知りたいと願う者達

年を越す前に、臥竜の伝承を調べる時に借りた本を返そうと図書館へ。

それだけじゃ手持ち無沙汰なので、ついでだからスキルに追加できる様に空間魔術の習熟度でも上げようかと。

……思っていたんですけどねー。

まさかの9ですよ。

元素(属性)に関係無い魔術なので今回みたいな事をする時は目標値を高めに、というのは元から考えていた事なのでいいのですが……。

それにしたって、9って。

スピカ嬢にアシストしてもらってなかったら、とんでもない茨の道になってましたよ。

……いえ、それでもあの数字でしたがorz

私のダイス運ですからね。

直接的にお金が絡んだダイスは出目が高くなるのですが、知識関係となると途端にショボくなるという。

折角の勤勉設定がががががが。

ダイスの女神様、甘い時と厳しい時の落差が激し過ぎます。

スピカ嬢とのやり取りは、もう少し上手く合わせられたんじゃないかと今更になって懊悩。

輝星術の事がよく分かってなかったので適当にそれっぽい事を曖昧に取り繕って垂れ流しましたが、的外れもいいところでしたね。

一応の言い訳としては、星の力を利用するとかヤバくない? → メテオ系の術とか下手すると世界崩壊級じゃないか! → じゃあ、最大限に最悪の展開を言っとけばそれ以上にはならんやろ(適当)、という流れだったりします。

PCとしても似たような感じですけれど、時折口にしていますが、アルーシャは『その時点で考えうる最悪の展開』を想像するので、単純にそれを口にしたという事ですね。

なので今回に限らず、朽ちた診療所では最悪の事態を考えてパニックを起こし、臥竜のダンジョンでは最悪の恐怖を想像してヘタレた訳です。

まあ10歳の頃に両親を事故で同時に亡くして、その両親のミンチ死体の確認をさせられ(他にヒトの身内がいなかったせいですが)、妖精達が居るとはいえ一人で生きていかなくてはいけないとなれば、常に最悪の事態を恐れもするというもので。

つまりは全部、背後のせいです←

受け答えはちゃんとするのにあまり踏み込んで物事を訊ねたりしないのも、その辺りの事が関係していたりします。

寂しがり屋なのに、踏み込んで失うのは怖いという。

ナシラはその真逆で、意図的に受け答えをスルーしたり飛ばしたりするくせに、平気で他人の事情に踏み込んでいきます。

そんな性格だからこそ、アルーシャとナシラは友人として上手くいってる訳ですが。

アルーシャがナシラに対してだけ悪態をつくのは、それだけ頼りに、言い方を変えれば依存しているからですね。

……あれ? この子、本格的にヤンデレの気があるぞ? あるぇー?

……ま、まあそれはともかくとして。

あまり他人にプライベートな事を訊ねたりしないアルーシャですが、だからこそスピカ嬢に自分の欲求を交えての質問をした事はかなりのレアケースだったりします。

これも色んなPC様と触れ合ったが故の変化、なのでしょうか。

それにしても、今年ももう僅かですね。

私がペティットに、と言いますか『なりきり』を始めたのが今年の2月の終わり頃なので、もう少しで一周年になります。

……時の流れが早い!

いえ、それだけペティットで皆様とお話できるのが楽しいという事なのですが……。

まるで初心者を脱却できていない身からすれば、何かの間違いなのではないかと思いたくなります。

来年はもっと、上手い返しが出来る様になりたいものです。

いや、絶対になってみせる!

……なんて強気に予定を立ててみるものの、実際に出来るかは未定というのが悲しいところ。

冬の海辺にて

男が二人、冬の海辺で紫煙を燻らせながら話をしてるとか、なんてハードボイルドな展開なのでしょうか。

まあ、男の片方は女の話ばかり振る下世話な野郎なのですが。

真面目な話をしようにも、ジャックってばまだ特にシリアスなイベントに絡んでいないっていうね。

エルザス氏のイベントはシリアスでしたが、途中参戦、途中退場なので語れる程には関わってないというジレンマが!

一応、ペティットに帰還したタイミングは一緒なので、多少の事情は知っている体で話をしてみました。

あの時、キャナル嬢やルベイユ嬢の他にも女性は居たのですが、女性陣の半分がロリ(見た目は)だったので話には出しませんでした。

エルフ的な意味で中身は大人なのでしょうけれど、あの子達を下世話な話の対象にしちゃうと危ない感じがしたので。

合法ロリなんでしょうけれどね。

それにしても、ユッカさんがホストになったら売り上げとか凄くなりそう。

夜の蝶の方々も貢ぎに来るかもですね。

バーにとっては大損失でしょうから、手放さないとは思いますが。

そういえば、Seagullの店主さんて居られるんでしょうかね?

