活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょ

活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょう。


最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。


割と簡単に剥がれます。


次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。


すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。


胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。


胴の蟹ミソは落ちやすいので、フォークやスプーンでかき出して甲羅に入れておきましょう。


これで解体は終了です。


さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、蟹スプーンなどで身をすくいやすくするため、表面に切れ目を入れる。


以上が蟹の捌き方の基本になります。


時々聞く失敗談ですが、通販でかにを買って、かには重さの割にかさばるということがあります。


かにを実際に見ながら買ったとすれば、実際の数がはっきりわかるので、こんなに買って帰れないということに気づくでしょう。


一方、通販では、店舗より安い値段で大きなかにが買えるので、店舗より安いこともあって大量購入してしまい、冷蔵庫や冷凍庫に入りきれなかったという話は皆さんも聞いたことがあるでしょう。


せっかくのおいしいかにです。


おいしく食べきれるよう考えましょう。


通販によって蟹はますますポピュラーになってきました。


最近人気の種類として花咲蟹が挙げられます。


初めて聞いた方もいるでしょうか?タラバガニの仲間に分類される花咲蟹は、分布が狭く、北海道の東部でしか水揚げできないのですが、コクのある上品な味わいは海老に似ているとも言われます。


花咲蟹の肉は太いですが、ジューシーで柔らかいという特徴もあり、身肉のぎっしり詰まった、大型サイズの蟹としても知られています。


夏から秋の時期にかけて美味しくなると言われます。


幻の蟹と言われるほど希少度の高い蟹です。


毛蟹は濃厚な蟹味噌を持ち、とても人気のある蟹の一つですが、他の蟹と比べた場合、サイズ的には小ぶりであるため、もし間違った選び方をすると、身が隙間だらけの物のあり、おいしく食べられません。


そうすると、不味い毛蟹を選ばないようにするために注意することはなんでしょうか。


お店で買う場合は、実際に手で持ってみて重さで判断ができますが、店頭ではなく通販で実際に商品に接することができないときには、品質管理をきっちりと行っており、過去の実績のある販売元を見極めることが、失敗を避けるには重要です。


