拍手コメントお返事


拍手だけの方も、いつもありがとうございます。
励みになっています!(*^∀^*)

では追記より、

10月23日
BSRサイトより拍手を下さった方

へのお返事です。





続きを読む

GK鯉登少尉(現パロ)落書き・初描き

金カム鯉登少尉をアナログ落書き。

鯉登少尉好きですー!
抜刀して眼がギラギラしてる時がどちゃくそ格好良い…!


何故現パロかというと、単に軍服を調べて描くのが面倒だったからです…
結果、画面がめちゃくちゃ黒くなりましたι
あと、眉毛と髪型が凄く難しい…!
なんじゃこりゃあ…!





牧さん(スラダン)、青峰(黒バス)と経験を経てなお、色黒キャラの着色が苦手です。
何色で塗ればいいか分からない…分からない…!
…なので、きっとこの先、少尉をカラーで描くことはないんだろうなと思います(笑)


金カム好きじゃあ〜…

アニメ三期楽しみー!
軍曹ー!!

悲報:ニート終了のお知らせ

就職先が決まりましたー。
結局なんやかんや半年ほどニートで遊び回ったりなんやかんやしてました。なんやかんや。
新たな就職先は(ちょっと身バレしそうなので詳細は伏せますが)また動物に関わることが出来る職場。

やっぱり私にはコレしかねぇよー!
動物に囲まれて、動物のために仕事したいよー!
ってな欲望が爆発しました。

ちなみに
・就活1件目→面接の際、マイカー通勤がどうしてもNGと判明し断念・辞退
・2件目→不採用通知が届く(条件は悪くないものの、端々で不誠実な対応が見えたため、むしろこちらから願い下げ)
・3件目→2件目の不採用が分かったその日に求人発見。応募→面接→応募から1週間後には採用決定
ってな感じでした。運がいい!
こういう引きの強さだけは昔からある気がします(笑)

神社で「良い就職先を得られますようにー」って神頼みもしてたので、お礼参りもしてこなければ!

…と思ったけど、直近で行った神社は和歌山県や愛知県でした…遠ぉい…( ´△`)
でもイイとこだったし、お礼参り抜きにしてもぜひまた行きたいです。
とりあえず今は近くの分社を探すとします!

残り少ないニート生活、堪能するぞー!

とある無の山に住む少女の話

ザッピング中、ハイジの1話が放送されているのを発見。
名作アニメだと有名ですが、名前は知っているけど、実際には見たことない作品。
なんとなく放送番組内容をチェックしてみたとこら、サブタイトルが「ある無の山へ」。

え、なんか重い…!!(゚Д゚;

序盤は暗い話なの?
無の山、とやらへ行ったあと、おじいさんやクララに会って、アルプスへ行ってのびのび暮らす話なの?
えー予想がつかない!

…と、そこまで考えた時。
唐突に、

アルプス
→アルム
→ある無!

と気がつきました。
番組表の誤字かーいっ!!無駄に深読みしたわ!
ハイジ、第一話から山で脱衣して肌着姿で駆けずり回ってヤギと戯れてたわ!
「口笛はなぜ〜♪」めっちゃ流れてたわ!
無の山の雰囲気皆無!
犬のヨーゼフ可愛い!

ちょっと安心した…(笑)

8月15日

はてさて。
個人的に、毎年8月は『戦争にふれる』のが恒例となっています。

この時期は戦争関連のTV特番も多く、触れあう機会が増え、むしろそんな機会でもないと真面目に考えないので、個人的にはそれなりに真剣に視聴してみたり、図書資料を読んでみたりしています。
戦争について知らんことも多いし、思いもよらぬことも多いし、理解できないことも多いし。まさに事実は小説よりも奇なり。
『おもしろい』といえば不謹慎に聞こえますが、まったく予想の出来ない『経験者の生きた声』や『史実』は、なんかしら自分の刺激になっている気がします。

とはいえ、自分の意見をおおっぴらに主張したり、誰かと討論したりはしないので、あくまで『私個人で』考えるだけ。
色んな考えはあるのだろうけど、なんかもう、知識を増やして自分で消化するだけで精一杯。

今年、1953年の映画『ひろしま』を初めて観ました。
終戦から8年後に公開された、原爆がテーマの映画。淡々としながらも壮絶なものがありました。
一方で、そんな当時の広島の町並みや風景が見れて興味深かったり。
古い映像は色んな楽しみ方があるなーと、改めて気付きました。

自分の無知をさらけ出してなんですが、この映画を観て『軍人勅諭』を初めて知り、知らないことが幸福であり、また、それを簡単に調べられることも幸福だなぁ、と。

自分が体験していないからこそ持つ意見もあるだろうし、そこから想像力を働かせて、色々と視点を変えながら考えを巡らせてみるのも面白い。



資料館もリニューアルしたというし、また広島行きたいなぁ。

宮島で食べた焼きたての紅葉まんじゅう、美味しかったー!(笑)

金カム落描き初描き(主に軍曹)

話題:ラクガキ

全員初描きのGK落書き。
軍曹、二階堂、宇佐美。

別のとこでUPしましたが、せっかくなのでこちらにもペタリ。

第七師団大好き!!

