怪奇! 暴れオウムの出る文具屋!

一瞬、何事かと思いました。

見間違いかとも思いました。

見間違いではありませんでしたし、お店はメチャクチャになりましたが、私は元気です。

良かった! 早く帰れて良かった!

最近、残業が少なくなって本当に有り難いです。

それもこれも、新人さんのお陰やね。

そんな話はともかくとして、リンファ嬢と岩塩掘りに行く約束を取り付けられました!

本当なら、体を動かす系統のmissionはナシラの方が向いてるんですけどね。

でもほら、ナシラは角のせいでヘルメット被れないので。

……冗談だと思うでしょう?

アホみたいな理由ですが、本当にヘルメットがアルーシャを選んだ決め手なんですよ。

まあそれ以外にも、アルーシャはリンファ嬢に懐いているので、どうにかして役に立ちたいって想いがありますからね。

心配させるのを嫌って、ナシラも自分の冒険話とかあまりアルーシャに聞かせませんし。

それでもナシラがリンファ嬢のmissionを手伝った事は聞いているので、フラストレーションは溜まる一方だったという訳です。

つまり、ちょっとした嫉妬ですね。

そしてカブトガニ。

まさかステファニー嬢がカブトガニを飼っているとは、夢にも思いませんでした。

部屋というか、研究室が汚いというのは何処かのログで拝見しと事はあるのですが。

それにしてもカブトガニかー。

お腹がフェイスハガー(エイリアン)そのものなんですよねー。

いつになるかは分かりませんが、もしステファニー嬢の研究室にアルーシャがお邪魔しに行くと時は覚悟をしておかないといけませんね。

脚がワシャワシャしてるところを見たら、たぶんアルーシャは絶句する。

SANチェックも必要かもしれない。

スヴェート氏と行った温泉でも、美容スライムに悲鳴を上げてましたからね。

いや、あれは思ってた以上に擽ったかったからですが。

そして、エルヴィス氏にだけ名乗り忘れるというミスを。

ナシラは率先して自己紹介をする設定なのですが、アルーシャは必要でなければしない事もあるので、なんとも心苦しいところです。

立ち話だったから、というのも理由ですが。

キョーコ嬢やエルヴィス氏の片言に引っ張られて、同じように片言になるリンファ嬢がとても微笑ましかったです。

船長やテイリー嬢とはほんの少し、というか一言しか話せていなかった事も心残りではあります。

船長なら改めて言わなくとも分かってるだろうし、歳上に小言を言うのも可笑しいとは思いながらも、それでも言うのがアルーシャで。

「また無事に帰ってきて下さい」なんて言葉は恥ずかしいので、その代わりに小言を言ってしまう思春期娘。

職業がよく分からない人やそもそも危ない事には首を突っ込まなさそう(に見える)人には、あまり言わないんですけどね。

ちょっとご都合展開でしたが、オーロラの精霊石もナシラからアルーシャに渡りましたし、妖精や精霊を連れて行っても良いようなので、ここは何とか貢献したいところ。

遅刻はしない予定ですけれど、本当に遅刻せずに済むかは未定です。

誰かが病気になったりしなければ……!

古城跡の三人娘

レナ嬢、ロズ嬢と一緒にワイワイとお城探検。

本当に軽いノリでハンマーを振り回させただけなのに、それを冒険の始まりに繋げるロズ嬢、お見事という他ありません。

ゴムゴーレムとの戦闘中も、あのタイミングでレナ嬢がゴーレムの腕を離していなければ、ナシラは『ゴーレムに殴られてふっ飛びながらレナ嬢の足元に短剣を投げ、弱点の位置を教えて攻撃を任せる』という感じになっていました。

本当、ナシラが無傷だったのは、お二方のファインプレーのお陰です。

手に入れた『虹色の輝石』は冒険の記念として、売らずに取っておくと思います。

場合によってはプロフィールの近況からは外して、トランクの中に入る事になりますが。

ロズ嬢とレナ嬢のやり取りが仲の良い姉妹そのもので、見ていてホンワカしました。

何と言うかもう、ロズ嬢は延々と撫でくり回したいですね←

そして偶然とはいえ、パーティーとしてのバランスも悪くない感じで。

もしまたの機会がありましたら、その時はより上手に連携が取れるよう頑張りたいものです。

そのためにも、出来るだけプレイングスキルを研いておかなければ!

