:†怖い譚を作業用BGMにペン入れ(爆)†:




はい。皆様こんにちは♪
三連休中の唯一の休日を満喫していました燈乃さんです。明日明後日は早朝出勤!!

最近創作活動が文章に偏り気味だったので、今日は久々にイラストのペン入れ作業↑をしてみました。以前下書き状態で載せた人外同士の異種混合夜会イラストの続きです。もう少しおどろおどろしい感じにしたかったのですが、思いの外ファンシーな仕上がりになりそうな予感がしてます(笑)

で。今日は怖い譚をゆちゅぶに繋いで作業BGMで流していましたが、久々に文面以外の語りを聴くと、体感がまた異なりますね。背筋に走る冷たさが比較になら無い←

今回は、手相占いで有名な島田秀平さんの怖い譚シリーズを十本以上聴いていましたが、洒落怖や2ch系列の書き込みで読んだ事のある譚の中で見付けた、怪談の原点らしき譚が語られてまして。恐怖や戦慄よりも、ある種の興奮と感動を覚えました。

廃墟(或いは廃病院)が舞台となる『私の死体はここにあります』と言う怪談なのですが、これがまぁ滅茶苦茶怖かったです。
派生なのか創作なのか、似たような譚を二、三本程読んだ事が有る(生還譚と死亡譚を各々)のですが、島田さんの語ったのはその原点に当たる感じのものでした。

あとはまぁ、不気味な譚や心が暖まる譚とか色々と有りましたが、聴いていて改めて感じた事が幾つか再確認出来ましたね。

『恐怖と言う感情』を宿し『口伝と言う言霊』を用いる人間こそが、得体の知れないものたちに対する、電子機器にも勝る『記録媒体』であり、何者にも替え難い脆弱で強力な『感染媒体』そのものだと言う事を。故に、命ある生者の娯楽として『怪談語り』はこれ以上無い程の皮肉なのです。

今年もまた、世界の境界線が薄れる時期がやって来ます。皆様もどうかお気を付けて下さい。欠損や寂しい部分を補う為なら、向こう側は誰だって大歓迎ですからね。

さてと。イラストの方は、色塗りが終わって完成したら、また日の目に当ててあげようと思います。あとは、個人的にかき氷が食べたくなるような、何処と無くファンタジーに近い創作文を書きたいですね♪



ではでは、今回はこの辺で☆



*

:†文スト夢小説/乱歩夢(閑話)†:




*文豪/ストレイ/ドッグスで短篇夢譚。
*登場夢主は乱歩の相方で福沢の養女。
*日常系なほのぼの話を目指してます。
*夢主が『願い事』を考える閑話な譚。



【:†願い事を綴る七夕の日の譚†:】



無尽蔵に転がる選択肢や願望の中で。
それこそ、星の数程のそれらの中で。

たった一つだけ、選び取るとしたら。
私は一体、何を手に取るべきだろう。



「はい詩歩、コレあげる♪」

「……これって、短冊?」

書類を纏めている最中。重ね合わせた白い紙面の上に被せる様に差し出された長方形の色紙を受け取り乍ら、小首を傾げる。
渡された色紙は、淡く柔らかな橙色だ。

「今日は七夕だからねぇ。折角だから、皆でコレに願い事を書かないかって事になったんだよ。今夜は晴れるみたいだしね」

私の問いに、乱歩は上機嫌で返答する。
それにつられて、他の社員の机(デスク)を見遣れば、皆各々思い思いに短冊に願い事を記入している最中らしく、賑やかだ。

社員たちが行事を嗜む姿は、伝統を重んじると云う風よりも、それに便乗して、ワイワイ楽しんでいる意味合いの方が強い。

「詩歩は、願い事に何て書くの?」

「……う〜ん」

乱歩に問われ、私は再度小首を傾げる。

昔――、社長(義父様)と乱歩に救われた当初は、願い事の意味すら知らなかった。

それが意味を帯びて輝きを宿した頃には、私は探偵社の最古参の一人になっていた。
乱歩の背を支え、乱歩の隣に在る事が、私の欠けた空白の部分を埋める様に自然と、探偵社に於ける私の役目になっていた。

