蟹の種類の一つである渡り蟹。

蟹の種類の一つである渡り蟹。


ワタリガニ科に分類される大型の蟹で、ガザミともいい、かつては東京湾でも獲れたそうです。


現在では有明海や瀬戸内海といった浅海に生息します。


近年、国産品は貴重になってきています。


六角形の横長の甲羅を持つ、比較的大きなサイズの蟹であり、肉や蟹ミソ、卵巣など蟹の醍醐味を全て味わえることから、古くから愛され、かつては食用の蟹といえば渡り蟹を指していたほどでした。


様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。


中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べる方が多いようですが、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。


蟹通販というものをご存じでしょうか? 実際に利用したことがある人もいますよね。


とはいえ、本当に新鮮な蟹が通販などで取り寄せられるのかなんだか半信半疑な人もいるかもしれません。


少し前であれば、通信販売で本当に美味しい蟹が届いたという話は皆さんの周りでもあまり聞かれなかったでしょう。


ですが、ネットが広まった今では、昔はなかなか買えなかった、産地直送の新鮮な蟹を色々なお店から通販で買えるようになりました。


急速に広まった蟹通販。


蟹通販で蟹を購入する利点の最たるものといえば、なんといっても、北海道などの名産地から直送の蟹をいつでも購入できるということです。


その点、何人もの人の手を渡って店頭に並ぶ蟹の場合、蟹通販で届く直送品と比べるとどうしても鮮度の面では劣ってしまいます。


こういう理由がありますから、美味しい蟹をお求めの方は通販を利用して、漁場から直接蟹を取り寄せるのが最も賢い方法なのです。


意外な手段で美味しい蟹が食べられると知っていますか? 気になる方は、ネットを通じて蟹を取り寄せることができる、蟹通販がオススメですよ。


生鮮食品を通販で買うというと不安な方もいるかもしれませんが、蟹通販では、北海道、山陰地方、福井県など、蟹の美味しい地域から直送してもらうことができます。


産地直送の美味しい蟹を簡単に買って楽しむことができるのが、蟹通販の良いところです。


お分かり頂けるでしょうか。


また、傷物などの蟹を訳あり品として安く売っていることもあるので、大変お得です。


私もよく「訳あり」の蟹を買って楽しんでいます。


通販でかにを買うというと、鮮度を気にする方が多いと思います。


つい最近まで、通販でかにを買うと、どうも鮮度が、といわれるばかりでした。


今の通販で買ったかにを見てください。


産地で加工した品をそのまま宅配できるようになって、かに通販で買っても、産地から市場に送られた品と同じように新鮮でおいしい品がそろっています。


とはいえ、どの通販も全て鮮度や味に問題がないとは言いがたいので、購入先は信頼の置けるところにしてください。

ガザミやイシガニをひとくくりにして、ワタリ

ガザミやイシガニをひとくくりにして、ワタリガニと言います。


かにの中で比較すると脚は出汁にしかならないかもしれませんが、対照的に、かに味噌がおいしくて大変有名です。


あちこちでとれるかにで、お値段も手頃なので脚より味噌、と考えるなら期待に応えてくれます。


お手頃サイズでもあり、和洋中、様々な料理に使われているのです。


かにを通販で買うときの注意点は、思わぬところにあります。


安く大量に買ったかにを、食べ過ぎるとどうなるか。


おいしそうな毛蟹がたくさん手に入り、彼女と競うようにしてたくさん食べたところ、身体が冷えてくるのがわかりました。


おかしいと思いながらも食べ続けたところ、身体が震えるようになり、それ以上食べられなくなりました。


どんなにおいしいかにでもかにの食べ過ぎ、特にビールを飲みながら食べるのは危険です。


私のような目には遭わないようにしてください。


かに通販なら、産地から持ち帰る大変な思いをしなくて済むので思い切って大量に買えますし、まとまった数を一度に買うことでびっくりするほど安く買えることもあるようです。


できる限りかにを安く買うことに挑戦してみたいならば、ご近所の方や、職場の同僚の注文を集めて、通販で一括購入するのがいいでしょう。


当然ですが、その結果として、配送されたときにはかにを一時預かりしなくてはならないので、本当に全部置いておけるのか、確認しておきましょう。


今はもっぱら、かに通販でかにを買うのがおすすめと自然に思っています。


少し前には考えられなかったことですが、今はインターネット通販やテレビショッピングが充実していて、水揚げされたばかりのかにを、産地から直送してもらえるためです。


通販でも冷凍だけでなく、生のかにをおいしい状態で買えるようになったので、生でも冷凍でも、かにを食べたいときにはスーパーやデパートに行く気はなく、かに通販で決まり、と思っています。