「紅ズワイガニ?おいしくない」ともっともらしく言われますがそれは思い込みかもしれません。


記憶をたどって、紅ズワイガニは全部大したことはなかったとすれば今までおいしい紅ズワイガニにあたったことがないためでしょう。


本当のところ、新鮮な紅ズワイガニならみんながおいしさを認めます。


すぐに鮮度が落ちてしまうのでおいしいものを食べるのは難しいのです。

食べ放題でかにをたくさん食べようと思っても

食べ放題でかにをたくさん食べようと思っても、味についてはどうも、ひとくくりにはできないようです。


産地からの距離や、市場の充実度によって差が出てくるでしょうが、多くの話を総合すると、専門店で食べ放題を行っている場合、おおむねかにがおいしいという評判です。


これに対し、焼肉などかに以外が専門のお店は専門店より残念な味だという方が多数派を占めます。


専門店では食べ放題でもいいかにを出しているところが多いので、行ってみて損はありません。


テレビでかにの水揚げを中継するころには皆さん、かにを食べたくなりますよね。


真冬にかに鍋にして食べれば、一度食べれば、忘れられないおいしさですね。


もし、鍋を作るときに一手間かけられるなら、かにを近所のお店で買って済ませるのでなく、市場まで足を運んで買ってくるとよりとれたてに近いかにを入手できるでしょう。


通販をまめにチェックして、かにを買うのもかなりおいしいかにに出会えます。


上海ガニは丸ごと蒸したり、小籠包の具にしたりと実にいい味を出すので、世界有数のブランドがにです。


チュウゴクモズクガニという名の通り、中国原産で結構、生息地域は広いようです。


雑食で、何でも食するので、侵略的外来種扱いを受けています。


養殖などで持ち込まれ、拡散することを防ぐためこのかにの取引そのものを厳重に制限している国もあるのです。


現在、ネットには数多くの蟹通販の業者が出店しており、いつでも好きなタイプの蟹を注文できるようになりました。


しかし、通販の欠点は実物を見て購入することができないことです。


購入の前に、ネット上で見られる口コミやレビューを参考にするのです。


レビューを参考にする上でも注意点があります。


それは、サクラやヤラセに引っかからないようにすることです。


レビューの数がそれほど多くないにもかかわらず、悪い評価がほぼなく、好評価ばかりが不自然なほど多ければ、まずサクラ・ヤラセだと思っておいて間違いはないです。


通販といっても様々な種類の蟹があります。


そんな中で、確実に失敗しない種類といえば、水揚げ後すぐに茹で、新鮮なまま冷凍した蟹です。


「えっ、活きた蟹のほうが新鮮で美味しいんじゃないの?」と思う方は多いでしょうが、活蟹は上手く調理すれば冷凍蟹に優るとはいえ、素人には捌きづらいというデメリットも抱えています。


蟹を茹でるの自体、なかなか難しく、ご自宅ではやりづらいですから、悪いことは言いませんから、ボイル済の蟹を買うのが賢い蟹通販の使い方なのです。

夕食のテーブルにかにがあるだけで豪華な

夕食のテーブルにかにがあるだけで豪華な気分を味わえた記憶は強烈なものがあるでしょう。


まるまる一匹のかににお目にかかったなら、家族全員の笑顔が見られたでしょうね。


そんなかにを、近所のスーパーで手に入れようとしても一匹丸ごとのかにを売っていないところが多いでしょう。


かにを丸ごと買うなら、通販という手があります。


市場で買うのと同じくらい新鮮で、それより安いことが多く、お財布にもやさしいでしょう。


数ある中華料理の中で高級料理の一つとして多くの人に知られているのが上海蟹ですが、そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと淡水蟹のうち、中国でも揚子江の下流の方で獲られたものの名称です。


季節を問わず手に入り、どの時期に行ったとしても食すことはできますが、メスでは卵を産む前の時期である10月頃がよく、これはお腹の中に多数卵を含むためです。


そして、雄の上海蟹の場合は11月頃がよく、特にこの時期の白子の口当たりはねっとりとしていて最高の食感で、至高の味として多くの人に愛されています。


食べ放題においしさを要求するのもどうかといわれますが、かにの場合、どうも、ひとくくりにはできないようです。


産地からの距離や、市場の充実度によって差が出てくるでしょうが、本当にざっくりした評価ですが、専門店の食べ放題では安っぽいかにではないようです。


これに対し、焼肉などかに以外が専門のお店は専門店の味を越えることはないという方が多数派を占めます。


さすが専門店、という店はいくつもあり、お近くにあれば、一度足を運んでください。


かにの通販はおいしいことばかりではないようです。


例として、食べきれないほどのかにを買った人は後を絶ちません。


直接お店に行って買う場合は、実際の数がはっきりわかるので、買いすぎは未然に防げることでしょう。


残念ながら、通販では重さと大きさを実感できないので、とても食べきれない量を注文し、全部食べきるまで大変だったという話をかなりあり得る話なので、どうか同じ失敗は繰り返さないでくださいね。


