info

短いのはこっち↓でお喋りしてます。

      ばうわう!

名探偵コナン 紺青の拳

今年もコナンキメてきました!!!!!!!!

いや、去年が安室さんで凄すぎたから今年は相当難しいだろうと思ってたし、向日葵とかちょっとアレだったのでキッド系は心配だなぁと思ってたけどなんの心配もする必要なかった!!!!最高でした!!!!!!!

みんながみんな京園に死んでるから相当な覚悟していったにも関わらず後半はずっと声出そうになるのを口を押えながら必死に堪えてたわ!!結婚式に呼んでほしい無理なら全国中継して!!!
小さい頃から新蘭より京園が好きで、コナン公式CPで1、2を争うほど大好きな二人を今回の映画で改め好きだと再確認できたし、尊さのあまり劇場で本気で呼吸困難一歩手前ぐらいだった……紺青の拳ありがとう……!!
京園は特に絆創膏のシーンが京極さんもほんともの凄く可愛いけど園子があまりにも可愛くて可愛すぎて可愛すぎて可愛すぎて、このシーンだけは呼吸困難通り越して死んでましたが皆さんお元気ですか?(沼底からのお便り)

Kコの民が幾人犠牲になったか知りたいけど知るのが怖い……多分相当数死んでる……凄かったもん……
キッドに回収されやすい建物の屋上の淵で待って"やってる"感満載のコナンが完全に江戸川様で最高でしたね……慣れたものだね……

紺青の拳の主題歌のBLUE SAPPHIREなんですけど、私がおみちゃんが好きで加算されてたポイントを全部引いてゼロから考え直しても満点では到底足りないレベルのシンクロ率なの恐ろしさを感じるほどで久々に主題歌で鳥肌立った。
終わってから周りの親子連れの子ども達が、曲めっちゃかっこいい!って騒いでて嬉しかったし微笑ましかった。
私が福山雅治の零で唯一物足りないと思ったのが、執行人の内容・コンセプトに対して曲調だけは完璧に沿ってたわけではないように思えた点だったんだよな。それ以外は歌詞も何もかも完璧だと思ったから若干もどかしかった。
BLUE SAPPHIREは曲調もそれ以外も全て映画の内容に沿っていて、かつ、コナン感がとても強いというところがポイント凄い高いってLDHすら知らないコナンガチ勢の友達がべた褒めしててずっと頷きまくってました。ほんとその通りすぎる……わかりみ……。

あと来年の予告が赤井さんだったので!!!私は!!!来年まで絶対に何が何でも生きます!!!!!!!

終末のワルキューレ

人類!!!!!終末のワルキューレを読んだ人類達、何故もっと推さない!!!???????めちゃくちゃに面白いな!!!!!!!!

終末のワルキューレがどう面白いかの解説は専門家の方たちにお任せするとして、私は第二試合のアダムvsゼウスの対戦マッチが気になって購入したというのに第一試合の呂布vsトールが刺さりに刺さって二巻で死にましたという事実をお伝えします……あまりに早い死……
呂布もトールも、それぞれ人間と神として並び立つ者がいなくて孤独だったのが、呂布死後の今回のラグナロクで戦い合うことになって、たった一戦だけでお互いを最高の好敵手と認め合えるまでになるの強烈な運命力を感じる。
好敵手と死合えて全力を出せた呂布は歓喜のまま消滅し、トールはその歓喜を受け止め微笑み、試合後は名残惜し気に呂布のつけた傷に触れ顔を伏せ、手向けを捧げ呂布を想うの、呂布の勝ち逃げ感凄いしこの一試合でトールは未亡人になってしまったまである。
まあ呂布を殺したのはトールだし、手向けが呂布の臣下とかいうちょっと普通じゃない部分(控えめ)もあるんですけど、自分で好敵手殺しといて未亡人みたいになってるのとんでもねえエモ。
ラグナロク終わって人類存続決定したらなんとかして魂戻してもらって、呂布とトールには好きなだけ死合って欲しい。このままだとトールは、好敵手を得て全力を出せたうえで消滅するという完全勝ち逃げした呂布を世界が終わるまで思うことになってしまう……それなんて未亡人……。

てか本並べて気付いたんですけど、対戦マッチになってる各巻表紙の呂布とトールの二人は他の対戦マッチと違って目線が同じ高さになってる!!人間と神だけど、この二人は気持ちの上で対等だからか!!!やっぱり運命じゃねーか!!!!

二戦目も最高のマッチだった……私達の、全人類の父であるアダムお父さんがかっこよすぎて泣いた……お父さん……。
佐々木小次郎vsポセイドンも間違いなく面白いであろうことがもうすでに察せられるので続きが楽しみで仕方ない。人類側そろそろ勝利してほしいな。

遊☆戯☆王VRAINS 095「不死鳥の輝き」

「草薙翔一を確保しろ。デンシティ広場のホットドッグワゴンの中だ」ってリボルバーが言うだけで笑いそうになるのずるいな。黒咲みがある。
というか草薙さんを確保してマジでどうするつもりなの了見????
草薙さんーーーーー!気絶してる草薙さん見て心折れそう!!
久々の今週の三つ。
遊作……やっぱりまだ起きられないんだな……だって起きたら草薙さんがいないんだもんな……。

遊作の心の中での草薙さんとの会話
「起きろ、遊作」「もう少し寝かせてくれ」「いいから起きろって」「もういいんだ、何もかも。疲れてるんだ。放っといてくれ」「起きるんだ、遊作。お前にはまだ、やるべきことがあるだろう」「やるべき、こと?」「そうだ、俺の最後の頼みだ」
夢の中で草薙さんと対話して目覚め、「草薙さんが目覚めさせてくれたんだ」と俯くことなくすぐ現状を把握しようとする遊作を見て、遊作の中の草薙さんが遊作を導く存在であることを再確認した。
遊作って一人でロスト事件について探ってた時は自分で道を選んでいたんだと思うんだけど、自分のことに一度整理がついてからは草薙さんの為だけに走ってきたんだろうなと思っていて、それが現在の遊作にとっての導き手が草薙さんだと夢の中で定義されてる辺りで間違いないと確信できた。
ソウルバーナー!!!かっこいい!!!!!!
「わかってねえなぁ!俺にとって不霊夢はなぁ、AIである以前に不霊夢!そう、俺の大事な相棒なんだよ!」ほんっとうにかっこいい!!!!ソウルバーナーお前が主人公なのでは!!!!?????
ウィンディ、不霊夢に寄生してたのか……!きもい!!
精神力的なものでウィンディに勝つ不霊夢かっこよすぎるのにここで消えるの……やめてや……泣いてしまう……ソウルバーナーと不霊夢のコンビも大好きなんだよ……。
あかんソウルバーナーの悲しみの口上かっこよすぎるめちゃくちゃ熱い泣く……!!!
ここまで来てソウルバーナーが勝てない展開あるってぐらい盛るんだけど勝てないんですよねーーーーーー!もうほんと……運だって向いてたのに……!!!!!
EDがほぼ遺影とか言われても草すら生えさせられない……悲しみが募る……。

