松葉ガニのメスを、ある時期セコガニと呼びま

松葉ガニのメスを、ある時期セコガニと呼びます。


一般的な松葉ガニと比較して大きさは小さいことが多いですが、この時期にしかない卵がぎっしり入っていておいしさもひとしおなので、セコガニの熱心な愛好者がたくさんいるのです。


市場に出回るのは、ごく短い期間です。


わずかに11月から1月の間と水揚げされないので、めったに食べられないのです。


ズワイガニの選び方は、何が大事でしょうか。


ズワイガニというと、おそらく全体の大きさだけを見て決めていることが多いでしょう。


大きさはもちろん気になりますが、もっと別の点をここで知っておいてください。


持ってずっしり、手応えがあるかどうかチェックしてください。


どんなに大きくても、さっぱり身がないという痛い話を聞いたことがあるでしょう。


持って確かめられるなら、重みをチェックするのは当然です。


かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。


これは日本中に広く分布する蟹で、正式名称はガザミといわれ、瀬戸内海を代表する蟹として知られ、他にも有明海や大阪湾など浅い内海に分布しており、底引き網や刺し網で漁獲されます。


最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。


様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。


中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるスタイルが最もスタンダードだといえます。


さらに、味噌汁の具や、パスタにも使われる、用途の広い食材といえます。


贅沢品といえば何といっても蟹。


私も蟹は大好きで、蟹通販をよく利用しています。


ですが、いくつか注意するべきポイントもあります。


通販では色々と確認が大事ですが、中でもどのくらいの量が届くのかはしっかり確認しておきましょう。


購入者を欺こうとする悪質な業者もいるのです。


そして、ある意味それ以上に気をつけなければならないのが解凍です。


解凍はプロでも気を遣います。


急がず焦らず、自然に任せるつもりで慎重に行いましょう。


初心者は往々にして、急いで解凍して蟹のうまみを台無しにしてしまうものです。


通販でのズワイガニ購入の際には、カタログやサイトをよく見て、訳あり商品をチェックしてください。


訳あり商品でも、ズワイガニに変わりはありません。


市場に出すものより大きいか小さいか、食用に差し支えない程度の傷物ですので、食べてしまえば、味は変わりません。


これでセール価格なら、買わなければ損です。


大きさや見た目を気にしないなら、訳あり商品をねらっていくのが通販の王道だというべきでしょう。

かに食べ放題について、その味を聞いてみると

かに食べ放題について、その味を聞いてみるとどうも、ひとくくりにはできないようです。


産地からの距離や、市場の充実度によって差が出てくるでしょうが、多くの話を総合すると、専門店で食べ放題を行っている場合、評判の良いお店が多いです。


これに対し、焼肉などかに以外が専門のお店は専門店の味を越えることはないというのが常識です。


おいしいかにに出会いたければ専門店の食べ放題ということで、行ってみて損はありません。


ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。


腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。


腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。


お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。


腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。


ここで、甲羅の内側のひだ状のエラや薄皮を取り除くのを忘れずに。


蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。


ここまでで形になりました。


最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておく。


これにて蟹の捌き方はおしまいです。


どうですか、意外と簡単でしょう。


松葉ガニのメスを、ある時期セコガニと呼びます。


松葉ガニと比べてみれば、おおむね小さいカニがほとんどですが卵が甲羅の中に詰まっており身も濃厚な味とされていて、松葉ガニにはない味を求める方も根強くいます。


とても出回る期間が短く、一年の内で11月から1月の間でしか水揚げされることはなく幻のかにといわれる所以です。


