急速に広まった蟹通販。蟹通販で蟹を購入する

急速に広まった蟹通販。


蟹通販で蟹を購入する一番の利点だと多くの方が口を揃えるのは、北海道や山陰など、各地の美味しい蟹を産地直送で手間をかけずに購入できることでしょうね。


ここで店頭販売の蟹のことを考えてみると、なかなか「産地直送」とはいかず、常に新鮮というわけではありません。


こういう理由がありますから、美味しい蟹をお求めの方はどんなお店で買うより、通販で直接頼むのが最もよいでしょう。


蟹通販を利用する際に、国産品と輸入品、どちらが美味しいのかと迷うことがよくありませんか? しかし、正直な話、国産でも海外産でも、同じ種類の蟹なら味に大きな差はありません。


それより大事なことがあるとしたら、そのお店が信用できるかどうかです。


信頼できるお店の商品なら、国産か輸入品かといったことはそれほど問題ではありません。


連日、ニュースで様々な事件が報じられていますが、気になったのがかにをえさに通販と称してお金を騙し取る、かに通販詐欺です。


どんなものかというと、まずは電話でアンケートを口実にこちらの好みを探り、通販の話を持ち出してくるのです。


電話でのやりとりの欠点として証拠が残せないものの、断ったつもりで安心していると忘れた頃になって、かにの入った大きな荷物が法外な請求書つきで届きます。


返品も問い合わせも出来ず、結局はお金を払うしかありません。


その他にも、経済的に余裕のある人を対象に、高価格、高品質のかにを装って、売れ残りのかにやB級品のかにを押し付けられるなんてこともあるそうですが、これも立派な詐欺です。


美味しいかにを食べるつもりだった期待を裏切られ余分なお金まで取られるなんて、ひどい話です。


このような時代を生き抜くには、隙を見せない生き方を心がけるしかありませんね。


師走の声を聞くと食べたくなるもの、人それぞれあるでしょうが、私の場合、かにがそうです。


ここ数年、我が家のブームは年越しがにと迎春がになので、12月になると産直通販で購入し、たっぷり実の詰まったかにを食べ、今年1年の幸せを噛みしめます。


例年ネットや広告や情報を総動員してみるものの、選ぶ範囲が広過ぎてどうやって選んだらいいか、ものすごく悩みますよね。


生鮮食品であるかにはきちんとした方法で扱わなければ美味しさが格段に落ちてしまいますし、食品としてはかなり贅沢なお買い物になりますから、良心的なところでよい商品を購入できればいいですね。


そのためにはそのお店で買ったことのある人がどう評価しているかを知ることは大切なので、口コミの評価が高ければ高いほど、安心して買い物が出来ますね。


賢く使えば大変便利な蟹通販。


しかし、もちろん欠点もあります。


それは、蟹をじかに見て選ぶことができない点であるといえます。


店頭販売なら、身が詰まっていることも確認でき、その場で試食させてくれる店舗も多くあります。


それに、蟹を茹でる際の塩加減などは人によって好みが分かれますから、自分や家族にとって一番美味しいお店を探すことも出来ます。


しかし、通販ではそれはできません。


蟹通販が便利でお得だといっても、万能ではなく、そうしたデメリットもあり、一長一短といえます。

ご馳走の代名詞といえば蟹。しか

ご馳走の代名詞といえば蟹。


しかし、蟹には多くの種類があり、それぞれ味わいが異なるので、まだ蟹に詳しくないという人は、色々な蟹を食べ比べてみるのも一興ですね。


特に美味と言われ、人気のある蟹といえば、なんといってもズワイ蟹が良いです。


この蟹は、繊細な風味や、強い甘みを持った味わいで知られ、蟹ミソも、いかにも蟹らしい濃厚さがあります。


甲羅の表面がツルツルしており、またタラバ蟹などと比べると小さめなのが特徴の一つだといえるでしょう。


ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。


はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上に向けます。


そして、蟹の前掛け(ふんどし)を外します。


メリメリと音を立てて簡単にはがれます。


お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。


腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。


ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。


これらは食べられません。


甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。


ここまでで形になりました。


最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておくというのが捌き方の基本手順です。


ズワイガニのうち、特にメスのことをセコガニと呼びます。


地域によっては、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。


雄のカニ味噌は確かにおいしいですが、大体は、脚の身をゆでガニや焼きガニ、あるいは鍋などにして食べることが多いです。


それとは対照的に、小ぶりなセコガニは脚の身も少ないですが、味噌と内子、外子のバランスがとれているため、わりと、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。


