【真田丸】ここからが本番です。



(あらすじ)

天目山に散った勝頼様。
武田が滅亡し、真田はどうするか…



昌幸がまず行ったことは、家族会議です。
今後の真田家の行く末を決める大切な会議ですからね。


居室に信之、幸村を集め発表。


昌幸「真田は、織田につく」

おっしゃ、きたこれ!!
昌幸よく言った!!

信之・幸村「父上!本気ですか!」

昌幸「無論である。我らは信長に従う」

よく言った!昌幸よく言ったぞ!!
私が織田軍至上主義なので、こういうイベントでらテンション上がるww

確か史実では滝川一益の与力になるんでしたっけ。
ちなみに一益は元主を討った張本人ですね。さすが信長様、やることがえげつない。

これで面識を持って信長様を茶屋に呼び出せないかなw
信長様で釣りしたいwww←大本命



昌幸は新たな主となった信長様の元にご挨拶に赴きます。

信長「武田を滅ぼした信長に頭を下げる。忠義に殉じ、誇り高き死を選ばずに、な」

信長様もなかなかに煽りますねww
最近は松永さんの影に隠れてあまり目立ちませんでしたが、煽りは健在w

昌幸「誇りでは、飯は食えませぬ」

昌幸の煽り耐性w


ここには信長様の家臣同盟者の家康も同席。
家康が「勝頼殿や死んだ者に報いるためにも生きていかねば…」みたいなことを言った時の昌幸が素晴らしい。

昌幸「死んだ者を口実に使うのはやめて頂きたい」

それな!
最近の無双で私が一番言いたいこと、ほんとそれ。

特に家康がそういう路線に移行したから、徳川家は好きになれないんですよねー。
いいじゃん、泥臭く自分たちは生き残りたいんだって言っても。何を犠牲にしても叶えたい野望があるんだって言ってもいいじゃん。
だいたい、家康みたいな良い奴っぽいのに「真田幸村、日の本一の兵よ」とか認められても嬉しくねーわ!!って
家康に限らず、どいつもこいつも綺麗事ばっか言いやがって、綺麗事の上塗りばっかりだよなぁとは思う。



さて、真田から人質として姉上が織田に向かう事に。
幸村が信長がどんな人か見たいという理由もあり姉上の護衛を申し出、くのいちがそのお目付。
ここらはちっさい幸村のターンです。最近の私の癒しw

NEW探索エリア、木曽街道。なんてことはない一本道です。
ここを通って姉上を安土へ送る事に。


安土の城下町できょろきょろしてる幸村でらかわ
そこで金髪の外国人美少女とぶつかりそうになる。
オープニングムービーで出てきたパッキンの美女はこの子ですね。
これ、茶々だったようです。
浅井三姉妹、茶々・初・江の茶々。なるほどねー。
あの長政の娘ならそりゃ金髪だでね。
ってか長政なんで金髪なの←今更そこ突っ込む
(新鮮な気持ちでやりたいので前情報は入れたくなくて、新キャラはおろかパッケージ裏すら全然見てなかったw)


茶々、結構ナイスキャラですw
こういう凛としてる子好きw将来楽しみw
こんな可愛い子がサルの元に行くなんて


あと、イケメンの忍者っぽい子でてきたんですけど、誰コレ?織田の草?
特殊モブじゃないというか、派手だしプレイアブルっぽいのでこれはオリキャラですかね?そういうのいらない


幸村のお役目、姉上を安土に届けることは無事終わりましたが、本命・信長を見ることは叶わず。
どうやら信長様は京へ向かったのだとか。本能寺きたな波乱の予感w
信長どんなやつか見たいーと駄々をこねてくのいちを京へ向かわせます。
そのあいだ安土城下を視察して情報を集める幸村坊ちゃん。
夜になると……おや?何やら町の方が騒がしいですね?本能寺勃発だな

様子を見に行くと、昼間ぶつかりそうになった茶々に再び遭遇。出会い方が昔の少女マンガw

茶々「あなたも早く逃げなさい!」
本能寺だないったい何があったのでしょう?
喧騒の中、呆然とする幸村の手をイラつきながら引っ張って逃げる茶々。
町外れまで逃げると明智どこぞの兵に囲まれていきなりピンチ!!