武装探偵の社員になってから十数年。
事務員統括主任になってからは数年。

薄暮の刻に正義の旗を掲げ打ち立て続けて来て、今に至るまでを振り返り乍ら、改めて、今此処に在る温かな情景を見遣る。

「……」

太宰は国木田に絡んでは、例に漏れず投げ飛ばされている。大方、太宰が国木田の書いた短冊の内容でも揶揄ったのだろう。

潤一郎とナオミちゃんは、お互いの短冊の内容を見せ合い乍ら、人目も憚らず恒例の仲睦まじい触れ合いを繰り広げている。

天井に着く高さの竹を運んで来た賢治君は、里芋の葉に溜まった朝露で墨を擦って、習字の手習いをして来たと話している。

その話を聞く傍らでは、晶子ちゃんが願い事を書き乍ら彦星に悪態を吐いている。年に一度しか河を渡れないとか根性無し云々の旨を溢しつつ、苦笑を浮かべている。

敦君と鏡花ちゃんは、如何やら七夕の行事が初めての様で。願い事を彼是悩み乍らも、楽しそうに会話に花を咲かせている。

「……」

斬った張ったの荒事を領分とする武装探偵社の、平穏な一時。その情景と短冊とを見較べ、口許に笑みが浮かぶのを感じた。

「……これは、難しいね」

「ふぅん? 願い事を書くだけなのに?」

私の内心を察しているだろう乱歩は、悪戯っぽく、楽しそうな声音で訊ねて来る。

「……昔には無かったものが、沢山増えたから。願い事も、選ぶのが難しいよ」

乱歩に応え乍ら、胸ポケットから万年筆を取り出して、短冊に願い事を記入する。

温もりを宿した星たちを『幸せ』と云うのならば、自ずと願い事は定まって来る。
選ぶのが難しいのなら、その願いに当て填まるものを全部一纏めにして仕舞えば良いのだ。そうすれば迷う必要は無くなる。

「……うん、出来た」

短冊の記入を終えて頷くと、私は社員たちの賑わいの中へと、足を進めた――。



例え、この願いが天に届かなくても。
例え、この行為に確実性等無くても。

私は、願いを願わずにはいられない。
それが、私の望んでいる最上だから。


『この平穏が長く続きますように』






はい。皆様こんにちは♪
山間の家にも関わらず慣れない熱帯夜に最近やられ気味の燈乃さんです(´△`;)

夜間の熱中症にはご注意下さいませっ!!

さて。今回載せましたのは、久々の文スト乱歩夢でございます。しかも閑話です。
そして。何気に七夕当日に上げられなかったネタの雪辱戦だったりします(Σヲイ)

織姫と彦星のあるあるネタでは無く、夢主の『願い事』に対する彼是を綴ってみました。あと、夢主視点から見た、社員たちの動きやそう言った感じの諸々を色々と。
寒地鼠の案件で本家が未だ修羅場から落ち着いていないので、ほのぼのを投下(爆)

昔には無かった大切なものが増えて来た上で、それらを守ろうとする夢主の思想は、社長から受け継いだものの一つですね。
勿論、武術も同等に受け継いでいます。
その辺りの過去の出来事も、少しずつ綴っていけたらと考えています。道は長い←

そして多分。この後、探偵社では流し素麺とかのイベントが行われると思います。
で。太宰が盛り上がった雰囲気に止めを刺しに行くと思います→国木田激怒の図。

……はい。そんなこんなで。今回もここまでお付き合い頂きましてありがとうございます。乱歩夢とか称して今回はあまり乱歩さんと絡んでないので、次回はもう少し夢主との絡みを多くしたいですね(*^ω^*)



ではでは、今回はこの辺で☆



*

:†とある悪夢と紫陽花の午後†:




はい。皆様こんにちは♪
悪夢に魘(うな)されてアラームの二時間前に目覚めてしまいました燈乃さんです。

悪夢と言うか、何だったんだろうアレ。
今思い出しても、ちょっと怖いですね。

最初は楽しかったんですよ。穏やかな雰囲気だったんですよ。夢の中で学生姿の少女に出会って、夢の中の学校らしき場所でバイバイした後辺り(多分放課後)から、雰囲気が一気にホラー染みて来たんですよ。

場面が変わり、少女が行方不明になったらしく、川だったか田んぼの中に少女の自転車が沈んでいる場面から始まりまして。
(※水辺だったのは確かで、自転車の部品がバラバラの残骸状態で沈んでました)

その川か田んぼの管理者らしいおじさんが自転車を指差して何やら説明しているのですが、取り敢えず先に少女を探さなくてはと、その場を離れようとした矢先に、おじさんが水辺に引きずり込まれてました。
(※水辺が底無し沼みたいな状態でした)

その辺りから、一種の恐慌状態の開始。
何か場面の切り替わりが凄まじかったんですが、切り替わる場面(場所)の先々で縦長の白い封筒に入った手紙を拾うんです。
(逃げながらアイテムを拾う感じでした)
しかし、どれもこれも所々が文字化けしていて、内容が全く意味不明なんですね。

