かにの通販は鮮度が心配で、と

かにの通販は鮮度が心配で、という声も時々耳にします。


その心配はもっともで、一昔前まで通販のかには市場で買うより鮮度が劣るというのが当たり前でした。


現在、その問題はほとんど克服されました。


加工保存や流通システムの発展はものすごく、市場で買って店舗に並べるのと変わらない品が通販で売られ、新鮮でおいしい品がそろっています。


ただし、かに通販にはトラブルもあるようです。


どの業者でもおいしくて新鮮なかにを届けてくれるとは限りませんから、信頼できるところから買うことが必要です。


タラバ蟹や毛蟹など、蟹の種類には色々ありますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。


蟹の中でも随一の旨味や甘み、そして繊細な風味を持っています。


ズワイガニを一度味わってしまえば、他の蟹など比べ物にならないと気付くでしょう。


ズワイガニには、産地やオスメスによっていくつもの種類がありますが、識別のため、脚にタグが付けられています。


脚のタグは、ブランド蟹の品質や味の良さを証明するためのものです。


蟹通販で注文した蟹が自宅に届いたら、念のため、タグを確認することをお勧めします。


蟹通販を利用する上で気になる点はなんでしょうか。


それは、まず大事なのは蟹の値段や量、何より新鮮さを確認すること。


加えて、忘れてはならないのが送料です。


お得に通販を利用できるか否かのカギを握るのが送料なのです。


蟹通販を利用する場合、購入する内容によっては、普通の宅配便より大幅に高い送料が設定されている場合もあります。


送料は掛かるのか、掛かるならいくらなのか、必ず確認しましょう。


なるべく送料無料の業者を選ぶべきなのは言うまでもありません。


しかし、一般的には送料無料であっても、北海道や離島など、一部の地域のお客様のみ送料が掛かる場合もあります。


かにのシーズンはじめに、テレビでかにを特集していました。


かに通販の話もしていて、これが、量もたくさん、大きくておいしそうだったのです。


年内に送料無料で届くこともあり、購入に踏み切りました。


実は、生鮮食品を通販で買うのは初めてでした。


テレビで見た品と違っていたらどうしようと思っていましたが、届いたかにを料理してみると、ちゃんと身が詰まったかにばかりでした。


味も文句なし、ウマウマで、家族もお客様も大絶賛でした。


今年も同じところから買おうと考えています。


いまや生鮮食品も通販で買える時代。


蟹を通販で買った経験がある人も、ひょっとしたらいるかもしれません。


とはいえ、本当に新鮮な蟹が通販などで取り寄せられるのか簡単には信用できないかもしれないですね。


少しばかり昔なら、本当に質のいい蟹を通販で買えたという話は眉唾物の域でした。


ところが、ここ最近では本当に質の良い蟹を通信販売で扱う店舗が増えてきたのです。

種類にもよりますが、かなり大きい冷凍か

種類にもよりますが、かなり大きい冷凍かにもあるので外に出しておけば解凍できると思う方もいるらしいですが、解凍はおいしく食べる決め手の一つなので解凍は十分時間をかけましょう。


かにのおいしさを損なわないためにまず行ってほしいのは室内に出して解凍するのではなく面倒でも冷蔵庫に入れましょう。


これで水分を流出させずに解凍できるので、だまされたと思ってやってみてください。


最近何人もの人が、かに通販を利用して買って食べるのが普通と当たり前のように考えています。


それも当然でしょう。


パソコンだけでなく、スマートフォンから気軽に注文して自分が選んだ産地から、好きな種類のかにを宅配便で手に入れられるようになったためです。


通販でも冷凍だけでなく、生のかにをおいしい状態で買えるようになったので、生でも冷凍でも、かにを食べたいときには少々時間はかかりますが、店舗に行くよりもかに通販で買うことがほとんどになりました。