好きなキャラは、上から
・月島軍曹
・門倉部長
・第七師団
てな具合です(笑)
鯉登少尉、鶴見中尉、二階堂、尾形、宇佐美、谷垣、前山、etc…は勿論ですが、野間らも好きです。
野間のあの度胸ヤバイ。好き。顔の傷も好き。
第七師団、素晴らしい(*´Д`)

あとイラスト内でも書いたけど、初期の軍曹がかっこよすぎて、好みすぎて、心底ヤバイ。軍曹ガチ恋勢になる。成り果てる。
すっげぇドストライク…萌え死ぬ…一目惚れヤバぁイ…


3期アニメが楽しみですね!!



(そして腐目線としては、
・軍曹総受(ガチ雑食)
・うさかどうさ
が推し。でもキラウシも可愛いよね!おっさんずモブ最高!(笑)
もーほんと3期楽しみぃ…)

台風接近。時化、高波、離岸流。


水難事故のニュースがやってるけど、遊泳禁止の海に入るのは間違いなく自殺行為だし、あの海や波を見て海に入りたいって思うのはかなり異常だと思う…
事故に遭っているのが旅行客や観光客ばかり、というのが納得できる。

TVにコメントを求められて
「せっかく来たのに海に入れなくて残念です」
とか言っちゃうの、田舎の港町生まれの私としてはホント信じられない。
目の前であの海を見ながらそんなん言っちゃうのか!((((;゜Д゜)))っていう衝撃が凄い。

海って楽しいけど怖いんだぜー…マジで…

友人とそのニュースの話をした時に、
「地元の人はあの海に入らないよね」
「つーか波打ち際にも行かない」
「それな。観光客やばい」
「それな。マジやばい」
となりました。

この時期の海、ほんっと気をつけて…
子供からしたら、高い波がスゴく楽しそうで魅力的に見えるのもよくわかる。
わかるからこそ、気をつけて欲しいなぁと思います。
子供ってほんと怖いもの知らずで、ヤバくなってから怖さを実感するから、普通に死ぬ。
痛い目をみる前に守ってあげてー


自然の楽しさと怖さ、ちゃんと知ろうぜー!
海、楽しいんだぜー!

酒好きな漫画オタク


お酒が好き。

で、この間『鹿児島の地鶏を扱っている』居酒屋に行ってきまして。
酒好きなオタクとしましては、好きなキャラの出身地の地酒だとか、好きなキャラが好んで飲む酒だとか、飲みたい訳でして。
鹿児島出身のキャラ…と考えた時に、とっさに出てきたのが

・島津豊久(ドリフ)
・鯉登少尉(金カム)

でした。
申し訳ないことにどちらも最推しは別にいるんですけどね!
(信長、月島軍曹、がそれぞれ最愛キャラです。
有能なおっさん、好きだ…カッコいい…!)

まぁそれはさておき。

勝手なイメージですが、なんとなくトヨは麦焼酎が似合う。
鯉登少尉は芋焼酎っぽい。
私の今の気分としては、芋焼酎飲みたい。
=鯉登っぽいのを頼んでみよう!
となりました。

まずは単純に、銘柄がそれっぽい、という理由で
芋焼酎『刀』を選択。
すごく素朴な芋焼酎。
香りが豊かで、焼酎のクセが苦手な人にはちょっとクサイかも?
素朴な感じは、ある意味真っ直ぐな鯉登らしいっちゃあらしい。
クセの強さも、鯉登らしいっちゃあらしい(笑)
うまい!

続いては、
黒糖焼酎『天下一』。
これまた銘柄がそれっぽい、というのと、あと黒糖の色から褐色の肌の色を連想したので選択。
後味のキレがいい。
辛口の日本酒にもちょっと近い印象で飲みやすい。
鯉登が初登場し、躊躇いなく発砲した時の『こいつヤベェ!超デキる奴だ!』感を思い出しました(笑)
キレがある。(好き…)
うまい!

このあとはお付き合いで日本酒に移行。
どうせなら、と、新潟(月島の出身地)のお酒を楽しみました(笑)

いつかそれぞれの出身地に足を運んで、そこで地酒を飲んでみたいなぁ。
佐渡行きたぁい(´З`)


甲斐は米所じゃないのが残念。
山梨…となると、やはりウィスキーやワインの印象が強いです。
(お館様には豪快に日本酒を煽って貰いたいけれど、意外とワインなんかも様になりそう…)

あぁ…また酒を飲む旅に出たい…


(あと、先日和歌山に旅行行ってきました。
その時のことも書けたらいいなーと思います…忘れない内に!)

<<prev next>>
カレンダー
<< 2019年11月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