明日はリンファ嬢のmission取得日。

ナシラ経由で知ることは出来るとはいえ、ここはやはりアルーシャ本人に情報を取得させたいところ。

一応は出られる予定ですが、予定は未定でしかないですからね。

今日早く帰れたツケが明日に、なんて事も有り得るのです。

ただの雑記 その12

久々に、ウチのPC(というかナシラ)に似たキャラとか見つからないかなーと画像検索をしていたら、あるキャラを発見。

それは『ログ・ホライズン』という作品に出てくる、カナミという女性キャラクター。

三つ編みだし、露出多いし、胸大きいしと、違うのは角の有無と肌の色くらいでしょうか?

あ、三つ編みもナシラの方はうなじの下辺りから編んでいるので、そこも微妙に違いますね。

あくまでもビジュアル面だけの話ですけれど。

でも性格の方も、明るい所とか奔放な所とか世話焼きな所とか、けっこう似ている感じがします。

ナシラの方が年齢が若いので生き方にそれほど深みが無いのと、基本的に急所狙いが中心のナシラの方が戦闘面では容赦が無いなど、細かい違いはありますけれどね。

ここまで似ているのですから、イメージCVも井上麻里奈さんで決まりです(安直)。

しかしログホラ好きだったのに、今の今まですっかり忘れていました。

うん、まあ、私の記憶力なんてそんなもんです。

さてさて、リンファ嬢のmissionも折り返しのようで、是非ともmission情報を掴んでおきたい所。

でも情報取得が出来なかった場合は、協力者になったナシラ経由でアルーシャに伝えた事にしようかなと。

妖精とか精霊関係なので、出来る事ならアルーシャを動かしたいところですしね。

あ、それならオーロラの精霊石もアルーシャに渡した方が良いのか。

日曜はどうか分からないとして、せめて月曜は出たい。

出る予定です……が、本当に出られるかは未定です。

古文書を修復せよ!

という集まりなのにも関わらず、魔力の無いナシラで乗り込むというね。

考古学というワードが被ったのは偶然とはいえ、被ったからには活かしたいと思うのが人情というもので。

ヴィッセン教授が考古学の教授だというのも、ナシラを作った後に気付きましたしね。

ちなみに魔女狩りがどうとかって話ですが、一応は物の本に書いてはあるとしても、それがどこまで本当かは不明です。

単なる私怨での告発もあった様ですが、財産接収が目的の大部分だったのは確かの様です。

そんなことを話していた癖に、ナシラ自身は十字教の信徒なんですから何と言っていいのやら。

今の所はあまりロールに反映させていませんが、ウチPC達は基本的に十字教の信者です。

ジャックの場合は無神論というか、神様が居ようが居まいがどっちでもいいというスタンスですけれどね。

信心の度合いは、アルーシャ>>ジュリア>>>ナシラといった感じ。

それにしてもチャカンの話が壮大で、聞いてるだけでも面白いです。

メタい話になってしまいますが、話のモデルはアステカ神話なのかなーとか考えてみたり。

虹の蛇だけなら、アボリジニの伝承とか色々あるんですけどね。

割と世界各地に虹蛇は居たりします。

チャカンの謎を解き明かす重要な修復作業の裏で、クロザネ氏とお茶汲みに勤しんでいると、まさかの怨念?のご登場。

たぶん効かないだろうなー、と思いつつも豹仮面を殴りに!

