かには美味しいけれどそう頻繁に食べられるものじゃありませんよね。


ましてお手ごろ価格だったらもっと言うことないと思いませんか。


かにがいつでもどこでも注文して食べられるようになりたい。


そんな夢をかなえるにはかにの通販がいつでもどこでもインターネットや電話で注文できてお手軽だと話題です。


通販で買えばいつでも満足できるかにが買えることを確信しているのは、ス−パーなどで買ったかにを持ち帰るだけで品質が変わることもあるからと言うのもありますが、通販なら特筆物の鮮度のかにが買えるのは、かに好きにはたまらないサービスで、毎月でも食べたいくらいです。


また、それほどの品質を保ちながら、どこよりも安い価格設定というのがほとんどで、大きな魅力となっています。


オプションで珍しいかにが出回ることもあるそうなので、たまにチェックしてみるのも楽しいですね。


かには食用だけでも数え切れない種類があり、一番に挙げるのはタラバガニではないでしょうか。


そして毛蟹を思い浮かべる方も多く、タラバガニと異なり、全身毛に覆われていて、身も味噌もたっぷりと詰まっていて、その味がお好きな人にはたまりません。


味の勝負なら、ズワイガニもかなり知られています。


どのかにも、独自の味わいがあり、それぞれに好きな方がいます。


蟹の種類の一つである渡り蟹。


正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、主に内湾を抱える地域、例えば瀬戸内海や有明海、大阪湾、伊勢湾など浅い内海に分布しており、底引き網や刺し網で漁獲されます。


甲羅の部分だけで15センチメートル以上になる大型の蟹ですが、殻は比較的薄く、肉や蟹ミソ、卵巣など蟹の醍醐味を全て味わえることから、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。


様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。


中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるのが最も普通の食べ方のようですが、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。


中華料理、いろんなメニューがありますよね。


そんな中、高級料理の一つとして多くの人に知られているのが上海蟹ですが、元々上海蟹というのは、中国全域で漁獲される淡水蟹の中でも、揚子江の下流付近に生息している蟹を上海蟹と名付けています。


四季に関係なく流通しているので、どの時期に行ったとしても食すことはできますが、メスでは卵を産む前の時期である10月頃がよく、これはお腹の中に多数卵を含むためです。


そして、11月辺り、上海蟹の雄の白子の食感は最高で、ねっとりしており、最高においしい一品として重宝されています。


多くのブランド蟹が知られていますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。


蟹らしい旨味が詰まっており、繊細な風味も特筆ものです。


ひとたび味わえば、その他の蟹は今後、選択肢に上らなくなることでしょう。


ズワイガニには、産地やオスメスによっていくつもの種類がありますが、脚のタグを見ればどのブランドかがわかります。


タグのある蟹は、ブランド蟹として品質を保証された蟹ということになります。


蟹の購入で失敗しないためにも、商品を選ぶ際にはタグを確認すればいいのだということを知っておきましょう。