夢で遊作が子どもみたいに寝起きにぐずるの、隙を見せないタイプの遊作にとって一番気を許してる行為がそれなんだろうと思い至って泣きそうだった。遊作の中での草薙さんは付け入る隙もないぐらい完璧に信頼できる人なんだなぁ。
そこまでのある種究極的な信頼が、草薙さんの最愛が仁であるという事実を遊作が受け入れうえで成り立ってるのがまた凄い。まあ多分今の遊作にとって仁が草薙さんの一部みたいなものでもあるからなんだろうけど。仁が能動的に動けないからなおさら。

前から思ってたんだけど、草薙さんは遊作より仁の方が大切みたいに二人を比べる言い方をしないんだよな。仁が最も大切とは言っても。遊作への気遣いでもあるだろうけど、今の草薙さんにとって仁と遊作がもうほぼ同じぐらい大事だから嘘をつけないのかなとも思う。
それでも草薙さんが仁を優先して選ぶ理由は、草薙にとって仁は守る対象だけど遊作は守る対象でもありながら何より並び立つ関係であるということの差と、仁に対して守れなかったという罪悪感が大きいから。


遊戯王VRAINSのED2「Writing Life」が誰視点か長いこと読み切れてなかったんだけど、94話まで視聴したら遊作から草薙さんへの讃歌であり彼への愛、そして彼の愛を歌う曲以外の何物でもなかったことにやっと気付いた……遊作にとって草薙さんはまさに「素晴らしき愛の人」だし……みんな今聞いて……。
94話まで見てWriting Lifeを聞き直すと、遊作と草薙さんとの出会いから遊作が半身を得て前を向けるようになり二人が絆を育んでいく過程、遊作にとって草薙さんがいかに得難い人であって、どうして草薙さんを守りたいと思うのか、全て詰まってて聞きながらめちゃくちゃに泣いてしまう。
Writing LIFEは1番2番とも、Aメロは遊作が孤独でなくなった時で、Bメロはあたたかいものをもらった時で、Cメロは草薙さんの弱さと強さを知った時で、サビは遊作の草薙さんへの誓いで、最後にそんな草薙さんの全てを認める遊作……という構成が上手すぎる。ダバダバ泣く。
Writing Lifeは、草薙さんとずっとこれからも生きていきたい遊作が思い描いていた未来への希望なので……草薙さんを消すなんて地獄がまだ遠かった頃の遊作が、草薙さんとなら復讐のその先の未来を想像できるし歩んでいけると考え始められていたという曲なので…………今聞くと死にます………………。

遊☆戯☆王VRAINS 094「猛る魂」

尊……尊が遊作と草薙さんの事でこんなに怒ってくれることが、自分の救いになるとは思ってなかった……草薙さんが戻ってくるまで遊作を支えてくれ……。
草薙さんが作ってくれていたミラーリンクヴレインズのハッキングデータ、やっと三騎士が作り終えてくれたか……このデータのベースを草薙さんが一人で作り上げたと考えたら三騎士の三人より草薙さん一人の方が有能ってことになるんだろうな……草薙さんを失ったのは痛手すぎる……。
ソウルバーナーの作画がとんでもなくかっこいいし、ソウルバーナーを通り越して尊から感じられる憤怒が凄まじい。
ソウルバーナーはもの凄く熱くなりやすいんだけど、不霊夢が冷静さを司って
ソウルバーナーの悪い顔めっっっっちゃすき!!!!かっこいい!!!!!!
「これは草薙さんとプレイメーカーの分だ!!!食らえええええ!!!!!!!」
ソウルバーナー……草薙さんも含めて……ありがとう……!!
サイバース世界を破壊した元凶を見てしまって、ずっとソバを冷静にさせる役目を担っていた不霊夢までもが怒りに駆られてしまって……とても負けそう……また泣きそう……。
次回予告のポエム草薙さん……(号泣)(吐血)

尊が遊作と草薙さんのプレイメーカーコンビに対して、強火どころか烈火で業火な超絶コンビ推しで、二人を引き裂くもの絶対許さねえマンであってくれるの、今すぐ画面の中に入って骨が軋むほどのハグをしに行きたいほど同意しかない。
尊は遊作と出会う前からプレイメーカーをヒーローと思っていて、遊作達に会ったことでそのプレイメーカーというヒーローが遊作一人で作り上げたものではなく、矛である遊作と盾である草薙さんの二人が力を合わせて成り立っている存在であることを知った。
遊作を支えてくれている草薙さんを遊作がどれほどかけがえのない大事な存在だと思っているかは、尊も遊作と同じように傷付いているからわかるし、両親を失った自分と同じ被害者家族でもある草薙さんの辛さも尊は実感している。
尊の幼馴染は当事者ではないから理解しきることはできなくて、不霊夢も自分から生まれた存在だから分かり合いやすかったという理由があって、それを全く他人の遊作と草薙さんのような二人が補い合うというのは奇跡のようなものだと尊は思ってるんじゃないかと思う。
遊作と草薙さんが背を預け合って生きてることは、どちらの気持ちも理解できる尊にとって理想形に感じられたんだと思うな……だからこそ尊は二人を引き裂きたくないと誰より強く思っていて、今これだけ怒りに駆られているんじゃないだろうか。
つまり遊作と草薙さんが引き裂かれたことは、尊が彼らの仲間であるということ以上に、支え合う彼らの存在が自身の救いにも感じられていた尊の心をも大きく傷付けることになったんだと思う。