ネット通販が全盛の現代では、蟹通販を利用すれば自宅で待っているだけで、新鮮な蟹が届きます。


ですが、蟹通販業者は今では以前と比べてずっと多くなってきたので、どれを選んだらいいか分からない人も多いかもしれません。


まずは人気ランキングを参考にしてみましょう。


そうすれば、人気の業者がわかります。


この序列付けで上位に挙がってくるところの、多くの人が買っている商品を選べば、よりお得に、より美味しい蟹を味わえます。


せっかく蟹を買うのなら、激安通販を利用したいと思っている人も多いかもしれません。


その名の通り激安なので、一見、大変便利でいいものでしょう。


とはいえ、注意するべき点もあります。


一般的な市場価格と比べて、あまりに安い場合、売り物にならないだけの重大な理由があるというリスクを孕んでいることがあります。


トラブルや詐欺に巻き込まれないためにも、事前によく調べた上で購入を考えるとよいでしょう。

かに好きな私は、機会さえあれば1年中いつで

かに好きな私は、機会さえあれば1年中いつでも食べたいのですが、強いて言えばベストな季節は旬でもある寒い季節ですよね。


我が家でお取り寄せといえば「かに」というほど習慣になっていて、色々な通信販売で注文しては、たっぷり実の詰まったかにを食べ、今年1年の幸せを噛みしめます。


でも通信販売でかにを買うといっても、ちょっと探しただけでもたくさんあり過ぎてもしかしたら当たりはずれもあるかもしれないしと、悩みの種になります。


冷凍しているとはいえ、生鮮食品のかには、食品としてはかなり贅沢なお買い物になりますから、信用できるお店を探したいですよね。


その不安を解消するのにぴったりなのが口コミです。


できればそのお店自体のサイトだけではなく他のところのもチェックすれば、安心して買い物が出来ますね。


通販のかにを買う時、自宅で食べる分には大変お買い得な訳あり品の詰め合わせですが、価格を大幅に下げなければ売れないほどの、どんな瑕疵つまり傷があるのか、分かった上で理由に納得がいけば心おきなく楽しみたいと思います。


基準は統一されていないので、販売店によって差が出ることもありますが、意外に似通っていることが多く、基準より大きすぎるとか、他と比べて、特別に小さいものも訳になってしまうそうです。


ほぼ大きさが揃っている中に混じった半端な大きさのかにだとか、店頭に並べた時ちょっと見栄えの悪い甲羅の傷はどんなに小さくても「訳あり品」転落ポイントです。


正規品にむやみにこだわる意味などないこともわかり、訳あり品だからって気にして食べないなんて、大損です。


実家や兄弟にも送ってあげようと思います。


残念ながらご進物にはなりませんが。


モズクガニをご存じですか。


意外にも、高級食材の上海ガニとはかなり近い親戚に当たります。


背中の細かいまだら模様は、ヒョウ柄にも見えます。


甲幅8センチ程度と、食用がにの中でも小さい方です。


重量は全体で170〜180グラムが一般的といわれています。


そして、雌より雄の方が小さいというのが一般的です。


食用がにとしては、昔から日本各地で案外知られた存在です。


無理のない価格で美味しいかにを食べたい。


贅沢な望みと分かっていても、憧れますよね。


かにを家族にも食べさせたい。


そんな希望を叶えるのには通販のかにがぴったりだと思います。


かにを産地直送でお取り寄せできる通販は、何故こんなにおススメ度が高いかというと、ス−パーなどで買ったかにを持ち帰るだけで品質が変わることもあるからと言うのもありますが、実のぎっしり詰まったおいしいかにが、即日発送で送られ、直接買いに行くより便利なのです。


また、それほどの品質を保ちながら、どこよりも安い価格設定がどこのお店でも徹底しているので、うれしい限りです。


それにかにの種類も豊富で珍しいかにも買えたりと、産地ならではの楽しみ方もあります。


かにを食べたい時、かに通販が品質、価格の面で圧倒的に便利だとは知っていますが、多くのお店があって、取り扱うかにの豊富な種類には驚かされます。


ズラーっと並んだどれも遜色ないお店の中で、これもズラーっとならんだかにの写真を見ただけではどれをえらべばいいかなんてわからず、終いには人を見てもかにに見えてくるなんてことになるかもしれません。


では、達人の意見を参考にしてみましょう。


基準となるのは人気です。


行列店と同じで利用者が多ければ多いほど売れ残りが発生しづらく新鮮なものを扱えるので、それを基に選ぶのです。


一見当たり前のことを言っているだけのようですが、真理とはいつもそんなものかもしれません。


人気が一目で分かるランキングや売れ筋のランキングなどは大変参考になるでしょう。


何度かいろんなかにを楽しむうちには舌もそれなりに肥え、自分の嗜好にあったかにが思いもかけないお店で見つかったりするなど、順位にとらわれない選び方が見つかるはずです。