ここ2、3年、ネットやテレビのかに通販のお世話になって、買って食べるのが普通と当たり前のように考えています。


なんと言っても、宅配便で冷蔵でも冷凍でも全国に届けられるようになり、全国どこからでも、おいしいかにを直送してもらえるからです。


通販で冷凍のかに、は昔の話です。


最近は生のかにもおいしく買えるようになったので家族からかにのリクエストがあったときは近所のスーパーには行きません。


なじみのかに通販をいつも利用しています。

蟹通販を利用すれば、自宅にいながらにし

蟹通販を利用すれば、自宅にいながらにして色々なタイプの蟹を取り寄せることが可能です。


蟹通販は大変便利なので私もよく利用しています。


でも、便利な反面、悩みの種もあります。


なにせ、蟹通販の業者は大変多く、サービスの質もピンからキリまでですから、業者を選ぶのにも一苦労です。


何より大事な「新鮮さ」を外さないためには、産地直送の業者を選びましょう。


そうすればハズレはありません。


選んだ業者の質によって、蟹の質も大きく変わります。


業者選びは妥協しないようにしましょう。


テレビの通販チャンネルで蟹通販の宣伝を見かけ、蟹を買ってみようと思った方もいらっしゃるかと思います。


しかし、情報源がテレビだけではもったいないです。


ネット上でも、どのくらいの価格で蟹を売っているのか、先に検索してみることを推奨します。


その理由は、テレビ番組を通じて買うよりも、ネットで注文した方が良いものを、お得な値段で買える場合が多いからです。


とはいえ、ネットには詐欺などのリスクもありますので、信頼と実績のあるテレビの通販番組を通じて購入する方が無駄な心配を防げるという点ではいいでしょう。


お歳暮など、贈り物のかにを選ぶならば最後まで気を抜かないでください。


どういうことかといいますと、店頭には多くのかにが並んでいるでしょうが、手間を惜しんで店側に選ばせてしまうのはいけません。


自分で選んで決めるのは確かに大変ですが、お店の人の見る目を安易に信じてしまうと、見た目は変わらなくても、どこかに問題のあるかにを買うことになるかもしれません。


贈答用のかには特にお店が信頼できるところか、もう一度考えてください。


蟹の美味しい季節が今年もやってきました。


お得に蟹を買いたい方は、断然、丸ごとで買うのがお勧めです。


脚だけや訳ありなど、通販では店頭であまり見かけない商品が一般に安価だと言われていますが、それなりの品種と大きさで妥協すれば、丸ごとでもお得な値段で購入できる商品は少なくありません。


それに、蟹を美味しく食べようと思えばたっぷりのお湯で蟹を丸ごと茹でること、これがベストです。


それなら風味を損ねることもありませんから、蟹自体の風味や旨みを味わい尽くせるのです。


毛蟹の選び方は比較的はっきりしています。


何点か挙げてみます。


一番のポイントは水揚げされた時期です。


寒い時期は、大きく身がぎっしり詰まった毛蟹を生で買うのに最適です。


加えて、外せないのは見た目の色や大きさ、持ってみてズシッとくるかです。


なるべく触ってみて、感触のよい、ずっしりと重いものにしてください。


身が詰まっているかには、やはり手応えが違います。


最後に、口コミなど評価の高いお店で買えば、大はずれのない買い物ができるでしょう。

メスのズワイガニは別名セコガニです。地域によっては

メスのズワイガニは別名セコガニです。


地域によっては、セイコガニまたは香箱ガニと呼ばれることもあります。


雄のカニ味噌は確かにおいしいですが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。


一方、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえ内子や味噌、そして外子がうまく配合されており、わりと、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。


蟹は高価なため、なかなか食べられないと思います。


そんな蟹を安く入手するには、どのようなやり方があると皆さんお考えでしょうか?大方の人は蟹を手に入れる一番お得な方法は、スーパーマーケットで探すことだと考えられるでしょう。


いえいえ実は、より安く蟹が売られているところがあります。


一体どうしたらいいのでしょうか。


それは、通販で蟹を買う方法です。


この場合、訳あり商品が取り扱われているので、一番安く買うことができる方法です。


この方法を使うことによって、最も安く蟹が買えます。


多少の見た目の良しあしにこだわらない人にはオススメです。


選ぶ蟹を間違えると残念なことに蟹の本当の良さを味わうことができません。


蟹を美味しく食べたい、その願いをかなえるためには、選択方法を心得ておくのがポイントです。


美味しいタラバ蟹を見極める方法は、重さのチェックをすることがこれがまず大事なポイントです。


また、汚れていない甲羅を選ばずに、良いものは汚れていて、硬いです。


そういうものを選びましょう。


蟹通販では、活蟹や冷凍タイプなど様々な商品を扱っていますが、私が自信を持って皆様にオススメする種類は、水揚げ後すぐに茹で、新鮮なまま冷凍した蟹です。


冷凍に比べ、活きたままの蟹は、専門店で扱うならいざ知らず、ご家庭でさばいて食べるのはなかなか難易度が高いです。


また、慣れていない人が蟹を茹でるのはご自宅ではやりづらいですから、そういった下処理が終わっている状態の商品を買うのが賢い蟹通販の使い方なのです。


贈答用など、絶対外せない品質のかにを選びたいとすればいわゆるブランド品のかにをあたってみるというのもありですよ。


ブランドがにの見分け方として必ずどこかにブランド名が記されていて、それは、特定地域の漁港で水揚げされたかにの証明になっているのです。


言うまでもなく、それが味の保証となっているので、他のかにとは違うことを示すために一つのブランドを打ち立てたのです。
前の記事へ 次の記事へ