ひだまり茶房でお掃除しましょう

生命力の異常は見逃さないのに肝心の回復能力が伴っていない、敬語系説教後輩アルーシャ。

本当、呪われてるのかってくらい回復のダイスが振るわないのが不思議です。

カリオン君もお掃除ダイスが振るわなかった様ですが、確か以前のお手伝い(クロノメーカー)でもカリオン君は1を出していた気がします。

とか言いつつ、アルーシャも確か1とか2だったと思いますが。

それにしても、先輩と呼んでいる方のほぼ全ての人が会話をしてから次にお会いするまでに怪我をして帰って来るという。

……これ、もしかしてアルーシャが疫病神とかになっているのでは?

いや、うん、ペティットは冒険で溢れていますからね。

偶然です、偶然!

蒸し返しますが、本当に回復魔術が下手なアルーシャ。

取得している魔術のモデルが遠坂凛ちゃんなので、ある意味ではモデルに忠実なのですが。

それとも、親和性が高いのが鉱石なのにも関わらず、回復魔術を使う際にユニコーンの杖に拘っているからでしょうか?

んー、次の機会がある時はスヴェート印の短剣か宝珠でダイス振ってみようかな。

それで高い目が出たら、ユニコーンの杖ら売るなり譲るなりしよう。

……変わらず低かったらどうしよう。

いや、ならダイスを振るなよって話ですが。

会う度に小言を言う後輩。

下手に妹さんが居るのを知っているせいで、残される側からの言葉ばかり言ってしまいます。

いや本当、ウザかったらごめんなさい。

そんなアルーシャですが、小言は言ってもその人の意志自体は尊重しているので、忠告はしても無理にでも止めたりはしないようにしています。

でもずっと心配して、モヤモヤを抱えているのも事実で。

会うとそれが表に出てしまうのが悪い癖です。

アルーシャの紹介記事にも書いたと思いますが、アルーシャは基本的に人が好きですからね。

寂しがり屋とも言いますが。

しかし、これでアルーシャはカリオン君の状況を知ってしまった訳で。

これからの日課に、義肢の製作方法を学ぶ事や腕の良い義肢職人の情報収集などが追加される事になります(確定)。

いつもの、自分が何とか出来るとは思っていないけどやれる事は全部やっておきたい、という考え方ですね。

下手に頭の良い子はこれだからいけません。

この子、そろそろ倒れるんじゃないかな?

いえ、無茶させてるのは私ですが。

……てへぺろ☆←

まぁそういった予定を組むというだけで、実際にどうなるかは未定ですけどね。

備えというのは何事も、徒労に終わる事こそ本懐ですから。

それは一瞬、されど永遠の……

奇跡だったのかもしれない。


思い立ったが吉日だよね!

と、ジュリアをランシルバキアに行かせてみました。

ジュリアの言っていたランシルバキアへ赴く切っ掛けになった『知り合い』というのは、何を隠そうレフィシー嬢の事です。

去年、レフィシー嬢とアリエスでお話をさせて頂いた時にランシルバキアの事を聞いて、その時からいつかジュリアを行かせようと思っていました。

最近あまりジュリアが出られてないし、今から動かしておけばリンファ嬢の旧正月の件にも参加する口実になるかなー、なんて一挙両得を狙ってたりもしていて。

でもアレだ、これ日数的に無理ですね。

ここから華中に行くとか、どんな強行軍だよって話です。

………………そ、その時になったら改めて考えるとしよう。

それにしても、です。

場所が場所なのでソロで終わるだろうなーとか思っていたら、現地人のお婆様がご登場!

……うん、あれは泣きます。

というか、泣いてました。

一昨日、リアル祖母から林檎やネーブルが送られていたので、何か祖母と重なってもう鼻水ダラダラですよ←

鼻汁ぶしゃー、ですよ←

という風に茶化してないと情緒が持ちません。

そして『光景さん』の登場に、この写真家もう概念まで撮れる様になったのか! とか頭の中でバカな事を言ってたり。

……したんですけどね。

まさか涙の追撃を食らうとは。

そんなに背後を泣かせて楽しいか!

まったく、もう――

街のお婆さんの背後様、そして光景さんの背後様、本当にありがとうございました!!

ブラボー!! おお、ブラボー!!