かにのおいしい時期、かにを食べたくなったときはインターネットでかにの通信販売を調べ、産地から直接購入できるサイトを利用してはいかがでしょうか。


かにはどこで買っても同じだと思う方もいらっしゃるでしょうが、多くのサイトに、産地直送でなおかつ掘り出し物のお値打ち価格のかにが見つかるかもしれません。


おいしいかにが家にいながら手に入るので、産地からインターネットで購入するのがお財布もお腹も満足できます。


かにの脚肉を食べる方が圧倒的に多いのですが味噌こそ、本当のかにの醍醐味ですよね。


味噌好きの方が選ぶかにとしては、毛蟹が他を圧倒しています。


味噌は独特の香ばしさで、冬の楽しみにしている方が多いでしょう。


そんなにひんぱんに毛蟹を食べられないという方には、ワタリガニの味噌も、またおいしいですよ。


小さめサイズのものが多いですが、しっかりした味の味噌ですよ。


皆が大好きな蟹。


蟹がよく獲れる地域として、多くの方が真っ先に連想するのはなんといっても北海道です。


色々な種類の蟹が日々水揚げされている北海道。


種類によっては北海道よりも別の地域が有名ですが、色々な蟹が獲れるという点では、ダントツで北海道が一番でしょう。


とはいえ、実際のところ、海外から輸入した蟹を北海道内でも売っていることが少なくないので、ちょっとびっくりします。

蟹のブランドにも色々ありますが、最も有名で人気があるの

蟹のブランドにも色々ありますが、最も有名で人気があるのはズワイガニでしょう。


旨味や甘みの詰まったその味わいは多くの食通が絶賛します。


ズワイガニを一度味わってしまえば、それ以外の蟹には目もくれなくなると思います。


ズワイガニは、さらに産地によって越前ガニや松葉ガニなどのブランドに分かれますが、識別のため、脚にタグが付けられています。


脚のタグは、ブランド蟹の品質や味の良さを証明するためのものです。


蟹通販で注文した蟹が自宅に届いたら、タグを確認するのをクセにしてください。


自宅にいながらにして新鮮な蟹を取り寄せられる蟹通販は、便利でお得な方法ですが、ただ便利なだけではなく、気をつけなければ失敗する点もあるので覚えておきましょう。


タラバ蟹を買う最には、以下のことに気をつけてください。


まず、値段や大きさ、それに新鮮さといった項目を必ずチェックするようにしてください。


写真だけを見てもよくわからないことが多いでしょうから、写真に頼らず、説明文にも入念に目を通して判断しましょう。


それから、多くの利用者がレビューを寄せていますが、これも客観的評価の基準になるので参考にしてください。


味の良い蟹を堪能したい、そんな時の手段として「店で買うか、通販で買うかどっちかしかないだろ」と思う方、他にも方法があるのです。


それは、なにかというと、温泉へ行く、という方法です。


中には蟹で有名な温泉地もあるからです。


蟹がたくさん水揚げされる地域にある温泉地では蟹と温泉両方が楽しめるシーズンもあるでしょう。


とはいえ、いつでも楽しめるのは温泉の方だけで、蟹には時期があるのできちんといい時期を狙って行きましょう。


何はともあれ、味がおすすめのかにはとしょっちゅう聞かれますが、勧めるのはズワイガニで、決して変わりません。


実は、その産地の名がついているかには、ほとんどズワイガニです。


他のかににはない特長で、松葉ガニだの、越前ガニだのご当地ブランドのズワイガニならば高水準のおいしさを味わえます。


値段の点ではどうしても高めですが、ブランドズワイガニは味噌まで味の保証付きです。


加工していない冷凍かにだとかなり大きいので、手間をかけずに解凍したいと考えるでしょうが、おいしく冷凍かにを食べたいと思うなら解凍は十分時間をかけましょう。


かにをおいしく解凍するために必須なのは部屋の中で解凍するのを避けまずは冷蔵庫内で解凍するということです。


これをきちんと守れば差は歴然なので、解凍は冷蔵庫、これがおすすめです。

昔からかにに目がなく、旅行は美味しい

昔からかにに目がなく、旅行は美味しいかにがあるかを基準に決めるほどですが、先日、かに通販なるものがどんなものか試すためという口実でかにを頼んでみました。


こんなに美味しいなんて、うれしい誤算でした。


元だけでも取れればいいやと思っていたのが、お釣りまで来たぐらいです。


インターネットどころかパソコンも普及していない結構な昔から、旅行が出来ない人でも自宅でかにが食べられるようにと、発送するシステムはあったというのです。


その時点では、生鮮食品のお取り寄せというのが今ほど浸透しておらず、一般的ではなかったこともあり、そのような方法で購入したかになんて評判が悪かったり、味に満足できないなんていう噂があったりしました。