蟹は高価なため、なかなか食べられないと思います。


そんな蟹を安く入手するには、どういう手段で入手したらいいのかわかりますか?大抵の方々が「そりゃスーパーに売ってある蟹が一番安いに決まってる」とおっしゃるかもしれません。


意外かもしれませんが、それ以上に安値で蟹が取り扱われている場合があります。


「どうすればいいの?」皆さん気になるでしょう。


それは何かと言いますと、訳ありの蟹が販売されている、通販を利用することです。


これが一番安く蟹を食べられる方法です。


こちらの方法なら、やや見た目は悪くても、カニを安く購入することが可能です。

便利に利用できる蟹通販。しかし

便利に利用できる蟹通販。


しかし気になるのは、生鮮食品ですから鮮度をしっかり確認すること、また値段や量の確認、そして最も重要ともいえるのが送料です。


「送料を笑う者は送料に泣く」ともいえるでしょう。


蟹通販を利用する場合、購入する内容によっては、梱包費などを含めて高額な送料を取られる場合も多いので、十分気を付けて見なければなりません。


私の場合、送料無料の業者をいつも使っています。


しかし、一般的には送料無料であっても、一部の地域にお住まいの場合のみ送料がかかるなど、色々なパターンがあるのです。


ワタリガニというかにがいるのではなく、ガザミやイシガニの呼び名です。


ズワイガニや毛蟹に比べればその脚は太くはありませんが味噌がおいしいかにを求めるなら味噌好きをうならせています。


また、お手頃価格のかになので気軽に購入できかに味噌をたっぷり味わいたいなら一押しと言えるでしょう。


丸ごと調理するのも簡単なサイズでアイディア次第で、調理法は実に多様です。


通販のメリットとして、自宅に直接届けてもらえるので大量に買っても大丈夫です。


一定以上の量を注文すれば、多くの通販で大変な値引をしてくれます。


それを考えると、限界価格で買うことをねらっている場合は、近所のかにが好きなご家庭に声をかけ、自分が中心になって通販に申し込み一括購入するという大技を狙ってください。


