ蟹通販の蟹は漁港からダイレクトに送られてくるのですから、スーパーなどの店頭に並んでいる蟹と比べても新鮮である確率はかなり高いといえます。

おいしいタラバガニを選びたい

おいしいタラバガニを選びたい方、注意してください。


選べるなら、オスの方がおいしいのです。


雌は、栄養を卵に費やして産卵するのでタラバガニを食べる目的とも言える脚の身に栄養が回っている雄の方が圧倒的においしいのです。


そして、甲羅の中央に並ぶ突起の数を確認してください。


突起が全部で6つあれば、間違いなくタラバガニです。


もし4つしかなければ、それはアブラガニで、違う種類を買わないよう用心してください。


これからの時期、美味しいのが蟹ですが、蟹には多くの種類があり、それぞれ味わいが異なるので、蟹通販の初心者の方は、一度、食べ比べて味を比較してみましょう。


中でも最も美味しいと言われているのは、なんといってもズワイ蟹が良いです。


この蟹は、繊細な風味や、強い甘みを持った味わいで知られ、蟹のもう一つの醍醐味であるミソも、濃厚で美味しいのです。


また、小ぶりな見た目で、甲羅の表面がつるつるしている点が特徴の一つだといえるでしょう。


よい毛蟹とは?考えたことがありますか。


毛蟹がもっとも出回るのは冬です。


大きく成長し、身が詰まっているのは冬でおいしい毛蟹を入手できるのです。


加えて、外せないのは見た目の色や大きさ、持ってみてズシッとくるかです。


実際に触れるなら、表面の手応えと重みがあるものを選んでください。


身が詰まっているかには、やはり手応えが違います。


実店舗でも通販でも、評価の高いお店を探すことでお値打ちの個体が手に入りやすいでしょう。


タラバガニ、ズワイガニなど蟹にも色々ありますが、オススメの種類の一つに花咲蟹があります。


皆さんはご存知でしょうか。


ハート形に似た甲羅を持つこの花咲蟹は、北海道本島の最東端、根室の花咲で主に獲れる蟹で、コクのある上品な味わいは海老に似ているとも言われます。


花咲蟹の肉は太いですが、他の蟹に優るとも劣らない柔らかさがあり、身入りが多いことでも知られる、わりと大きな蟹です。


ズワイガニなどよりも一足早く、夏頃から秋にかけて旬を迎えるといわれ、7〜9月頃の限られた漁期にしか水揚げされない貴重な蟹です。


そろそろ旬だし、蟹を買おうかなと思った時には気を付けるべきこと、それは選び方です。


一口に蟹といえどもいろいろな種類がいるので、違った選び方をする必要があります。


ズワイ蟹を買う場合を例にとってみると大切なのは、腹側を見ること、これが重要です。


ポイントは腹側の色で、白いものはやめて、中でも、アメ色のものがあるので、それを選びましょう。


その他にも、理想的なものは甲羅部分が硬いです。

ガザミ、イシガニは、食用になると

ガザミ、イシガニは、食用になるとワタリガニと呼ばれます。


ズワイガニや毛蟹に比べればその脚は太くはありませんがたっぷり詰まった味噌は大変有名です。


また、お手頃価格のかになので気軽に購入できかに味噌を堪能するのが目的なら十分満足できるかにです。


お手頃サイズでもあり、アイディア次第で、調理法は実に多様です。


我が家のパパは蟹が大好き。


蟹通販で取り寄せた蟹も、一人で全部食べてしまうのだから呆れたものです。


私も子供も蟹は嫌いではないですし、できれば家族揃って食べられるように今後はしたいなと思っています。


そこで、我が家で定番になっているのがポーションタイプの蟹です。


これは、殻を取り除いた蟹の足をたくさん詰め込んだもので、特に蟹鍋などをする場合には、面倒な手間がかからないので大変便利です。


殻が剥いてあることによって、小さい子供にも食べやすいので、気軽に蟹の魅力を楽しめます。


お子様のいる家庭にお勧めの商品といえます。


ネット通販が全盛の現代では、蟹通販を利用すれば一歩も外に出ることなく、美味しい蟹を味わうことができます。


ですが、通販で蟹を売っている業者のサイトは10や20ではきかなくなってきたので、慎重に業者を選ばなければなりません。


ネット上ではいくつか人気ランキングが載っていますから、これを見ると人気の業者がわかります。


上位にランクインしている業者の多くの人が買っている商品を選べば、ほぼ間違いはないと言ってよいでしょう。


ここでご紹介したいのが、モズクガニの話です。


世界でその名を知られた上海ガニの種は異なりますが、同じ族のかにです。


ヒョウ柄にも似た背中の模様が特長で、成長すると甲幅8センチと、小さめのかにです。


重量は全体で170〜180グラムが一般的として出回っています。


なぜか、雄の方が雌より小さいことが多いのです。


出汁用や丸ごと食べるために、日本の各地でよく使われています。


どうにかして安くかにを手に入れたいと一度は考えた方がいるのではないですか。


これができる方は限られますが、まず、市場で交渉し、ある程度の量を買うとかなりお得です。


お店経由で買うよりはよいものを安く買える可能性が大です。


通販も検討してください。


産地直送で安く買えるのでおすすめです。

これからの季節が美味しい蟹。さて、蟹にも

これからの季節が美味しい蟹。


さて、蟹にも種類や呼び方が色々あります。


それぞれに味が違い、個人によって好みも色々ありますから、ネットの蟹通販を利用するにあたっては、種類ごとの違いを意識して商品を選ぶことが必須かもしれません。