と、そこへこれまた昼間見たイケメン忍者に助けられます。

茶々「あなた何者?名乗らないならあなたも敵とみなします」

イケメン忍者はブスっとしながらも
「………佐助」


佐助??

え、佐助??

佐助??


佐助えええええええ!!!??


真田十勇士キタコレ!!!!
(゜∀゜)━( ゜∀)━(  ゜)━(  )━(  )━(゜  )━(∀゜ )━(゜∀゜)


(五分前の私)
忍者っぽい子でてきたんですけど、誰コレ?織田の草?
特殊モブじゃないというか、派手だしプレイアブルっぽいのでこれはオリキャラですかね?そういうのいらない



そういうのいる!!!
絶対いる!!

ヤベェ、真田十勇士出てくるとか!!
もう心底買ってよかった!!これだけでもう買ってよかったと言える!!
真田十勇士は子供の頃から大好きw佐助が大好きだったww


ただこの佐助、イケメンなんだけど私ちょっと相容れないかもしれないww
またかよ、私の「好きな武将に顔がつくと好きになれない」問題…w
なんか違うんですよ!いや佐助イケメンだけどね!すごい好きな顔だけどね!キャラがね!ダルそうな感じのキャラがね!半兵衛と違うタイプのやる気のないキャラがちょっとね!
喋り方的にはあれですね、『あ●さ●ぶるス●ーズ』の凛月みたいな感じですね。いや凛月は好きですよ、私●nightsPじゃないけど。この話関係ないけどw

あ、私無双の若い子ダメなのかもしれない/(^^)\

【真田丸】御館の乱【プレイ記】



【御館の乱】

●景勝救援戦
ぶっちゃけこれ真田は上杉の家督争いに巻き込まれた感じじゃないです?w しょぼい応仁の乱みたいな
個人的には景虎を推したいですねイケメン大好きww

でもアレですね、信玄と謙信は宿敵だったのにその息子たちは手を組んだわけですよね。不思議な縁ですね。
ま、信長様が覇権を広げている今、時代がそれどころじゃないですからねw

それはそうとこのステージ、驚いたことに景勝がでら喋っとる。



次の一手
・景勝を新発田らで護衛
・堀江を寝返らせる

手柄多いな
「風魔と甲斐姫を奥義で撃破」
「昌幸で氏政、氏照、氏邦を撃破」
「敵千人斬り」
「景勝の体力を半分以上を維持」



千人斬りは指定がないので、メインとパートナー合わせて千人いけばOK。
昌幸とくのいちでいったので楽でしたw


戦後、上杉の兄弟が争う姿に昌幸は遠い未来を見ます(多分)
いやーここはどこまでいっても三郎が可愛いステージでした。



●沼田城攻略戦
武田、上杉、北条が長年争ってきて、今は北条が支配している上野国の沼田。
御館の乱で景勝を支援した見返りに、その沼田を含む東上野の支配権(を北条から奪う権利)をもらった真田家。
まぁ北条からしたら何やっとるんやお前らって話ですもんねw
前回、景勝を援護して北条と争ったことで同盟も手切れになったので、領地を奪う流れになりました。