ジュリアは夢の1つであった『自分の写真館を持つ』というのを叶えてしまったので、これからどうしようかと思っていたのですが、お婆さんにはジュリアが何故、写真家を目指したのかという根源を示してもらえて。

こらからも沢山の写真を撮って、沢山の人に見てもらって、少しでも多くの人に笑顔になってもらえるように、という始まりの理由を思い起こさせてもらえたので、その目指すべき道を見失わずに済みました。

偶然で、偶々なのかもしれませんが、今日という日がジュリアのターニングポイントになった事と思います。

うん、やっぱりなりきりって楽しい!

また近い内にジュリアの出番があると思いますが、アルーシャも空間魔術の習得が大詰めですからね。

実際にどのPCで出るかという予定は、まだ未定の段階です。

ちだまりスケッチ×○○○(あなみっつ)

みんなで落ちるよ、どこまでも。

いえ、抜けたのは床なのでそんなに深くはないと思いますが。

リンファ嬢の人望が窺える人の多さ。

その一人なチビエルフでしたが、軽いから落ちないよー、みたいな事を言った次のダイスで落ちるというね。

フラグって凄いなー。

ひだまり茶房の床ですが、穴はちゃんと塞げたのでしょうか?

パワー系の人や獣人さんが居るので大丈夫だとは思いますが。

ちなみに妖精鉱の釘ですが、少し前にスヴェートさんと話をした時に話題に出した物だったりします。

この釘を使った建物を悪意や邪悪から護る、妖精の守護力が宿った螺旋状の釘です。

夫婦生活もこれで安心!←

リンファ嬢が好き過ぎて、言われてもいないのにブライズメイド(ベールとかドレスの裾を持つ人)になろうとするアルーシャ。

あら、恥ずかしい子。

リンファ嬢からはエプロンのご依頼を受けられて、どっちにしても喜ぶチビエルフ。

桜花風と華中風の2種類だそうですが、やっぱり図柄は桜と梅かな?

梅は華中――中国の国花ですしね。

着物+袴+桜柄エプロン=大正浪漫カフェ風。

長袍+梅柄エプロン=華中カフェ風。

といった感じでしょうか?

これを書いている段階ではまだ詳しく内容をお訊きしていないのですが、それでもワクワクしてしまいます。

とはいえ、ロール的には服を作るのはキキーモラのお仕事で。

アルーシャはエンチャントをするのがお仕事です。

ご希望のエンチャントが無かった場合は、茶房っぽいエンチャントをお付けするつもりです。

トア君のショタ度が凄まじい。

たぶん年齢は1、2歳しか違わないと思うんですけどね。

でもトア君、可愛いからね。仕方ないね。

大きな男の子が泣いているというのも、中々萌えポイントが高かったですし。

……いや、それは私の趣味の問題か。

そろそろアルーシャの空間魔術もスキル欄入りの予定ですが、ここから低い数字を連発しないとも限らないので、まだまだ未定ではあります。

ただの雑記 その19

まだ早い。

なのに、もうバレンタインの事を考えている私が居ます。

私は去年の2月下旬くらいからペティットに、もっと言えば『なりきり』を始めたので、バレンタインイベントには全く参加できていませんでした。

ペティットを見付けたのは参加させて頂く1週間くらい前なので、イベントそのものはROMっていたんですけどね。

なので、半月以上も先の話なのにもう気分はバレンタインだったりします。

それで、ですね。

他のPCはまだですが、アルーシャがどんな物を作るかは既に決まっていたりします。

今回の雑記は、そのバレンタイン用の品を忘れないための覚え書きです。

作るのは『ポム・ダムール・オ・ショコラ』。

日本語にするなら、林檎のチョコレート漬け、でしょうか?

飴の代わりにチョコレートをコーティングした林檎飴だと思って頂ければ、おそらく間違いはありません。

アルーシャが使うのは一口サイズの小さな林檎ですが、普通は中々手に入らないので、スプーン等で丸く抉った物でも大丈夫です。

もちろん、普通にカットした物でも美味しいのですけれどね。

用意するのは林檎、水、グラニュー糖、水飴、お好みの洋酒をちょっと、そしてレモン汁。

うん、実にシンプルです。

私は割と感覚だけで料理をするので、細かなレシピは特にありません。

その時の気分です←

まずはヘタを取ってよーく洗った、またはカットして塩水に漬けて酸化を防いだ林檎を、たっぷりの水で煮ます。

そうしないと味が染み込まないので。

10分くらい煮たら林檎をザルに上げて、300〜500cc“くらい”の水にグラニュー糖と水飴を“ぶち込んで”加熱し、沸騰させます。

そこに林檎をえいやっ! と投入して、弱火でじっくり加熱。

水分が少なくなってきたかなー? といった所でレモン汁と少しのグラニュー糖を追加して、更に弱火で煮ていきましょう。

分量? そんなの適当です←

で、グツグツとした泡が出なくなり始めたらラムとかブランデーとかシェリーとか、とにかく好きなお酒をちょろっと足して、かき混ぜたり揺すったりしながら風味を全体に行き渡らせましょう。

