そんなこともあったのよ。


話題:キス

親子ほど歳の離れたけんちゃんとのkissは、
優しく、熱く、長く
うっとりするようなものだった。



同い年のNさんとのkissはというと…


おじさんなのに、
熱くて濃厚な、ちょっとやんちゃなkissだ。


いや、
おじさん『なのに』は失礼かな。




だけど
普段のNさんを見てても、
そんなに熱いものが感じられないので、
ちょっと面食らってしまう。



どんな時も落ち着いていて、
淡々と仕事をこなす。
大声を出したり慌てたりすることもないし。


あんまり私にkissばっかりするから、
ちょっと吹き出してしまった。



『なんだよ。』


『いや、
こんな歳になっても、
いっぱいkissするんだなぁと思って(^^;)』



『そうなんだよね〜 何故か。』



『Nさん、50前のおばさんに チュッチュしてんのよ(^^;)
変態だよ〜!』



『ん〜、まぁ… 

これでオレが 20代とかだったらヤバいけど、
歳も一緒ぐらいだし いいんじゃない?』






それ聞いて、カタマリそうになった。




Nさん、

私、ついこの間まで20代の彼がいたのよ…
あなたには言えないけど。



助手席天国

お昼過ぎ、
Nさんが仕事終わる時間に合わせて
待ち合わせ場所に行った。


『あっつ〜!
もう汗だく(^◇^;)

今日はね、珍しく必死こいて頑張ったんだよ!』



いつも淡々と仕事してるNさんが…
必死になることとかあるんだ(^^ )

遊びに行くためには頑張るんだって。





ちょっと遠かったけど
日帰り温泉に行った。

着いた頃、にわか雨が降りだしたので、

走ればいいや… と思ってドアを開けようとすると、




『そのまま待ってて!』

Nさんは車を降りて、
濡れながら トランクにある傘を取り出し、
助手席のドアを開けてくれた。


温泉施設の建物まで相合い傘。


でも、Nさんの体は傘から大きくはみ出してる。


『Nさん濡れてるよ(゜ロ゜)』

『ぁ、いーのいーの! すぐ乾くし(^^ )』



なんか、
こういう優しさ…



私、
お姫様だと勘違いしちゃうよ。




温泉の次は
アイスクリーム屋さん。


『ん〜!
お風呂上がりのアイスクリーム最高(≧∇≦)』




そこで夕飯の相談。

協議の結果、
前から狙ってた居酒屋さんに行くことにした。

予約も、その場でチャッチャと取ってくれる。




『先に飲んだモン勝ちね!』

『じゃあ、私が先に飲んだら Nさんが運転手なの?』


結局飲まない私が運転手なんだけど( ̄∇ ̄)


評判通りとっても美味しくて、
会話も楽しくって。



お店を出る時に車のキーを私に持たせたくせに、
ついクセで運転席に乗ろうとするNさん。


『ぁ、
オレ運転しなくていいんだ!
ラッキー(・∀・)』


『何がラッキーよ(^^;)
確信犯め…』


Nさんの、今の車を運転するのは初めて。


『車のカタチが変わっちゃったらごめんね。』


『いや〜!
ぷくぷくさんの運転だと安心(*^^*)

ここ、こんなに楽チンなんだな〜。』



Nさんは
助手席で靴を脱いで、電子タバコをくわえながら
私の腕に頭を擦り寄せてきたり、

時折私の顔を覗き込んだり…


もうすっかりリラックスしてご機嫌だ。







けんちゃんも 十分優しかったけど、

Nさんの また違った優しさに
戸惑ってしまう ぷくぷくです…




プレゼント1号

昨日 Nさんが、

『待ち伏せしてるから。』

と、
私の仕事が終わるのを待っててくれた。


『こんばんは!
ストーカーさん(*^^*)』


助手席に乗り込むと、

『お疲れさん!』

と、ニコニコして迎えてくれた。



『はい、誕生日プレゼント!』


『えーーーーっ!(゜ロ゜)』


『つまんないものだから恥ずかしいんだけど(^^;)』




スワロフスキーをつけた
可愛いぬいぐるみだった。



『やだ〜っ(^◇^;) ありがとう!

ってか、これ自分で買ってきたの?』


『当たり前だろ!
他の誰に頼むんだよ( ̄∇ ̄)

50前のおばさんには可愛い過ぎると思ったけど、可愛いの好きだろ。』



買うところを想像したら可笑しくて(^^ )

私は可笑しいのと嬉しいのとで、
彼は照れくさい気持ちで、

二人でゲラゲラ笑った。




付き合い始めてからのプレゼント1号となったけれど、

今までも色々なものを頂いてきたんだった。



彼は友達とよく旅行に行くんだけど、
その度にお土産を買ってきてくれたんだよね。


同じ会社にいた時に、
職場へのお土産とは別に…


今思えば…


私、
特別扱いされてたのに
ちっとも気付いてなかったよ。



明日は、

Nさんが半日勤務なので
午後からデートです(*^^*)















御礼申し上げます(^^ )

皆さん!
おめでとうメッセージや拍手、
どうもありがとうございました(*^^*)


おひとり おひとりに御礼を申し上げなきゃならないのですけど…

取り急ぎ 社員食堂より失礼して御礼を申し上げます。

そろそろ休憩終わるの〜(^◇^;)




誕生日は遅くまで仕事だったので、
Nさんには会ってませんが

職場の人たちにたくさんプレゼント頂いて
本当にありがたいことです(^^ )



この歳になったら、
誕生日とか別にいいや!

と思ってたけど、

周りの皆さんに大事にして頂けるので、
最近誕生日も楽しみになってきました。



で、

いくつかって?




来年、

十の位が 『5』になりますわよ( ̄∇ ̄)




HAPPY?

先ほど
仕事中のNさんからラインが来た。


『お誕生日おめでとう(*^^*)』


めっちゃ嬉しい。
ひとりでニヤニヤしながらベッドにダイブしてしまった( ̄∇ ̄)


オバさんがベッドにダイブとか。
壊れるがな…(笑)



昨年までは、
自分からアピールしてて、

同学年なのに、彼は私より半年ほど生まれが遅いから、


『あ、もうそんな年?
かわいそうに( ̄∇ ̄)』

って、イジられてた。



今年の『おめでとう』はちょっと違う。



でも、彼より先に
『おめでとう』メッセージをくれた人がいた。





夫だった人だ。



夫婦だった時は、
お祝いしてもらったことなど一度もない。


『今日 ママの誕生日だよ♪』

という娘の言葉で気付く人。



離婚の前年くらいかしら。
夫がケーキ片手に帰ってきたので何事が起きたのかと驚いていたら、

娘の指示だったらしい。


『ママの誕生日だから、ケーキくらい買ってきて!』



そんな人が、

離婚後毎年メールやラインでメッセージをくれる。

今さら感はあるけど、
まぁ有難く頂く。

憎んでるわけじゃないから。




でも、
あの頃にそうやってしてくれてたら、

今も一緒にいられたかもよ。




私は今年も
HappyなBirthdayを迎えることができました。


あなたは…?
前の記事へ 次の記事へ