次の一手は
・矢沢頼綱の奮起
・敵を偽情報で撹乱
・北条氏邦を挑発

手柄
「早川殿を奥義で撃破」
「矢沢頼綱の体力半分以上で勝利」
「敵総大将をすべて投降させて勝利」

投降させてというのが、あの沼田城無血開城ですね。
一手の挑発は、ミッションのためのものですね。使わなくても出来ましたがw
早川さんがいつ見てもあざとい可愛いw



戦後…
武田方の城が攻められた時、勝頼様がそれなりに理由があって援軍が出せず結果的に見捨てた形となった出来事があり、信玄の頃から使えていた家臣が立て続けに謀反。

これを機に織田が武田討伐に向け動きだしたようです。
あの大軍に立ち向かえるとは思えないので、昌幸は(率直にいうと)甲斐捨てて真田の城に来て備えてくださいと伝え、勝頼もそれを了承します。


勝頼様の妙に落ち着いた顔を見て昌幸は何やら嫌な予感がしたようで、しばしの沈黙のあと
昌幸「勝頼様!…必ず、必ず我が城においでください!」
はぁぁぁ…勝頼様死亡フラグ来ました
これ、わかってるよ必ず行くよと安心させて「すまぬ昌幸…私はやはり父上の、武田の地を守る!」となるパターンですね。
長篠のあと言ってましたからね、勝頼様。
「私が本当に守らなければならないもの…今度こそ武田を守りたい」って。
はぁぁぁ…イケメンの死は辛いものがある。


さて、勝頼さまをお招きするために道中、何かあってはならないので城の周りの偵察(という名の探索)に幸村が行くことに。
新しい探索エリアとちっさい幸村のターン来た\(^^)/でら可愛い

幸村で茶屋に行ったらパパ幸を呼び出せましたw
もちろん贈り物も渡せますw
昌幸の人物紹介を読むと、地元の社を大事にしてるみたいなことが書いてあったので、アイテムの解説欄で「真田家が代々崇敬している〜」とあった白山大権現の札をあげてみました。
これドンピシャだったみたいですぐ友好度MAXにw

というか、昌幸の好物が謎って何wシャーロック・ホームズかな?
大好物が白山大権現の札です。大好物…



さてと、織田軍の偵察も終わり、父上に報告。
幸村の情報を元に昌幸は諏訪湖半(NEWエリア)に織田軍の兵を討伐に向かいます。

関係ないですが、このエリア釣り場がある!
隠れた穴場ってやつですな。釣れる魚も真田本城とは違ってました。なるほど。




着々と勝頼様をお迎えする準備をしていた真田本城に急な報せが舞い込みます。
なんと、勝頼様は真田ではなく小山田の元へ行き、謀反にあって敢無く天目山で自害うん知ってた
合戦やって死ぬとこ見るのかと思ってたけどそうじゃなかった。ま、それはナンバリング4でやったもんな。
関係ないけど、その4の天目山ステージで当時は通常モブの勝頼が、裏切ったやつらに「あの世で父に詫びて参れ!!」と叫んだやつでらかっこよかった。

くのいちの持ってきた勝頼様からの書状には、武田滅亡は避けられないと考えたことなどが書いてあった模様。
どうやら武田滅亡に、忠臣であり友人であった真田を巻き込みたくないと思ったようです。
また主であり、友人でもあった勝頼様の死を知った昌幸の打ちひしがれた姿は心に来るものがありますね。
柄にもなく息子たちの前で木を破壊しそうなほどの乱れっぷり。
く…っ!勝頼様…!!



さて真田昌幸、いよいよ真田生き残り編、本番ですな。
ぶっちゃけ真田家の歴史はここからが面白い。

【真田丸】火事場泥棒を狩るだけの簡単なお仕事です



どうも勝頼様と昌幸の間に溝が広がりつつある流れ。
武田、そして真田の行く末はいかに。


さてさて、まずは新しく増えたお役目をやります。

浅間山エリアへ火事場泥棒を狩りに行く。
たぶんたまにしかいないレア雑魚ですね。
出てきてくれなかったら何度も行く羽目になる。面倒な雑魚です。

最近、探索ではずっと幸村とくのいち(たまに勝頼様)を使ってます。忍びの道の先の採取目的。
あと幸村を選ぶと「護衛はいらないからなっ!」って言われるんですよでらかわ
ずっとこのままだといいのに