→95話の流れてきた感想への反応
えっなに!!????昨日草薙さん拉致されたの!!!!?????鴻上了見に!!!??????(倒置法)
待って……いや、待って、なに????草薙さんの意識データをAiが回収するところまでは完全に納得できるけど、抜け殻となった髭の成人男性の体を主人公のライバルである了見が攫って…………なんで?Why??マリッジか????お前が俺の父親(もしくは兄か母)になるんだよってこと??????
草薙さんの体だけでも欲しいか欲しくないかと聞かれたらそりゃ欲しいけど、中身を伴ってた方がよくない??いや中身伴ってても誘拐は犯罪だし、リンクヴレインズから帰還した時に、草薙さんの精神データ消滅だけでなく体すら奪われて何一つ縋るものを失った遊作の気持ちを考えたら心抉れるけど!!??
冷静に考えると、草薙さんの体を遊作が世話し続けるのは難しいからってこと?それに伴って、草薙さんが復活した際にはそのまま仲間に引き入れようみたいな??
ん?いやいや、体をどう保たせるか問題で攫ったなら、了見は草薙さんだけでなく仁の面倒も見るべきだし、尊(95話見てないのに勝手に負けたと思ってる)も同様だし、草薙さんだけ攫うのはおかしくね??他のメンバーもちゃんと攫った???いや誘拐犯に対してちゃんと攫った?ってなんだよ(真顔)
了見に誘拐された草薙さん(体)のことを朝から考え続けて悶々としてだんだん羨ましさの感情が高まってきてしまった。
遊戯王VRAINSの真ヒロインもといヒゲインである草薙さんを独占できんの羨ましいな。中身があるとさらに良いんだけど、なくてもそれなりに羨ましい……嘘です……中身がなくても心底羨ましいです……あのワガママボディを我が手に……ごくり……


→93話への追加感想
遊戯王VRAINSの93話を見て気付いたんですが、遊作が泣いて駆け寄ってきた時に草薙さんびっくりしてるの!!???つまり草薙さんにとって遊作があれほど取り乱すのは予想外だったと!!!????本気!???草薙さん!!!???自分がいかに遊作に愛されてるか自覚してねえの!!!????
やべえマジかよ信じられねえ草薙翔一……考察ひっくり返るわ……いや、遊作にとって自分を倒すことが大打撃になるとは思っていてもそれを遊作が表に出すことはないだろうと思っての驚きの可能性もあるし、驚きの表情ではなく悲しみの表情だった可能性もある、けど驚きの表情に見えるなぁ……
草薙さんが遊作の嘆きに驚いてたとしたら、草薙さんは遊作に大事に思われてる自覚がなさすぎてダメ。草薙さんは遊戯王VRAINSを1話から見直してきて。71話は絶対見て。これ以上草薙さんに悲しい思いはさせないって意気込む遊作が見られるからちゃんと思い知って!!!!!
93話回想で俺は仁としか繋がってないって言ってる時点で若干もしかしてと思わなくなかったけど、草薙翔一ダメだわ。草薙さん全然そんなことないから遊戯王VRAINSの73話も見て。鴻上了見がこれまでで一番優しい声で「あなたの無事な姿を見て安心した」って言ってる相手、あなたですよ!!!!!!!
さらに言うと、草薙さんが人質を取られ遊作と戦わざるを得ず消滅して、そのことを自分のことのように烈火のごとく怒っている男の子がいてね、草薙さん、その子の名前は穂村尊っていうんですけどご存知ですか!!!????????
草薙さんが復活したら、草薙翔一クラスタ達で復活歓迎パーティ……いやもう、復活歓迎式典ぐらい開かないと思い知らないのでは?あ、プレイメーカーさん口座番号教えてくださいお手伝いします!!

真面目な話、草薙さんは一見冷静に見えて本心では誰より焦りがあって消耗してるというのは93話の回想で思わず漏れてしまう心の声からもよくわかるので、表面は取り繕えても実際は思うほど周り見えてないんだろうなぁ。家族を人質に取られてるから当然なんだけど……。
そこまで追い詰められたままだから草薙さんは、遊作がAiや尊・不霊夢、ブルーメイデン達といるようになっても、それでも今もなお誰より草薙さんを大事に思っているという事実に気付けなかったと考えると納得はできる。できるけど切ねえ……。
多分草薙さんは、遊作が草薙さんといる時だけ、93話の回想みたいな幼い子どもの顔をするの知らないんだろうな……草薙さんにとっては当たり前の表情や反応でも、他の誰にとっても当たり前じゃないんだと知らない草薙さん……。
あと、93話の回想みたいに草薙さんの普段は見せない本音を知る機会があったのは遊作だけで、だからこそただでさえ草薙さんが大事な遊作はそんな姿を見る度に"これ以上悲しい思いはさせない"と決意を固めていったんだろうなと思うと、本当に家族かそれ以上の存在なんだと思わざるを得ない。

遊作が草薙さんを消滅させたことは親殺しではあるけど親離れになったかと言われるとなぁ……今後次第だけど、遊作にとって草薙さんと一つになる行為とも取れかねん。"愛する人を殺したのは自分"という事実は、自分達だけで完結する世界への導入になり得るから。
殺したのは遊作で、殺されたのは現状で遊作の最も大事な人である草薙さんで、それを仕組んだライトニングに読み勝った上で、限られた手の中で思考を止めた遊作すら計算に入れて最善手を打ったという事実がある限りは草薙さんへの感情が勝るはず。ライトニングを恨む感情よりも。
でもそうなると、遊作にとって草薙さんを倒すことは外へ感情を向ける行為ではなく、殺し殺された遊作と草薙さんの関係を強固にして、本当に最悪の場合は相手と同化する儀式に成り上がってしまうんだよな。今回は草薙さんが残した"約束"があるから、なおさら儀式として考えてしまいやすそう。