で。最後に辿り着いた場所(←特定不可)にて、とある女性から『言伝て』と言われ、最後の手紙を貰うんですが、その内容だけは、ハッキリと読む事が出来たんです。
読んで、耳元でその内容が少女の声で復唱されて、恐怖のあまり目が覚めました。

起床時刻は四時半丁度。今の頃だと、大体『日の出に当たる時間』です。『夜の時間』を過ぎたから逃げられたのかな、何て今更ながらに思ってます。久々の悪夢(爆)

何にも障りが無い夢だったら良いのですが、『遅れて来る正夢(←忘れた頃にやって来るヤツ)』を何度も経験しているので、続編が無い事を切に祈るばかりです(笑)

……あ。やべフラグ立てちゃった(滝汗)
ドリームキャッチャーでも買おうかな←

さてさて。前置きと本題が逆になって仕舞った感が半端無いですが、↑の写メは家の庭で見付けた可愛い感じの紫陽花です。

萼の付き方が花みたいで、お洒落さんだなぁと思いながら撮りました。ヘンテコな悪夢のお口直しにどうぞ〜♪(*´∇`*)/



ではでは、今回はこの辺で☆



*

:†遊べっ!!遊べ〜っ!!(≡`Å´≡)†:




はい。皆様こんにちは♪
今日は妹と一緒に映画を観に行きました燈乃さんです(*´∇`*)/{楽しかった〜♪

今回観て来たのは、『メアリと魔女の花』と『忍びの国』の二作品二本立てです。

『メアリと魔女の花』は、魔法使いに纏わる伝承を踏襲している部分が有って、観ていてワクワクしました。赤髪の持ち主は優れた魔法使いになれる(←『魔法使いの嫁』参照)とか。エメラルドの瞳を持つ黒猫の使い魔とか。掻い摘まんで要約すると、『魔女の花』が『賢者の石』的な万能キーアイテム位置に有るお話でした(←ヲイ)

女の子がホウキに乗れる図と言うのは、魔女宅以来のトキメキが有りましたね(笑)

『忍びの国』は、忍たちのアクションシーンが凄かったです。格好良いに尽きます。内容は血生臭く非常に戦国時代らしい人間味に溢れたものになっていますが、ちょいちょいツッコミ処や笑える場面が有り、結構面白かったです。大野さんに人外(?)役をやらせると良い具合にハマりますね♪

興味の有る方は是非ご賞味下さいませ。

さて。今回↑に載せた写メは、ゲージ越しの子猫たちです。写メ撮影中に何気におねだり攻撃されてます。中々撮らせてくれなくて、漸く載せる事が出来ました〜。

ちなみに。写真の向かって右手がネリ、左手がノアです。今週妹がワクチン接種に連れて行くのですが、前回よりも体調が良くなって成長している事を願うばかりです。(←家に来た頃は若干風邪気味でした)

さてさて。子猫たちの朝ご飯をあげる時間に合わせて起きたいので、そろそろ就寝しようと思います。猫たちの朝は早いっ!!



ではでは、今回はこの辺で☆



*

:†七夕にデザートをもぐもく♪†:




はい。皆様こんにちは♪
晴れの日と雨の日が交互に来ている感じがしてゲンナリしています燈乃さんです←

九州での豪雨被害が連日報道されている中、何気に今日が七夕だった事に気付き、時期ネタが上げられなくて少々へこんでます。毎年この時期は曇りや雨が多く、天気予報士曰く十三年振りの晴れだそうです。

……はい。何かもう色々と心残りなので、七夕ネタはまた後日に綴ろうかと思います。嗚呼、やらかした感が半端無い(埋没)

その代わりと言っては何ですが、今回載せた↑の写メは、ココスの七夕限定デザートの『桃とベリーのマッドパイ』ですっ!!

今日までの券を持っていた母上から連絡が有り、夕食後に家族と食べて来ました♪

実はこのデザート。見た目は可愛らしいのに、物凄く食べごたえが有ります。特にパイ生地の器が凄いです。三つ乗ったバニラアイスと桃&ベリー系フルーツに目移りしがちですが、この器がラスボスでした←

食べ始めは大丈夫ですが、後からお腹が膨れます。父上が食べきれなかった器を貰いましたが、食後は大分胃が重たいです。
値段からして主食や主菜メニューと同じ位でしたから、中々に厳しい戦いでした。

今度行く時はかき氷が食べたいですね。

さてと。明日も早朝出勤なので、今回はそろそろ撤退しようと思います。眠いぃ←



ではでは、今回はこの辺で☆



*
前の記事へ 次の記事へ