メリットの多い蟹通販ですが、気を付けな

メリットの多い蟹通販ですが、気を付けなければならない部分もあります。


それは、生鮮食品ですから鮮度をしっかり確認すること、また値段や量の確認、そして最も重要ともいえるのが送料です。


意外と見落として損をすることが多いのです。


蟹の場合は特に、うっかり見落とすと凄い額の送料を請求されて驚くこともあります。


見落とさないように気を付けてくださいね。


送料無料の業者もあるので、なるべくそういう業者を選びましょう。


また、送料無料のところでも、一部の地域にお住まいの場合のみ送料がかかるなど、色々なパターンがあるのです。


蟹通販に興味をお持ちの皆様へ。


多くの商品がある中で、初めての方でも安心して注文できるのはどういう蟹かというと、水揚げ後まもない時の鮮度を閉じ込めた「冷凍の蟹」です。


確かに活きた蟹はもちろん冷凍より鮮度がいいのですが、鮮度においては冷凍の蟹に優っていても、そこそこ手慣れた人でなければ簡単にさばくことができません。


蟹を茹でるの自体、なかなか難しく、手を出すのは難しい部分もありますので、その手間がかからない、ボイル済の冷凍蟹を買ったほうがいいと私は思います。


格安で蟹を食べられたら嬉しいですよね。


そのためには、どのような方法があるのでしょうか?大方の人は蟹を最安値で買えるのはスーパーだと予想しているでしょう。


ところが、蟹を買うとき、さらに低価格で購入できる手段があるんです。


一体どうしたらいいのでしょうか。


それは、購入手段として通販を通して買うことで、カニを最も安く手に入れることができます。


これならば、蟹を安く手に入れることができます。


少し見た目が悪くても、一番お得な方法です。


今も昔もご馳走の定番といえば蟹ですよね。


最近は、蟹通販を使えば、各地から産地直送で美味しい蟹を届けてもらえます。


しかし便利である反面、蟹通販業者の数は多く、業者ごとに価格や送料、配達可能地域などの条件も違うので、どの業者から蟹を買うかという点は、慎重に考える必要があります。


楽天市場などのECサイトや、一般の検索で探せば、お得な条件で利用できる業者もおのずと見つかるでしょう。


しかし、お得すぎるのも禁物です。


あまりに安価な場合、そのお店の口コミやレビューをチェックし、信用性を入念に確かめておきたいものです。


ガザミ、イシガニは、食用になるとワタリガニと呼ばれます。


一般に出回っているかにの中ではその脚は太くはありませんが代わりに、味噌はとてもおいしく好きな方には堪えられません。


贈答用とは言えませんが、自家用にふさわしい値段でかに味噌好きが十分満足するには十分満足できるかにです。


お手頃サイズでもあり、丸揚げや丸焼きも難しくありません。

無理のない価格で美味しいかにを食べたい。贅沢な望みと

無理のない価格で美味しいかにを食べたい。


贅沢な望みと分かっていても、憧れますよね。


かにを食べたい時に食べたいだけ注文するには通販のかにがぴったりだと思います。


かにを産地直送でお取り寄せできる通販は、何故こんなにおススメ度が高いかというと、店頭に並ぶ時点で鮮度が落ちているスーパーのかにと違い、贈り物にも出来るような鮮度のいいかにの数々が、買えるのは、かに好きにはたまらないサービスで、毎月でも食べたいくらいです。


それから、びっくりするほど安く買えるのも大きな魅力で、スーパーのものより安い価格が常識になっているのには、もう感謝するしかありません。


かに専門店ならではの変り種のかにを安く出してくれることもあり、お得意様になってもいいかもしれません。


国内で獲れたかにと外国で獲れたかに、どちらがおいしいと思いますか。


タラバガニで比較すると、国産も外国産もほとんど同じ味だとなるようです。


その一方で、ズワイガニは国産と外国産の味が明らかに違うという主張をよく耳にします。


国内でもズワイガニは産地の名がブランドになるわけで、獲れた地によって味が変わることが知られていて、このかには産地によって味が違うとすれば、外国産はもっと味が異なると言えるでしょう。