カタログ、テレビ、ネットを合わせ、かに通販はその充実に

カタログ、テレビ、ネットを合わせ、かに通販はその充実に驚いてしまいます。


かにの産地や業者に詳しくない方はどれを選んでいいのかわからず自分で選べずに困るでしょう。


今は通販の人気ランキングも充実していますので、時間と手間の節約になります。


安心して買えるような、おいしくてお手頃価格のかにはランキング上位には欠かさず選ばれているでしょう。


ズガニと呼ばれている蟹がいます。


この蟹の正式名称はモクズガニです。


どちらかというとモクズガニの方が分かる人もいるでしょう。


この蟹は河川で水揚げされ、特色は鋏に生えた毛です。


手のひらより一回り小さな甲羅を持ちますが、にもかかわらず、脚の方に着目すると、長いことが特色です。


専ら味噌汁にしたり、炊き込みご飯にしたりして食べられています。


蟹通販が便利になった今では、以前にもまして、知り合いや家族にお歳暮として新鮮な蟹を贈るというケースが多くなってきました。


ですが、通販で蟹を送る場合、気をつけるべきことがあります。


蟹は鮮度が第一です。


鮮度が悪いと風味や味わいも落ちていく上、運が悪ければ食あたりの危険さえあります。


そんな事態を避けるためにも、ちゃんとしたお店かどうか、購入前によく調べてください。


また、相手のことを考えれば、相手が在宅していそうな時間を指定して送ることも忘れてはなりません。


ネット通販が普及した現在では、クリック一つで、北海道や山陰などの名産地から新鮮な蟹を取り寄せることが可能です。


しかし、蟹通販の業者は玉石混交であり、中には価格や送料が他より大幅に高いところもあるため、どこから買ってもいいというものではありません。


根気よく多くのサイトを見ていけば、蟹が激安だったり、送料が無料だったりするお得な業者もあります。


高価すぎる店は嫌ですが、安すぎるのも考え物です。


蟹の品質、そのお店の信頼性などの項目をしっかり確認し、無用なトラブルを避けましょう。


訳あり品のお得感って癖になりますよね。


訳ありに目がない私は、ネットでもお店でもまず訳ありチェックをするのが常ですが、近頃気になっているのがかに通販の訳あり品です。


美味しければ訳なんてどうでもいい人もいるかもしれませんが、大抵は訳ありは不良品とも言えるかも知れず、分かった上で理由に納得がいけば心おきなく楽しみたいと思います。


判断はお店次第ですから、必ずしも同じ様なものにはなりませんが、意外に似通っていることが多く、基準より大きすぎるとか、反対に小さすぎたりというもので、サイズなんてグラムで売れば関係ないんじゃないかとも思うのですが、そうとばかりも言えないようで。


訳ありといっても明らかなものもあれば、ほとんど正規品と遜色ないものもあり、ちょっとしたバランスの問題などで訳あり入りすることもあるので、お得ですね。


甲羅の傷や脚の外れなどもありますが、味には変わりないですよね。


正規品にむやみにこだわる意味などないこともわかり、訳あり品だからってあまり気にする必要なんてないですね。


訳ありかには、我が家の定番になるかもしれません。

通販でかにを注文したいけど、鮮

通販でかにを注文したいけど、鮮度はどうかと気にする方もいるようです。


少し前まで、通販のかにというと新鮮なものはないといわれていました。


現在、その問題はほとんど克服されました。


冷凍加工や流通システムの発達はめざましく、通販のかにも市場で買うのと遜色ないくらいおいしい新鮮なかにを味わえるようになりました。


様々な理由から、どの店舗でも常に良心的な買い物ができるとは限りませんので、まずはお店を慎重に選んでください。


蟹の魅力を最も味わい尽くせる食べ方は、素材の旨みが味わえる「塩ゆで」、そして冬に嬉しい「蟹鍋」の二つです。


私の周りの蟹好きな人達も声を揃えます。


新鮮な蟹なら蟹しゃぶや刺身もいいですが、生のままという特性上、鮮度が落ちると味も良くありません。


しかし、蟹鍋や茹で蟹の場合はそうした制限はなく、多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。


そのままの味が好みに合わなくても、今時は蟹専門店と同じ土佐酢が通販で売っており、それを使えばご自宅でも蟹専門のお店のような味わいが堪能できます。


間違った方法で選んでしまうと本来は美味しいはずの蟹の良さが味わえないことになります。


美味いカニを堪能するには、正しく蟹を選ぶ方法を知っておくべきでしょう。


美味しいタラバ蟹を見極める方法は、重さを見ることが不可欠でまずは第一のチェック項目です。


その他にも、汚れていない甲羅を選ばずに、硬くて汚れているもの、これを選択基準として選ぶと良いです。


食べられるかにといっても、多くの種類がある中で、みんなに知られているのはタラバガニかと思います。


そして毛蟹を思い浮かべる方も多く、触ると痛いくらいの硬い毛で覆われており、身も味噌もたっぷりと詰まっていて、その味が熱心なファンが数多くいます。


ズワイガニも多く出回っており、その味もかなり知られています。


どのかにも独特のおいしさをもち、それぞれに好きな方がいます。


訳あり品のお得感って癖になりますよね。


訳ありに目がない私は、ネットでもお店でもまず訳ありチェックをするのが常ですが、近頃気になっているのがかに通販の訳あり品です。


いかにも怪しい感じがして買う気にならないのですが、どうして定価で販売できない商品になってしまったのか、そのわけによっては買う気にならない可能性も大有りだと思います。


判断はお店次第ですから、必ずしも同じ様なものにはなりませんが、意外に似通っていることが多く、基準より大きすぎるとか、他と比べて、特別に小さいものも訳になってしまうそうです。


訳ありといっても明らかなものもあれば、ほとんど正規品と遜色ないものもあり、ちょっとしたバランスの問題などで訳あり入りすることもあるので、お得ですね。


脚や甲羅に傷や藤壺がついていたって美味しさは同じだと思います。


正規品ってこうも厳格に選び抜かれていたんだと感動すると共に、贈り物にするんでもない限り気にもしないでしょうし、安心して購入し、思う存分かにを堪能してください。
前の記事へ 次の記事へ