遊☆戯☆王VRAINS 092「大いなる試練」093「交わした約束」

プレイメーカー(遊作) vs 草薙翔一

→視聴前
ついにこの日が……来てしまったんですね……草薙さん……(見る前から泣いてる)
でも、草薙さん自身が裏切ろうとしたわけじゃなく、仁を人質に取られたせいで闘わざるを得なくなったというところは救いかな……いや草薙さんはその方が自分のことを責めるよなぁきっと……。
もう草薙さん敵対フラグは折れたんじゃないかと思ってたタイミングでのこれだから遊戯王ヴレインズは視聴者への精神攻撃が上手い。
これって遊作にとっては、草薙さん自身が裏切ったと思わされていてもショックが大きいだろうし、草薙さんがやむを得ず敵対したとわかったら敵に対しての怒りが増して場合によっては冷静さも削がれるだろうし、ライトニング達は遊作の一番の弱点を突いたといっても過言ではないんだよな。
「絶対に遊作は草薙さんを責めない」とわかっていることがまた辛い。草薙さんが戻ってきても、遊作に責められないことに苦しくなって関係がギクシャクしそう。まず草薙さんは戻ってくるから、既にいかに遊作が草薙さんのアフターケアをするかってところに考えが飛んでる。

草薙さんトレンド入り……アッ……(察し)(背後から死の足音が聞こえた人の顔)
これは……つまりそういうことで……うん……草薙さん……私ヴレインズ卒業してしまわんかな……その前に死ぬか……死ぬな……草薙さん……生きて……そうそれは儚い願い……
先週見たネタバレの草薙さんショックがあまりに大きくてぶっちゃけ先週分もまだ見れてないんだけど、もうヴレインズ見る勇気が微塵もない………このまま何もなかったことにして、遊作と草薙さんは仁を取り戻し末永く仲良く暮らしましたとさって私が勝手にモノローグ付けて終わったことにしたい…………
先週のヴレインズをまだ見ていない私の世界線では遊作は自身の唯一無二である草薙さんと共に仁を取り戻し、草薙さんとは家族になり、Aiや尊・フレイムと共に穏やかで優しい世界で暮らしています…………………………………

うるせー!!私の世界線ではまだ草薙さんはいつも通りに画面の向こうでプレメ達を見守りながら「頼むぞ、プレイメーカー……!」って言ってるから!!!こっからプレメ達が仁を連れ帰ってくれて草薙さんは泣きながら仁を抱き締め今度こそ未来への一歩を踏み出すんだから!!!!!!
その草薙さんの隣には草薙さんこそ自分の世界でたった一人のひとなんだと気付いた遊作が陣取ってるし、プレメ(遊作+草薙さん)推しの尊は二人の友人として側にいるし、Aiと不霊夢は相変わらずそれぞれの相棒だし、草薙さんの献身的な世話により数年後には仁も自意識を取り戻すハッピーな未来が待ってるんだよ!!!!!!
仁の容体が落ち着き始めた頃には遊作はもう学校も卒業して働いていて、Aiと尊と不霊夢(と了見)に共犯になってもらって草薙さんにサプライズプロポーズしてみんなに祝福されながら結婚式を挙げ遊戯王VRAINS感動の大団円にて完結!!!!
今週のヴレインズ見てないけど断片的な情報から遊作は草薙さんと養子縁組しておいた方がいいということだけ察したらこうなった。
尊は最初から遊作と草薙さんのコンビ推し(そして私の見立てではおそらく過激派熱血ヤンキー)だから嬉々として協力するし、了見は草薙さん推しに傾いているとはいえコンビ推しの気もあるから草薙さんが幸せになるなら遊作が草薙さんを囲うのに協力するよな。
仁が帰ってきてこれまで以上に付きっ切りで仁の面倒を見る草薙さんの元に「綺麗な海の写真を撮れたから見せたくて」とか毎回雑な理由つけて会いに来る鴻上了見(ホットドッグ屋はほぼ閉店状態だから店で会えない)は好きすぎる。
草薙さんは金銭面での支援は受け付けないと思うから、草薙さんが仁の面倒を見てる期間に了見がしてることは再びこの二人が襲われないようこっそり身辺警護をしたり近付く人の身元を洗ったりすることなどで、草薙さんを二度と傷付けたくない遊作と結託して草薙さん絶対守る同盟が結成されている。
なおそのころ財前家では、晃お兄様が葵ちゃんに対し過保護に心配する気持ちもありながら彼女の意思を尊重するべきだという思いを再度胸に刻み付ける横で、葵ちゃんが晃お兄様絶対守るエンジェルと化していた。


→092「大いなる試練」
ライトニングに「彼(遊作)の怒り、悲しみ、嘆き……全ての感情がかき乱される、そんな相手」と言われる草薙さん……もう遊作のヒロインか家族でしかないでしょ……。
草薙さん……草薙さんと遊作が現実で初めて会った場所であるカフェナギの前で、遊作が草薙さんを選んだ場所であるこの場所で、二人は戦わないといけないのか……。
遊作「ついにこの時が来たんだな」草薙さん「ああ、そういうことだ」で通じ合ってる二人が切なすぎる。
草薙さんに対して仁を人質にするライトニング絶対に許せねえ。草薙さんがプレメを倒すことでしか仁の意識を渡さないと言うのは取引としては当然だと思う、わざと負けてもダメだという条件も当然だと思う、だからこそ許せねえ。
仮にライトニングの言ってることが嘘だとしても、本当かどうかわからない草薙さんはライトニングの言う通りにせざるを得ないというところがえげつない。
ライトニング「最も親しい友の最も愛する人を救えなかった、その事実はプレイメーカーに強いダメージを与えることになる」って台詞からして、ライトニングは仁をこういう時に利用できるように取っておいただけなんだな。
遊作がこれだけデュエルしたくなさそうなの初めて見る……もう心が苦しい……。
草薙さん……!!ミラーリンクブレインズのハッキングプログラムを作って引き継ぐとか有能すぎる……!!!!!
遊作の声にいつも張りがなくて、遊作の苦しむ心が感じられるのしんどい……。
草薙さんと手に入れたデコードトーカーを召喚し、草薙さんとの思い出がよぎり顔を歪める遊作……。
尊に「(遊作が)草薙さんを攻撃するなんて、できるわけないだろ!」と言い切られる関係って凄いよな……まだ付き合いの短い尊にすら遊作がどれほど草薙さんを大事に思ってるか伝わってるってことだよな……。
草薙さんが負けても遊作の心に傷を残して、なんなら再起不能にすらできる可能性があるとライトニングに思われている草薙さんの存在があまりにも大きすぎる……。
情に厚い人だからこそ遊作と組むことを決めたところもあったぐらいの人で、本心では草薙さんが遊作を弟のように、相棒のように、友のように大事に思っているのも視聴者はわかっているのに、それでもその想いを振り切って「なんと言われようと、俺が一番大切なのは仁だ!」と言い切れる草薙さんの強さが悲しい……。
あああああ……「俺は草薙さんとは戦えない」と、藤木遊作に唯一弱音を吐かせるひと……草薙翔一……。

