衝撃!

オリオン座のベテルギウスに異変、超新星爆発の前兆か 天文学者」
というネットニュースを発見!


「えーっ!ベテルギウス超新星爆発するの!?
オリオン座無くなっちゃうの〜!!!!!?」


と、ショックを受けたら、
今後20万〜30万年の間に超新星爆発を起こしてその一生を終えるとガイナン氏は見ている」
と続いていて、
「おう…これぞ正しく天文学的数字だぜ…」
と思いましたとさ。
とりあえず私が生きている間は大丈夫かな…。


しかし
ベテルギウスは地球からの距離が約700光年と、太陽系を含む銀河系の中でかなり近くにある恒星の1つ。誕生から900万年ほどが経過しているとされる。通常、このサイズの星が1000万年を超えて存在し続けることはなく〜」
とあったけど、誕生から900万年とか、星の寿命が1000万年とか、ほんと何でわかるんだろう…?
私も物理が分かればなあ…!
私は物理とは円満離婚したので、ほんと物理分かる人尊敬する!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-35147489-cnn-int

ストロベリームーン

アメリカでは6月の満月のことを、旬の苺と出るとき少し赤みを帯びていることから、ストロベリームーンと呼ぶとか。
今年初めて知りました(^_^;)

もうすっかり南中状態で赤くはないけど、大きくて見事なまんまるお月さんでした。
右隣の明るい星は惑星かな?と思って調べたところ木星かな。
そして、木星ほどではないけどぽつんと明るい左隣の星は土星かな。
私は星座を見つけるのが好きなので、他の恒星が見えないほど明るい満月は正直あまり好きではありませんが、晴れていたらついつい見ちゃうんですよね。

スーパーブルーブラッドムーン

スーパームーンで、一ヶ月で2度目の満月ブルームーンで、皆既月食ブラッドムーンということで、これでもかこれでもかのてんこ盛りで、何だか大変なことになりましたね!
曇りと言われていたけど、もやっとしつつも肉眼で確認できました。
画像は一番拡大したんだけど、こんな程度でした(^_^;)
でも赤っぽいもやもやが撮れたということで。

アバッセたかた

上:アバッセたかた、下:アバッセたかた前方の風景

陸前高田市役所前からBRTで一駅、嵩上げされた一帯の「まちなか陸前高田」駅で降りると目の前に、アバッセたかたがあります。
集合店舗の商業施設のほか、図書館とかもあったはず。
「アバッセ」は方言で「一緒に行こう」という意味らしいです。
こういう名前って「来てね」とかが多い気がするけど、「一緒に行こう」はすごくいい名前ですね。

とりあえず現地のスーパーが好きな私はまずマイヤへ。
さすが海の街、魚介類が安くてすごく美味しそうで羨ましかった…!!
うっかりおつまみ用にお刺身も買ってみたりして。
わかめも買ったけど、陸前高田市産じゃなかったのが残念。
陸前高田のものを買うなら、多分一本松茶屋じゃないとなかなか難しいんだなあ。
あとはさいとう製菓もあったので、かもめの玉子を買ったりしました。
ほか薬屋さんや本屋さん、百均なんかもあって、地元の人がお買い物するのに便利だと思います。
やぎさわカフェもあったけど、ここではしょうゆソフトはないみたい。
でもスタバみたいに席でお茶できるから、買い物に疲れたらゆっくり出来ていいかも。

帰りのBRTに乗ろうと駅に向かっていたら、駐車場で豆柴を囲む人々が。
かわいいなあと思って見ていたら、飼い主と思われるおじさんがにこにこ笑って「めんこいでしょ?」と話しかけてきてくれて、しばらく豆柴と戯れてみました。
何より感動したのは
「『めんこい』って普通に使うんだ…!岩手めんこいテレビ…!」
ということでした。
いいよね「岩手めんこいテレビ」って名前。
私もかわいいとき「めごめご」って思います。

そんなこんなでアバッセたかた、周りはまだほとんど建物はありません。
海側を見ると、さっき見た道の駅や破壊された水門、ショベルカーと思しき群れも視界に入ります。
「瓦礫」と呼ばれた大切なものは片付けられ、
嵩上げのための土を山から運ぶベルトコンベアも役目を終えました。

これが今の状況です。
さてこれから、どうなっていくのでしょうか。
これからも見つめていきたいと思います。

松江の朝

うーん、天気が悪い…(>_<)
<<prev next>>
カレンダー
<< 2020年02月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アーカイブ