蟹を買うときには選ぶ方法に注意すべきです。


蟹の種類によりけりで、違った選び方をする必要があります。


例として、ズワイ蟹を買おうとする場合には、どこを見ればいいと思いますか?それは、腹側です。


この時大事なのは腹側が白いズワイガニを避けることで、重要なのはアメ色をしたものをチョイスすることです。


さらに、甲羅の硬さによっても判断でき、硬い物の方がより良いです。


蟹には色々な種類がありますが、最近人気の蟹の一つに数えられるのが、北海道の名産、花咲蟹です。


ハート形に似た甲羅を持つこの花咲蟹は、全国の中でも北海道の東部、根室や釧路でのみ獲れる珍しい蟹であり、そのコクのある味わいは上品で食通好みです。


花咲蟹には独特の甘い香味があるほか、その身にはジューシーで柔らかいという特徴もあり、身肉のぎっしり詰まった、大型サイズの蟹としても知られています。


夏に入る7月頃から、秋に入る9月頃までが旬であると言われます。


幻の蟹と言われるほど希少度の高い蟹です。


蟹好きの私には嬉しい季節になりました。


無類の蟹好きである私は、美味しい蟹に巡り合うため、長期の休みを使って北海道へ飛ぶのが、この時期欠かせないお約束になっています。


北海道に行く際の目的地といえば、旧知の知り合いが経営する、函館市内に位置する蟹料理専門店です。


割と有名なお店ですよ。


北海道の漁場で獲れたばかりの新鮮な蟹を使った料理が、これでもかとばかりに出てきます。


今年もそのお店に行くのが楽しみです。

その昔、ごく一部の裕福な人々のものだったかにも、今や

その昔、ごく一部の裕福な人々のものだったかにも、今やちょっと奮発すれば手の届く時代です。


お手軽な通販でかにを注文することが出来るのは、うれしい限りですが、期待したほど美味しくなかったり、契約自体に不満を持つ人からの苦情が相次ぐようになったのです。


ほとんどの不満は品質に関するものですが、中には業者の姿勢を疑いたくなることもあります。


よからぬ業者にひっかかり、損な取引を避けて、安心してかにを楽しむには、周りの評判や実際に食べてみた人の感想など、具体的で信用できる情報を頼りに探せばきっといいお店に出会えるはずです。


SNSに登録している人なら、そちらの方から攻めてみるのも手です。


思いもよらない収穫があるかもしれませんよ。


蒸して食べても、点心の具にしても上海ガニと言えば、主役級の存在感で、かにの中でも、世界にその名を知られています。


チュウゴクモズクガニという名の通り、中国原産でかなり広く分布しています。


雑食で、何でも食するので、外来種として持ち込まれた場合、生態系が変わってしまいます。


放置すると拡散の可能性が大きいので、上海ガニの生体や卵が取引されないよう制限をかけている国もあります。


かにをお歳暮にしよう、と考えた方、お店には内緒の注意点があります。


何のことかと思うでしょうが、贈るかにを決める際、手間を惜しんで店側に選ばせてしまうのはいけません。


どれを選んで良いかわからないからでしょうが、お店の人に全面的に選択を任せてしまうと、鮮度が今ひとつのかにや、一見わからない傷のあるかにを贈ってしまったら大変です。


お歳暮のかにには特に念を入れて、お店が信頼できるところか、もう一度考えてください。


いよいよシーズン到来! 蟹が美味しい季節です。


至高の蟹に舌鼓を打つべく、休暇をとってはるばる北海道を訪れるのが、毎年この時期の習慣です。


私が毎年必ず足を運ぶのは、旧知の知り合いが経営する、道南は函館の蟹専門店です。


地元の人にも人気のお店です。


その店では、旬の蟹を活かした様々な料理を振舞っています。


私が北海道に行く主な目的がそのお店だといっても過言ではありません。


蟹の品種も様々ですが、通好みの蟹の一つとしてよく名前が聞かれるのが、花咲蟹です。


根室の地名「花咲」を冠した名前の通り、北海道本島の最東端、根室の花咲で主に獲れる蟹で、コクのある上品な味わいは海老に似ているとも言われます。


特徴と言えば硬い殻やトゲの多さ。


しかし、身肉には柔らかさもあって味は絶品と言われ、タラバガニよりやや小さいとはいえ、大型で身のたっぷり詰まった蟹です。


夏には早くも旬を迎え、秋頃まで美味しいと言われます。


幻の蟹と言われるほど希少度の高い蟹です。

蟹の品種も様々ですが、通好みの蟹の一つとして花咲蟹が挙

蟹の品種も様々ですが、通好みの蟹の一つとして花咲蟹が挙げられます。


初めて聞いた方もいるでしょうか?茹でたときの赤色が花が咲いたように見えるからという由来もある花咲蟹は、根室、釧路といった北海道の東の方でしか獲れない蟹ですが、味に粗野なところがなく、上品で繊細な味わいが楽しめます。