次回予告の草薙さんポエムが、今回に限って本編の草薙さんから遊作への語りになってる演出泣きました。


→093「交わした約束」
尊に「プレイメーカーにとって草薙さんは家族も同然だ、いいや、それ以上だ!二人は一心同体でこれまで戦ってきたんだ、なのにこんなのって……!」と目を逸らさせるデュエル……。
デュエルをすることに対して苦しむ遊作、プレイメーカーを見るとしたら対草薙さんに対してだけだろうとは予想してたけど、そんな予想当たってほしくなかった……。
草薙さんも仁も、何一つとして悪いことをしてない被害者でしかないのに、幼い頃から今に至るまで苦しみ続けて、今草薙さんは仁と遊作の板挟みになって遊作と戦わざるを得ない状況に追い込まれて苦しんでて、それなのに草薙さんが仁に謝るこの世界は絶対おかしいでしょ……。
草薙さんの「現れろ、未来を導くサーキット!」の口上が遊作と同じなのしんどさしかない……二人は矛と盾で、二人でプレイメーカー……。
尊の「プレイメーカーを守るはずの盾が!」っていう台詞はゆさなぎ二人合わせたプレメ推しオタクの発言みたいでなんかちょっと笑ってしまったw
ん?もしかして草薙さんと遊作、こういうことになった時のこと話し合ってた?草薙さんは仁しか選べないから、いざとなったら倒せって打ち合わせ済みだったりした……?
わざわざ仁を連れて観戦にくるライトニング許しがたい。
やっぱり、草薙さんが遊作を煽るようなことを言い続けていたのは、遊作に立ち上がってもらうためなんだな……。
「俺との約束を果たせず散っていくのか」という草薙さんの真意がわかる回想なんでしょうか死にそうです。

Aiが来てからだけど、Aiを抜いて話し合う二人。
「俺と約束してほしいんだ」「約束?」「そうだ。お前はどんな時でも大義を貫くっていう約束だ」「なんのことだ?」「もうすぐ決戦が始まる。だが、仁は奴らに囚われたままだ」「すまない、俺の力が足りないせいだ」「いいや、そんなことを言ってるんじゃない。ロスト事件の時、俺は仁を守れなかった。もっと俺が側にいればあの事件には巻き込まれなかったかもしれない。俺のせいであいつは茨の道を歩くことになった。(口を押える)救出された仁に俺はもう絶対に一人にしないって誓ったのに……!ライトニングたちはきっと、勝つためにはどんな手でも使ってくる。仁がやつらの手にある以上、人質として利用され理不尽な要求をされることも想定しておかなきゃならない」「俺と草薙さんを戦わせるってことか?そんなことはおきない!」「やめろ、遊作。お前にもわかってることだ。そんなことが通じる相手じゃない。お前がそこから逃げてどうする。もしそうなっても、俺は仁を見捨てることはできないだろう。きっと俺は、お前と戦う道を選ぶ。その時は迷わずに俺を倒せ」「草薙さん!」
「遊作、俺は弟を救うためにお前と道を共に歩んできた。俺はきっとそこから抜け出せない。だが、お前は違う」「俺だって同じだ!俺も自分自身に決着を付けたかったから……」「いいや、もう違う。お前はみんなの未来の道しるべだ、希望なんだよ、プレイメーカーってのは。リンクヴレインズじゃお尋ね者になってるが、ネットではお前がリンクヴレインズを救ってくれたんだとみんな知ってる。俺は仁としか繋がっていない。だが、お前はみんなと繋がってる。プレイメーカーはもうヒーローなんだ。お前は俺達を救うより、ライトニングたちを倒す道を選ぶんだ。プレイメーカーは個人的な思いを捨てて、大義を貫ける存在のはずだ」「草薙さん、随分と勝手だな(笑っている)」「ああ、勝手な話だ。だが頼んだぞ、約束だ。この世界を守れるのは、お前だけだ」

号泣しかできない。
ここまでの遊作は、草薙さんと話し合ったことを覚えてはいても内心否定していたんだろうな。回想内で草薙さんと戦うなんてことはおきないと、不確定なことなのにはっきり否定するぐらいには遊作は草薙さんと戦いたくなくて、だからずっと考えないようにしていたんだと思う。
それが、草薙さんに「約束を果たせ」と言われたことで、そして叫んで今この瞬間に持ってる全ての悔しさ、虚しさ、悲しさを吐き出したことで、戦う覚悟が、いや、約束を果たす覚悟ができた。
これまで防戦一方だった遊作が、草薙さんを攻撃する覚悟を決め、プレメから草薙さんへの呼び方が「あんた」から「あなた」へ。貴方、とうといかた。
最後の攻撃を受ける時に草薙さんが遊作との出会いからの思い出を思い返すのめちゃくちゃに泣いてる……。
草薙さんにとって遊作は二人目の弟みたいなもので、一心同体で、仁とどちらを選ぶかと言われても選べない存在だったんだよ……ただ、草薙さんにとって遊作は並び立つ存在だけど、仁は庇護する存在だったというその違いがあっただけで、今となってはどちらの方が大切というわけではないんだと思う……それぐらい大事な存在だから本当は草薙さんの方が最後まで覚悟しきれない部分があったんじゃないかな……。
だからこそ「遊作、後を頼んだぞ……すまない、仁……」とそれぞれに言葉を残したんだよね……。
ここでプレイメーカーじゃなく遊作と微笑みながら呼ぶの本当に泣く。
遊作が消えゆく草薙さんの元に泣きながら走り寄って抱きしめようとするの、自分が泣いててほとんど見えない。
ロスト事件の時ですら泣かなかった遊作が初めて見せる涙が草薙さん喪失という事実がショック過ぎるし、何度も思い知ってるけど、遊作にとって草薙さんは何にも代えがたい唯一の大切な半身で、その人を失うことが遊作にとって一番の苦しみになるということを私達は突き付けられてる。
Aiが草薙さん消失に泣いてくれたのとても嬉しいけど、さらに悲しみが増す……ただ、草薙さんのデータを取り込んでくれたっぽいことだけが救いだろうか……お願いだから、何が起こっても草薙さんだけは遊作のために復活させてあげて……本当に……。
茫然自失な遊作が膝をついて項垂れた時点でこんな遊作見たことないしもしかしたら立ち上がれないんじゃないかと思ったけど、遊作は自分の唯一の存在である草薙さんを失ったけれどその草薙さんとの約束があったからこそ完全に折れはしなかったとも言えるのかもしれない。
なんなら草薙さんは遊作が自分を倒すことで受ける精神ダメージが最悪の場合遊作が再起不能になるかもしれないぐらいの大きなものだとわかっていて、だから遊作が立ち上がれるように自分との約束というものを残してあげたのかもしれないとまで思った。
それは草薙さんが仁を選ぶという選択肢を選ぶからこそ生まれる遊作の苦しみで、それを救うのが草薙さんの残した約束なのだとしたら、確かに草薙さんの言う通り「勝手」でしかない。ただただ草薙さんのエゴだが、草薙さんが遊作を大事に思う気持ちもきっとまた本当だから約束を残したんだろう。

