緊急事態宣言

ついにと言うか、やっとと言うか、出てしまいましたね。
私の地域は非該当ですが、ご近所さんではあるので緊張感をもたないと。
今までも食料などの買い物と人気のない公園に徒歩か車で行って散歩くらいしかしてなかったんだけど、それはまだいいのかな?
ただ、買い物は内容によっては少し制限されるのかな。
普段の靴に穴があきそうなので(一昨日気づいた…)、お店が休業要請される前に買ってきました。
あとはもっと本を買っておけば良かったなあ。
図書館が閉まっている今、テレビやアマゾンプライム、YouTubeばかりじゃ嫌だし。
電子書籍は幼な子には与えたくないし、何より私が紙の本を好きなんだ…!

ホームセンターも休業要請されるって話もあったけど、大丈夫そうで一安心。
ドラッグストアと同じくらい生活必需品を扱っていると思う…!
でもそろそろストックを買おうと思ってたハンドソープが全滅していたので、とりあえず石鹸を買っておきました。
普段から1つストックに手を付けたら近くストックを買い足すと言うサイクルで、いきなり無くならないようにしてきたけど、マスクはそろそろ危ないな…。
コロナもだけど、花粉症だから外出時に無いと辛いんだ…。
手拭いは結構持っているので、作ってみようかな。
マスクのゴム紐や針金?のところを取っておいて再利用するといいって聞いたけど、衛生的に大丈夫なのかな?
あとは紐はストッキングやTシャツなんかを使うといいとも聞くね。
調べたら縫わずに作れる方法もあるみたい。
それなら楽だなあ。

ともあれ、出てしまったからには早くいい方に向かわせないと。
宣言は出すより終了のタイミングが難しいような気がする。

今年の桜


近所の誰もいない川べりの桜

「桜は来年も咲きます」
と自粛要請する言葉を聞くたび、「今年の桜がラストチャンスの人もいるだろう」と思ってしまいます。
そして、昨今の状況を鑑みて
「今年の桜を最後にしないでください」
と言うほうがいいんじゃないかなと思いました。
「あなたやあなたの大事な人にとって、今年の桜を最後にしないでください」
そのために、自粛してください。
私なら、誰もいない小さな公園の桜の写真にその言葉を添えるかな。
行政側がやったら問題かなあ。

エイプリルフール

私は嘘つくの下手なんですよね。
だから口調とか態度をすっごくわざとらしくして、なるべく「明らかに分かる嘘」をつくようにしています。
(まあ聞かなかったふりとか普通にごまかす嘘とかつくけど…)
毎年エイプリルフールにセンスのいい嘘(ジョーク)をつく企業さんとかすごいですよね。
でもさすがに今年はエイプリルフールの嘘を楽しむ雰囲気ではないな。

と思っていたので、ニュースですっごいネタを聞いたけどやっぱり笑えませんでした。

「これまでにない発想で思い切った措置」って「1世帯あたりマスク2枚配布」なんですね。

え、これ本当?決定事項?
エイプリルフールのネタではなくて?
いやいやいや。まじか。
1日でいいからパブリックコメント募集してほしい。

訃報

志村けんさんが新型コロナウィルスでお亡くなりになったそうで…。
最初ネットで見たときは茫然自失で、受け入れられなかった。
特にけんさんのファンでもなければ番組を見ていたわけでもない私ですら
「嘘だ…!何かの間違いであって欲しい…!」
と思った。
感染したというニュースを聞いて以来、亡くなることは考えたくなかった。
「回復するんだよね?」と信じたかった。
でもそれは、ネットで見た「何の根拠もない願望」という表現がぴったりの希望的観測だった。
お昼のニュースで見て、「ああ、本当のことなんだ」と、涙が出た。
けんさんの死を悲しまずに済む赤子が羨ましい。

今までコロナに感染し、発症した方々、亡くなってしまった方々、本当に申し訳ありませんが、正直身近ではなく、どこか他人事でした。
でも志村けんさんという日本でも相当有名で人気のある方が亡くなったことで、「知っている方が亡くなった」と、私を含め、たくさんの方がようやくコロナを身近に感じたのかもしれません。
ひと月前、数週間前まで元気な姿を見せていた方が、本当にあっという間に苦しんで亡くなってしまった。
この感染症は闘病時も死に目も火葬も、家族でさえ立ち会えない。
本当に悔しいし悲しいし、恐ろしい。
私たちはコロナの恐ろしさを実感するのに、偉大なコメディアンを失わねばならなかったのか。

今はけんさんのご冥福を祈るとともに、より一層予防に努めなければ、と思います。

記念日

3軒はしごして入手したチューリップの花束

誕生日にチューリップの花束が入手できなかったので、1週間後の記念日にようやく入手…!
どうしてもピンクのチューリップが見つからなくて、花屋さんを3軒はしご。
しかも最後の2本でした。
やっぱり3月にはチューリップが無いと!

しかし「花束ください」と言うと、どんな相手とかいつ渡すかとか聞かれますが、
「今、あなたの目の前にいる私です」
とは流石に言えず…。
自分に花束買う人はあまりいないか…。
実は私、時々自分のために花を買ったりします。
500〜1000円くらいのちっちゃくて可愛い花束見ると、つい欲しくなっちゃう。
とか言っても花の名前全然分からないのが情けない…。
いつかちゃんと覚えたいなあ。


<<prev next>>
カレンダー
<< 2020年04月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アーカイブ