私は見掛けた事ありませんが。

ルーム設定を見るに、特定のPC様の店ではなさそうですけれど。

謎の人物なのかな?

そしてそして、海辺で練習していた居合拳ですが、元ネタは某格闘漫画と某魔法先生漫画です。

困った時の『ネ○ま』←

まあ元はといえば、私がスヴェートさんやアイニィさんにギロチンの鋳直しをお願いするのを躊躇い、代わりに何かないかと探した結果なのですが。

ザ・苦肉の策。

自分の予定もあやふやなのに、人様の時間を頂戴するとか胃が捩れます。

PC様方に依頼した方が、親交も深められて良いのは分かってるんですけどね。

久々に言いますが、このブログのタイトルの様に私は基本的にヘタレなのです。

その割に、分身であるジュリアの出番が全くありませんが……。

そもそもとして、ギロチンを鋳直すにしてもジャックにはそのお金が無いんですよね。

徒手空拳の技も引っ張り出した事ですし、どこかで用心棒とか冒険者の真似事でもさせようかな?

用心棒なら、トテップ一家経由1択になりそうですが。

ウチの子達全員の弱点として、顔は広いのに関係は薄い、というのがあるんですよね。

というのも、今でもたまに見るマナーサイトに「同じ人ばっか追いかけちゃアカンで」みたいな事が書いてあるのですが、それがどの程度の頻度を指すのか判らず、取り合えず同じPC様には連続では会わないようにしているからです。

これが背後様を指しているなら、私にはもうお手上げですが。

私のPCがどれも、私が背後だと分かりやすくしているのはそこら辺の事情が絡んでいたりします。

こう、自分と同じ考えの人が避けやすいように、ですね。

あと帰宅が夜中だと、途中参加をしようにも中々難しいというのもあります。

入ってすぐに解散だと寂しいですし、何よりお相手様に気を使わせしまいそうで私の胃が耐えられないのです。

なので夜中にロールする場合は、基本的に自分でルームを作るようにしています。

ソロになったとしても気が楽ですしね。

いえ、もちろん絡めればそれに越した事はないのですが。

そして夜中での参加が増えてくると、あぁもう月末なんだなぁ、という気がしてきます。

ちょっとでもブランクが空くとすぐにナリキリの仕方を忘れてしまうので、少しだけでも何かロールする予定ですが、本当に出られるかは未定です。

でもそろそろ、ジュリアを出してあげないとなぁ。

聖夜の商店街

クマッチョサンタさん、ファーピーありがとうございます!

でもあの人形、アルーシャの元へと行くことになります←

ランファ嬢も練り消し、ありがとうございます!

大変、美味しゅうございました……というのは冗談ですが、香り付きの消しゴムとか集めていた記憶があります。

もちろん、小学生の頃の話ですが。

フルーツの匂いがする消しゴムを細かく刻んで、芳香剤代わりに持ち歩いたりとかもしていました。

思えばポプリとかタッジーマッジーとか作って、自室を物凄い匂いにしていたものです……。

匂いの重ね掛け、ダメぜったい!

でも、いまだに香りの付いたティッシュとか大好きなんですけどね。

……何の話だ、これ?

あぁ、そうそう!

ペティットでのプレゼントの話です。

フレラ嬢は何故、ああも猿轡に愛されているのか。

某オリーブオイル俳優のような猿轡からの追い猿轡とか、一瞬本気で我が目を疑いましたよ。

見間違いじゃね? → ゴシゴシ → 見間違いじゃなかったよ! → 爆笑。

フレラ嬢は笑いの神様に愛されている、ハッキリ分かんだね。

キャナル嬢、ランファ嬢とはナシラでの邂逅は初めてでした。

なのでいつもの通り、自己紹介を。

会うと同時に自己紹介が出来るのは、ウチの子達の中ではナシラだけの強みです。

そしてランファ嬢、Aカップやったんやね。

大丈夫、近くにAAカップも居るよ←

で、最後の最後までキャナル嬢がサンタコスチュームだった事に気付かなかった背後。

ログも見ずに突入するものじゃないですね。

まあ、いつもの事ですが←

クリスマスも終わり、後は大晦日と新年を待つのみとなりました。

まだまだ予定があるという方も、未定だという方も、皆様どうか、ご自愛だけはお忘れなきよう切に願っております。

メリークリスマスを貴方に

長ーい!