ライトニングと遊作の問答
「プレイメーカー、お前は最も親しい仲間ですら救うことができなかった。その仲間はちっぽけな約束すら守れなかったお前に失望し消えていった。お前は未来を導く存在でも救世主でもない。何一つ成し遂げられない愚かで弱い存在にすぎない。戦うまでもなく、お前達は既に我々に負けたのだ」「いいや、それは違う……」「何?負け惜しみとは君らしくもない」「草薙さんは、とっくにお前達が人質を使って戦いを強要することを予想していた」「なんだと……!?」「だから約束した……この日が来た時、草薙さんは俺に未来を託すことを……俺が大義を貫くことを……!(俯いていた遊作の顔が少しずつ上を向き始める)」「そんな約束をあの二人が……(尊の台詞)」「私のやることを読んでいただと……!?あの男(草薙さん)、私を騙したのか……!」「草薙さんは俺を恨んでなどいない……俺を誇りに消えて行った!負けたのはお前達だ!!!(遊作がライトニングを見据え、指を突き付ける)」

ライトニングは草薙さんが仁を人質にされるとわかっていてあの対応をしているから煽ってたのかと思ったけど、草薙さんが何も知らずに考えが至らずにいたと思ってたのか。滑稽だな。
なるほど、だからライトニングは安直に遊作と草薙さんを戦わせるという策を使ったのか。まさか草薙さんが全力で戦って遊作に負けるつもりでいて、そしてそのうえで遊作の心が壊れてしまわないように約束を残してくれていたことも、全てライトニングを出し抜く形になった……。
草薙さん凄いな……遊作は草薙さんの約束の本当の意味をライトニングと話していた時に気付いたんだろうな……草薙さんが遊作の心を守ろうとしてくれたこと……。
遊作がライトニングたちにお前達の負けだと言い切った瞬間に気を失ってしまったのは、デュエルの苦しみや草薙さんを失った悲しみも大きいだろうけど、自分が消滅した後ですら遊作の心を守ろうと、ずっと盾であろうとしてくれる草薙さんの想いに気付いて安心したところもあったのかなって……。
尊が「踏みにじっちゃならねえ人の一番大事なものを踏みにじった、てめえらだけは絶対に許さねえ!」と男泣きしてくれて、視聴者の代弁してくれて嬉しかった。
尊と張るぐらい思い切り号泣してるけど、尊が一緒に泣いて叫んで怒ってくれるから、吐きそうになりながらも生きていける。

次回予告は草薙さん続投なのか……よかった……よかったか……?
聞くたびに、草薙さん……って泣いてしまいそうになる気がする……。

草薙さんは遊作をヒーローと呼び大義を貫けというけど、これまで、そして今回を見ても、遊作が救いたい人は見ず知らずの大勢の人ではなく草薙さんや草薙さんの愛する人、本質的に言えば今現在救いたい人は草薙さんただ一人であるという事実が今回の結果に噛み合ってなくてあまりにも辛い。
遊作が心から救いたかったたった一人の人を自分の手で葬って、その人からヒーローという呪いのような約束を得たことで、草薙さんを失ってしまった遊作はもうそれを糧に、自分が草薙さんにとって誇りなのだということを糧に稼働し続けることになる。
絶対に、草薙さんは復活させないといけない。誰よりも、何よりも、半身を失った遊作の為に。


→翌日
昨日はゆさなぎ幸せになってくれ〜〜〜〜〜〜と思いながら泣きながら眠りについたんだけど目が覚めても草薙さんが消滅したままな地獄…………………
草薙兄弟は何も悪いことしてないのに心を壊され奪われ利用され、最終的に大切な人の手でその心を傷付けながら消滅までさせられるなんてどんな星の元に生まれたらここまで酷い目に合うんだよ……
「これ以上草薙さんに悲しい思いはさせない」と誰より草薙さんを案じている遊作がその手で草薙さんにトドメを刺し、仁を救えなかったことを悔やみ、悲しみながら消えていく草薙さんを目の前で失うことしかできなかった遊作あまりにも地獄…………
次に遊作が泣くことがあるとしたら、草薙さんが戻ってきた時だよなぁ……1日でも、1分でも早くその時が来て欲しい……

