★初めましてのご挨拶★

このブログは

PBCサイト『Petit −ペティット−』

にて活動中の自PCの事、または日記や雑記などを適当に書き連ねたものです。


何故このブログを作ったのかと言うと、

私が考えた雑な裏設定や経緯までPetitのプロフィール欄で書くのはどうなのか?

と思ったからです。

……本当に雑な理由ですね。

でも書いておかないと忘れてしまう設定などもあるので、これは仕方がないのです。

単なるメモ帳代わりですが、緊急避難というやつなのです。

あまり更新もしないかもですが、筆不精なので
仕方がないのです。

仕方が、ないのです。

猫耳と紅茶と先輩と後輩

バッタ顔になったらどうしよう、と思いつつも小娘にマカロンを食べさせる背後。

結果は猫耳でした!

アイボリーの毛並みの猫耳という、可愛いものになってホッと一安心。

小娘が猫になったら、色の薄いソマリとかになるのかな?

ハリー氏と初邂逅。

にも関わらず、見知っている体で話をしてしまいました。

ハリー氏は自警団に勤めて十ウン年との事ですから、何回か顔を合わせた事くらいあるんじゃなかろうか、と。

失礼になってなければ良いのですが。

機会があれば、軍時代の話とかもっとパーソナルな話もお訊きしたいところ。

ちなみにロールで海辺での戦闘を話題に出しましたが、たぶんスヴェート氏が手の怪我の事を書かれていなかったら気付きませんでした。

それで良いのか自警団員(小娘)の背後よ。

スヴェート氏が大怪我を負うのには慣れてきた気でいましたが、手が縦に真っ二つになるっていうのは想像するだけで鳥肌が立ってしまいます。

物凄く痛そう(子並感)。

……あ、でも、あまりに大きな怪我だと痛むまでに時間が掛かったりするんですよね。

小さな傷の方が痛むという。

でもやっぱり真っ二つは震えてしまいます。

スヴェート氏なら数日で癒着してしまいそうですが。

イフュ嬢もですけれど、ドラゴンタイプの獣人さんの回復力は凄まじい。

そもそもとして、ドラゴン自体が生命力とか力の具現みたいなものですからね。

ルイ嬢もパワフルですし、見ているとドラゴン系の獣人PCを作りたくなってきます。

キャパオーバーなのでしませんが。

明日はいよいよザス氏のイベント!

まぁ私は参加出来るとしても24時とか1時とか、物凄く深い時間になりそうですけどね。

酒飲みの友人が早くダウンしてくれるのを願うばかりですが、いつダウンするか予定は未定なのが何とも悲しいところ。

呪術師VS不死王

に、巻き込まれた一行。

呪術師も不死王もどっちも下衆ぅーい!

ユベルティ氏が来てくださって事態が収集しましたが、結局、どういう結末が正しかったんでしょうね?

呪術師を倒してから不死王の所へ行って、厄介なの倒したんだから村人は見逃してよ、と直談判するのが正解だったのかな?

ちなみにですが、あの場で山羊が消極的というか速攻で呪術師に攻撃しなかったのはリーオン君が危なかったからです。

本来、山羊は依頼を受けた場合は依頼が最優先になるので村人とか無視して呪術師を倒してもおかしくなかったんですけどね。

小屋の中だったので、間違いなくリーオン君を巻き込んでしまうだろうと思い、動きが鈍くなってしまいました。

我ながら、もう少しやりようはあった気がします。

と言っても後の祭りですね。

尚、山羊は呪術師キル寄りの考えでしたが、背後は不死王キル派でした。

もっと言うなら、村人を無理矢理にでも移住させてしまえば良いじゃないか派です。

呪術師と不死王は無視で。

ヘタレなので逃走を優先させてしまいます。

それで不死王から逃げ切れるのかは分かりませんが。

あの魔剣もどうするのが正解だったのか、不死王のお妃様はどうしているのか、幾つか謎が残っているのが気になってしまいます。

後半、皆さん呪術師殴ろうぜモードになっていて笑いました。

ロールでも言いましたが、ロズ嬢が居たらどうなっていたんでしょうね?

