2018年最後に。

少々ご無沙汰致しておりました。


職業柄
クリスマスから年末年始、今シーズンも地獄のような忙しさです。笑



そして、
母の病気のことで色々ありまして、

それはまた機会があれば書くかも知れませんが





毎年 会社からの帰り道で年が明けてましたけど、

今年は大晦日が公休となったので、
実家で両親と一緒に過ごせてます。





ぁ、
バカ娘ですか?

彼女は年明けに帰省します。
私も三が日仕事だからね。




Nさんとは、
27日にチラッと会ったのが最後です。



今年最後だと思うと、
なかなか帰れなくなって困ってた(^^;)



『今年一年ありがとう!』


『こちらこそ、
いっぱい連れてってくれてありがとう(^^)』






『来年も宜しくね。

来年も、再来年も、ずーっと…』




『ずっと?
Nさん、今後が大変だね(^0^;)』



一年の感謝をこめて、

ギューッと強く抱き合った。








今年も、

たくさん応援してくださりありがとうございました!




今年、
プロフィールのコメントを変えました。




『大人による、
大人のための、大人げない恋の話』




私の目指してるテーマです。




Nさんも私もいい歳だけど、

どこか大人になりきれない、


やんちゃだったり天然だったり。




決して
人が羨むようなステキなカップルではないけれど、


『なんか いいなぁ』



って、言ってもらえる二人になれたら。




『なんか いいなぁ』



って、
言ってもらえる恋愛ができたら…



なんて思ってます。







皆さんに感謝の気持ちをこめて…



今年より、
ステキな2019年になりますように。















愛情朝ごはん

おはようございます。

夜型ぷくぷくがこんな時間から書き書きしてるのには理由があって…




めったにないんだけど、
Nさんが今朝は早出だそうで、

これは点数稼ぐチャンスだとばかりに、

朝ご飯をお持ちしましたよ。



卵や野菜、ボイルのウインナーをサンドして。

ぁ、
もちろん愛情もね。




大げさに言うわりには挟んだだけという…笑




彼の会社が見えるコンビニの駐車場で待ち伏せして、

車が現れたら電話。



『おはよう!

すみません、バックしてる最中に( ̄∇ ̄)』



『いえいえ、
どうしたの? ずいぶん早いね。』




『朝ごはんをお持ち致しました。』




『うそっ! 
あっっ、、コンビニにいる(^0^;)

待って! すぐ行くから。』





袋を渡すとNさんはすっごく感激してくれたけど、
ホントに、ただ挟んだだけなの( ̄∇ ̄)
なんか気が引ける…



『こんな早くから… ゴメンね〜。
帰ったら二度寝して。』




まだ夜が明けきっていないコンビニの駐車場。



Nさんは周りを確認して、

ありがとうのkissをくれた(∩´∀`∩)


私もこれで頑張れるな♪





ぷくぷくの出勤時間は午後から。

クリスマス前で忙しくなりそうだから、
もうひと眠りしよ(*^^*)



皆さん

良い休日を!

クリパ・2018

今年最後のNさんとのデート。

仕事帰りにちょこっと会うことはあっても、
1日ゆっくり過ごせるのは今日だけ。



先日プレゼントしてもらったダウンベストを着て、Nさんちに向かった。


(似合うって 言ってくれるかな?)





Nさんの駐車場に行くと、

彼はタイヤを磨いていた。



僅かな時間でもあれば、
車の手入れをしている。




彼もまた、

私がプレゼントしたダウンベストを着ていた。



何だか、
似たような格好しちゃって…笑



『これ、暖かいし気に入っちゃった!

ぷくぷくさんのも、なかなかいいね(^-^)』




頑張って、
可愛くコーディネートしてきたのに、

可愛い! とは言ってくれないのね。




ま、それがNさんの褒め言葉だからいっか!





予約していたクリスマスケーキを買って、

DVDをレンタルし、
ラブホにチェックインした。



なんか、
今までで一番好きなお部屋。


岩盤浴も付いてる(^-^)




お風呂に入った後、

ケーキの箱を開けた。


大人な感じの、
シンプルで濃厚なチョコレートケーキ。





『おっ!
ロウソクも付いてる。
火、つける?』



『うん(^^)』



並べて立てたロウソクに、
Nさんがライターで火をつける。


『何か歌う?』


『歌?(^0^;)
誕生日みたいじゃない!


一緒に フーッてしよ♪』




Nさんの手を握って、
ふたりで火を消した。





来年のクリスマスも一緒に過ごせますように…



そして
このチョコレートみたいに、

甘くて
胃もたれするくらい、

甘々なふたりでいようね。

心が軽くなった。

内緒の話。



実は昨日、
けんちゃんに連絡をした。




今さら何故かっていうと、

今年3月の記事にもあるように、
けんちゃんへの卒業祝いのプレゼントを渡し損ねてるのが、

それだけが引っかかって、
完結するはずの物語を終わらせられないでいる。



宅配で送ろうと思い、
連絡をしてみた。





いつもメールだったから、
メッセージを送信したら、

エラーで返ってきた。




じゃ、ラインは?



何時間経っても既読にならず、


あぁ、もう連絡も取れないんだなぁ。

居場所は分かってるから、
一方的に送っちゃおうかな…



何故かガッカリしてる自分がいた。





日も暮れて、
忘れた頃にラインが入ってた。



けんちゃん!




『……ねーさんも、元気ですか?』



変わらない文面。


『よかった。
もう連絡取れないから諦めてた。』



『あ、携帯変えたので
メルアドも変わりました(;・д・)

すみません。
今のメルアドはこれです。』



新しいのを教えてくれた。

携帯会社を変えたみたいだ。





けんちゃんの職場がテレビで紹介されてたのを見たこと。
出張が多くて大変だけど、何とか頑張ってること。



少しやり取りをして、
近々送ることを約束しラインを終えた。




ちょっと、
つっかえてたモノが取れた感じ。






ケーキは多めに買いましょう♪

Nさんが仕事が終わるのを待って、
一緒にコンビニに飲み物とタバコを買いに行った。



会計の時に、レジの女の子に話しかけるNさん。



『風邪、治った?』



『はい、治りました(^-^)』




あら、優しいのね。

私、Nさんのそういうところが好き。





車の中でいつものお喋り。


『早く明後日にならないかなぁ♪』




明後日は、
ふたりでクリパ。




Nさんは、
ちゃんとクリスマスケーキも予約してくれてる。



ケーキを買って、

ホテルで過ごす予定だ。




『ケーキ、
ちっちゃい! ってスネられたらどうしよ〜(^^;)』



『足りなくなったら買いに走ってね。』




『3個くらい買っといた方が賢明だな。笑』








昨年のクリスマスの記事を読み返してみた。


2017年の私は幸せそうだ。



今年は
当時の私に負けないくらい幸せなクリスマスを過ごせるはず。




だって、


昨年より
もっともっとNさんのことが好きなんだもん。




前の記事へ 次の記事へ