丸ごとの活かにが手に入ったら、まずはきれいに洗い、30分くらい真水につけます。


ここからは軍手着用です。


腹の三角形部分を外して、要所の関節に切れ目をつけます。


甲羅と半身を分けるために、それぞれを押さえて半身の一方を外し、さらにもう一方を外します。


半身を外すと黒い部分が残るので、きれいに取り除いて待望のかに味噌を出します。


脚の方は一本ずつにして、食べるときの長さにしていきます。


このとき切れ目を入れる、殻を一部削いでおいたりすると、後で楽です。


文字にすると難しそうですが、とにかく挑戦してください。


その昔、ごく一部の裕福な人々のものだったかにも、今やちょっと奮発すれば手の届く時代です。


お手軽な通販でかにを注文することが出来るのは、うれしい限りですが、さすがに警察がからんでくるほどではありませんが、ちょっとした不満を寄せることも珍しくありませんでした。


その多くは、かにの大きさや傷、割れなどの見た目や身のつまり具合、味などの質に関するもの、次いで通販会社に関する問題ですが、業者の選定を誤り、安物買いの銭失いを避けて、安心してかにを楽しむには、口コミやレビューの意見を見てみるのもいいと思いますが、お店のサイト以外も見るなど出来るだけ情報収集した上で、探せばきっといいお店に出会えるはずです。


ちょっと怖い気がして敬遠していたSNSも使いようによっては役立つ可能性があります。


意外な人から意外な情報を手に入れることもあるでしょうし、そうでなくても、他のことで何かの役に立つかもしれません。


激安が謳い文句のかに通販には、用心してください。


実際に見て選ぶのとは違い、全て写真の通り、身が詰まった新鮮なものというあてはありません。


店舗がたくさんある中で、信頼の置けるところを探すことがかに通販のキーポイントです。


かに通販に初挑戦という方は、本当に一からお店を探すことになるので、口コミや評価があればそれも参考にして買う前にしっかり調べましょう。


食べ放題でかにをたくさん食べようと思っても、味については本当にたくさんの噂を聞きます。


もちろん、同じチェーンでも地域によって違うといった問題もあるでしょうが、まず、かに専門店では、食べ放題でも安っぽいかにではないようです。


かにを専門にしていないお店だと専門店より味が落ちるところが多いとよくいわれます。


専門店では食べ放題でもいいかにを出しているところが多いので、ぜひご近所のお店を探してください。


蟹にも国産と輸入があります。


購入する際に、国産品と輸入品、どちらが美味しいのかと迷ってしまう人も多くいると聞きます。


しかし、それほど迷うことはありません。


どっちを買っても、同種の蟹であれば味に大きな差はありません。


国産、輸入のどちらであれ、注意するべきは、業者の信頼性をよく見極めることです。


蟹の品質はお店の姿勢によって変わります。


良いお店の商品なら、輸入品だから味が落ちるなどといったことはありません。