キャナル嬢が言うように怒りながらも我慢されるのでしょうか?

そして、呪術師を倒してもOKと分かった瞬間の怒濤のオーバーキル。

もし地下遺跡で不死王から「あ、ワシ村人祟っとるから」と事前に聞けていたら、展開も違っていたかもしれませんね。

やっぱり、ちゃんと訊くって大切。

この反省を次に活かせるか、それは予定は未定ですが。

最後に、GM様と皆様、お疲れ様でした!

アランバート家の四人の赤ちゃん

アイリスちゃんもリゼイルくんとは触れ合えませんでしたが、もう想像するだけで悶えてしまいます。

ただでさえ赤ちゃんってコロコロして可愛いのに、それが犬耳だったりフサフサだったりするんですよ!?

そんなの可愛くない訳がないじゃないですか!

触れ合えたアリシアちゃんとリファルくんは、何ともらしいダイスになったかな?

アリシアちゃんはテレパシストとの事ですから多分、人の顔をジッと見てテレパスを試みてたりするのかなと。

リファルくんは泣き虫さんとのことで、ダイスもそれに合わせるように泣き出すものでしたからね。

ダイスの女神様ってたまにこういった演出をしてくるんですよね。

だから憎めない。

ちょろっと出した名前の話。

アルーシャの名前は『アルスマグナ』のもじりですが、PC的な面から言うと『アリス』と『アリシア』が元になっています。

アリスは古代ゲルマン語の『アダルハイディス』がフランスで『アデラーイス』になり、更にイギリスに移って『アリス(orアリシア)』に変化したものだそうで。

更に、ギリシャ語で『真実』を意味する女神アルテイアの流れも汲んでいるんだとか。

ちなみに、語源の『アダルハイディス』は【高貴なもの、希少なもの】みたいな意味だそうです。

アルーシャの略称が『アリー』なのもアリスやアリシアの流れからです。

アリスとアリシアの略称がアリーなので。

もしアリシアちゃんのアダ名がアリーになったら、小娘とお揃いに!

そんな野望が叶うかは予定は未定ですね。

なにはともあれ、アランバート一家に幸多からんことを!!

ちょっとだけお邪魔

ロクにログも見ないで突入という暴挙。

しかも既に試合は終わっていたという。

このまま入室しないで見なかった事に、とも考えたのですが、ティート君が戦ってるを知って小娘が黙っている光景が浮かばなかったので悩んだ末に結局GO。

だってティート君、気付いたらいつも怪我してるんだもの。

邪魔になるだろうけどせめて回復くらいは、と思っていたらエルディア嬢が背景で回復の予約をしてくださっていたというね。

うん、やっぱり少しはログ見てから入らんといかんね。

時間も時間だったので、スヴェート氏やルーカス氏とはあまりお話が出来なかったのが悔やまれます。

いずれまた沢山お話したいものです。

スヴェート氏は銃も携帯するような風に仰ってましたから、それがどうなるのかも楽しみ。

でもスヴェート氏なら、指で弾丸を弾くだけで普通に拳銃クラスの威力が出るような気がします。

正しく指弾。

ルーカス氏は砲弾でしょうか?

拳的な意味で。

小娘、ちょっとだけ嫉妬心と独占欲を見せる。

これは色々な方に「もうちょい素直になりーや(意訳)」と後押しされたのが切っ掛け。

嫉妬のロールとか一歩間違えると単なるヤンデレですから、中々に難しいです。

鬱陶しくなってなければ良いのですが。

明日と言いますか、本日はリンファ嬢のお子さんのお披露目式!

予定は未定ではなく、小娘も顔出しさせて頂きます。

赤ちゃんのお世話は任せろー!
前の記事へ 次の記事へ