大体、10〜20秒くらいしたら火を止め、下にボウルとかバットとかを置いたザルに林檎をダバーします。

少し時間を置いて粗熱を取ってから、クッキングシートの上に林檎を並べて冷蔵庫にシュー!

1日くらい寝かせると、良い感じに味が染み込みます。

甘い、美味しい、でもつまみ食いはダメです。

後は普通にチョコを手作りする時の要領でチョコレートを湯煎で溶かし、串に刺した林檎をチョコレートでコーティングして、冷やせば完成です!

林檎の味付けの辺りはちょっと面倒ですが、いざ作ってみると割と簡単ですよ。

時間は掛かりますけどね。

アルーシャの場合は上記のプレーンの物にプラスして――

ココアパウダーをまぶした物
チョコスプレーをまぶした物
砕いたアーモンドをまぶした物
ホワイトチョコレートの物
ホワイト+チョコスプレーをまぶした物
ホワイト+ココナッツパウダーをまぶした物
ビターチョコレートバージョン
ビター+砕いたクルミをまぶした物
ビター+マーマレードコーティングの物

――の、計10種類をご用意する予定です。

あ、マーマレードは林檎を煮詰める時に使ったシロップを再利用して作ると経済的ですよ。

1つ1つ袋で包み、色とりどりのリボンで結んで、ロリエルフから皆様にお届け!

ちょっとしたネタとして、1d10を振って頂くかもしれません。

最終的には、余った物は自警団の方々と学院の友達や先生方にプレゼントするという、隙を生じぬ二段構えです。

え、本命ですか?

アルーシャには今のところ、ラブな意味で慕っている人は居ないので本命は無いです。

バレンタインまでに出来ないとも限りませんが、その時はその時でまた考えます。

私は食べる事をあまり楽しいと思えない性質なのですが、それでも料理をするのは楽しいです。

その割にはレシピとか適当ですけどね。

目分量、万歳←

ただの雑記 その18

何故、私は気付かなかったのか。

あ、リンファ嬢の茶房イベントの事です。

アルーシャで出たは良いものの、ダイスを振らなくても何とかなる事にルームを出てから気付いたという。

その結果、意気揚々とロールしたのに2しか出ませんでした。

ごめんよ、アルーシャ。

やっぱり振らずにどうにか出来る事は振らないのが一番ですな。

背後の運が運ですからねー。

そしてもう1つの『やっぱり』ですが、自分に関係の無いログは極力見ない方が良いですね。

ナルネヴィルのイベントにジャックで参加しようかなとも思ったのですが、そういうロールだと分かっていながらもピリピリムードに負けてしまい、ログを拝見してるだけなのに吐きそうになってしまいました。

自分でロールしている分には大丈夫なんですけど、他人様のを見ているとハラハラするのが先に立ってしまうという。

PCの事情がどうこうって言うよりも、背後のヘタレさが邪魔をしてしまいます。

まぁ、得物も無いジャックが行っても何の役にも立たなかったでしょうけれど。

それにしても、ナルルース嬢は本当に要人だったのでしょうか?

と、疑問に思っている人は多そうですね。

だって、あからさまに怪しい文章の護衛さんが居ますからね。

考え過ぎなのか、それとも……。

ブルーの用心深さにも何か理由が有りそうな気がします。

実はブルーには大将支持派と各国融和派とで対立がある、とか?

いえ、上のはあくまでも勝手な想像ですが。

レッド陣営は良くも悪くも思想寄り(共感か他陣営への反発かは別にして)の人が多くて、ブルー陣営は『陣営側の思想は置いといて、悪事には荷担したくない』という人が多い……のかな?

端から見ていると今の所はそう感じる、程度ですが。

ナルネヴィルの情勢もこれから変化したり、裏事情が見えてきたりするんでしょうか?

おそらく見えてくるんでしょうね。

それに関しては純粋に楽しみだったりします。

GM様、そして参加された方々はお疲れ様でした!
前の記事へ 次の記事へ