一応言っておきますが、大量注文の結果、ものが届くと全てのかにはお宅にあるわけで、かなりスペースをとられることは覚悟してください。


一般的な活かにのさばき方は、まず、洗って真水に30分くらいつけます。


殻で手を切らないよう、軍手をはめてください。


腹の三角形部分に指を入れて外し、甲羅と半身が分かれやすくなるよう、関節に切れ目を入れましょう。


次に甲羅と半身を離します。


両手で持って、片方ずつ半身を外します。


胴には黒っぽい部分が残っているので、それをきれいにしてかに味噌を出しておきます。


脚を外して食べやすくし、関節部分で切ります。


殻に切れこみを入れたり、殻の一部を薄くしておくと、食べるとき身を出しやすくなります。


あとは実践あるのみです。


がんばってください。


蟹好きな人って多いですよね。


うちの主人もそうで、蟹通販で買った蟹も家族を差し置いて一人でたいらげてしまうくらいです。


最近は子供達もパパにつられて蟹好きになってきたので、家族みんなで楽しめる方がずっといいに決まっていますよね。


こういうニーズに合った商品が、冷凍のポーションタイプです。


ポーションなら、あらかじめ殻が剥いてあり、特に蟹鍋などをする場合には、そのまま鍋に入れるだけなので楽チンです。


小さいお子さんがいらっしゃる家庭でも、殻が剥いてあるので、蟹の魅力を楽しめます。


お子様のいる家庭にお勧めの商品といえます。

寒い季節のお楽しみとしてこれ

寒い季節のお楽しみとしてこれ以上のものはないと言えるのが、かにではないでしょうか。


かにといえばここと誰もが知る名産地の漁港から、小売業者や問屋などを介さず注文したいですね。


かにの通販では、多種多様なかにの取り扱いがあって、どれを選んだらいいか迷いますが、考えなければいけない要点は次のようなものです。


産地というのはもちろん、いの一番に考えなくてはいけないものです。


誰でも知っているような、かにで有名な地域で水揚げされたものなら、安心ですね。


2つ目のポイントが、なるべく複数の業者を介さずに直接送ってもらうことです。


鮮度が断然違ってきます。


3つ目のポイントがズバリ、「口コミ」です。


100パーセント正しいことを言っているという保証はありませんが、参考にするには便利なものと言えます。


よい毛蟹とは?考えたことがありますか。


毛蟹がもっとも出回るのは冬です。


全体に大きく、身が入っているのも冬で、おいしい毛蟹を入手できるのです。


実際に見て買えるなら、新鮮そうな色、大きさ、そして手にして重みがあるかです。


実際に触れるなら、表面の手応えと重みがあるものを選んでください。


身が詰まっているかには、やはり手応えが違います。


実店舗でも通販でも、評価の高いお店を探すことで大はずれのない買い物ができるでしょう。


かにを茹でるのは、保存も利くし、食べる人が好きな味をつけられる調理法ですね。


おいしく茹でるにはこれからは、塩を入れたお湯で茹でてください。


塩分は濃くしないことを心がけて、塩が入っているという程度のゆで汁で結構です。


立派なかにで、もしも鍋より大きかったら、もう、甲羅と脚は切り離してしまいましょう。


全部お湯に浸る大きさで茹でましょう。


関節などに汚れがついているので、軽く洗っておくと鍋の後始末も楽です。


先日どうしても食べたくなってかにを通販で頼みました。


かにをお取り寄せなんて贅沢な話ですが、わざわざお取り寄せをするからにはメリットがあるということです。


かにって大きいものは何キロにもなりますよね。


家族の人数分だと何十キロまでいくかわかりません。


メリットの1番目はたくさん買えることです。


何キロになったとしても制限はありませんし、最近の宅配便はきちんとしているので、自宅の玄関までは大きさ、重さに関係なく運んでくれますから手間がかかりませんね。


重いものを自分で運ばなくていいので助かります。


鮮度と最高の味わい、直送されることでいつでも手軽に手に入れることができるようになったかにを家にいながら心ゆくまで味わえるのもかに通販の利点です。


通信販売で蟹を購入した経験をお持ちである人もいますよね。


とはいえ、本当に新鮮な蟹が通販などで取り寄せられるのか簡単には信用できないかもしれないですね。


少し前であれば、通販の蟹は質が悪いものと相場が決まっており、良い蟹が買えた話は眉唾物の域でした。


一方、近年では、店頭で買うのに劣らないグレードの蟹を通信販売で扱う店舗が増えてきたのです。

蟹の美味しい季節が今年もやってきました。

蟹の美味しい季節が今年もやってきました。


商品のタイプにも色々ありますが、私のイチオシは丸ごと買いです。


甲羅を含まない脚だけのセットや、傷物のワケアリ品などが安価に買えることで有名ですが、蟹のサイズや種類によっては、丸ごと買いでもお得な値段で購入できる商品は少なくありません。


せっかくの旬の蟹ですから、その旨みを味わい尽くすには、たっぷりのお湯で蟹を丸ごと茹でること、これがベストです。


この調理法なら、蟹の旨みを身に閉じ込めることができて濃厚な味わいを思う存分楽しむことができます。


蟹通販で蟹を買うのはいいものです。


しかし、美味しく味わうには、調理の仕方もおろそかにはできません。


ご家庭で蟹を食べる場合、調理法は茹で蟹が基本でしょう。


そこで、蟹をうまく茹でるための方法を押さえておくのが重要だといえます。


さて、そのコツとは、単純なようで大事なことですが、大きな鍋を使うことなのです。


蟹の全部がまるごとお湯に浸かるようにするのがポイントです。


そうすれば、蟹を茹でるのが初めてでも上手くいくでしょう。


ほとんどの方は、花咲がにの名前を聞いたことはあっても食べたことはないかもしれません。


根室の花咲漁港が主な産地のかにに見えますが、かにの仲間が真実で、ヤドカリだと覚えておきましょう。


かにと言っても通用する見かけと、かにと同じくらいおいしいことから実に貴重なかにとして誰も問題にしていません。


濃厚な身の味わいと食感の良さ、市場に出る量は少ないため、誰もが認める有名なブランドがにです。


食べ放題でかにをたくさん食べようと思っても、味についてはどうも、ひとくくりにはできないようです。


地域差は大きいでしょうし、同じ地域でも店による差はあるでしょうが、本当にざっくりした評価ですが、専門店の食べ放題では評判の良いお店が多いです。


これに対し、焼肉などかに以外が専門のお店は味では所詮専門店に勝てないという意見が圧倒的です。


専門店では食べ放題でもいいかにを出しているところが多いので、行ってみて損はありません。


かには国産と外国産で、味に違いがあるのでしょうか。


タラバガニを食べ比べすると、おおむね国産も外国産もほとんど同じ味だという説が有力です。


ただ、ズワイガニでは、味で産地がわかるというのが定説になっています。


そもそも、ズワイガニは産地がブランド名になるくらい、獲れた地によって味が変わることが知られていて、日本国内でも顕著に味が違うなら、国産と外国産の違いはかなりのものといえます。
前の記事へ 次の記事へ