しかし、冷凍技術や配達のスピード化など様々な進歩により、通販でも十分満足できる品質のものが味わえるようになりました。


一度利用してみては如何でしょう。


蟹好きの私には嬉しい季節になりました。


旬の蟹を食べ尽くすため、北海道の蟹の産地を訪れることが、ここ数年の習慣になっているのです。


蟹の美味しいお店はたくさんありますが、中でもお気に入りは、私の知り合いの人がオーナーでもある、函館にある蟹専門店です。


他では味わえないような、新鮮さを活かした蟹料理の数々を味わいつくすことができます。


この冬も勿論その店を訪れますよ!ズワイガニがあれば紅ズワイガニはいらないとよく思われていますが果たしてどうでしょうか。


紅ズワイガニの当たりはなく大したことはなかったとすればそれは気の毒です。


おいしい紅ズワイガニを食べたことがないのですから。


新鮮な紅ズワイガニの味と言えば、みんながおいしさを認めます。


すぐに鮮度が落ちてしまうのでおいしいものを食べるのは難しいのです。


今、食べられるかにの中で、一押しはとしょっちゅう聞かれますが、私の一押しはズワイガニです。


ズワイガニは、産地の名を冠するかにが多く地域ブランドのかになので、松葉ガニだの、越前ガニだの有名な産地のズワイガニを探せば、ブランドに恥じないおいしさです。


少々お高いのはブランド料だと考えてください。


有名ブランドのかになら味噌までしっかり堪能できます。


上海ガニは丸ごと蒸したり、小籠包の具にしたりと存在感のある味なので、世界有数のブランドがにです。


モズクガニの一種で、中国の他、比較的多くの地域でみられます。


その生命力は強く、雑食で外来種として持ち込まれた場合、生態系が変わってしまいます。


養殖などで持ち込まれ、拡散することを防ぐため上海ガニの生体や卵が取引されないよう公に行えない国もあります。

蟹の品種も様々ですが、通好みの蟹の一つとして花

蟹の品種も様々ですが、通好みの蟹の一つとして花咲蟹があります。


皆さんはご存知でしょうか。


花咲蟹はコンブガニとも呼ばれており、全国の中でも北海道の東部、根室や釧路でのみ獲れる珍しい蟹であり、味に粗野なところがなく、上品で繊細な味わいが楽しめます。


花咲蟹の肉は太いですが、意外なほどの柔らかさもあり、身のボリュームも多い、大型の蟹です。


花咲蟹が最も美味しい時期は、夏から秋にかけてといわれ、7〜9月頃の限られた漁期にしか水揚げされない貴重な蟹です。


お歳暮にかにを贈る方もいらっしゃるでしょうが、お店には内緒の注意点があります。


それはただ一つ、贈るかにを決める際、自分でかにを選ぶ手間を惜しまないことです。


どれを選んで良いかわからないからでしょうが、向こうがプロだからと安易に任せてしまうと、店が早く処分したい品を選ぶかもしれません。


お歳暮のかにには特に念を入れて、十分信頼できるお店を選んでください。


皆さん大好きな蟹。


蟹といえば、定番である脚の身はもちろんのこと、蟹ミソこそが蟹の醍醐味という人も多いでしょう。


「蟹ミソ党」の人にお勧めしたい蟹というのも好みに応じて様々ですが、蟹の中でも毛ガニが一番のオススメです。


新鮮であればあるほど、蟹ミソも甘くねっとりしていて、蟹ミソ嫌いの人でも気に入ってしまうほどです。


蟹ミソだけでもおいしいですが、ほぐした脚肉とあえるとまた絶品です。


お酒好きの人には一度試していただきたいです。


皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、何といっても焼きがには最高ですよ。


殻付きのかになら、一番の調理法です。


おいしく焼くには、解凍に気をつけてください。


水分が逃げないよう、新聞紙などで殻ごとくるみ、自然解凍できれば最高です。


半日程度のゆっくりした解凍を目指しましょう。


半解凍状態で、殻をつけたまま焼いてください。


うま味を逃すことなく、しっとりした状態で味わえます。


完全に火を通す必要もないので、焼きすぎないようにしてください。


蟹の調理の仕方においては、蟹がどういう状態にあるかで気を付けるべきことがいくつかあります。


その注意点のうち特に大切なことと言えば、冷凍蟹を解凍するときどうやるかということです。


多数の人々が解凍の時間が勿体ないからと、水の中で蟹を溶かそうとして浸します。


そんなことをしてしまったら、蟹の良さである旨味が消えてしまうため冷蔵庫に入れて、時間をかけて解凍してください。
前の記事へ 次の記事へ