真田の郷の俊足荷駄兵を撃破するお役目の時はめちゃくちゃ時間かかったのに、今回は運が良かったのか1発で出くわしました!
くのいちに「運」が上がる装備持たせてるからかなw関係ないかw



昌幸が戦ばかりで身体を壊さないか心配な息子たちでら可愛い
今度みんなでゆっくり話す時間を作ろうと言って安心させる昌幸。
不器用ながらも家族を大切にしてるんだなと感じるところが素敵です。
幸村が今度家族みんなで釣りがしたいと言い出しました。
信之「幸村、釣りは苦手だろ」悪いな、私タイミングゲーは割りと得意w


次回は御館の乱です。

【真田丸】副戦場・長篠【プレイ記】


長篠の戦いの副戦場に行ってみます。
今回は2つ。



●手取川の戦い
これは織田軍・柴田vs上杉ですね。

(あらすじ)
もうこの戦場に覇を争った宿敵はいない
去来する思いを持て余す謙信に織田軍が迫る。


このあらすじだけでもう泣けますね。
宿敵と闘うことに楽しみを持っていたであろう謙信の心中を慮…おるがな!!


プレイヤー武将を選ぶ場面で「武田信玄」ww
宿敵おったwwこれは笑ったw
もちろん良い意味で。すごい、これ嬉しい。
メイン謙信、パートナー信玄とか出来るわけですよね!
感動の共演じゃないですか!

ま、それは一通りクリアしたらやりますw
ここは空気を読んで謙信、パートナーは綾様にしようかでら迷いましたが直江で。
もちろんやかましs面白そうだからです


次の一手
・上杉本陣を斎藤で守備
・車懸り部隊に増援
・官兵衛と半兵衛の特殊兵を撃破

兵衛'z(官兵衛と半兵衛のことです。当ブログではこれでいきます)の特殊兵って何。弓兵とか鉄砲隊のこと?
ま、普通の雑兵より面倒な敵ならやっておくに越したことはない。
本陣と増援は状況に応じて使うか決めます。


手柄
「10分以内に勝利」
「謙信で千人斬り」
「プレイヤー体力半分きらずに勝利」

うわ、謙信で千人斬りキツいw
大好きなキャラだけど操作苦手なんですよ、しかも10分以内という時限付きだしw
まー時限なかったら誰でもいけますけどね。


開始直後に直江が「敵の背後を、義を持ってつくのです!」とか言い出して、何その義、聞いたことないwww
直江はたぶん「義」といって何でもするタイプw


本陣守備いるかなーって言ってたけど、敵将に入られたら即アウトな上に最初から本陣誰もおらんがなww
くっそw次の一手強制かよw


敵将全員倒しておかないと本陣が危うくなるし、千人斬りもしないといけないしw
手柄の時限2分前、900過ぎた辺りで敵本陣に突っ込んで残り100人を蹴散らしながら1,000いった瞬間に敵総大将を倒して終了。
いや、これギリギリでした。


直江「我ら上杉の義と愛を前にしては、さしもの織田軍も為す術もありますまい!」
え、何それ、我らが織田軍はそんなのに負けたの?w
度し難いwww

戦後のイベントは、謙信と信玄の宿敵としての絆に胸アツな話でした。
大好き謙信ほんと大好きw
それに甲斐の虎とか越後の龍とか、ちょっとカッコイイじゃないですかw
それに感化された第六天魔王は超絶ダサいけどwwま、信長様は存在自体がカッコイイのでw




●石山合戦
え、これもあるのかw
また孫市のパターンかな?
個人的に信長vs雑賀衆は初代がベストだけど、このステージがあるのはいいな。初代・伊勢長島の戦いで民兵逃がすのがでら大変だった思い出が蘇る。


(あらすじ)
信長に滅ぼされた三好三人衆。
苦境に立つ孫市たちであったが、織田方から寝返る者も少なからずいた。松永久秀もそのひとr……松永さん(゜∀゜)キタコレ!!