昨日に続き遊戯王VRAINSの93話を視聴して泣いてる。
草薙さんを失った遊作の絶望の中にある草薙さんとの約束が決して希望と呼べるものではなく、遊作の心を生かし続ける生命維持装置的なものであるだろうことは遊作の心をさらに摩耗していくことになるのではという危機感がある……。
これまでのVRAINSを見ればわかる通り、家族も友人も誰一人として近しい人がいなかった遊作にとって、一心同体の相棒であり友であり保護者であり限りなく家族に近い存在である草薙さんは、どうしても最愛の人になってしまう。
これは遊作がそうしようとしたわけでも草薙さんがそうなろうとしたわけでもなく、遊作に他に情を注げる相手がいなかったから、唯一心を許せる草薙さんが必然的に遊作の全ての最愛に収まってしまっただけ。
そして遊作の最愛は草薙さんだけれど、遊作は草薙さんの最愛が自分でなくても草薙さんを一番に大事に思えるし、草薙さんが愛するものも含めて大事にしてしまえるほどに草薙さんに心を傾けていたところは、確かに大きな弱点だった。
でも傷付いたままずっと孤独で大事にされることもすることも知らずに育った子どもである遊作が初めて大切な人を得た時に、加減がわからなくて自分の身を削るぐらい草薙さんを大事にしすぎてしまうことも凄くよくわかるんだよな……。
それはこれまでの献身だけでなく、今回の回想でも明らかだった。仁の件が話に出ただけで遊作は自分の力が足りないからダメなのだと食い気味に言ったり、草薙さんと戦うことはないと先に否定してたり、明らかに冷静に考えられていないし、そもそも先回りして自分のせいにしようとするのは考えることから逃げてる。
93話の回想の時の遊作は草薙さんが話そうとしてることに無意識かもしれないけど気付いてはいて、でも草薙さんと離れたくないし離れる話もしたくないと考える遊作の子どもの部分、つまり依存してる部分が強いために草薙さんの話を根本的に受け入れられていない。
だからこそ草薙さんと戦わなければならないという現実に直面した時に、草薙さんと話した時に受け入れられていなかったために遊作は戦えなくて苦しんだ。
これは主に親子で当てはまる心理的な関係なので、遊作の子どもの面が強く出ていた93話時点での遊作の草薙さん殺しは親殺しだったんだろうと思う……他のタイミングならまた違うかったかもしれないけど。

何が怖いかというと、草薙さんが遊作の心の幼い柔い部分が存在していることを見抜くだけでなく、その気持ちがポンと自分に全部そのままの形で向けられていることを自覚していただろうこと。
そのうえで、本来なら緩やかに促してあげたかったであろう草薙さんからの遊作の親離れを、草薙さん自身の敵対や消滅の可能性があることで喫緊の問題として取り上げてやり、急な親離れになって縋るものがなくなっても遊作が一人で立てるように促してやったこと。
それがわかるのが93話の回想で、仁の話が出た時に、自分の力不足のせいだと言った遊作に対して草薙さんが「そんなことを言ってるんじゃない」と言う部分。これ、前の草薙さんなら「そんなことはない、お前は充分頑張ってくれてる」みたいなことを言うだろう部分で今回は若干キツイ言い方をするんだけど、おそらく自分に依存してこようとする遊作の中の子どもの部分に対して強く当たって一人立ちを促してるんだよね。
そのことからも、93話の回想で草薙さんが重きを置いてるのは仁のことでもましてや自分のことでもなく、遊作のことだということが本当によくわかる。自分のエゴで遊作の為だけに生きられない草薙さんが、最期にしてあげられることだった。

血界戦線B2B 5巻 獄中の聖者、その中の咎人

血界戦線B2Bの5巻を、「獄中の聖者、その中の咎人」を読んだんですが……デルドロ・ブローディ……お前……そんでもってドグ・ハマーもお前……お前ら……ある意味で血界戦線で一番ヤバいわ……(顔を覆い膝から崩れ落ちる絵文字)

血界戦線聖者咎人はブロハマが多方面な意味でヤバくてもうどこから突っ込んだらいいのかわからないレベルなんだけど、ハマーは何かが欠けてるのかなと思っていたら欠けてるどころではなく空っぽだったという事実がまず心を抉る。
ハマーは何もかもを持たない空っぽの人間で、器(体)しか持たないことはむしろ惨いことなのではとすら思うんですが、そうであったからこそデルドロと融合させられた時の器としては最上であり空っぽのところに100%デルドロを受け入れられたという、運命としか言いようがないブロハマ。

デルドロはハマーと融合させられたことで自分の飢餓感みたいなものが、飢餓感を感じられるだけマシと思えたのかなと。
ハマーのように空っぽだと飢餓感も無ければ一瞬の満足感も得られることはないので、悪逆非道のデルドロですら憐れと思うほどだったのかもしれない。
自己保身も何もなく自分を大事にできないハマーがハマー自身を大事にすることができるのが、デルドロがハマーの血液として存在していたからということを聖者咎人で改めて突き付けられたデルドロがハマーへの想いを強固にしたことは想像に難くない。

デルドロが監獄に閉じ込められていることをつらいと感じていないことをハマーに見抜かれてるの最高だったんだけど泣きそうにもなった。
デルドロがハマーを受け入れ、ハマーに全てを受け入れられ、その絆や存在がデルドロの望んだ自由を上回るものになったのあまりに尊い……。
別にデルドロはハマーと分離することや自由を求めなくなったのではなくて、それができなくてもつらいと思わなくなるほどハマーを大事に思ってしまって、また、ハマーにこれからも大事に思われたくなってしまったんだと思う。
誰かに全てを受け入れてもらえるということは麻薬みたいなものなんだよな。特にデルドロみたいに飢えてるだろう人には余計にそうだと思う。
デルドロは一人の人間として在りたいし自由でもいたいけど、それをすっ飛ばすぐらいハマーの血液であることが心地よ過ぎるんだろうなぁ。

仮に聖者咎人でデルドロがハマーと分離してハマーが死んでたら、デルドロは最悪アリギュラの元へハマーの体を持って再度血液として自分がハマーを生かせるように頭下げにいったかもしれないと思う。

ハマーはデルドロでなくても、誰でも受け入れるけど、デルドロはハマーしか宿主として受け入れられないというところが、ハマーが聖者と言い表されデルドロが咎人にしかなれないところ。
そのうえハマーはデルドロの犯した罪に対する罰やデルドロの被害者の為に監獄にいるだけではなく、デルドロがもうつらくないから、そう感じるデルドロの為に監獄に収監され続けるのだというところがなるほど聖なると称されるわけだと。

ブロハマ考えれば考えるほど一生離れられないタイプのやつで困る。
仮に分離できてもデルドロのハマーと居たい心を見抜いたハマーがずっと側にいそうだしデルドロは振り回されて喜んでそうだし、分離できなかったら当たり前みたいに生まれた時からそうであったように一緒に死んでいきそう。

