あなた色

Nさんのお母さまのプレゼントが
すぐに決まっちゃったから、
時間が余ってしまった。


なので
洋服でも見てみようと
ショッピングモールに立ち寄った。



特に目的もなかったけれど、

気になるサンダルを見つけたから履いてみた。



濃色と淡色
どっちにしようか試し履きしながら迷っていたら、

Nさんは少し離れた場所からジーッと見ながら、


『今日の服にはこっちのがいいよ。』


『じゃあ、こっちにするわ。』



次はブラウスとスカート。



私は黒は着ない。
何だかつまんなく感じるのと、
似合わない気がして…


色を迷っていたら、
ディスプレイしていた服を見てNさんが言った。



『この組み合わせ、ちょっと着てみて!』


黒のブラウスに、
若草色寄りの落ち着いたグリーン。



着たことない色だし、
地味にならないかな…

似合わなかったら
Nさんにクレームをつけよう。



試着すると、

ぁ…  ちょっと大人な感じ。




『色白だから、黒も似合うよ(^-^)』


フィッティングルームの前のスツールに腰掛けて、Nさんはニコニコしてる。




『これ、ください。』






荷物を持たせて、あちこち引っ張り回して申し訳ないから、
Nさんの服も一緒に選んだ。




自分の好みだと偏っちゃうから、
Nさんの意見も聞いた方がいいわね。



そういえば 娘に言われる。

『ママ、似たようなのばっかり買ってるよ(´-ω-`)』





次のデートは、

Nさんセレクトでお出かけしよう♪

お母さまのプレゼント

Nさんはプレゼントを選ぶのが苦手らしい。

私へのプレゼントも、
すごく真剣に悩んで決めてくれてるみたい(^^;)
申し訳ない…



そういう人多いけど、
私はワクワクして楽しいから好き。



昨年から、
Nさんのお母さまの誕生日プレゼントを一緒に選んでる。


お母さまは、
私の誕生日の3日後だ。




温泉旅行の帰りに、
プレゼントを買いに行った。




昨年 バッグとスカーフをプレゼントしたら、

『あなた(Nさん)が選んだんじゃないわね
( ̄∇ ̄)』

と、お母さまに言われたらしい。




今年のテーマは
リラクゼーションにしたら?

と提案してみた。



家の両親が最近ソファを買って 寛いでいるのを見て参考にしてみた。


ゆったりとテレビを見られるソファとか座椅子とか…


『あ、それいいね!
よく思いつくなぁ(^^)』




回転する座りやすいイスを見つけたので即買い。


さっそく気に入って座ってるらしい。




来年のプレゼントを選ぶのが、
今から楽しみだわ。




誕生日は道後温泉で。

『今日は、
食べたい物を食べたいだけ食べていいよ!』


Nさんが
そんなアマいことを言うから、

その通りになっちゃったじゃないの。



前から行ってみたかったオシャレなカフェでランチを取り、
デザートのパンケーキまで頂いた。


道後の素敵なホテルにチェックインしてから、
しばしお昼寝。



夜も美味しい食事を頂いて、
もう二人のお腹の中は隙間もない。



『これはヤバいね(^^;)
少し散歩をしよう。』



道後の街を散策してお土産を買った。



歩きながら、
今度はあそこの居酒屋に行こう!

あの店で地ビールを飲もう! って。



『また道後に来るの?(^^;)』



『そう。
シーズンごとに来てもいいよ。

オレの誕生日も道後にする?笑』




Nさんの誕生日は真冬だから、

冬の温泉街もいいね。



浴衣を着て、
手をつないで歩いてくれるのなら…


















今年の誕生日

メッセージありがとうございます。


こちらは梅雨も明けて、
夏が本番迎えました。




ただいま、
道後温泉の高台にあるホテルで、
Nさんとのんびり過ごしております。


いいお湯頂きました。

やっぱりここは好き。



厳密にいうと、
Nさんとお付き合い始めて

2年と1ヶ月。




今年も、
ステキな誕生日となりました。


もうすぐ…

Nさんとお付き合い始めてから、

3度目の誕生日を迎える。




出会ってから十数年、
毎年言われるのは

『オレよりひとつお姉さんになっちゃうね
( ̄∇ ̄)』



誕生日、半年しか違わないのに
ずいぶんな言われようだわ。




今年は連休を取って、
温泉地で1泊することにした。


行きたい場所も、
ランチを取るお店も決めてある。



こんなにも待ち遠しいなんて…

前の記事へ 次の記事へ