ハサミが最も美味しいと言われる花咲蟹ですが、脚の肉には柔らかさもあって味は絶品と言われ、タラバガニよりやや小さいとはいえ、大型で身のたっぷり詰まった蟹です。


花咲蟹が最も美味しい時期は、夏から秋にかけてといわれ、7〜9月頃の限られた漁期にしか水揚げされない貴重な蟹です。


皆さん、どんなことに気をつけてかにを茹でていますか。


白湯より、少し塩を入れて茹でた方がいいですよ。


入れすぎると身が硬くなるので、塩味がついたな、とわかれば大丈夫です。


丸ごと茹でられないくらい立派なかにだったら鍋に入る大きさに分けて鍋からはみ出さないように茹でた方が良いです。


お湯や鍋が汚れない程度に、全体をきれいにしておくと衛生的ですね。


皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、何といっても焼きがには最高ですよ。


自宅で十分、かにのおいしさを堪能できます。


焼きがにでは解凍が重要です。


表面が乾かないように、紙類で包んで、冷蔵庫に入れるのがベストです。


ゆっくりと、半日くらいかけて解凍できるといいですね。


半分くらい解凍できたら、そのまま焼いていくと、しっとりした、うま味の残るかにを食べられます。


うま味を含んだ水分が残るよう、焼きすぎないでください。


近頃の蟹通販では様々な種類の蟹を取り寄せられますが、日本国内と海外産、どちらを買うべきか迷うことがよくありませんか? しかし、正直な話、同じ品種なら、日本産でも海外産でもそんなに味が違うことはありません。


国内・国外の差よりも、気にしなければならないのは、扱っている店舗自体の信頼性です。


利用者に評判の高いお店で売っている蟹ならば、国産、海外産、どちらでも大丈夫です。


中華料理は数あれど、中でも特に高級な料理として有名な上海蟹ですが、元々上海蟹というのは、淡水蟹のうち、中国でも揚子江の下流の方で獲られたものの名称です。


また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、通年売られていますので、常に口にすることができますが、メスでは卵を産む前の時期である10月頃がよく、これはお腹の中に多数卵を含むためです。


そして、11月辺り、上海蟹の雄の白子の食感は最高で、ねっとりしており、至高の味として多くの人に愛されています。

かにの通販はおいしいことばかりでは

かにの通販はおいしいことばかりではないようです。


例として、食べきれないほどのかにを買った人は後を絶ちません。


産地に行ったり、鮮魚店に行ったりして買ったなら、箱の大きさや、その中にどのくらい入っているかも把握できるので、量を減らそうと思うのが当たり前です。


しかし、通販の写真ではかにの大きさをリアルに捉えられず、ついつい気前よく注文してしまい、全部食べきるまで大変だったという話を皆さんも聞いたことがあるでしょう。


食べきれる量の検討と保管場所の確保を、忘れないようにしましょう。


通販によって蟹はますますポピュラーになってきました。


最近人気の種類として数えられるのが、北海道の名産、花咲蟹です。


ハート形に似た甲羅を持つこの花咲蟹は、全国の中でも北海道の東部、根室や釧路でのみ獲れる珍しい蟹であり、味わいは上質で、煮たり鉄砲汁の具にするなどの食べ方が好まれます。


ハサミが最も美味しいと言われる花咲蟹ですが、脚の肉には意外なほどの柔らかさもあり、身のボリュームも多い、大型の蟹です。


夏には早くも旬を迎え、秋頃まで美味しいと言われます。


幻の蟹と言われるほど希少度の高い蟹です。


お得で便利な蟹通販。


最近では取扱業者も増えてきて、全国各地で水揚げされた新鮮な蟹を購入できるようになりました。


便利な蟹通販ですが、難点もあります。


それは届くまで実物を見られないこと。


どう選べばいいか分からない方もいるでしょう。


そんなときには、必ずその業者に寄せられているレビューを確認するようにしましょう。


レビューを参考にする上でも注意点があります。


それは、真っ当なレビューと、業者のサクラを見分けるように気を付けることです。


サクラを見抜くのは簡単です。


レビュー件数自体が少なく、「良い」評価ばかりが不自然に並んでいるなら、おそらく業者が人を雇って書かせたヤラセ評価です。


かに食べ放題について、その味を聞いてみると本当にたくさんの噂を聞きます。


かにの産地ならどこのお店でもおいしいのかもしれませんが、まず、かに専門店では、食べ放題でもおいしいといわれるところが多いようです。


一方、焼き肉屋など、かにが専門でないところでは専門店より残念な味だというのが常識です。


専門店では食べ放題でもいいかにを出しているところが多いので、ぜひご近所のお店を探してください。


蟹の食べ放題コースは多くありますが、多くの方は、そんなところの蟹は美味しくないという印象をお持ちかもしれません。


でも、中には例外もあります。


お得なだけでなく、美味しく新鮮な蟹をちゃんと出している食べ放題もあるのです。


蟹専門の料理店や、北海道など蟹の名産地での食べ放題でなら、産地直送の新鮮な蟹が出てくるので、存分に堪能できます。


しかし、個人の考えによりますが、極上の蟹を求める人は食べ放題のお得さよりも、高くてもブランド蟹を取り寄せるのが最適ということになるでしょう。
前の記事へ 次の記事へ