何はともあれ、味がおすすめのかには何でしょうかと聞かれますが、私の一押しはズワイガニです。


ズワイガニのすごいところは、産地の名がそのままブランドになっていることです。


それぞれの地域を代表するかになので、松葉ガニだの、越前ガニだのご当地ブランドのズワイガニならばブランドに恥じないおいしさです。


少々お高いのはブランド料だと考えてください。


ブランドズワイガニは味噌まで味の保証付きです。


蟹の種類の一つである渡り蟹。


日本中に広く分布する蟹で、正式名称はガザミといわれ、瀬戸内海で蟹といえばこれを指します。


他にも大阪湾や伊勢湾、有明海などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。


最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、肉や蟹ミソ、卵巣など蟹の醍醐味を全て味わえることから、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。


昔から、渡り蟹といえば、茹で蟹や蒸し蟹にするのが古くから最も一般的とされましたが、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。

紅ズワイガニは、ズワイガニの代用とよく思われてい

紅ズワイガニは、ズワイガニの代用とよく思われていますが果たしてどうでしょうか。


紅ズワイガニを食べたとき、他のかにより味がよかったとは言えなければおいしい紅ズワイガニを味わったことがないだけだと思います。


紅ズワイガニは鮮度が命で、新鮮ならおいしいということを知っておいてください。


ただ、非常に鮮度が落ちやすいので誤解が生まれるのも仕方がありません。


かに通販のランキングサイトでもタラバガニの人気は衰えないのですが、トラブルにならないようにしてください。


アブラガニという安価なかには、タラバガニにそっくりです。


素人目には見分けがつかないそうです。


注文したのはタラバガニのはずなのに、アブラガニばかりだったということも実際にありましたので安さにつられて買うのではなく、評価の高い業者を選びましょう。


かにの産地として有名な地方と言えば北陸を思い浮かべる方も多いでしょう。


冬はかにと温泉と思えば粟津温泉をすすめる方は多く、かに料理と、温泉を追求して冬は特に、全国からの観光客がこの温泉を訪れます。


粟津近辺で獲れるかには大ぶりで、身はふっくらして味もジューシーです。


かにを求めてこの地を訪れる方は、満足して帰れることは確かです。


先日どうしても食べたくなってかにを通販で頼みました。


食べ物を通販で買うと言うのはつまり、お取り寄せということですね。


そのメリットにはどんなものがあるでしょうか。


家族が食べたいだけのかにを購入するといったい何十キロになるのか、重さ制限がなくいくらでも買えるのはおとりよせでしかありえないですね。


心ゆくまでかに三昧のできるほど買ったとしても文句を言う人は誰もいないのです。


配送の担当者が日本全国津々浦々、自宅の入り口まで重さも大きさも厭わずにしっかりと届けてくれます。


お店から家まで運ぶのに比べたら楽なものですね。


後は冷蔵庫に入れるだけです。


鮮度と最高の味わい、直送されることでいつでも手軽に手に入れることができるようになったかにを自室でくつろぎながら最高の状態で頂くという究極の贅沢がかにをお取り寄せする一番のメリットと言えます。