ポピュラーな蟹の種類というと、皆さんご存知の、タラバガニやズワイガニなどです。


鉄則としては、サイズが大きく、そして新鮮な蟹を選ぶ人が多いようです。


「紅ズワイガニ?おいしくない」と、かにに詳しい方が言うのですが違う、と断言できます。


記憶をたどって、紅ズワイガニは全部味がよかったとは言えなければ本当においしい紅ズワイガニをぜひ食べてください。


新鮮な紅ズワイガニは、それはもう実においしいかにです。


すぐに鮮度が落ちてしまうのでおいしいものを食べるのは難しいのです。


蟹の激安通販という言葉に釣られる人は意外とたくさんいるようです。


激安通販はその名の通り、びっくりするほど安く、大きな魅力があると感じます。


とはいえ、注意するべき点もあります。


常識的な範囲を超えるほど安い価格を掲げている場合、商品に重大な欠陥があるということがありえるので注意しましょう。


トラブルや詐欺に巻き込まれないためにも、事前によく調べた上で決めることです。


調べずに手を出すと痛い目に遭いかねません。


現在、多くの業者が「ワケアリ」の蟹を取り扱っています。


本記事でもわざわざ皆様にご推奨するのは、お得な根拠があります。


それはひとえに実店舗とネット通販の違いです。


普通のお店では、いわゆる「ワケアリ」商品は出てこず、普通の値段で普通の蟹を買うだけであり、「得した!」という気になることはあまりないと思います。


対して、蟹通販には通販ならではの利点があります。


つまり、形さえ気にしなえれば、傷物の蟹が訳ありの品として普通より安く売っていることがあるので、見た目を気にする人でさえなければ、間違いなくお得な買い物といえるでしょう。


待ちに待った蟹のシーズン。


我が家も蟹好きばかりで、蟹通販をよく利用しています。


ですが、いくつか注意するべきポイントもあります。


蟹通販を利用する場合には、何キログラム、何杯など、量の確認は入念にしましょう。


業者に量をゴマカされてからでは遅いです。


それ以上に大事なのが、冷凍された蟹の解凍です。


蟹を解凍する際には、時間をかけて自然に解けるのを待つことが大切です。


よくある失敗は、解凍を急ぎすぎて肝心の旨みが抜けてしまうことです。

美味しい蟹を通販で取り寄せたいというとき、ポーション

美味しい蟹を通販で取り寄せたいというとき、ポーションタイプ、冷凍、活蟹など、色々な種類の中からどれを選ぶか迷う方もいるかもしれませんが、蟹をどう食べたいかによるとしか言いようがありません。


蟹鍋はポピュラーな食べ方の一つですが、それなら殻剥きの手間などがない、ボイル済のポーションタイプが最適といえます。


蟹しゃぶの場合は蟹鍋とはまた異なり、新鮮な活き蟹、または生のまま鮮度を閉じ込めた冷凍品がおすすめです。


以上のように、味わいたい方法に合わせた商品を買うことで、商品選びにも困らず、もっと手軽に蟹通販を利用できます。


どんな大きなかにでも、通販で買えば自宅に送ってもらえるので好きなだけ買えるのはいいですね。


まとまった数を一度に買うことでびっくりするほど安く買えることもあるようです。


ですから、底値でかにを買いたい方は、近所のかにが好きなご家庭に声をかけ、自分が中心になって通販に申し込み一括購入するという大技を狙ってください。


断っておきますが、注文した方のところには、しばらくの間自分でかにを保管して、それから分けることになるので十分なスペースはあるか、確かめてください。


かにシーズンの日帰り食べ放題ツアー。


本当においしいかにが食べられるのでしょうか。


かに好きの方で、このようなツアーに二の足を踏んでいたなら、次のシーズンに向け、かにの産地で食事ができる食べ放題ツアーを探すことを強く推します。


こうしたツアーを利用すれば、産地のおいしいかにを個人で食べに行くより交通費も含めお得に食べられるのです。


蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、かつては東京湾でも獲れたそうです。


現在では有明海や瀬戸内海などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。


甲羅の部分だけで15センチメートル以上になる大型の蟹ですが、殻は比較的薄く、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。


昔から、渡り蟹といえば、茹で蟹や蒸し蟹にする方が多いようですが、パスタや味噌汁の具、また韓国のチゲの具材としてもよく使われます。


丸ごとの活かにが手に入ったら、まずはきれいに洗い、30分くらい真水につけます。


軍手を両手にはめたら、最初に腹の三角形部分を外し、関節の柔らかいところに切れ目を入れておきます。


甲羅と半身を分けるために、それぞれを押さえて一息に半身を外します。


胴に残った黒い部分を取り除いて、かに味噌だけにしておきます。


脚の方は一本ずつにして、食べるときの長さにしていきます。


このとき切れ目を入れる、殻の一部を薄くしておくと、食べるとき身を出しやすくなります。


まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。
前の記事へ 次の記事へ