まあ案の定、ダメージ0だったのですが。

いえマジックユーザーなPCの参加を募っていた時点で、ある程度はこうなる事を予想してたんですけれどね。

最低限、囮になれれば良いやと。

結果は囮にさえならなかったという。

最終的には美味しい所を譲って頂けましたが、ナシラにも言わせた通り、アレってトドメ刺さなくても勝手に消えていたような気がします。

それでも、シシ○ミ様みたいに首を撥ねた瞬間呪いが溢れ出すとかじゃなくて良かったです。

下手をすると、なんて考えていたので背後は結構ビクビクしながらトドメ描写を書き込んでいました。

個人的に「やった!」と思えたのが、ミカ氏の呼び掛けに即座に応えられた事です。

ただ、あの呼び掛けが「ナシラ…(先手必勝だ)!」なのか「ナシラ…(テオノールを連れて下がれ)!」なのか分かっていないのですが。

呼び掛けへの反応が早かったのは、誰か(船長かクロザネ氏かミカ氏辺り)が合図を出してくれるのではないかと予め文章を書いていたからです。

信じていました。

他力本願とも言いますが←

逃走経路云々は背後が完全に結界の存在を忘れていたのと、ナシラが基本的に野良パーティーを組むタイプの冒険者だったので、自分の役割や相手にしてほしい事を口にするのが習慣化していたからです。

これは森で、レルス氏&リド氏&ユージン氏と即席パーティーを組んだ時もしていました。

しかし森での戦闘の時にも思いましたが、一人で跳んだり走ったりし過ぎですね。

チャカンの方の話も新しい章に突入する予感がして、ワクワクが止まりません!

今のところチャカンの話にガッツリと関わる予定はありませんが、未来は常に未定ですから。

もしかしたら、参加させて頂く事になるかもしれません。

未知の秘境とか、ナシラは食い付きそうですしね。
続きを読む

初雪、カモメの鳴く海辺

お邪魔かなーお邪魔かなーと悩みながらも、我慢ができずにユッカ氏とシャルロッテ嬢の間に割って入らせて頂きました。

シャルロッテ嬢とは割とご一緒になる機会が有るというのに、マトモに喋った事が有るのがアルーシャだけ(サングリアマーケットで)という状態だったので、どうしても話したいというのもありました。

で、これでリイネ嬢とも話せたら良いのになー、とか思っていたらまさかのご登場!

やっふー!!

神様って居たんだね!

シャルロッテ嬢とリイネ嬢の関係を知っているのかいないのか、よく分からない感じで去っていったジャックですが……。

実はよく分かっていなかったりします。

あ、いえ、ジャックは色々と気付いているのかもしれませんが、背後が「二人とも前よりも随分と仲良い気がするなー。これはもしかして?」程度の認識(あまりログを見ない弊害)しかないので、ユッカ氏に言った通りハッタリとアドリブだけでそれっぽく言ってみただけだったりします。

もしお二人が単なる仲良しさんだった場合、ジャックはよく分かってもいないのに訳知り顔をした痛い兄ちゃん、って事になります。

しかも知らなかったとはいえ、シャルロッテ嬢やリイネ嬢にチョッカイ出しまくるという。

だって二人とも可愛いんだもん!←

ユッカ氏とは同い年同士、時の早さを嘆いたり、コイントスをしたりと男の友情も少しは育めたかなと。

男同士の友情、良いですよね。

あ、腐ってる的な意味ではなく熱い方の意味で、です。

でも演じやすいのは女PCの方だっていうね。

リアルもそうでしたが、ペティットでも雪が降って。

そろそろ本格的に冬なんだなーって、改めて思ったりもして。

私は冬の終わりにペティットに参加させて頂いて、そして何とかペティットが冬を迎える日まで続けてこれました。

歴としては半年と少しの新米ですが、こらからも皆様と一緒に春を、そして来年の冬を迎えられたら良いなと思っております。

とりあえず、もう少し語彙を増やしたい。

サンタにお願いしたらプレゼントしてくれるでしょうか?

その前にサンタが実際に居たとしても、プレゼントを貰える歳じゃないんですが。

いえ、もし貰える歳でもサンタが来る予定なんて未定すっ飛ばして皆無なんですけれどね。

でもブラックサンタな……いや、部屋が汚れるからやっぱり来てほしくはないです。
前の記事へ 次の記事へ