蟹通販に興味をお持ちの皆様へ。


多くの商品がある中で、今まで蟹通販を利用したことがないという方にお勧めなのは、水揚げ後まもない時の鮮度を閉じ込めた「冷凍の蟹」です。


冷凍を勧められると、多くの方は意外に思うでしょう。


しかし、生の蟹は鮮度においては冷凍の蟹に優っていても、身をさばくのに技術が要り、ご自宅で食すのは難しいです。


茹で蟹はあれでいてなかなかコツが難しく、一般家庭では大変なので、その手間がかからない、ボイル済の冷凍蟹を買うのが賢い蟹通販の使い方なのです。

松葉ガニのメスの呼び名がセコガ

松葉ガニのメスの呼び名がセコガニです。


メスしかいないので、松葉ガニよりサイズが小さいと思われていますが貴重な卵が味わえ全体に濃厚な味なので、このかににしかない味を愛する方が一部で知られています。


とても出回る期間が短く、一年の内で11月から1月の間でしか漁の期間は決まっているのでその貴重さは際立っています。


日本でかにが多く水揚げされるところとしては、北陸地方が目立ちます。


かにと温泉が楽しめるのも北陸の良さで、石川県にある粟津温泉はおすすめでかにを味わった後、温泉に入る楽しみを求めて冬は特に、全国からの観光客が集まってくるのです。


粟津で食べられるのは加能がにというズワイガニで、甘みのある味が特長です。


旬のかにと温泉を堪能したい方は満足して帰れることは確かです。


タラバガニを選ぶコツのお話です。


とにかく、雄を選ぶのがおすすめです。


メスは卵を抱えているため、栄養分はそちらに行ってしまいます。


これぞタラバガニと言うべきおいしい脚肉を食べたければ雄を選ぶべきですよね。


そして、甲羅の中央に並ぶ突起の数を確認してください。


タラバガニの特長として、突起が6つあるはずで、万が一、突起が4つしかなければ、それはアブラガニなのです。


似ていますが別の種類です。


通販でのズワイガニ購入の際には、ぜひ、訳あり商品のチェックをしてください。


ほとんどの通販では、訳ありの理由を示していますが、大きさや重さが基準に合っていないものか、ちょっと傷があっても、食べられるような品ですから自宅で食べる分には問題ないおいしさです。


これでセール価格なら、買わなければ損です。


いつも出回っているわけではないようですが、見つけられれば文句なく、訳あり商品の購入こそ絶対おすすめです。


多くの方がそのお得さに気付いている「訳あり蟹」。


私があえて皆様にお勧めしているのにはワケアリだけに「ワケ」があります。


実店舗との差を考えてみましょう。


実際の店舗の場合は、傷物などは店頭に出ていませんが、そのぶん値段も普通通りで、「得した!」という気になることはあまりないと思います。


通販と実店舗の違いはここなのです。


蟹通販ならば、普通は売り物にならない蟹。


つまり、傷物の蟹であっても、「ワケアリ品」として安価で購入できるケースが多いので、私などは味さえよければ形は気にしませんから、非常にお得だといえます。

皆さんの中の多くの方が、蟹の

皆さんの中の多くの方が、蟹の食べ放題といえば「安かろう悪かろう」だというイメージや実体験をお持ちですよね。


確かにそういうところもありますが、全てがそうではありません。


食べ放題でも、本当に美味しい蟹をお得に味わえることもあるのです。


食べ放題の中でも、ちゃんとした蟹専門店や、蟹の産地での食べ放題なら、蟹の中でも特にグレードの高い蟹が出てくるので、存分に堪能できます。


しかし、もっと本当に美味しい蟹をお求めなら食べ放題よりも、ちゃんとしたブランドの蟹を購入することを推奨します。


かにを通販で買うときの注意点は、思わぬところにあります。


アレルギーでなくても、かにの食べ過ぎには用心してください。


通販で毛蟹を大量に購入したことがあり、彼女と二人で、喋る間もなく食べていると身体が冷えてくるのがわかりました。


おかしいと思いながらも食べ続けたところ、身体が震えるようになり、それ以上食べられなくなりました。


皆さん、おいしいかにがたくさん手に入っても、食べ過ぎは身体に悪いのです。


冷えを感じたら食べるのを止めましょう。


かには鮮度が命、という方は、通販でも鮮度を気にしています。


つい最近まで、通販でかにを買うと、どうも鮮度が、といわれるばかりでした。


今の通販で買ったかにを見てください。


産地で加工した品をそのまま宅配できるようになって、通販のかにも市場で買うのと遜色ないくらい味も鮮度もすばらしいかにを買えるのが当たり前になっています。


通販は顔が見えない、品物を手にとって選べない取引なので、必ずしもおいしくて新鮮なかにを届けてくれるとは限りませんから、くれぐれも評判のいいお店から買ってください。


「蟹を食べたい、でも高い!」そんな時お得なのは、日帰りカニ食べ放題ツアーが最もいいと思います。


どういう理由でそう言えるかというと、蟹を楽しむのにこのやり方だと、従来通り買った蟹を自宅で食べた場合と比較して確かにお得に蟹を楽しむことができるからです。


さらに、このようなツアーは美味しいカニが楽しめる場所で企画されていることが殆どなので、価格や量のみならず質がいいことも感じられると思います。


インターネットでもかに通販サイトはおいしそうなかにの写真をたくさん載せています。


そんな現状だからこそ、どの通販で買ったら良いか迷ってしまうことも増えているのも事実です。


かにに限らず、良質な商品を手に入れたいという人には、テレビでかに通販のチェックを勧めます。


かにだけではありませんが、テレビ通販の商品は品質に自信があるものばかりで、失敗のない品だと考えてください。


かに特集をうまく見つけられれば、最良の購入方法です。


テレビ通販会社のホームページから買えるところもあります。
前の記事へ 次の記事へ