松永「信玄は倒れ、浅井朝倉は滅び、上杉も頼りにならん。おやぁ?これはもうダメではないかあ?」

松永さんキタコレぇぇえええ!!!
この煽り具合!!これぞ松永!!大好物ですw
安心と信頼の煽り。煽りに定評のある松永久秀。

孫市「うるせえよ。だったらなんで寝返ってきた」
松永「何もかも信長の思い通りでは実につまらん」


そういう流れで、メインはご謀反の松永さんでいきます!
もちろん絶対面白いからです
松永さんは小悪党感では裏切りませんからねw
パートナーは誰でもいいや孫市にしました。



次の一手
・敵砲台を雑賀鉄砲兵で狙撃
・毛利水軍の援軍
・敵武将を焙烙兵で襲撃

手柄
「官兵衛と半兵衛を奥義で撃破」
「総大将の体力半分以上で勝利」
「味方を1人も敗走させない」

味方敗走阻止は面倒くさいなーw
いった!と思っても終わってみれば絶対誰か撤退してるんですよねw

それに信長様こんなんですし…w

信長「信玄はすでに亡い、長政もおらぬ。
それでもなお、抗ってみせよ!
ハハハハハハハハハ!!」

ひぃやっはー!!長さまコワイ\(^o^)/


信長「抗え!信長を殺してみよ!
ククク…クハハハハハハハハハ!!


信長様こええええww
ヤベェぶっとんでるーー!!\(^o^)/

これだから織田軍大好きwww

個人的には信長様も松永さんも楽しそうで何よりでしたw


松永さんは使ってるだけで楽しいので、制限時間ギリギリまでのんびりやってましたw
手柄?あ、忘れてたw

【真田丸】長篠の戦い【プレイ記】

長期合戦、長篠の戦い
武田が織田徳川と対峙する滅亡まっしぐらに拍車をかける戦い。
織田軍が関わるところだけ異様にテンション上がるのは自覚していますw


もう長篠まで来たか。なんかここまで早かったな。
まぁ真田一族がメインのストーリーだし、そりゃ早いか。



●長篠城包囲戦
信玄の死をきっかけに徳川に寝返った長篠城主、奥平。
勝頼様は武田家当主としてのプライドが許さず激おこ、激怒して長篠城を取り囲むも、織田信長自らが武田の倍の兵を率いて援軍に来ているという報告があり、みなは勝頼様に撤退を促します。
しかし勝頼様は「信長が来るならいっそ好機、一気に倒してしまえいい。武田騎馬隊の敵ではない!」と聞く耳を持ちません。
ふっ、甘いな。
あの信長様がイケメンなだけの槍モブ軍団にやられるわけないじゃないか。←お前どっち側のプレイヤーだよ。



ここで長年、勝頼様に友と呼ばれてきた昌幸が説得を試みますが…
勝頼様にはプライドといって片付けられない複雑な思いがある模様。
「戦わずに退くなどあってはならない。それでは父上に顔向けできない」
昌幸は「分かったよ、お前がそこまでいうなら一緒に頑張ろう」というような意味合いのことを
「信長の援軍が来る前に城を落とすこと、これ肝要。迅速に軍を進めましょう」
という風な言葉で返します。
この二人には主従の信頼を超えた友情のようなものが見えていいなぁ…それよりそこはかとなく関ヶ原を思い出す



ここはメインに昌幸、パートナーにくのいちで臨みます。
あとは左近が選べたかな。選ばんけど。絶対選ばんけどな!
昔、PS2で戦国2をやってて、体力赤ゲージのとき敵将に追いかけられたから無双奥義を発動させて停めてた馬に乗って逃げようとしたら、乗馬直前で奥義切れて「やっちまったな!┐(´▽`)┌」的なこと言いながら、馬の真ん前で突っ込んできた敵将にやられた思い出があるw自分の下手さからは目をそむける


