遺伝子レベルで愛してる

彼の香りが好き。

彼女の香りが好き。



私たちに限らず、多くのカップルはそうだと思う。





けんちゃんに借りたTシャツをクンクン嗅ぎながら、それを抱きしめて寝ている私。

どうかしてると思うけど、
実際安心してよく眠れるから仕方ない。




『ニオイを嗅ぐという行動は、
遺伝子レベルで相性がいいかどうかを判断する行動なんですよ。』




そういえば、
娘が父親のニオイをを臭い! 感じるのは、

恋愛感情を持たないようにするためだとか何とか…


そんなことを聞いたことがあるなぁ。



今思えば、
かつて『夫』だった人…
彼のニオイを いいニオイだと思って嗅いだことはない。


そもそも相性はよくなかったのかしら…
今さらだけど、
だとしたら納得。






こんなにも遠い場所で生まれ育って、

こんなにも年齢が離れているけんちゃんと、

何故恋に落ちたのか謎だったけど、



彼は

『遺伝子が遠くて、相性がいいんですよ(´▽`)』




なるほど。




私たちは、

遺伝子レベルで 愛し合ってるってことね。

待ちながら。

空港に向かう前に、

けんちゃんの部屋の中をチェックする。




ゴミ、コンセント、鍵…


ふたりで確認するのに、いつも何か忘れてるような気がするね。


きっと、
私を置いてくからだよ。






出掛ける前にお茶を飲んだ お揃いのマグカップは、
洗って丁寧に拭いて
食器棚に並べて置いてきた。





『忘れ物、ないね!』

そう言って、彼より先に靴を履いて玄関のロックを外そうとすると、

頭を引き寄せられた。



『けんちゃん、
口紅がついちゃう…』









カレンダーを眺めながら、
まだ一日しかたっていないことにガッカリしている。


もうすぐ、メールがくるかな…

ぁ…増えてる

購読者の方がまたひとり。


こんな私の
つたない、つまらない独り言。

読んでくださってありがとう。


ズボラだから、
キレイな画像を載せるわけでもなく、

ただ タラタラ書いてごめんなさい(^^;)





これからの3週間はけんちゃんに会えないので、

彼とお話したこととか、
今までのこととか、

私の心の中のこととか。



そんなことを書こうかと思います。




で、
結局またつまらないこと書くから(^^;)



よろしくです…

行ってらっしゃい!


『じゃ、
ちゃんとお留守番しててくださいね。
お土産買ってきますから(^^)


行ってきます!』



けんちゃんは、
私の手を握りながら優しく言った。

まるで子供に言い聞かせるように…



ギリギリまで一緒にいてくれて、
搭乗口の列の後ろの方に並んで消えてった。




もう、昔みたいにメソメソしない。

だって、
ちゃんと私の所に戻ってきてくれるから。




週末の学会発表のあと、
東京の大学などで資料見学して、

1年ぶりに実家に帰る。





3週間…


その間の淋しい時間は、

借りてきたけんちゃんのTシャツが埋めてくれるだろう。




やっぱり…


会えなくなるのは淋しい。

いつも近くにいたい。






ぁ〜 眠れなかった(-ω-;)

しんど…


もう少ししたら準備しなきゃ。


出勤前に、
けんちゃんのお見送り。


行きたくな〜い(´・_・`)



昨夜けんちゃんに、
『何時頃に行こうか』って聞いたら、


『クンクンして、ねーさん補給しなきゃならないから
早めに来てください(´▽`)ノ』


『クンクンタイムは、10分ほどあればいいかな?』



『イチャイチャもしたいから、もっと早く(´・_・`)』




そんなにイチャイチャしてたら、

離れるのツラくなるじゃないの( ̄。 ̄;)




ばか〜!

前の記事へ 次の記事へ