何がって、アルーシャの前口上がです。

いえ、自分でやった事なのですけれどね。

昼間のサンタ的行為では、リィア嬢とご一緒させて頂きました!

リィア嬢と楽しくサンタコス。

ロールでもちょっと言いましたが、アルーシャには幻術の類いは使えないので割と羨ましかったりします。

隣の芝生は、かもしれませんけれど。

蜃気楼くらいなら何とかなるかもしれませんが、細かく衣装を変えるなんて芸当は無理ですね。

しかし、サンタコスのロリとお姉さんがプレゼントを配ってるんですから、広場に居た男性達の視線を釘付けにしていたかも。

特にリィア嬢からは「服が消える」発言も出ましたしね。

まあ、真相は『服の中身も一緒に見えなくなる』なのですが。

きっと男性諸氏はガッカリしたでしょうね。

でもペティットは全年齢対象の健全なサイトです!

そしてファーピーを愛でる女の子二人。

惨劇を(PCは)知らないので気にせずファーピーを愛でていますが、あの出来事とかあの出来事の事を知ったら、アルーシャやリィア嬢はどうするんでしょうね?

アルーシャは自分でもゴーレムとか造るので、あまりファーピーのお喋り機能とかには特に疑問は抱いていなかったりしますけれど。

捨てても戻ってくる、なんて話もちょっとした自律行動だと捉えていますしね。

もっと言えば、あまり幽霊的なホラーとか怪談とかは怖くなかったりします。

なにせ生まれてからずっと、この世ならざる妖精達と過ごしてますからね。

でも朽ちた診療所で味わった、現実的に迫りくる死の予兆とかはかなり苦手です。

目の前で自警団員(NPC)が亡くなったのも、恐慌状態に陥った原因ですけれどね。

さてさて、本日はクリスマス本番!

アルーシャの無駄に気合いの入ったサンタモードも明日一杯で終わりとなります。

貴方にメリークリスマスを、私にメリークリスマスを、皆さんにメリークリスマスを!

皆様、良い聖夜をお過ごし下さいませ!

私は会社の人達と忘年会がてらの飲み会に行く予定ですが、実際にどうなるかは未定です。
続きを読む

有毒! クリスマスパーティー!

どうしてああなった!?

連続!!

この始まり連続!!

クラッカーのは何とか無難なモノになったのに、そこから誘惑イチゴとか何事!?

ロリミニスカサンタガールが蕩けた顔でとか、明らかにアウトーーーーーー!!

あそこで正気に戻ってなかったら、スヴェートさんの足に自分の足を絡めて無い胸でパフパフしてました。

リンファさん、ありがとう!

セーフ! ギリギリでセーフです!!

でもアルーシャ的にはアウトでした!

うん、あの子のメンタルじゃ耐えられませんでしたね。

せめて記憶が無くなる作用もあれば……。

いえ、だからこそ面白いんですけどね←

ミニファーピーはパケットさんから頂いたポルカちゃん人形の隣に置いて、綿毛猫のヌイグルミは枕元に置いて可愛がるでしょう。

しかし、最初の頃は表情の変化もほとんどなかった――いえ、意図して表情変化を描写しなかったのは私ですが――アルーシャが、良くも悪くも色んなリアクションを取るようになって何とも感慨深いものがあります。

これもスヴェートさんやリンファさんといった、頼れる、言い方を変えると甘えられる大人と出逢ったのが理由でしょう。

それにしても冷淡なリンファさんやスヴェートさんとか、物凄い違和感がありますね。

これも普段の紳士、淑女っぷりがあるからでしょうけど。

でもお二人とも視線や態度は冷たいのに、する事と喋る内容そのものは普段通りの優しさでとても微笑ましかったです。

そしてアルーシャが若干M寄りだということが露見して、更に好みの基準が『耳が長くて綺麗な人』だということが判明しました。

ほとんど背後の悪ノリですけどね!←

でもMっぽいと言うよりは、好きな人になら何を言われても好意的に受け止める、という感じかな?

……この子、下手するとヤンデレとかストーカーとかになりそうだなぁ。

せめてクーデレとかデレデレくらいに留めておかないと。

まあ、実際にアルーシャがそういった恋愛をするとか予定も未定も無いんですけどね。

何はともあれ、クリスマスパーティーにお招きして頂いてありがとうございました!!
前の記事へ 次の記事へ