次の一手
・全軍の夜間視野の確保
・勝頼の体力回復
・昌幸が全軍を鼓舞

夜間は自分の付近以外、マップに敵兵の姿が映りません。
これを全部見えるようにするのが視野の確保ですかね。
いるかな、これ。


手柄
「味方を敗走させずに勝利」
「プレイヤーが全敵将を撃破」
「夜明けまでに勝利」

あ、全員潰す必要があるならいりますね、視野の確保。
いちいちメニュー開いて確認するのは面倒ですしw
鼓舞があるので、味方から脱落者を出さないのは何とかなりそう。

と思ってたら、マップ下の和田がすぐ敗走する。
しばらくしたら和田の付近の詰所から敵将が2〜3人出てくるんですが、その時点で何故か既に体力半分きってるんですもん。
鼓舞でどれくらい敗走率が下がるのかよくわからんw気持ち程度?
2回くらいやり直してやっと手柄全部取れた。




●設楽原の戦い
ここがいわゆる「長篠の戦い」ですね。

信長が既に迫っているという報せを受けた時の勝頼と昌幸の討論が胸アツと私の中で話題。

勝頼「ただちに信長本隊を討つ!」 ふっ、甘いな。←お前誰だよ
昌幸「愚策です…」
勝頼「何!?何と言った昌幸!」
昌幸「(城を落とせてない現状に加え)、圧倒的な兵力差、しかも相手はあの信長。数に任せるだけではなく何か手立てを…」

勝頼「臆したか、昌幸!父上に恥ずかしいと思わぬのか!」

昌幸オマエモナ!(勝頼様こそ、今のお姿を信玄公にお見せできるとお思いか)」

勝頼「…!」


すいませんw
途中ちょっと私見入りましたけどw主従が面と向かって言い合うこのイベント、マジ胸アツです。



さて。
設楽原に着陣した信長。
ここで武田軍はやむを得ず長篠城攻略を中断、いよいよ織田・徳川連合軍と相対することに。
織田から佐久間が寝返ったことも頼りに(ならねえw)、全面対決です。


次の一手は
・昌幸が昌輝を鼓舞
・勝頼の体力回復

昌輝の鼓舞は当主の信綱が戦死した後かな。
兄上がしっかりしないと的な感じかと。結局この人も戦死するんですけど…
勝頼の体力回復は、たぶん勝頼の体力が半分切らないと発動しないやつだな。前もしなかったし。


手柄は
「本多忠勝を奥義で撃破」
「馬防柵内の全ての鉄砲隊長を撃破」
うわめんどくさ
「勝頼の体力半分以上で勝利」

長篠は馬防柵があるから面倒くさいんですよねえ。
初代みたいに壊せないし、馬飛ばされるし。



えっ、1人かよ!
ここはパートナー選べませんでしたw
くのいちで二段ジャンプして…とか馬防柵対策考えてたけどダメだったw



〜ここからは説明少なめに臨場感のみでお伝えしますお察しください


スタートから寝返り組の佐久間を狙う忍と半蔵を倒してる間に、騎馬隊先鋒の内藤が討死!
いきなりですね。
勝頼を万全な状態で逃がさないといけないから、味方が生きてるうちに少しでも敵将減らしておこうと思ってたのにw
ここ半分くらい赤ゾーンだしw


信長「討て、絶やせ生きて帰すな!


生きて帰すなww
うはww信長様こえええwww



佐久間の城から南下したら砦に閉じ込められたくっそ/(^o^)\赤ゾーンw
直虎出てくるしw
そして、ここで佐久間がさらなる寝返り(というか織田に帰属)
そうなんですよ!佐久間が武田に寝返るわけないんですよ!
だいたいあいつはな石山本願寺攻略の責任問われて後に信長様にry

直虎倒した!これで砦から脱出できる!
よし、次!