遊☆戯☆王VRAINS 084「静まらない過去」

前回も思ったけど、尊は完全に頭に血が上っちゃってるなぁ……まあリボルバーは両親の仇みたいなものだからなぁ……。
フレイムが尊を諫めようとするの、リボルバーがどうのとかイグニスと人間がどうのとかじゃなく、尊を思ってっていうのが凄く良い。
リボルバーが何もしないままデュエルで負けようとするの潔いけど、そんなもの尊は受け入れられないよな……。
ちょ、リボルバー言っちゃうの!?自分で現実の正体明かすの!?
確かに遊作の仲間である尊はいつでもリボルバーの正体知れるけど自分で言うのね。
遊作、リボルバーの正体とかロスト事件の犯人とか、先に尊に話しておいてもよかったんじゃない?
きちんと自分の父の責任を取ろうとする了見がだんだん可哀想に思えてきた。了見も父である鴻上博士に人生狂わされたよな。
プレメが微塵もリボルバーを疑ってないの、気持ちはわかるんだけど今の段階では怖い。
よかった、リボルバーとのオン会は草薙さんに通信いってないはずだからと心配してたんだけど、この感じだと遊作が全部説明したんだな。で、遊作と草薙さん、エマさんがハノイの塔のプログラムを組み立てるのに協力すると。
うーん、草薙さんも了見の言うこと疑ってない様子だなぁ。遊作が信じるなら、っていう遊作への信頼感からかな?
尊がプログラミングできないことと、リボルバーとの協力関係に納得していないことを察して外に連れ出してお話ししてあげるフレイムほんと保護者。
あー確かに、リボルバーが遊作や草薙さん達プログラマーの協力を得たいだけなら、リボルバーに対して冷静でいられないであろうソバを呼ぶ必要は全くなかったんだよな……フレイムは人間の複雑な気持ちを察するのが得意だね。尊の気持ちだけじゃなく、他の人間のこともよく観察してる。

久々のロボッピ!かわいいしどんどん成長してるな!
おっと、これはアイはロボッピに自分のバックアップ残したのか?
もうハノイの塔のプログラム完成したの!?ヴレインズのプログラマー達(遊作・草薙さん・エマさん)、有能すぎない!!??
珍しく草薙さんもリンクヴレインズに入ろうかって言ってる!!でも遊作が引き留めてリアルに居残り組ですって!!!!やっぱりヒロインじゃないか!!!!!
さり気なく尊の一人称が遊作と草薙さんの前でも僕から俺になってるの、決意が現れてていいな。
サビなので何度でも言いますが草薙さん有能。ハノイの塔のプログラム組みながら、以前のプログラムの強化版作ってたとか有能すぎて怖い。誘拐されそう。
「以前お前たちに渡したプログラムの強化版だ。こいつはどんな強固なセキュリティだろうとお前達のいる場所からバックドアを作り、お前達の様子を中継してくれる」
ちょっと待ってこのプログラムやべえからちょっと待って。
見てもいないセキュリティを突破できるプログラムとか完全にチートアイテムなんですけど草薙さんやばくない??????
「これをコピーしてみんなで共有してくれ」っていう草薙さんに対して怪しいって疑ってる疑心暗鬼のコメントと、草薙さん裏切らない勢のコメントが競り合ってるの面白いww
スペクターも一緒に行くのか!
対閃光防御ワロタw無茶ぶりですリボルバー様ww
ウィンティどんな格好なのw不意打ちで笑かすのやめーやww

遊☆戯☆王VRAINS 082「本能の先にあるもの」

公式ツイッターのヴレインズの「メリークリスマス!」ってコメント載せられた一枚絵、遊作・尊・草薙さんが真顔で写っててくっそ受けたwwwやっつけ仕事すぎるwwww

鬼塚ほんと死にそうで普通に心配になってきた。
例え死ななくても真っ当な人間に戻れるのか?
ちびしょごりゅうかわいい。
最後の見せ場っていうの……やめろよ……禁止カード入りせつねえ……。
了見とスペクターの実況と解説感ほんと草生える。
顔が悪いwwwwwwww
了見の顔がいいと比べて鬼塚を顔が悪いって言うのひっでえwwwww
現実の鬼塚が死にそうなのに止めようとするのが晃お兄様だけなの怖すぎでしょソルテクノロジー。オペレーター達も何も感じないのかよ……。
リンクリボーかわいいほんとかわいい。
プレメの落ち方がガチで笑ってしまったw年末落下怖いww
エクシーズ召喚!!!!!
演出とプレメの動きと口上がかっこよすぎて最高なエクシーズ召喚!!!!!!!!!!!!
プレメかっこよかった!!!
鬼塚、決して同情はできないけど可哀想だとは思う。心の弱さに負けてしまったな。
鬼塚が負けてもイグニス捕縛ユニット作動させてアイを捕まえようとするの卑怯じゃない!!??デュエルした意味!!!!
プレメともども捕縛されかけたところを助けてくれた晃お兄様ナイス!!
晃お兄様が鬼塚をログアウトさせたのは、鬼塚の限界を悟って止めた部分が一番大きかっただろうけど、プレメとアイを助ける意味合いもあったんだろうな。
ED最後変わってるやん!!追加されてる!!
オン会って何よwww

遊☆戯☆王VRAINS 081「たどり着いた頂」

あれ!?サブタイとあらすじ復活してる!?

鬼塚死にそう(こなみ)
エマさん……多分健碁くんは植物状態になってしまったんだろうな……。
胡坐かいてるアイ好き。
おそらく意識不明であろう健碁くんの話をしているアイを咳払いで遮るフレイム……ありがとう……草薙さんが聴いてるから気を使ってくれたんだね……。
謝るアイに優しく「そんなに気を使うな」って言ってあげる草薙さん、やっぱり一人で気持ちを抱えるタイプなんだろうなって思う。
自力で脱出を!?って私も言いたくなったwww
晃お兄様が必死に鬼塚を庇おうとするの切なくなるな。本気で命が危なそうだからなぁ……。
うわっ鴻上了見顔がいい!!(定期)
余計なことを言うアイに「黙れ!」って怒るプレメめっちゃ好きww
完全に人外じみてきた鬼塚が救われることあるか?
鬼塚が言うそこって高みなんですかね……。
あっ……アースのクリスタルハートを鬼塚が……。
鬼塚がアースのデータを取り込むとかほんと……それ人間って言えるのか……。
スペクターが動揺してるの見てこっちが動揺した。
ソルテクノロジーも大概だけど、それに乗っかる鬼塚も擁護しようがなくなってきた。

来週の年末落下プレメの作画良すぎてめちゃくちゃ楽しみ。

prev next