蟹にも、獲れる地域や品種によって、様々なブランドがあります。


触感や味、調理法などがそれぞれ違い、人によって好みも分かれますから、通販で蟹を購入しようという人は、種類ごとの違いを意識して商品を選ぶことが必須かもしれません。


ポピュラーな蟹の種類というと、誰もがタラバガニやズワイガニなどを思い浮かべることでしょう。


購入時には、新鮮さと大きさに注目して商品を選ぶのが蟹通販を利用する上での基本だといえるでしょう。


お歳暮など、贈り物のかにを選ぶならば詰めを甘くしてはいけません。


実にありがちなことですが、たくさん並んだかにの中から、手間を惜しんで店側に選ばせてしまうのはいけません。


どれを選んで良いかわからないからでしょうが、お店の人に全面的に選択を任せてしまうと、鮮度が今ひとつのかにや、一見わからない傷のあるかにを贈ってしまったら大変です。


お歳暮のかにには特に念を入れて、信頼関係のあるお店で買いましょう。


テレビでかにの水揚げ風景が中継されるところといえば、北海道と答える方が多いでしょう。


まあ、当然といえば当然でしょう。


今のところ、毛蟹がとれるのは全て北海道なのです。


その他の産地を挙げる方もいるでしょう。


毛蟹を除けば日本海沿岸でもよく知られた場所があることでしょう。


ズワイガニでいえば、松葉ガニのブランドで知られるように、鳥取が有名な産地となっています。


現在、ネットには数多くの蟹通販の業者が出店しており、活蟹や冷凍のポーションタイプなど、様々な形で蟹を購入できます。


とはいえ、通販ゆえの注意点もあります。


何より実物が見られませんから、業者を選ぶのにお困りかもしれませんね。


蟹通販を利用する際には、必ずその業者に寄せられているレビューを確認するようにしましょう。


そこでは良いレビューと悪いレビューを見分ける目も必要です。


第一には、真っ当なレビューと、業者のサクラを見分けるように気を付けることです。


わかりやすいのは、レビューの件数が少ないにもかかわらず、よく似た文章・表現ばかりが並んでいる場合は、まずサクラ・ヤラセだと思っておいて間違いはないです。


今の世の中、何とかして人を騙してお金を手に入れようと思う人があふれていて、そのアイデアは尽きることなく、今の新手は通信販売によるかにの送り付け詐欺だそうです。


最初はかに通販の事なんかおくびにも出さずに、電話による世論調査のふりをして簡単な質問をし、対応を誤ると、言葉尻を取られ、かにを契約したことにされてしまい、数日が経った頃、断ったはずのかにと思われる大きな宅配便の箱が法外な請求書つきで届きます。


返品も問い合わせも出来ず、結局はお金を払うしかありません。


その他にも、経済的に余裕のある人を対象に、高価格、高品質のかにを装って、まるでどこかの国で発覚した杜撰な食品管理の話のような、衛生的とは言えない品質のものを送ることまであるそうです。


こうまでして人を騙したいのかと呆れ返ってしまいます。


このような時代を生き抜くには、隙を見せない生き方を心がけるしかありませんね。