\ブォォォォォ〜/
ミッション:本多忠勝を撃破せよ

赤ゾーンで忠勝とかやだもう泣きそう/(^o^)\
奥義で倒せば手柄になります。地道に削って奥義発動の流れです。死ぬかと思ったw
よし、次!


勝頼様の逃亡ルート確保のために敵将倒しておこうと思ったら、すでに勝頼様が敵将7人くらいに追いかけられてましたww
うぉぉおおい!!
勝頼はよ逃げてえええ!!手柄が!手柄が…!

勝頼様を(体力半分以上で)逃がすため、勝頼様を追う敵将7人を追う昌幸という何ともコミカルな場面が展開されましたww

そんなんやってる間に信綱、馬防柵に突っ込んで死ぬし!知ってたけど

そしたら今度は昌輝が「我らも馬防柵に突っ込むぞ」とか言い出すし!
兄上!!そこ赤ゾーン!!くっそww

鉄砲隊長倒すために馬防柵の真っ赤ゾーンに突っ込んで、柵にぶつかりながら…
そして丹羽、滝川、サッサに追いかけられながら…
鉄砲隊長も全員倒した!手柄獲得…。ついでに上の三人も倒した。
よし、次!


勝頼様(の体力)は?!
と思ったら勝頼様、もたもた詰所の雑兵バサバサやってるし!
いや逃げろよ!

と思ったら、穴山逃げるし!!
お前じゃねええ!!www



いや、キッツイ戦いでしたw急に敵将出てくるしみんな勝頼様狙いだし、さすが織田軍えげつないw
が、頑張った甲斐あって、勝頼様はほぼ無傷でした。

しかし武田騎馬隊は壊滅。
二人の兄上もここで討死したので、昌幸が真田の家督を継ぐ、ここからいよいよ真田生き残り編スタート。
いやむしろここからが本番です。



●勝頼護衛戦

無事、信濃まで逃がせってことでしょうね。
昌幸「菅沼が退路を案内する手はずとなっております」
勝頼「…誰も来ないではないか。ならば、こちらから向かおう」
勝頼様もうヤケですねw
この”誰も来ないではないか”のねっとりした言い方すごい好きですw


次の一手
・敵を偽情報で足止め
・河尻を挑発
・明智光秀を小宮山が奇襲

手柄は
「明智光秀を奥義で撃破」
「全ミッション達成」
「勝頼の体力70%以上で勝利」


70%ってどれくらいでしょうね。
ま、前回あれだけの敵将に追われてほぼ無傷の勝頼様ですからたぶん大丈夫でしょう。


ステージは真っ暗闇。
手柄条件に勝頼の体力維持があるので(回復手立てはないし)、昌幸を勝頼にくっつけて、パートナーくのいちでミッション回ります。
ここは選べるのか、パートナー。


さて、誰も迎えに来ないので先に様子を見に行くと、案の定織田軍が待ち伏せておりました。
もうね、ここも織田軍勢揃いでしたよ。

ゴールの林の中に信長いるし。
体力削ったら消えて、また出てきて、また消えて…
これはあれかな?ナンバリング4の武田の章のラストの演出かな?

出たり消えたり、バケモンかよ信長様カッコイイです!!

そういえば真田家、武田が滅亡したあと織田軍下に入るじゃないですか。
その下りがこれでもあるのか密かに楽しみにしていますw



なんとか逃げ帰った勝頼。
武田が壊滅的被害を受け、ようやく意地になっていたことに気付く。

勝頼「私が本当に守るべきものは…家臣、民、この地…。今度こそ武田を守りたい。お前の力を貸してほしい。また私と手を携え進んでくれるか、昌幸…」(※ほんとはもっと長々と反省の弁を口にしていました)
昌幸「………無論です」

一瞬間があったww

昌幸が勝頼様の下では自身の守りたいものが守れないかもしれないことを意識した瞬間のように思えました。

<<prev next>>